ブログトップ

王様の耳はロバの耳

花占い

髑髏の時には、会場の関係でお花がなかったのですが、
今回は溢れんばかりに並んでいて、壮観でした!

そして毎回楽しみなのは、
お花から次のお仕事を予想すること!? (^o^)

全く根拠のない個人的な憶測なので、
そこはご了承いただければ幸いです。

f0153101_21150449.png

たとえば左端はお台場の制作センター。

他のTV局が「ドラマ制作部一同」みたいになっているのに、
ここは三名の個人名なのが意外でした。

調べてみたら、ドラマ・バラエティの制作を統括する局長さんと、
ドラマ制作部の偉い方が2名。

現場である「ドラマ班」からはない→直近には連ドラはない?
「映画事業局」からはない→CRISIS映画化は???

少し前に金城さんが、
「映画に興味のない人と打ち合わせをするのは疲れる」
みたいなことをつぶやいていて、

お台場は社長も変わって緊縮財政に転じましたし、
関西だけでは予算が足りないでしょうし、
もしかしたら厳しい感じなのかもしれませんね。

でも、偉い人からのお花ということは、

某週刊誌に書かれていた
「お台場のドラマにはもう出たくない」に対して、
「これからもどうぞよろしく」っていうこと??(^o^)

続いてが赤坂のドラマ制作部。
これが一番の謎ですが、赤坂でドラマの予定ってありましたっけ??

直近であるとしたら、秋の「こうのどり」に
またカメオ出演するのかなぁ。

もうシングルファーザー永井くんのお子ちゃまも大きくなっているし、
さすがにそれはないかと思っていたのですが・・^^;

そのお隣はCRISISの関西さんから。

普通、終わった仕事の局からはお花は来ない
(贈っていたらキリがないから)ようですが、

春に終わったばかりだからなのか、
それとも、続編か映画化がやはりあるのか?? あるといいなぁ〜(*^^*)

一番右の東京さんは、
銀魂大ヒット中の御礼でしょうか。

・・な〜んてあれこれ想像するのが楽しいです。

でもね、でも。

どこも色とりどりのカラフルなお花なのに、
ひっそりと飾られたコレは・・

f0153101_21421587.png

上のカラフルなお花はエリザベスさん宛のもので、
その陰で白一色の、胡蝶蘭ですよね?

もちろん、お祝いに贈られるお花ですが、
実は葬儀に贈ってもいいのだそうです。

BORDER制作の六本木からのお花だけに、

え・・?
やっぱり石川くん、死んじゃうの??
いやもう、死んでるの?? (T_T)

な〜んて深読みしてみたりして! (^o^)

ただ、ドラマスタッフが石川のイメージを持ったままだったら、
カラフルなお花ではなく、こうなるのかなぁ・・。

実は密かに、BORDERは秋にSPやったら、
冬に連ドラがないかと期待していたのですが、

冬の木曜の枠は埋まってしまったし、
この感じだと本当にSPで終わってしまうのかもしれませんね。

・・さて、こんな予想の答えが出るのはいつでしょうか?

今はただ、フレデリックに早くまた会いたくて!!
早く、ネタバレありの感想を書きたくて。

幕が上がる前に、オケが音合せを始めた時に、
(ああ、これはミュージカルだったんだ!)って思い出して、
それだけでドキドキしました。(*^^*)

パンフのインタに、
なぜ旬くんがミュージカルをやりたいと思ったか書かれていて、

その気持ち、この作品を見て、すごくわかりました。

楽しくて、ワクワクして、
めくるめく、カラフルな、素敵な舞台!!

ブロードウェイの古き良き時代のミュージカルを思い出す、
そんな作品。

映像では、目の動きだけで演技するような繊細な彼が、
欧米人みたいに感情豊かな表情で、語り、歌い、踊る日が来るなんて。

今まで見たことのない小栗旬、
圧倒的に華を振りまいているかわいいフレデリックを、

たくさんの人が見てくれますように!!


[PR]
by harupyonri | 2017-08-13 22:05 | 小栗旬 | Comments(0)

ダンスと言えばこのイメージだったので、
完全に見くびっていたことを、土下座してお詫びしたいです m(_ _)m

f0153101_22542495.png

行ってきました、やんふら・初日!
珍しく初日が当たって、後方席とはいえ見やすくて、しかも最高の舞台!!

舞台を見ながらあんなに爆笑し続けたのは初めてだし、
旬くん、素晴らしかったです〜 \(^o^)/

・・いえ、もちろん、
大の苦手の歌については、ミュージカルのプロには到底なれないでしょうが^^;

音程を大きく外すこともなく、低音は声量も充分で、
とても頑張っていました。

そして、何より驚いたのがダンス!!

キサラギのオタダンスでリズム感めちゃめちゃだったのは、
わざとそういう演出だったのか、
徹夜の撮影でヘロヘロだったからか、(^o^)

いえいえ、きっとあの時に比べたら、
もの凄い努力をしたんだと思います。

考えてみれば、
運動神経抜群で、アクションの細かい手数も覚えられるのですから、

練習さえすれば、ダンスだって完璧にこなせるのは当然なんですよね〜

とにかく、群舞でも一糸乱れぬ踊りで、
しかも上背といい、衣装といい、ひときわ目立つのに完璧で、感動しました!!

今までの舞台では開幕当初のカテコではあまり笑顔がなかったのに、
昨日は最初っから弾けるような笑顔だったのは、

自分でも、よく頑張ったと思えたからではないでしょうか? (*^^*)

3回目の最後のカテコでは、両手をヒラヒラと振り、
下手に消えるときには、胸に手を当てて腰をかがめるお辞儀をしてくれて、

髑髏では西欧風のお辞儀はなかったですから、嬉しかったです! \(^o^)/

そしてストーリーは・・
監督がこれからどれだけ、関係各所に土下座して回るのか!?

かなりヤバイ内容だと思うので、
初日のままのネタで大楽を迎えるのは、無理なのでは?? (>_<)

特に、永田町方面と芸能界方面は本気でまずいんではないでしょうか。

どうか怪我なく、そして各所からのクレームなく(?)、
無事に大楽まで走り抜けられますように、心から祈っていま〜す(^o^)/




[PR]
by harupyonri | 2017-08-12 23:05 | 小栗旬 | Comments(1)