人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

2009年 12月 20日 ( 1 )

なんだかね、本当に冷遇されてる気がするんですが・・ (>_<)

うちの近くの本屋数軒、J関係のドラマの本なら、
大量に入荷して、いつまで売れ残ってても平積みにしてるのに、

「東京DOGSフォトブック」は、そもそもほとんど入荷してない。 (T_T)

私のまわりでは、
「旬くんとヒロくんは嫌いじゃないけど、お話がね〜」
と途中脱落していった友達が多かったんです。

でも、フォトブックが山積みになってたら、
取りあえず手にとって見て、二人のビジュアルのカッコ良さに、
「また見てみようかな」って人も増えたと思うのに、

本屋さんに置かれないのって、もともと発行部数が少ないの??
(旬くん・ヒロくんが表紙の雑誌は、いつも大量に置かれますから。)

その上、楽しみにしてたサントラも入荷しなかったんですよ〜! (>_<)
7月期の月9のサントラはまだ売ってるのに、ひどすぎます・・。

中盤以降、番宣は「少ない」どころか「皆無」だし、
明日が最終回だというのに、ろくに予告も流れなくて、

1月以降も続くライヤーゲームや、1月期ドラマの予告を流してるって、
本当に、プッシュする気がないのがわかります。

これってやっぱり、Pの力が弱いとか、
あまり、いい視聴率出しちゃいけないとか、
そういう大人の事情なんでしょうか??

そんなわけで、もう明日の視聴率は期待していませんが、
どうか、満足できる終わり方をしてほしいですね〜。

もう、あとは奏くんを愛でる以外に楽しみはありません!? (^_^;)

f0153101_22503611.jpg


つづく
以下、書きためた記事をバッサリ消してしまい、
さらにテンション下がってしまいましたが、 (>_<)

気を取り直して、お気に入りショットをアップします。
同じ失敗を繰り返さないように、ちょこちょこ送信しますので悪しからず・・。

別れが近いとなると、
ただドアを開ける奏くんを見ただけでも、涙が出そうです。 (T_T) ↑

f0153101_23273843.jpg


コートと手袋の持ち方も、紳士的で素敵。 ↑

そして、コートを二本指でソファーにポンと投げる仕草も、好き。 (*^_^*) ↓

f0153101_23284860.jpg


「世界一立ち直りの早い男」マルオにホッとしましたが、
なぜ、奏の部屋から「自由の女神」像をパクったの?

一晩、女神像を見ながら、
奏がNYに帰ってしまうこと、由岐のこと、

いろいろ考えて、気持ちの整理をつけたのかな・・。

f0153101_23315541.jpg


堀川が刺された、と聞いて驚く瞳。

皆様お好きな、旬くんの「アーモンド型の瞳」ですね。 (*^_^*)

f0153101_23323093.jpg


革手袋をはめる仕草も見逃せませんが、
今度は殺人犯役とかで、革手袋をはめて・・っていうのが見たいです!

そして、取り引きが今夜らしい、と知らされて、
足早に出かける後ろ姿も素敵でしたね。

f0153101_23344950.jpg


会議中の一コマ。

所轄にも大勢の応援を頼んだと聞いて、
驚くときのお目めがカワイイです。 (*^_^*)

f0153101_23365396.jpg


奏の身に何かあったら・・と思うと、
不安で、矢も立てもたまらぬ由岐。

じっと奏の部屋を見つめる・・という演出のためとはいえ、
奏くん、いつも自室のドア開けっ放しですよね。 (^_^;)

奏って、秘密主義できっちりドアを閉めてそうなイメージですが、

見られて困らないほど、
自分の内面を語る物は置いてない、っていうことでしょうか?

f0153101_23405126.jpg


だ〜か〜ら〜、
そんな張り込み方じゃ、丸見えだってば! (>_<)

f0153101_23395814.jpg


「もう取り引きが終わる。 囲むわよ。」と舞島さんに言われて、
小さく舌打ちするときの、睫毛がキレイでした。 (*^_^*)

f0153101_2342544.jpg


マキちゃんと服を入れ替わって、病院にかけつける由岐。
この行動が理解できない・・っていう声が多かったですが、

私は、神野に会いたくて甲斐崎に頼みに行ったのではなく、
奏を守りたくて行ったんだと思います。

自分が神野を呼び出せば、
奏のいる取引現場に神野は行かないから、奏を守れる・・

もし、神野に会えたなら、神野が奏を狙う必要もなくなるし、
(由岐を解放しなければ殺す、と言ってたわけですから)

直接、「奏を殺さないで」と頼むこともできますよね。
(まぁ、神野が奏に嫉妬して、逆効果かもしれないけど?)

ただ、なぜ由岐が病室を知っていたかとか、
警官がいなくて簡単に入れちゃう、っていうのは脚本甘すぎますが。 (>_<)

f0153101_23554277.jpg


あまりにあっけない逮捕劇に、
「いや、違う。 これはワナだ。」と奏が気づく頃、

神野は病院に押し入って、あっさり甲斐崎を殺してしまいます。

甲斐崎は、神野を裏切ろうとするほどの切れ者で、
その姿を見ただけで、成宮くんが自殺するほど恐れられていたのに、

「スイマセンでした」と命乞いをするような小物っぷり。 (>_<)
やっぱり脚本、なんだかな〜・・。

もうあんまり、「甲斐崎の思い出したくない弟、が伏線」とか、
そういう緻密な展開は期待しない方がいいかも!? (^_^;)

f0153101_065662.jpg


最終回の予告で、
「アンタがそんなこったから、
 由岐ちゃん、あっちに行っちゃったんだろう!?」

ってマルオが奏を責めてますが、

さっきも書いたように、
きっと由岐は、奏を守るために神野のもとに行くんですよね。

第一話では、マルオに指をつきつけられたら
速攻でその指をへし折りそうになってた奏くんも、

責められるがまま・・。 (T_T)

でも、皆様がコメントくださったように、(ありがとうございます!)
きっと最後は空港で、素敵なラストシーンですよね!

東スポ(笑)ネタでは、
ボーイズラブで終わることになってるようですが(!?)、

何しろ「ヒロシュンCD発売」記事を書いた新聞ですから、 (^_^;)

できれば、最後はママ電の邪魔が入っても、初めて電話に出ずに、
由岐を抱きしめる(できれば口づける?)奏・・が見たいです〜。 (^^)/
by harupyonri | 2009-12-20 22:52 | 小栗旬 | Comments(9)