ブログトップ

王様の耳はロバの耳

ジャンケンしてるだけでカッコイイ人は始めてみました (*^^*)

f0153101_16342211.png

きれいな長い指を、
緑をバックに撮ってくれたのが偶然でないのなら、

カメラマンさんのこだわりにも感服です!

このドラマのチームが好きなのは、
できたばかりの部隊だというのに、信頼感が完成していることです。

いえ、完成しているように見せられること、??

集められて、数カ月の訓練を経たのでしょうか、
お互いの特性はわかってきてリスペクトしているけれど、

抱える過去までは知っていはいない。

新学期、新しいクラスで取り敢えず
「見せたい自分」を演じている、そんな感じでしょうか。

ロッカールームで「悪さ」を言い当てられて、
「情熱的な恋、と言ってくれ。」とうそぶく稲見。

f0153101_16422575.png

2話で暗殺者に見せた凄みのある過去は、仲間には伏せて、
ちょっとやんちゃでだらしない(?)風を装っている。

旬くんは「稲見はスリルジャンキー」と言っていましたが、
新幹線からも、マンションの5階からも無駄に(?)飛びたくなってしまうのは、

心の何処かに、「死んだっていいや」
という無謀な気持ちがあるんだと思います。

いえ、本音は
(任務で死ねたら、罪の意識から救われる・・)
なのかもしれませんが。 (T_T)

まあ、恋愛は今のところ、「刹那的」でしかないのでしょうが。

おかげで、こんなきれいな寝顔と背中を見せていただけるのなら、
いっくらでも「悪さ」してください! (^o^)

f0153101_16501650.png


勝手に一人で突っ走るようでいて、
チームは大切にしている稲見くん。

だらしない格好で座りながらバカ息子の話を聞いていても、
「それで俺たちの任務は?」という時には、

素直に班長の指示を待つ姿がかわいいです。

f0153101_16523347.png

このチームがみんなカッコイイのは、
黙っていても通じ合えるところ。

バカ息子が水を要求した時、
「班長」と声をかけてじっと見つめるだけの田丸、

それだけで言わんとすることがわかる班長と稲見、
・・そういう男同士の繋がりの描写ががとにかくシビれる、

さすが金城脚本ですね。

f0153101_16562104.png

何のことか不思議がる彼女に、
「(班長は課長を)脅迫しに行ったんだよ」というお茶目な笑顔 (*^^*)

f0153101_16573432.png


第一話のこのあたりまで見て、
このチーム感、特に稲見と田丸とがわかりあってる感に、やられました。

班長たちはまだ、奔放な稲見のどこまでが真の姿なのか、
探っている感じ。

川に飛び込んだ稲見を見て、
「これ、ヤバいやつじゃないですか?」とか、

爆弾のスイッチを押せ、と説得するのを聞いて
「時間を引き伸ばすために言ってるんだよな?」とか、

樫井さんが解除した爆弾を持つのは
「怖いか?」「全然!」「上等だ。」なのに、

稲見の説得を待つのは
「不安か?」「少し」「俺もだ。」なんですよね〜(^o^)

そんな時にも、
田丸だけはちゃんと稲見のことをわかっている。

そんな田丸を稲見はリスペクトしていて、
あの目を疑った「非常階段降り」の技には、

(すっげー!!)と感嘆のまなざし!

f0153101_17113946.png

逃げる相手を一発で仕留めた田丸に、
さすが、という表情で拳を合わせる場面、いいですね〜!

f0153101_17152887.png

で、怖いのは、
こうしてバディ感、チーム感が増せば増すほど、

いつかこの中でお互いを疑い合うとか、裏切り合うとか、
そういう展開が待っていそうで ^^;

何しろ、BORDERの最後でアレをやった脚本家さんですから・・
でも、SPとは変えてくるかな? そうであって欲しいです。

それにしても旬くんの役作りは見事で、
今までも刑事モノはたくさん演じてきたけれど、

高倉奏とも、石川安吾とも、
歩き方、立ち方からして全く違うのは脱帽です。

行きずりの彼女の家からの遅刻(?)出勤で、
キリッとしていなくて、口を半開きだったり、

全てにおいて、ちょっとだらしない感じ。

f0153101_17201063.png


けれど、他の刑事たちと違って、
常に周囲に敵がいないか、気を配るんですよね。


f0153101_17230482.png

これは細かく見ていると本当にいつもそうで、
車から降りた時も皆は広場に真っ直ぐ進むのに、稲見は周囲を警戒する。

バカ息子の友人のマンションに入っていく時も、
田丸は目線が前だけを見ているのに、
稲見は細かく左右を見回している。

たぶん、刑事は自分が襲われることってそんなにないだろうから、
捜査対象に向かって一直線なのでしょうが、

自衛隊で訓練を受けてきた稲見は、
常に敵に襲われることを意識して生きてきたんだと思います。

その見回し方が、周囲の証拠などを探すというだけでなく、
警戒心、猜疑心、そんなものに満ちていて、見事です。

そして、そういう過去を持つ稲見になりきっている
旬くんが凄い!! (^^)v

f0153101_17305063.png


犯人が逃げそうになると、
迷わず5階の手すりに飛び乗る稲見!

手足を泳がせながらの見事な落ちっぷりです。 (^o^)

f0153101_17475327.png


どなたかが書いていましたが、
こういうルートが選択肢として思い浮かぶのは、

サバイバル訓練を積んだレンジャー部隊だけ、
と聞けばうなづけます。

レンジャー部隊ってどんな訓練をするのか思わず調べましたが、
この日本においても、訓練では
「一瞬で対象を暗殺する方法」まで学ぶようですから、

稲見は無鉄砲なのではなく、
優秀なレンジャー隊員だったのでしょうね・・


f0153101_17365929.png


ひょうひょうとして、どこかお茶目な稲見ですが、

何しろ金城脚本ですから、
彼が「平成維新軍」のメンバーでも私は驚きません。 ^^;

もちろん、
警備局長でも、班長でも、田丸でも、
誰がメンバーであってもおかしくない気はしますが・・。

このバディ、このチームの
心地よい信頼関係が、いつまで続いていくのか。

ハラハラしながら、見届けたいと思いま〜す (^o^)/





[PR]
by harupyonri | 2017-04-22 17:49 | Comments(0)

生存確認

あの後、
一線を超えた石川はどうなったのか、
ずっと気がかりでした。

自らも命を絶ちそうな、
どこまでも突き詰めていくキャラだったから。

でも、生きていてくれたんですね。

い・しかわ あ・んご と
い・なみ  あ・きら。

イニシャルは変わらないよね? (^o^)


f0153101_01490488.jpg


石川のしたことを察した班長(えんけんさん)が、
もう警察にはいられないだろう、と自衛隊への道をつけてくれて、

そこで暗殺をもいとわない特殊部隊の訓練を受けて。

もう、あの時越境してしまったのだから、と
訓練に励んでいたけれど、

いざ、本当に任務で民間人(?)を抹殺したとき、
ガスマスクを外した時の狼狽した顔は、石川のままだった。

もう二度と、あちら側には行きたくない。
その一念で、もう一度、こちら側へ戻ってきたんですね・・

・・・な〜んてスピンオフ、
創ってくれませんか、金城さん!? (*^^*)

続編は決して作れないであろう、かの名作への
たくさんのオマージュが散りばめられていて、

ファンには痺れる設定です。
これからも、楽しみにしています!!



[PR]
by harupyonri | 2017-04-19 02:00 | Comments(0)

溺愛ブログの季節が、またやってまいりました・・^^;
呆れながら読んでいただければ幸いです。

明日に備えて1話をリピしているのですが、

冒頭の新幹線内のアクションだけでも、
コマ送りしてみると信じられない動きを見せているんですね〜 (^^)v

そして稲見は、運動能力だけじゃなくて
観察眼や勘も鋭い!

送られてきた写真とは違う男なのに、
妙に硬い表情で椅子に座っている第二の犯人を怪しむ稲見。

若い男がスマホも見ずに、居眠りもせずに、
カバンをしっかり抱えて座っていたら、確かに変ですよね。

そして、田丸が第一の犯人を確保した、という連絡を受けても
現場に向かおうともせずに、スマホを見ている稲見。

最初、稲見がマップで現在地を見ているのかと思っていたのですが、
あとから鍛冶局長が

「新幹線が偶然、川の上で止まったと思ってるのか?」と言ったのを聞いて、
稲見が最初から川の位置を確認していたことが初めてわかりました^^;

f0153101_10125571.jpg
そして、狭い新幹線車内でのノンストップアクション!!

座席の幅と同じ長さ(!)の脚をフルに活かして、
犯人を寄せ付けない稲見。

座席の横に立つと、背もたれの高さと腰の位置が同じで
そのスタイルの良さに改めてびっくりします (*^^*)

f0153101_10152230.jpg
相手がなかなかやるな、と思った時に
左手をブンブンと振って、首をコキコキと曲げてウォームアップ。

挑発する姿が、戦闘を楽しんでいる稲見らしいですが、
それは、心のどこかで(死んでもいいや)と思っているからなんですね・・

f0153101_10194900.jpg
とにかく敵から片時も目を離さず、
目をつぶるどころか瞬きさえしない、綺麗な瞳。

f0153101_10214221.jpg
そしてまるでヤモリのように(!?)
壁だって這ってしまう稲見! (^o^)

f0153101_10232870.jpg
さらには相手の体を踏み台に宙を舞い、
通路に大回転する身のこなし!

f0153101_10250356.jpg
そしてまた、これでもかと脚の長さを見せつけて、
相手を制圧して、腕の骨をへし折ります (>_<)

f0153101_10263797.jpg
人間の腕一本折っても、全く平然として表情一つ変えないその姿は、
あとから見返すと、どこかゾッとするような・・ (T_T)

f0153101_10282756.jpg

「一度押してみたかったんだ」
と、子供みたいなことを言ってニヤリ (*^^*)

f0153101_10292170.jpg
ユナイテッド航空さながら乗客、もとい犯人を引きずり出して、^^;
「あと何秒残ってる?」

思わず素直にカバンを開けて確認してしまう犯人って、どうよ!?
というツッコミはさておいて、

高所恐怖症の旬くんが、見事にダイブ!

もちろん、川ではなくマットに向けてだったと思いますが、
それでも脚が宙を泳ぐ姿さえカッコ良く、

これならいつかスカイダイビングもできそうですね〜 (^^)

f0153101_10333810.jpg
念願かなって(?)新幹線を止めて、
なんだかスッキリした笑顔で手を振るところが、カワイイ (*^^*)

そして、オープニングもすごくスタイリッシュで、
一発で惹き込まれました〜!

f0153101_10364435.jpg

やはり、この新幹線内のアクションは、
流れるような動きで、本当に凄いと思います。

犯人役の方が日本一のアクション俳優ということもあって、
とにかくスピードも迫力も最高でした!

座席内という制約の多い場所で、
一歩間違えれば怪我したり、させたりという危険がありますから、

何事もなくクランクアップしてくれて、
本当に良かったと思います。

・・そう、
こういう仕事をしている人達は、
いつどこで突然の事故に巻き込まれるかわからないのだから。

11日、旬くんが腫れた目で電波ジャックに出ていた理由を知ったのは、
後日のことでした。

事故で亡くなった方がただの共演者ではなく、
親戚だったというのは初めて知りました。

事故の一報を受けた直後であろう舞台では、
さすがに台詞を何度か噛んでいたそうですが、

それでも舞台に立ち続けなければならない役者という仕事、
それでもTVで笑顔を見せなければいけない座長という立場、

あまりに辛いことだけれど、
それがまた旬くんを変えたような気がします。

私が2回めに登城したときは、全員の出来が素晴らしくて
カテコの時にはちょっとドヤ顔(?)で自信満々に見えた旬くんですが、

事故から数日後の舞台に訪れた時は、
捨之介に拭い去れない暗い陰があるのではないかと不安でした。

しかし、
むしろまるで浄化されたかのように、美しかった・・

白い頬は少しこけたような気もしたけれど、
台詞も動きも既に淀みなく、

澄み切った瞳の捨之介でした。

カテコの時に、いつものヒラヒラとしたお手振りではなく、
BGMに合わせて何度も拳を突き上げていた旬くん。

負けないぞ、と自分を鼓舞するかのように・・

自分は若いから、死はまだまだ先だと思っていた旬くんが、
若くてもいつ何が起こるかわからないということを痛感して、

より一層、今、生きているこの瞬間を、
この演技を、大事にして進んでいくに違いないと思います。

見事な新幹線のアクション、
そして進化する新感線の舞台。

亡くなられた方のご冥福を祈りつつ、
さらなる高みへと昇華していく彼のお芝居を、信じています・・







[PR]
by harupyonri | 2017-04-17 11:00 | Comments(1)

どうしましょう?

どうしましょう??
既に稲見にメロメロです (>_<)

なんですか、あれ?
お色気+特命捜査、の只野係長路線でしょうか、

美味しすぎます〜 \(^o^)/

・・という邪(よこしま)な目線は取り敢えず封印して、
初回を見た感想は、期待通り!の満足度でした。

そして、全てのキャラが予想以上にカッコいい!!

インタでも聞いていたけれど、田丸さんは一発必殺で強すぎるし、
ジェントルな笑顔と強さのギャップが素敵です。

班長さんがまた、心理戦に強くて頼りがいがあって、
無言で全てを見抜いてしまうあの眼、いいですね〜

REDでの二人を思うと、
今度はどんなアドリブを仕掛けてくれるのか、楽しみです(^o^)

そしてガーくんは過去の爆弾制作歴を活かした(?)存在感があるし、
大山さんもいい意味で女っぽくなくて、とても魅力的です。

スピーディーなアクション、
キレッキレの主題歌とオープニング、サントラ、

映像も映画みたいで・・
いやこれは、絶対映画化考えてるでしょ!? ^^;

視聴率も近年のふじにしてはとても高くて、
旬くんたちの熱意が報われて、良かったです!! (^^)v

f0153101_21155186.jpg

で、敢えて突っ込ませていただくなら、

大臣がらみの爆弾事件が2つ続くというのは、ちょっとどうでしょうか。
外務大臣の息子はまたも救われてしまうし、スッキリしないものが・・

対象をテロに限定すると、どうしても事件が偏ってきそうで心配です。
シリーズ化できるくらいの、バリエーションが欲しいなあ〜 (^o^)

次回は化学テロ、
あまりにタイムリーなので放映できるか気がかりですし、

そしておそらく、ラストシーンの稲見のトラウマの元凶も、
なんらかの感染者を抹殺したという感じでしたね。

あまりに想定外のテロを描いてしまうと、
それが現実の事件のアイディアになってしまっては困るから、

やはり意表を突く展開にはできないのかもしれません。

それと、1話は登場人物紹介回とはいえ、
BORDERのときは、最後に犯人の耳元であの台詞を囁くという展開に
ゾクゾクして引きずり込まれました。

視聴者の予想の斜め上を行く展開が、
最終回の名ラストシーンにまで息づいていたと思います。

今回の展開はまだまだ想定内で、
これからもっと金城ワールドの炸裂を期待したいところです・・。

そして、一番のツッコミどころは、
稲見くん、1話ではずっと同じスーツかい!(←そこ?)

川に飛び込んだんだし、
女性のマンションからもその服で出てきて、

さらにその服でバーでまた口説くって、
せめてロッカーに着替え置いておこうよ。

まあ、その汗臭いワイルドさもまた、
稲見くんの魅力なんですが・・(*^^*)


f0153101_21392465.png

そして、話はかわりますが・・
4月2日に初回の登城をしてから、1週間も経たずにまた行ったのですが、

すでに髑髏は進化を遂げていました!!

前回より、少しだけ前でセンター寄りの席だったからかもしれませんが、
音響を絞ったのか(?)、声が反響せず、聞きやすかったです。

おかげで、蘭の台詞も良くなっていたし、
悲壮な陰を背負った早乙女蘭とは違って、貫禄のある蘭が生まれつつありました。

天は前回も後半はかなり良かったのですが、
2回めの時にはもうすっかり完成されていて、凄かったです!!

デカイ兵庫も見慣れてきたらいい感じで、
沙霧の捨への想いもすごく響いてきました。

古田さんは早くも台詞を変えてきてるし、
これからもっとアドリブが出てきたら楽しみです。

そして我らが捨は、
もうその色気も強さも最高でした〜\(^o^)/

惜しげもなくまくり上げる着物の裾から見える太腿の、
なんと白くて美しいこと (*^^*)

初回は気づかなかったのですが、殺陣が素晴らしくなったのには
もう一つ理由があったのかも。

2011年公演では、
慣れぬ右手での殺陣に苦労していたと思うのですが、

今回は両手を自由自在に使う設定なんですね!

目にも留まらぬ速さで右手から左手へと刀を持ち替えて戦うので、
左右の敵をバッタバッタと斬りまくる流れが自然で、綺麗でした。

この日の公演は全員の出来が素晴らしくて、
2日とは違ってカテコ3回めで前列までスタオベになったのですが、

そのせいかそのまま4回め無しで終了になってしまって、
ちょっと残念でした (T_T)

2日の時には「本日の公演は終了です」の放送が入っても、
皆が拍手していたらもう1回カテコに出てきてくれたので、

皆さん、大満足だったときには
惜しみない拍手を続けましょうね〜 (^o^)/




[PR]
by harupyonri | 2017-04-12 22:12 | Comments(0)

完成形の、その先へ。

行ってきました〜 \(^o^)/
悪評高き(?)豊洲砂漠へ。

まずはネタバレ無しで、施設などについての感想から書きますね。

私は、豊洲駅からゆりかもめで行ったのですが、
お昼を食べる時間がほとんどなかったので、豊洲駅前のマクドに行こうと思ってました。

でも、同じ考えの人が山ほどいて、店の外まで長蛇の列 (>_<)
空腹で回る座席に座るのは辛そうなので、仕方なく近くの吉野家へ・・。

時間に余裕があれば、ファミレスとかもあったようですが、
ファストフードの時間しかない場合には要注意です。

そして、ゆりかもめ豊洲駅へ。
まず、市場前までの回数券を買います。(←ここ重要! (^o^))

10枚分のお値段で12枚来ますから、
リピしまくる方も、お友達と分け合う方も、お得だと思います。

市場前駅に着くと、駅を降りた階段から絶好の見晴らしで、
見事な砂漠と未来都市(?)が見えますよ。

f0153101_18103555.png

劇場まで歩く道には日陰もなく、炎天下や土砂降りの日には辛そうです。

開演20分前位に着いたのですが、既に女性トイレへの列は、
冗談ではなく数百人!! 💀

二列になって二階のトイレ前の廊下を折り返し、階段を降り、
一階ロビーを抜けて、客席へと入る通路の方まで、物凄い列でした。

豊洲駅のトイレは個室が3個しかありませんでしたが、まあまあキレイだったので
本当にギリギリに会場に着く人は駅のトイレの方がいいかもしれません。

開演に間に合わない覚悟をしましたが、
個室の数は多いので意外にどんどん進んで、間に合いました。

でも、皆さん書かれているように荷物も置きにくいし、
ウォシュレットはもちろん、流水音とかもなくて、まさに仮設トイレ ^^;

それに、膝を痛めて階段が辛い私には、
トイレのたびに階段を上らなくてはいけないのは憂鬱です。(T_T)

そして、いよいよ回る客席へ!

十数列目で、普通の舞台なら全体が見やすい位置だと思ったのですが、
意外に舞台が遠くて、オペラグラスが活躍しました。

f0153101_18275933.png

そして、回る客席というのは、私の予想とは大違いでした。

私が思っていたのは、たとえば右手には無界屋があり、左手には髑髏城があり、
右手でも左手でもそれぞれの場面を演じていて、それを動きながら見ていく、

いわば「It's a small world」のような演出を想像していたので、(←バカですね^^;)
サイドや後方席でもどこかの舞台には近くなるのかと思っていたのですが、

それは全然間違っていました。(^o^)

基本的に、次の場面があるところまで客席が回って、止まる。
でも、映像も動きがあるので、自分が右回転しているのか左回転しているのか
よくわからなくなるような・・?

しかも私は、めちゃくちゃ車に酔いやすい体質で、
映像で空を飛んでいるように見せるアイマックスシアターとか、

USJのハリーポッターライドとかでも
吐きそうになるくらい酔ってしまう人なので、

正直、前に進むような映像で動いていくときには気持ち悪くて、
ちょっと辛かったです・・(T_T)

それでも、演者たちが正面の舞台に登場すれば客席は止まるので、
お芝居を見ている時は大丈夫だったのですが。

ただ、意外に舞台が狭いんですよね〜。
それに、前の座席との段差が小さいので、人の頭が邪魔になって見にくいです。

場面によっては舞台の横幅もかなり狭いですし、
奥行きもない場所も多くて、

そういう狭いところで殺陣をすると、ヒヤヒヤします。

なんというか、映画館のスクリーン前の舞台挨拶をする壇でお芝居してるような、
そんな窮屈さを感じるシーンもありました、

その辺の演出は、これから1年でどんどん進化していくのかな?

それと、声が反響するのか、聞き取りにくいところが結構ありました。
天はそれを意識してか、妙にわかりやすく区切って台詞を言っていたので、
逆に、いつになく棒読みな感じになっていて残念でした。

f0153101_18485863.png

終わったら、夕焼けの中の東京タワーが綺麗でした!

そして捨之介は、ワカドクロが完成されていったラスト近くの公演に負けないくらい、
いえ、殺陣のキレはもっともっと進化していて、素晴らしかったです〜 (*^^*)

でも、台詞を言う前は息切れのハアハア言う音が苦しそうで、
やはりかなりハードな動きなんだと思います。
これからの長丁場、どうか無事に走りきって欲しいです!!

ただ、全体的には、私にとってはマイナスからの出発かもしれません。

ワカドクロの後半に10回以上通いつめて、
全てのキャストに惚れ込んで、その台詞も表情も克明に覚えているので、

まだまだ生まれたばかりのこの髑髏が、
それを超える日までは、進化を楽しんで待ちたいと思います。

早乙女蘭の、重い情念を背負った切ない美しさ、流れるような殺陣、
森山天の、あの狂気と躍動と存在感、
勝地兵庫の、小さいのにいきがって、それでも慕われる男気の可愛さ、

何と言っても小池姐さんのあのきっぷの良さと艶やかさ・・
また、ワカドクロを見たくなりました。

それでは、これから登城される皆様、リピされる皆様、
どんどん進化していく舞台を、最後まで一緒に楽しみましょう〜 (^o^)/





[PR]
by harupyonri | 2017-04-06 19:07 | 小栗旬 | Comments(0)