ブログトップ

王様の耳はロバの耳

シニカルな彼

韓国の動画は数十分もあって、見るだけでも大変です。
しかも半分は、通訳されている時間で、

彼はうつむいてマイクをいじっているだけですから・・(^^;)

久しぶりの海外舞台挨拶、結構大変そうでしたね。
まずは、空港にファンがいなくてガッカリ・・から始まって、(>_<)

メディアのインタから、数回の舞台挨拶と続くと、
やはり言葉の壁を痛感したのではないでしょうか?

映画のメイキングでは、アクション監督がOKを出した後に、
自然な感じで「チュワイヨ」みたいに韓国語を言っていたので、

片言はわかるのかもしれませんが、


f0153101_22154379.png


自分が言ったことがちゃんと正しいニュアンスで通訳されているのか、
さすがに不安だったと思います。

そんなこんなで結構シニカルになっている彼を見るのは、
久しぶりでした。

特に、
「僕は真面目な作品が好きなのに、(銀魂で)プランが変わってしまった。
 だから、監督と出会わなければ良かったと思います。」

と、あまりにも真顔で言うので不安になった監督が、

「これ、ちゃんと(ジョークだという)ニュアンス伝わってるのかな?
 まあ、ちらほら笑ってくれてる人もいるからホッとするけど・・」

とフォローしているのに、真顔を崩さず、
「いえ、真面目な話です。」

みたいに続けていて、監督もちょっと困った顔に。

まあ、7年前にシュアリーを引っさげて訪問した時も、
こんな表情を見せていましたが、


f0153101_21524908.png

今回は、さらに渋い表情が多かったかなあ??

f0153101_21462178.png

やはりね、早朝から
言葉がわからない・伝わらない苦しみが続くのは、辛いですよね。

チャン監督が何か話して観客がドッと笑った時に、
監督が、「いいなぁ〜、ダイレクトに伝わって!」
って思わず叫んでましたから。(^^)

もちろん、合間合間にはとびっきりの笑顔も見せてくれましたし、


f0153101_21570731.png

真顔モードで
「僕はとても歌がうまいのに、冒頭、下手くそに歌うのが大変でした。」
と言い切ったところをみると、

「監督に会いたくなかった」云々も、
(本当に俺のファンならわかるだろ?このジョーク)な感じでしょうか??

でもとにかく、観客から、
「テンション上げてくださ〜いっ!!」って声がかかるほど、

自虐 & シニカル & どSモードの旬くんでした。\(^o^)/

しかも、
「僕は漫画実写に出ることが多くて、
 日本ではコミック専門俳優みたいに言われていますが」

に始まって、ついには

「日本では原作クラッシャーと言われていましたが」
とまで・・。(^^;)

結構、エゴサしてるんだなぁと驚きましたが、
ちゃんと調べてくれれば、

そんなことを書くのはアンチ活動をお仕事にしている人の記事であって、
一般人は「小栗旬の実写化は間違いがない」って言ってくれてるのになぁ。

そして、プデチゲ屋さんでは開放感から、
子供みたいな大喜びの笑顔だったんでしょうね〜(*^^*)

まあ、実を言うと、旬くんがそろそろ
「エンタメ大作」や「コメディ」にお腹いっぱいになって、

また「RED」とか「キツツキ」みたいな佳作に
出てくれたらいいなぁ・・と思っている私です。

もちろん、シェイクスピアに出て欲しいのは山々ですが、
現時点で発表がないとすると、

少なくとも来年前半には舞台はないですよね〜 (T_T)


f0153101_22293587.png


そして用事でこの作品のトークショーに並べなかったのが痛恨です。(T_T)

旬くんがブレイクする前の作品の中でも、
「羊のうた」「ハーケンクロイツの翼」そして「is A」は、

水に濡れた、あるいは水辺での、
妖しく、美しく、危険な旬くんが印象的でした・・。

その年頃の旬くんは、一見ヤンチャなキャラだったはずなのに、
実は隠しきれない繊細さ、脆さを内包していて、

その本質を見抜いて描き出してくれた監督たちに感謝しています。


f0153101_22520600.png

特に、
「来年になったら、小栗旬が成長してしまうから撮れない」
と、無理を押して撮影を急いでくれた「羊のうた」も、

もう一度、見直したい作品です。

さぁ、小栗日照りの年末年始、
あなたは何をリピしますか〜??(^o^)

来夏出会うであろうムキムキ旬くんの
対極にある華奢な彼を、是非ご堪能あれ!





[PR]
by harupyonri | 2017-12-12 23:05 | 小栗旬 | Comments(0)