人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

2009年 08月 08日 ( 1 )

準備体操中!

やっぱりダメです (>_<)

発売日には、とりあえず立ち読みで置いてくるんですが、
数日後に残りの冊数が減ってると、
つい、手が出てしまう・・ (^_^;)

皆様、どうやって自制してらっしゃいますか??

f0153101_9154545.jpg


だって、
この、ビー玉のような瞳 (*^_^*)

つくしが憧れた、王子様・花沢類もそうだったけど、
今の旬くんの瞳は、ますます澄んできていますよね!

かと思うと、
照明の加減なのか黒髪に見える、こんなショット。 ↓

「日本映画navi vol.17」、やっぱりオススメです。
8月後半に全ての雑誌が出そろった頃には、売り切れてそうだし・・!?

f0153101_921956.jpg


TAJOMARU撮影前、大きく乖離した自分と直光の心の距離を、
少しでも近づけるようにしたという旬くん。

ーそれこそ家を建てるみたいに、ちょっとずつ直光の心の枠を作っていって、
 自分の想像でどんどん増築して、

 それからは、その想いを少しずつ自分の身体に染みこませていければいいな、
 と思ってやっていました ー

旬くんの語るたとえ話って、
いつもとても素敵ですよね。

そういういろいろな表現法を持っていることも、
役者さんとしての才能なんでしょうね。

f0153101_9262336.jpg


そして、映画の内容についての記者さんのひとことも、予想外でした。

「劇中は意外に泣きのシーンが多く、
 ここ最近の作品では見せることのなかった
 柔らかい表情が、随所で顔を出す。」

予告とかポスターを見て、TAJOMARUの旬くんは、
いつも叫んでいるような、激しい役なのかと思ってたんですが、

そういう予想はくつがえされるのかも??

キレキレの林さんも、
沈着冷静な三成くんも好きですが、

直光が、どんな「柔らかさ」を見せてくれるのか楽しみです!!

f0153101_9325757.jpg


だ〜か〜ら〜、
こういう表情の立ち姿は、ほっとけないんですってば! (>_<)

いっそ、連日のロケで「黒コゲ」になってる、
夏休みの小学生みたいな小栗監督のショットなら、

雑誌を買う手も止まるかもしれませんが・・? 

ー(TAJOMARU)撮影中は、
 自分の心の中に「哀しみ」と「寂しさ」しか残ってないみたいな感じでした。

 もう、どこかをツン、と触られるだけで、
 泣くつもりもないのに、目から水が流れてくる、

 そんな状態になってましたね(笑) ー

そんな旬くんを、ツンツンしてみたい〜〜 (^o^)

・・じゃなくって、
そういうナイーブさ、繊細さを、

十代でもないのに、まだ持っていられるって、
すごいことですよね。

26歳だけれど、

ー今の時代、20代はまだまだ子供。
 本質的な大人になる前の、準備体操の段階にいると思う ー

という、旬くん。

その、ピュアな蒼さで届けてくれる作品は、
出演作でも監督作でも、期待大!!

興行的には、
9/5に草なぎくんの「BALLAD」
9/12に西田敏行さんの「火天の城」
9/19に松ケンの「カムイ外伝」

という、時代劇の大作が次々公開される中での、
少数館での上映ですから、かなり厳しくなるでしょうが、
(カムイなんて、春先から映画館でずっと予告流してるし)

「キサラギ」みたいに、
小さくても、何かが心に残る作品であれば嬉しいですね〜 (^^)/
by harupyonri | 2009-08-08 09:58 | 小栗旬 | Comments(3)