人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

2009年 04月 17日 ( 1 )

やっぱりガマンできなくて、
仕事が半ドンの日に、ダッシュで行っちゃいました〜 (^^)/

f0153101_197517.jpg


平日のお昼だったけど、
半分くらい埋まってて、女性客とカップルが多かったです。

その次の回は、
学校帰りの制服姿の男子高校生グループが多かったから、
クローズ人気がうかがえて、嬉しかった〜 (^_^)v

・・で、
「飛び出す3D旬くん」ですか!?

めざましは見逃したけど、ひるおびでも取り上げてましたね!

4/25の大阪での「大ヒット御礼舞台挨拶」を、
東京に生中継して、しかも3Dメガネで見れるって・・

おもしろい企画だし、見てみたいよ〜!!
こんな感じで(↓)出てくるのかな??

f0153101_1935774.jpg

・・でも、家族のいる土曜に出かけるのは、とてもじゃないけど無理・・(T_T)

もしも、行かれる方がいらしたら、
是非是非、どんな様子だったか教えてくださいませ〜 <(_ _)>

さて、
その「クローズ・ゼロ2」ですが・・

見終わって、不思議なほどの「満足感」が、止まりませんでした!!

(なんでこんなに満足感があるんだろう??)って悩んだほど。

実は、もともと私にとって、源治のビジュアルはそれほどストライクではなく、
旬くんの演じるキャラクターとしても、
あまりランキング上位にはいなかったんです(スミマセン(^_^;))。

前作のときも、
雨の中の源治とか、その色気ある不良っぷりには惚れましたが、

いまひとつ話の展開が腑に落ちない点も多くて・・。

てっぺんを狙う源治が、いきなり拳さんに、
「助けてくれよ」って頭下げちゃうとか、

牧瀬は、合コンがらみでないなら、
結局なんで源治をかつぐことにしたのかとか、

合コンのあと源治が号泣してたのは、何でなのかとか・・
(ルカに最低!って言われたから??)

やっぱりなんだか、よくわからなかったんです。

それでも、
倒れても倒れても挑んでいく源治と、あのラストに、

すごい爽快感をもらえた前作だったので、
満足はしていたんですが。

・・そんなわけで、今回も、ストーリーにはあまり期待せずに(?)
旬くんだけを見に行ったようなものだったんですが・・

いい意味で、見事に裏切られました!!

f0153101_19125968.jpg


帰りながらずっと、
(この満足感はなんだろう??)って考えてました。

もちろん、すごくスッキリする勝負だったし、
源治も相変わらず、胸ときめかせる存在でした。 (*^_^*)

でもね、一番だったのは、
「続編」「完結編」としての完成度が、
素晴らしかったってことだと思うんです!

先日地上波で放送された「超ダイジェスト」クローズも見ていたんですが、
帰ってすぐに、また前作をリピしてしまったほど。

そうすると、前作のエピソードが、
どれもこれも活きていて、そして、見事に「完結」している。

前作のそれぞれのキャラがますます冴え渡っていて、

旬くんが言っているように、
本当に「みんなが主役」という描かれ方をしている。

ほんとーに、みんなカッコいい!!

芹沢、おいしいところ持ってってますよね〜 (^o^)
伊崎も、牧瀬も、鳴海も、美藤も、

前作では嫌いだった(?)戸梶でさえも、
カッコいい!!

ていねいに話がつながっているので、
わかりにくいところもないし、

続編として、これほど成功した脚本はないのでは??

f0153101_19255921.jpg


・・で、肝心の源治くんなんですが・・

迷い続ける源治。
結局は、まだまだ「子供」な源治。

旬くん自身が、
そういう源治の描かれ方に欲求不満だったっていうのが、

見終わった直後には(なるほどね〜)って納得してしまったのですが・・

日がたつにつれ、そんな源治が、
愛おしくて愛おしくて、たまらなくなってくるんですよね (*^_^*)

噛めば噛むほど味の出るアタリメみたいに!? (^o^)

最初はね、源治も、
鳴海みたいに、絶対的な自信と統率力を持った「頭」として描かれていれば、

もっともっとカッコよくて、血のたぎる、スカッとする、
「対 鳳仙」の戦い、という図式になったんじゃないかって思ってたんです。

・・でも、それじゃ、それだけで終わりなんですよね。
よくある、ただの不良(またはヤクザ)の、抗争物で終わっちゃうんですよね。

だけど「クローズ・ゼロ2」は違う!

一本気だけど、自分勝手で、お子様な源治だからこそ、
愛おしい。

だから、結局、
大人な(?)芹沢や、伊崎や、時生も、

源治をほっとけなくなるんでしょうね! 
俺らがかついでやらなくちゃあ、・・って。 (^o^)

もうねー、いるじゃないですか、ああいう小学生!

自分勝手なんだけど、なぜか憎めなくて、
女子からすると、
「源治くんってホントに勝手なんだからっ!!」って怒りながらも、
でも、好きになっちゃう・・っていう (^_^;)

だから、
見終わってすぐ、
また源治に会いに行きたくなっちゃうんですよね〜!!

・・まだ一回目で、細かいところはたくさん見落としていると思うので、
是非、早く二回目に行きたいです。

そして、一回目はなぜか、
笑いたいシーンで誰も笑わなかったのがつらかったので(!?)

今度は、ノリのいいお客さんたちと一緒だといいなあ・・。

皆様がご覧になったときは、
笑い声は起きましたか??

そして、一回目で私がヤラレたのは、

源治が最初に、「休戦協定」を知らずに鳳仙になぐりかかっていく時の、
あまりに俊敏なパンチとキレやすさだったんですが、 (^o^)
(いかにも源治、っていう感じでしたよね〜)

皆様の「ここが源治のイチバン!」も、
是非教えてくださいませ。 <(_ _)>

二回目は、そこに注目してガン見したいと思いま〜す (^^)/
by harupyonri | 2009-04-17 20:08 | 小栗旬 | Comments(3)