人気ブログランキング |

ブログトップ

王様の耳はロバの耳

撃ちまくり! 第七話 * パート5

またまた月曜までに感想文の宿題が終わりませんが、 (^_^;)
これだけは、やっぱり書いておきたくて。

いよいよ元締めに突入! のシーンです。

f0153101_1912455.jpg


颯爽と踏み込む奏くん、
文句なしにカッコいい!!

クールに躊躇なく敵を撃ち抜く、
アメリカ〜ンな逮捕劇も健在。 (^o^)

ちょうど、このドラマを見た数日後に、
ニュースで「米国で○○の事件があり、犯人はその場で射殺された」
というのを見て、本当にこんななんだな〜、と実感しましたが。 (^_^;)

f0153101_191502.jpg


「ついでに、銃刀法違反の現行犯。」
の、「ついでに」っていう言い方がおかしかったですが、

足元にいる犯人に、
「お前、動いたら殺すぞ。」って低音で脅すとこ、しびれました〜。 (*^_^*)

いや、奏くんの場合、脅しじゃなくてマジですよね!? (^o^)

・・と、ここまでは余裕で制圧していた奏くんですが、
「動くな!」という声に、クールに振り向いてみると、

相手の手にはマシンガン!

f0153101_19183282.jpg


さすがにあわてた奏くんの、今日の変顔で〜す。 (^o^)

しかし、美味しかったのは、この後!
皆さん、コマ送りしましたか〜?

デスクの上を転がって影に隠れるときの、
奏くんの美しいヒップラインが、 ↓

垂涎ものでした〜!! (^_^)v (^_^)v

f0153101_19203152.jpg


ヒップラインといえば、球場で

「矢野がお前の思ってるような男なら、
 何か話すかも知れない。」

と、マルオを促して立ち上がるところ。

f0153101_19222712.jpg


マルオの言うことを信じてくれている奏の、
色白の顔から首にかけての、キレイなラインも素敵でしたが、

マルオの目の前を横切る奏のヒップラインが、
やたら印象に残ってしまって・・。 (*^_^*)

キャプチャーできないくらい一瞬なんですが、
ピチピチの太もものライン、超セクシーでした!!

今回は、着ていたスーツの上着丈が短めで、
やたらヒップラインが際立っていたのかも??

(それとも私が崩壊してるだけ!?) (>_<)

そして、信じてもらってすごく嬉しそうな
マルオの顔も、ツボでした〜。 (^o^)

f0153101_1927443.jpg


さて、元締めのところに戻って、
危機一髪でマルオに助けられる奏たち。

「お前、ケガしてるんだろう。 なぜ出てきた?」

助けてもらっておいて、いきなり説教もないですが、 (^_^;)
マルオが心配だからこそ?

「早く帰って休め」とアゴで指図するところも、ツボ。 

f0153101_19292778.jpg


マルオが調子に乗ってるところを狙撃されて、

「お前は、どうしてそう隙だらけなんだっ!」
と怒りつつも、

サッとマルオをかばって前に出る奏くん、素敵です。 (*^_^*)

f0153101_19305115.jpg


「あんたも隙ぐらい、できんだろー?」
「オレに隙はない。」

言い切るその自信たっぷりなとこ、
奏らしくて最高なんですが、

そんな自信満々な奏くんも、
明日は混乱してミスしてしまうんでしょうか? (T_T)

f0153101_1933399.jpg


「頭洗うときくらい、油断するだろ?」
「常に後ろに気を配っている!」
「リンスするときは念入りだから、隙ができるよ。」

こういう会話は、この脚本家さんの真骨頂って感じで、
旬くん達も、すっかり板に付いてきた感じでテンポも良く、大満足! (^_^)v

「念入りだから」っていうのも、
合コンの帝王マルオくんはモテたくて念入りかもしれませんが、

(アメリカの先生は几帳面だから、きっと念入り。)
って思って言ってるようで、おかしかったです〜。 (^o^)

で、以前も書きましたが、
二人で踏み込むとき、必ず奏がマルオに触れてるのはなぜ?

これが、正しい捜査法っていうことなんでしょうね。

でも、ずっとマルオくんのお尻に触れてる手が、
何だか可笑しくて・・。 (^o^)

f0153101_19385594.jpg


「トリートメントって何だ?」って、くだらない口論しながらも、
二人でシンクロしながら撃つとこはキマッてます!

奏が短髪なのも、
リンスインシャンプーで「さささーっと」やっても、
それなりに落ち着くからなんでしょうね。 (^_^)v

飄々と、余裕で敵をパンパン撃っていく二人、
ようやく「あぶデカ」のノリになってきました〜。 (^o^)

f0153101_1942507.jpg


階上に上がったとき、またマルオに長い指で
(あっちへ行け)と指図するところもツボでしたが、

ママ電に出て、
「くらーし安心、クラーシアン、です。」
って歌ってたら、隙だらけだっつーの!! (>_<)

だから奏くんの、
「オレが絶対守る」はアテにならないんですよね〜。 (^_^;)

でも、真顔で「くらーしあん」と歌う奏くんを見れて、
とっても幸せでした〜。 (^^)/
Commented by らりるれろん at 2009-12-07 07:21 x
マルオへの指での指示・・・・今回も食いついてみてしまいました。
ヒップの方は、気に留めていなかったので・・・・
なるほど~って。次回のリピの際にはヒップに注目してみたいと思ってます。
私、一斉捜査にみなででるとき、奏が耳に手を当てているのが、よくわからなくて・・・どうしたんだろう??と
でやっと気づきました。張り切った堀川の大声の「ハイ!」が耳元でうるさ~っってことだったんですね?!
Commented by 春の小川 at 2009-12-07 08:07 x
ヒップライン・・なんて気にしたことなかったです・・見落としたシーンばかりで、こちら伺ってから改めてみると楽しさ倍増です~!いつもありがとうございます!
Commented by konkon at 2009-12-07 15:14 x
PCの調子が悪いにもかかわらず、こんなにいっぱい感想をアップしてくださって・・・ホント、感動です‼
突っ込みどころやツボなところ、うんうん、そうそう、って読ませていただいてます。
奏のスラリとした足、キュッとしまったヒップ・・・
確かに、よだれ物ですね~^^
by harupyonri | 2009-12-06 19:50 | 小栗旬 | Comments(3)