ブログトップ

王様の耳はロバの耳

「なんか、お父さんみたいだな」
と言われてへこんだ佐野を、懐かしく思い出しました。

暑くてシャツを脱ごうとする瑞稀を心配して、
何やかやと小言を言って世話を焼く、泉くん。(^o^)


f0153101_10443692.jpg

でもいつのまにか、
そんな保護者的立ち位置も似合うようになってしまいましたね。

今度こそは!と、フリートークを期待して
金曜日の舞台挨拶はマスコミの入らない午後の回に参加したのですが、

主演二人のピュアな雰囲気を壊さないように、
ものすごく気を使って、大人しくしている旬くんでした。^^;

オレンジの襟の上着は似合っていたけれど、
パンツがダブダブのシルエットだったので残念(>_<)

この頃、取材とかで好んで着ているワークシャツみたいなのも、
すごくダブダブなので、イマイチだと思うんですよね〜。

他の人の挨拶を聞いている間、今回は保護者なので
さすがにマイクを回して遊んだりはしなかったのですが、(^o^)

「休め」の姿勢で両足を開いて立って、
相変わらずユラユラしてるので、パンツの太さがよけい気になりました。

f0153101_10594768.png

しかも、2週間前とはガラリと変わった風貌で、
無精ヒゲにワイルドな髪型で、かぶきちょうの客引きみたいな(?)ビジュアル。

高い靴を履いた女性陣二人よりさらに頭ひとつ背が高く、
近くで見ていた男性客が思わず、「小栗、デカイな〜」と感嘆していました。

午後の回にはヒマワリの飾りもなく、
プロモ映像もなかったのでとてもシンプルな挨拶で、

だから、黙っていると怖い感じで、なんか疲れてるのかな〜?
と思ってたら、笑顔になれば少年のようで、ホッとしました。

f0153101_11070478.png

午前中に主役の「お足元のお悪い中」という失言で盛り上がった(?)
ということで、

今回も皆がその言葉を出して、旬くんもお約束とばかりに、
「本日はお足元のお悪い中、来ていただいて・・」

ちょっとキョトンとしている観客に、
監督がようやく午前の事情を説明してくれました。

それにしても、旬くんが話し始めるといつも、
その声の素晴らしさに今更ながらびっくりして、胸をつかれます!

今回の司会はいつものさとりさんだったので安心でしたが、
旬くんにはあまり質問を振らずに主役二人を立てていて、

MCがTV局とかだと、注目度の高い北川さんや旬くんに話を振りそうですが、
そうしないできちんと映画の主役を大事にしているところが素敵でした。

f0153101_11294056.png


見つめてばかりいたら、何を喋っていたのかうろ覚えなのですが、^^;

上映前のトークだったのでネタバレのないように、という範囲で、
どのシーンに注目してほしいか、という質問がありました。

たくみくん・・ガムくんとの場面が癒やしになるので、そこも注目してください。
北川さん・・さくらちゃんの笑顔がとても印象的なので、そこをみてください。
みなみちゃんが何を言ったか忘れてしまいました(T_T)

旬くんは、まず最初に場面のことではなく、

「シーンというか、月川監督だからできたこの優しい雰囲気を見てください。
 あの原作を、月川監督はこういう優しい雰囲気に描くんだなぁ、と。」

そんな感じの言葉で、監督さんのことも気遣ってあげていました。(^^)

挨拶で見た時、ずっと老けた監督に見えたのですが、
あとから旬くんと同じ年と知って、びっくりしました!

今回の仕事で、監督さんもすっかり旬くんに惚れ込んでくれたようで、
相変わらず人たらしですね〜 (^o^)

それから、
「シーンとしては、
 高校生の二人が初めてデートで待ち合わせするところが好きです。
 何ていうことはないシーンなんですが、それがすごく・・」

続きがうろ覚えなんですが、
ピュアな高校生らしい場面、みたいなふうに言っていたような気がします。

f0153101_11230094.png

それから、高校生役の俳優さんたちの演技を意識して寄せたんですよね、
みたいな話があり、

旬くんは「はい?」みたいな感じで、何を話せばいいのか困った感じで。
司会「右利きにしたり、とか、ホクロをつけたり、とか・・」

でもそれは、演技を寄せるというか、当然のことだと思いました。

でも、上のポスターを見ても一目瞭然なように、
とにかく二人のまとう雰囲気がもうそっくりで、

たくみくんが成長して旬くんに変わるところに、何の違和感もなくて、
素晴らしかったです!

f0153101_11464856.png


これは完成披露の時の旬くんですが、
本当に、ちょっと若い「お父さん」と言ってもおかしくないような見守り方で、

今回も、とにかく自分は前へ出ないように、
サポート役に徹していました。

二人がとても緊張して、しかも真摯な雰囲気なので、
いつもみたいにふざけてチャチャを入れるようなムードではなく、

また、「ヨッシャ、ヒットさせるぞ〜!」みたいに
ノリノリの空気でもなく、

良い子で紳士な旬くんでした(^^)

舞台からはけるときに、普段なら止まらないようなところで、
みなみちゃんが何回も止まって深々とお辞儀をしたので、

その後ろから歩く旬くんが追いついてしまうのですが、

さっさと追い越すようなことはせず、
一歩下がってそっと待って、ということを繰り返していて、

最後に下手のドアから消える時も、派手に手を振ったりセず、
静かにお辞儀をして去っていきました。

この映画のピュアな空気をそのまま現実化したような舞台挨拶で、
いつもとは違った体験ができて、嬉しかったです!

たくみくんもみなみちゃんも、
役柄だけでなく、とても純粋な真剣さを感じさせる二人で、

北川さんは若い時はイケイケな美人かと思っていましたが、
結婚して、とても落ち着いて柔らかな美しさで、本当に素敵でした。

旬くんと北川さんで恋人役をやってほしいなぁ、と思いました。

・・・

映画の感想はまた後日、書かせていただきたいですが、
私は原作を読んでいなかったので、大人パートを余分と感じることもなく、

途中から涙が止まらず、
またすぐにでもリピしたい佳作でした!!

肝心な部分のネタバレをひょんなことから見てしまっていたので、
それはちょっと残念だったのと、

脚本で一部、(え?それを話す?)と疑問なところはありましたが、
でも、そんなのは気にならないほど、素敵な作品でした。

旬くんの出番も思ったより多くて、
立ち方から表情まで、見事に「僕」になっていたので、

漫画エンタメ大作でないこういう作品に参加できて、
本当に良かったと思います。(^o^)v

あ、もちろん銀さんの方も、
初見の後から、ジワジワとまた見たくなって、早速リピしましたが!

どちらも友人に勧めたい作品なので、
この夏は、布教活動、頑張りま〜す (^o^)/





[PR]
by harupyonri | 2017-07-31 12:15 | 小栗旬 | Comments(1)

銀メダル

海賊が強かったのでランキングは3位かと思っていましたが、
さすが銀魂、見事「銀メダル」でしたね! \(^o^)/

正直言うと、初日舞台挨拶の時に映画を見て大笑いしながらも、
(一般には受けなさそう・・)と危惧していたので、

少なくとも今のところ動員が失速していなくて、嬉しい誤算です。
原作・監督・キャストファン以外も、見てくれたのでしょうか?

私は原作は敢えて未見でしたから、
原作と違う部分に不満を感じることはなく、
どちらかというと一般の観客目線で見てきたのですが、

もともとギャグやお笑いがあまり好きではない上に、
ゆるいテンポの監督のテイストがそれほど好きではないので、
人を選ぶ作品だなぁ、と思いました。

舞台挨拶は残念ながらマスコミの入る初回しか行けなかったので、
ノーカット動画で見られる通りの様子でしたが、

黒のスーツが似合うスリムな旬くんで、
惚れ惚れしました〜 (*^^*)


f0153101_00284637.png


終始、ゴキゲンな笑顔で、
皆の話を聞いたり突っ込んだりしていましたよね。

フォトセッションの用意のために舞台を一旦降りる時も、また上がる時も、
いつも山田くんエリーの手(?)に触れていくところが、
優しくて好きでした (^o^)

神楽ちゃんと見つめて笑い合うときには、
あの身長差がとても素敵でしたが、

やはり年齢差を考えると、お兄さん的な笑顔なのかな?

お妙さんとは戦友っていう感じだし、
なかなか、直球の恋愛モードを出してくれる作品がないから、

そこがちょっぴり寂しかったです。^^;

そしてこれは全く私の好みの問題ですが、マンガ実写化でも、
やはり、信コンのように、一般の大人まで魅了する作品が好きです。

今回の作品は、いろいろ笑って楽しかったけど、
感動とか、演技力に引き込まれるとか、そういうものは全くないから。

信コンの時には、
「満足してもらえるエンタメ作品ができました!」と
胸を張って言っていた旬くんが、

「最高のB級映画です」
「(そのギャグ)なげ〜よ、って思った」
と言っていたあたりから、まあ、予想できた感じでした。

私にとって、作品としても銀メダルかな? ^^;
でも、不思議とまた見たくなるので、リピはする予定です。

そして、そんな私でも気に入ったところ、イマイチだったところ、
下の写真のあとはネタバレありの感想なので、

それでも構わない方は、のぞいてみてくださいね。

原作を知っている方からすると、とても的外れだと思うので、
どうかお許し下さい。 m(_ _)m


f0153101_01005942.png


まだ1回しか見ていないので、それで印象に残ったシーンだけですが・・

*銀ちゃん
低い歌声にいきなり度肝を抜かれました! (^o^)
あれ、完全に「ぽいずん」をマネて歌ってますよね?
音程がはずれないかハラハラするのもご愛嬌。
旬くん、頑張りましたね〜!

ツッコミの間合いもうまいし、シリアスに決めるシーンはちゃんと
すごく格好良く監督が撮ってくれているので、ホッとしました。

いえ、旬くんは格好良いんですが、あの監督がそれを出さないんじゃないかと
思ってたから ^^;

ただ、鼻ホジのシーンがしつこすぎます。
1〜2カットで充分だと思うのに・・。

好きだったのは、ムロさんのところでの掛け合い。
特に、ゴムゴムの実を渡されて麦わら帽子を被せられた時、

ワクワクした少年みたいな顔をしている銀ちゃんが最高! \(^o^)/

アクションは、CRISISを見た後だと物足りなくなります。
「相手がアクションのプロでなく、俳優さんだと、怪我をさせないようにと
気を使った」と言っていましたよね。
特に、高杉相手の時には手加減している感じがしました。

動きは凄いのに、撮り方がこなれていないようなところも多くて、
まあそれも「銀魂クオリティ」なんでしょうが。

CGレベルを敢えて落としてマンガっぽくしたように、
アクションだけ急にハイレベルの映像では浮いてしまいますよね。

*桂がキレイ。
ババ嵐や、舞台挨拶でいじられまくる中の人なのに、
物凄く格好良かったです!

*沖田がキレイ。でも棒読み。
また子も棒読み感がひどかったけど、アニメファンは褒めていたので、
もともと沖田もまた子も棒読み的な喋り方をするキャラなんでしょうか。

*土方カッコいい。
でも縛られてたのにどうやって助かったの?

*近藤さん、最高!!
近藤さんの場面は全て、爆笑でした。\(^o^)/
私は、佐藤さんがやるようなダラダラしたギャグは嫌いで、
テンポよく出落ちで笑わせるようなネタが好きなので、
近藤さんのシーンの笑いが好きでした。
でも誰か、彼を海から拾ってあげてください・・

*神楽と新八
二人が銀ちゃんを慕ってるのがとても良く出ていて、
「銀ちゃんは?」「すぐ来るよ」というところはジーンと来ました。
二人とも、ギャグもシリアスも素晴らしかったです。

*お妙さん、綺麗。
「ロボコン」「岳」が私にとって金メダル作品の一つなので、二人の共演は嬉しいです。
お妙さんは銀ちゃんを憎からず思っているの?

*似蔵、声も素敵。

*エリー、可愛かった!
*定春、グロかった。

*高杉
ビジュアルは綾野くんをイメージしていたのですが、剛くん、妖艶でしたね。
倒れてからの内股は、違う演出にしてほしかったなぁ・・。

・・きっと、原作やアニメを見てからリピすれば、
また全然違う感想になるのかもしれません。

原作の◯巻を読んだら見方が変わるよ!
というアドバイスがありましたら、是非教えていただければ嬉しいです。

そしてやはり、監督が面白いと思う間延びしたテンポは、私とは合わなそうです。
ヤンフラ、覚悟して見に行きます。^^;





[PR]
by harupyonri | 2017-07-19 01:43 | 小栗旬 | Comments(0)

軽々と * 第一景

クジ運が悪いのか、年齢制限があったのか(!?)(^o^)
当然のことながらLIVE放送しか見れませんでしたが、

だいぶお疲れモードでしたね〜 ^^;

翌日のブログを見れば、
やはり捨之介から休み無しの石川安吾で、

体力的にもメンタル的にもだいぶキツイのだろうなぁ・・
と心配になりましたが、

でも、あのけだるいムードが普段の銀さんそのものなのかも? (^o^)

もしかしたら、生死のBORDERをさまよっている石川が、
どうしても体から抜け切らないのかもしれませんが。

撮影が終わったら、少しでもお休みが取れますように!

・・というわけで、稲見LOVEもまだまだ続いているのですが、
忘れないうちに捨之介の記憶も書いておきたいと思います。

f0153101_11593328.png

ワカの時には以前からの本しかありませんでしたが、
今回はちゃんと「花」だけの脚本が出版されて、嬉しいですね!

でも、それだと捨の武器はワカと同じ鉄ギセルと書かれていたのですが、
実際には鉄扇に変わっていましたね。

鉄扇というと、どうしても天の敦盛の印象が強いので、
なぜ捨も扇にしたのかな〜と思っていましたが、

もしかして、激しく動き回って汗だくになる捨が、
あおげるようにかな?? (^o^)


f0153101_12040664.png

最初の立ち回りから、
美しい御御足を存分に見せていただけて、

眼福でしたね〜 (*^^*)

f0153101_12060983.png

そして、今回、特に良かったのが、
捨と沙霧の出会い。

ワカの時には、沙霧が捨に惹かれていくきっかけが弱かったのですが、
今回はすごく納得できる演出になっていました。

ケガしたまま去ろうとする沙霧の手を引き寄せて、
グッと抱きしめ、頬の傷をなでるところで、

沙霧がもう、ドキリとしてドギマギしているのがわかります。(*^^*)


f0153101_12093719.png

ここがまた、公演の回を重ねるごとに色っぽいシーンになっていって、

最初の頃はちょっと引き寄せていただけだったのに、
終盤の頃には、肩まで抱いてスッポリと抱き寄せているので、

見上げる沙霧と、見下ろす捨の身長差に
萌えました〜 (*^^*)

そして、撫でるような声で
「汚れちゃいるが、磨けば光る上玉だ」
という声がまた、色っぽい!

爽やかだったワカの捨から、少し遊び慣れた頃合いの
今の年齢の捨だからこそ似合う声音で、とても良かったです。

このセリフ、脚本にはなかったけれど追加されていて、
グッジョブ!でした。

そしてなんど見ても感動してしまう、
オープニングのタイトルバック!!

やはり、広大な舞台の真ん中に独り立って、
このシーンを背負える圧倒的な華があるのは、

旬くんならでは \(^o^)/

f0153101_12163870.png

ただ今回は、本当の雨を降らせて、
それをスクリーンにしてタイトルバックを映し出していたのですが、

残念ながら、前方サイド席だと、雨が揺れて文字が全然見えない (>_<)

後方ならばくっきり見えて感動だったんですが、
あれは少し改良して欲しかったです。


f0153101_12213487.png

そして、そこから無界の里へと向かうくだりが、
このステアラならではの演出で、大好きでした。

幕が閉じて映し出される映像の前を下手へと走っていく皆、
ゆっくりと大股で歩いて追いかけていく捨。

逃げ戻ってきた沙霧を、
ここからヒョイと肩に担ぎ上げて、走り出します!

いくら沙霧が小柄とはいえ、
軽々と担いで、しかもお尻ペンペンしたりしながら、

余裕で駆けていく旬くんの逞しさに惚れ惚れしました〜 (*^^*)

そして、トンっと沙霧を床に降ろすと、
その手をしっかり引っ張って無界へと駆け出す捨。

「卒業」のラストシーンじゃないけれど、(←年齢がわかりますね^^;)
全世界の女子憧れのシチュエーションですよね〜 (^o^)

自分を救って、別の世界へと連れて行ってくれる、
格好良くてたくましい男。

これで惚れなければ、女じゃねぇよ!? 

というわけで、第一幕からすっかり捨に心奪われて、
大・大・大満足のオープニングでした!! (^o^)/ 





[PR]
by harupyonri | 2017-07-03 12:29 | 小栗旬 | Comments(1)