人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

オフィーリア

見てきました! ダイナー。

猟奇的な場面が大の苦手な私ですが、
タダ券があったので(^^;)

時々目を背けるシーンはあったものの、
実花監督の美しい描写で救われました。

旬くんの出番が少ないことは聞いていたものの、
「えっ?」までは想定内として、

(ええ〜〜〜っ!! その描写、必要!?)
まさか、笑うところじゃないよね?? (>_<)

というわけで、旬くんだけが目的ならばオススメはしませんが、
他のキャストも皆、素晴らしかったので、一見の価値はあります。

今回はキャストの年齢の兼ね合いから無理だとわかりましたが、
旬くんにスキンを演じてほしかったな。

ただ、スキンが旬くんの背後に立っている絵は
二人がとても美しく、ゾクゾクしました〜!

銀魂2では死闘を繰り広げていたのに、
ふたりとも、色っぽかったです。(*^^*)


f0153101_20205765.png

そして、竜也くんといえばハムレット。
ハムレットと言えば、オフィーリア・・

有名なこの絵を、思い出しました。



f0153101_20235320.png


それから今日は、わうわうで「花」をやっていましたが、
先日見たゲキシネとは違うんですね!

ゲキシネはアップが多くて、それはそれで嬉しかったんですが、
せっかく立ち姿の美しい捨之介なのに引きの絵が見れなくて、

一人がアップになると他のキャストの動きが見れないし、
いろいろ物足りなさもあったんです。

でも、わうわう版は逆にすごく引きの絵が多くて、
劇場で見ていたままの映像だったので、良かったです。

回転劇場の雰囲気もわうわうの方がよくわかって、
わうわう版とゲキシネ版、両方のBR発売してくれないかなぁ。


f0153101_20324456.png


そして、なんと言っても、コレ!!

私は新宿ピカデリー(松竹系劇場)で見たので、
とうほう系だと違うかもしれませんが、
ワーナー映画の予告ばかりでした。

おかげで、入場開始直後にまず、人間失格のメイキング、
いろいろな予告の最後にまた人間失格の予告を大画面で見れました。

ダイナーは若いカップルが多く来ていたので、
人間失格のあんなシーンやこんなシーンでは、
場内が気まずい(?)空気に・・(*^^*)

私、あの太宰の「右手」が色っぽすぎて、
劇場であのシーンを正視できる自信がありません。

ただ、天気の子の予告がなくてガッカリでしたが・・(T_T)
公開を楽しみに待つことにします。

わずかな出演のダイナーでも、
旬くんのイケボは健在だったので、

きっと天気の子でも素敵な声を堪能できると思いま〜す (^o^)/






Commented by harupyonri at 2019-07-08 20:47
*前の記事に非公開コメくださった方へ
コメントありがとうございます。メール届いていなかったら、新しいアドレスをおしえてくださいませ。m(_ _)m カミママ
Commented at 2019-07-12 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-07-15 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harupyonri | 2019-07-08 20:46 | 小栗旬 | Comments(3)