人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

響いたのは

実はまたまたMacにトラブルが起きて結局買い換える羽目になり、
しばらくバタバタしていました。 

前のMacにたくさん集めていた旬くん関連の写真なども、
新しいMacに復元できていないので、まだまだ不安です (T_T)

その間にいろいろなことがあって、記事もまとまらないのですが、

まずは、無事に「銀魂2」副音声、聞けました!! \(^o^)/


f0153101_18271009.png

そして、隊服姿のミニポスターもゲットできて、嬉しかったです。

とにかく、副音声は最高で、
ANNみたいに自由奔放におしゃべりする旬くんの素敵な声を
たっぷり堪能できました! (*^^*)

沖田に嫉妬していちいちボヤく旬くんの発言に、
シリアスな場面なのに笑いをこらえるのが大変で、

沖田無双の場面を「早送りしちゃおうよ」とか、
「ここから沖田ファンはきっと(副音声の)イヤホンはずすよね」

と自虐しながら、どS炸裂なかぶせ技を発揮するところなど、
絶対にDVDに収録していただいて、何度も楽しみたいです〜。

そして、副音声で気になった内容が、

監督「日アカ、かすりもしなかったの? 辞退したとかじゃなくて?」
旬 「(ピーーーーー)←かなり長い間、発言が消されて

   でもね、(銀魂1の)新井さんに言われたんだよね、  
   『そういうことすると、もう呼ばれなくなるよ』って。」

正直言うと、TV局が主導の日アカに公正な基準は期待できないので、
別にそんなものもらわなくても旬くんの評価は変わらないと思っているのですが、

ただ、過去になにかあったのかなぁ??

それをねじ伏せて、TV局や映画会社や事務所の思惑も黙らせて、
有無を言わせずに選ばれるような作品に出会ってほしいとも思います。


f0153101_19385721.png


それから、ウェンツくんを見送る火サプの旬くんは、
その魅力があふれ出ていましたね!

心から友を想い、その話を暖かく引き出す聞き上手ぶり、
やはりラジオで鍛えられたのもあるでしょうが、

何より、二人の関係が、
そういう夢や不安を本音で語り合える仲だからこそ、と思いました。

エゴサしてしまう旬くんだから、心無いアンチがつぶやく
「何をやっても小栗旬」という言い掛かりも読んでいたのが残念で、

そんなことカケラもないのに!

役のたびにガラリと変わる姿に「振れ幅が大きい!」と
絶賛する声も読んでほしかったのに・・

そしてここでも気になったのは、海外に行こうとする友に、

「俺も仕事で(海外でやる予定が?)あるけど・・、
 新しいことに挑戦するのは不安になるよね」

みたいに言葉を濁しながら話していたこと。

先日ネットに流れた記事といい、社長とのロス行きといい、
やはり海外での仕事があるのでしょうね。

ウェンツくんが帰国したら、
「二人で全編英語でロケしよう!」という申し出も、

(戻って来るのを待ってるよ!)という優しさとともに、
(俺も英語力つけて帰ってくるよ)という決意に見えました。

ただ、銀魂3にも乗り気(?)な旬くんですから、
年単位で日本を離れるということはないと信じたいですが、

半年以上、中国に抑留(笑)されたあの不毛の年のようなことに
なりませんように・・

来年は、今年以上に、
小栗日照りを覚悟しなくてはいけないのかもしれません。 (T_T)

でも、「このまま緩やかに下っていく」のではなくて、
「まだチャンスがあると思ってる」という彼が、

次にどんな夢を見せてくれるのか、
どんな新しい世界を開いてくれるのか、

今までも、何があっても、いつも必ず前進してきた彼を知っているから、
寂しくなったとしても、不安はありません。

彼の言葉、彼の生き方、彼の想い。

それが心に深く響いて、
永久保存版の火サプとなりました!



f0153101_20022593.png



そして、タイトルとは裏腹に、
全く心に響かなかったのが、残念ながらこの作品でした。 (>_<)

生意気な感想を書きますので、
この作品で感激した方は、どうか以下をスルーしてくださいね。



まあ、脚本家が、信コンドラマを迷走させ、
映画版も旬くんと山田くんが直訴して修正してもらうようなものしか書けない
あの人だと聞いたときに、期待はほとんどなかったのですが、(^^;)

原作のマンガは読んだことがありませんが、
映画よりは深く描かれ、旬くんの役のラストも違っていたらしいです。

でも2時間の映画に多くの小説家と天才少女とのエピソードを盛り込んだから、
小説家たちは全く深みのない典型的な描写にしかならず、

特に旬くんの役はあまりにもベタなキャラに、
取ってつけたような登場のラストシーンで、

(いや、この局面でこの人が、見ず知らずの女子高生に
 絶対にこんなこと話さないでしょう?)

という、私にとっては白ける展開でした。

そもそも、天才少女のキテレツな行動もマンガなら笑えますが、
実写でやってしまうと犯罪行為でしかなく、

中高生が書いた携帯小説レベルの、
いかにもな登場人物たちのご都合主義の浅い展開で、残念でした。

こういうエキセントリックな主人公の作品は、
キミスイのような叙情的な作品を撮るこの監督よりも、

三池さんとか、大友さんとか、
現実世界よりブッ飛んだ演出をする監督さんが撮ったほうが、

マンガの世界観として受け入れやすかったかもしれません。
パンフも買いませんでしたが、多分DVDも買わないなぁ・・。

短い出演時間ながらも熱演していた旬くんが、
もったいなかったです。 (T_T)


というわけで、最後は愚痴になってしまいましたが、
これからもっともっと、心の奥底に響く作品に出会ってほしいから、

旬くんがどこへ向かおうとも、
ずっと応援していま〜す (^o^)/





by harupyonri | 2018-09-27 20:28 | 小栗旬 | Comments(1)

漢たち! * LV2

本日2本目の記事です。

次に、ファンの皆様から寄せられた質問に答える、ということで、
「この中で一番、漢(おとこ)だったのは誰か、指さしてください。」

ところが、客席の方を指差す旬くんに、
まわりのみんなは戸惑って・・


f0153101_20084643.png

まあ実際、作品の中では誰が一番かも決められないくらい
みんなそれぞれにカッコ良かったですから、
旬くんとしては、この中からは選べなかったんでしょうね。 (^^)

旬くんの回答は「将軍」で、みんな納得。

そして、旬くんを指さした戸塚さんに監督が
「ソファー買ってもらったからでしょ!」とつっこむと、

「なんか、物で人の心を買う人みたいになっちゃってる・・」
と苦笑する旬くん。 (*^^*)

でも、旬くんが買ってあげた高級ソファーの後ろに、
学生が使うみたいなパイプベッドがあって・・という話から、

旬 「順々にね(ベッドも揃えていきなよ)」
戸塚「誰に頼もうかな・・(春馬くんに)買って!」
皆 「そうじゃなくて! 売れて自分で買えってこと!」と爆笑。


f0153101_20413184.png


次いで、監督を指さしていた吉沢くんが、

「近藤さんを列車に閉じ込めて、ひとり語りしている時に
 最初わざと笑いながら演じていたら、

 いつもは優しくゆるい感じで演出してくれる監督が飛んできて、
 『ここは笑っちまわねえ方がいいんだぜ!』って、すごく漢だったです。」

吉沢くんの監督ものまねも上手だったので、

旬 「それもう、(監督に)沖田が入ってるよね!
   ちまわねえ、とか、だぜ、とか。」

と突っ込んで、監督が「あの時はハイだったから・・」と
照れる一幕も。

でも監督の的確な演出のおかげで、
あのシーンの沖田は最高にカッコ良かったし、

それを見送るしかない近藤さんの男泣きも、
本当にグッとくる名演技でしたね。

そして監督は迷わず旬くんを指差して、
ラストバトルで糸に引っ張られるシーンで、

旬くんが自ら「糸のきつさを手加減しないで」と
言って頑張ったエピソードをまた語ってくれて。

旬くんもまた、
「手が本当に痛くて・・」と話してて、

本当に、怪我しなくて良かったです!


f0153101_20490778.png

とにかく、壇上の漢たちの仲の良さ、
そしてお互いへの敬意が感じられて、

わちゃわちゃとしながらも、きちんとまとまっていて、
本当に楽しい舞台挨拶でした! (*^^*)


f0153101_21025827.png

正直、全員がそろうと、佐○さんとム○さんと監督がしゃべり倒すので、(^^;)
今回はメインキャストの話がじっくり聞けて、とても良かったで〜す。

(つづく)





by harupyonri | 2018-09-08 21:03 | 小栗旬 | Comments(0)

大失敗 (T_T) * LV1

生登壇の方はもちろん買えませんでしたが、
無事、すぐ近くの劇場でLVに参加してきました。

大きな災害が続いて、気持ちも沈みがちだったのですが、
「こんな時だからこそ、全国に笑いを届けたい」という
福田監督の言葉に救われた気がしました。

大阪・京都ではロケで大変お世話になり、
北海道は空知さんの出身地でもあり、
あの監督がおふざけを自重して感謝と心配の言葉から始まった舞台挨拶。

被災のため開催できなかった地方、参加できなかった皆様、
どうか一日も早い復興をお祈りしております。 m(_ _)m

記事もたくさん出ていますが、
備忘録として感想を残しておきたいと思います。
記憶違いはお許しくださいね。
映画内容のネタバレもありますので、ご了承下さい。


f0153101_11254042.png


一人ひとり、顔の近くに来るカメラに手を振りながら、登壇。

旬くんは、ラフな白Tシャツにゆるいジャケット・パンツ姿。
黒いスニーカーの白い底がワンポイントでした。

そのカメラにサインして、とマジックを渡されて、
「錦織(圭選手)方式で? (カメラにサインするの?)」と嬉しそう(*^^*)

いつものサインを書くのかと思ったら、スペースに気を使ったのか
画面の下部に何やら違うサインを。

LV終了後のサイン上映で見たら、「syun」と書いてあって、
なんだか新鮮でした。

皆がカメラの四辺にサインするうちに、
旬 「これ、戸塚がサインする場所ないんじゃない?」といじり、

監督がわざとのように真ん中のスペースも埋めて、
イジられキャラの戸塚さんは隅っこに書かされる、
という美味しい展開(?)に。 (^o^)


f0153101_11371176.png

登壇のときから、旬くんはじめみんなには拍手くらいだったのですが、
沖田登場のときには「キャ〜」という黄色い歓声がLV会場でさえ(!)あがり、
最近の吉沢くん人気を見せつけられる始まりに。

最初の挨拶で旬くんがマイクを持っても静かだったので、
すかさず監督が、「今日は声出していいんだよ!」と言ってくれて、

会場から「キャ〜、旬く〜ん!!」という歓声が上がって、
旬くんも照れくさそうな笑顔に。(*^^*)

「みんなもう何回も見てると思いますけど、
 主役だけどあんまり出ていないんです。」

みたいないつもの自虐で始まりましたが、いじけた様子はなく、
大ヒットしている余裕からか、

真選組の皆の人気をおおらかに見守る、
大黒柱の貫禄がありました。(^^)v


f0153101_11575439.png

監督、ツイなどではいろいろやらかしますが、(^^;)
こういう細かい気遣いもできて役者を盛り上げるから、
みんながついていくんでしょうね〜。

その後、沖田があの名台詞を再現し、山崎がそれをマネして、
「いや、お前は言ってないから!」と突っ込まれて、
和気あいあいとスタート。

そしてスクリーン上部の時間表示について
「LV時間は30分なので、あと20分ほどです」という司会の説明に、
みんなたびたび見上げて、残り時間を気にしながらの一問一答に。

司会の方は頑張っていましたが、
(その説明くどいから、もっと簡潔にしてよ〜)と思うことも。

まず、「小栗さん、応援上映の様子を上から見て、いかがでしたか?」

「え〜、エンディングのところを皆さんが楽しんでくれていてよかったです。
 一緒に歌ってほしかったけど・・。
 あ、でも、パッションの方が歌いやすいと思います(笑)」

そして、今回のほうが歌がうまくなった話、
録音した時に、編集でうまい方に振るか下手な方に振るか、ということになって、

監督 「今回はわざわざ映像も撮ったからね、うまい方に振るってことで。
    本家にもあれだし・・」
旬  「本家!?」
監督 「あ、本家なんてないですね?」
旬  「オリジナルですよ?」
監督 「オリジナルです(笑)」

みたいなやり取りが。

旬くんは「踊る」にも「GTO」にも出演していたから、
てっきりちゃんと許可を取ってやっているんだと思っていましたが、

あれ、本当に許可なしの「掟破り」だったの!? (^o^)

でも、実は私はあの歌が旬くんの声だとはどうしても思えなくて、
何回聞いても実感がわきません。 (>_<)

音程を外さなくなっているのはうまくなったんでしょうが、
編集の「振り」で、声質も変わっているような??

もう少し、旬くんらしさを残しておいてほしかったな〜。

ただ、映像でモッズコートを羽織るところ(コートが小さすぎるけど)、
タバコをくわえる代わりにアメか何かを取り出して口に入れるところ、
走り出すところ・・

旬くんが、「本家」(笑)をちゃんと研究してて、
爆笑でしたが。 \(^o^)/


f0153101_12250719.png

とにかく、終始、(穏やかな顔をしているな〜)と思わされて、
きっと今、充実した日々なんでしょうね!!

LVの感想は次の記事に続けますが・・

この日、私は大失敗!!
上映で副音声を聞こうと、意気揚々と準備していったのに、

ちゃんと説明を読んでいなかったためか(?)
聞けずじまいに・・ (T_T)

アプリや音源はダウンロードしていたんですが、
銀魂公式に書いてあった
「あとはイヤホンをつないでアプリを立ち上げるだけ」
というのを信じた機械音痴のため、

音が聞こえないまま館内が暗くなり、
今さらアプリの詳細説明を読むこともできず、
泣く泣く諦めました。

もっとも、そのおかげでもう一度、
カッコいい銀さんを隅々まで堪能したし、

これは副音声リベンジのため、
また劇場に足を運ばなくてはいけない、っていう
神様のお告げなんでしょうね〜 (^^;)

次回は無事に副音声が聞けますように、
祈っていま〜す (^o^)/





by harupyonri | 2018-09-08 12:42 | 小栗旬 | Comments(0)