ブログトップ

王様の耳はロバの耳

ありがとう

Happy Birthday、旬くん。

私が恋に落ちた時、あなたはまだ24歳の瑞々しい若者で、
抜けるように白い肌、折れそうに細い体躯、

その瞳はどこまでも透明に深く、
けれど、眼光は強く輝いて、

演じることへの渇望と、
誤解されることへの反抗で、

裏表なく自分をさらけ出して、
それで人一倍傷ついて、

声を枯らして語る言の葉を、
いつもきっと現実のものとして、

そうやってこの10年、
ずっと真っ直ぐに走り続けてきてくれて、

ありがとう。

あなたという存在にどれほど救われたか、
どれほどはげまされたか、

とてもではないけれど、語り尽くせません。

かなうならば、次の10年も同じように
駆け上っていくあなたを見つめていられますように・・

f0153101_16574880.png




そして今や、大人の色気がダダ漏れの
こんな役も似合うような年齢になったのだから、

たまには本格的なラブ・ストーリーも
演じてみてもらいたいものです (*^^*)

「代償」は、最初に1話を見て、
言葉は汚いですがあまりに「胸糞悪い」展開だったので、

そんな状態で1週間を待つのは辛すぎて、
全話配信されてから一気に見ました。

悲壮感漂う圭輔に胸を痛めながら見ていたけれど、
最終話の「圭ちゃんも僕と同じなんだよ」という台詞と、

あのラストの歪んだ嗤い顔が脳裏にこびりついて、
まだずっとモヤモヤしています。

原作未読なので、お正月休みにでも読んでから、
もう一度見直したいと思っています。

だから今回は、ストーリーには関係なく、
お気に入りのシーンだけ。

f0153101_17153545.png

白を着せたら世界一似合う男、小栗旬!

ラフな髪型も、穏やかな笑顔も、
これからの地獄の日々への前奏曲。

そして、私の大好きな
ワイシャツの腕まくり (^o^)

圭輔は、左利きなのか右利きなのか固定されてなくて、
両利き(?)のような描写でしたが、

注射の時に右腕を出すということは、
基本は左利きでしょうか。
f0153101_17434532.png


強く見える男が傷ついた姿をさらすのは、
いつだって美味しいもの (*^^*)

そして今どきなら、
「小栗旬は3本指だった!」と記事になりそうですね (^o^)

そして、いい男は、
上着を脱ぐだけでも絵になります。

ほんとうにこんなスタイリッシュな若手弁護士がいたら、
TVの解説者に引っ張りだこでしょうが、

TVに映ってしまったがために、
達也の目に止まってしまったのでしょうか?

ずっと圭輔を見つめていたという彼が、
なぜ、このタイミングで触手を伸ばしてきたのか、
その理由が知りたいです・・

f0153101_17515389.png

ただ、残念なのは、
圭輔くんはワイシャツの下に半袖シャツを着るんですよね〜 (>_<)

ここは高倉奏のように、
素肌に直接ワイシャツを着てほしかったです。

せめて、
袖のラインが出ないようにランニングなら良かったのに!

でも、眉間にちょっと皺をよせながらネクタイを緩める時、
長いまつ毛が憂いを帯びて美しかったので、許しましょうか(^o^)

f0153101_17565216.png


最初からずっと、
(なんで圭輔は本当のことを話さずに抱え込んで、
 どんどん窮地に追い込まれていくんだろう??)

っていうのが見ていて辛かったのですが、

生い立ちを考えれば、
彼は誰のことも信用できなかったのでしょうね。

自宅に泊まっていくような婚約者のことさえも、
「真琴さん」とさん付けで、決して心を開いてはいない。

心の底でいつも、
何かに怯えていたのかもしれません。

でも、その恐れを封じ込めようとするかのように
強い眼差しで見つめ、

そしてこぼれるような口づけ・・


f0153101_18062102.png

旬くん、できるんじゃない、
こんなKISS! \(^o^)/

でもなぜか、肉感的な熱さが感じられなくて、

これからの物語の行末を暗示するかのような、
ひんやりとしたエンディングに、心を掴まれました。

・・来年も、
楽しみなお仕事がたくさん決まっていますが、

できればこんなリアルな役のドラマも、
1本やってほしいです。

そして、このドラマを見た後では、
みゅうじあむは全然怖くなかった気がします^^;

だってあれは、カエル男にしろ、死体にしろ、
ありえないでしょ?っていうマンガならではの造形でしたから。

けれどここに出てくる悪人たちは、
おそらくは現実にもきっといる人達で、

圭輔のように苦しんでいる人も確実にこの世にいるはずで、

だからこそ、ずっとずっと
ゾワゾワとした恐怖が突き刺さってきました・・

  *  *  *

それでは、今年は穏やかでハッピーな誕生日を迎えられた彼に、
心からの「おめでとう!」と「ありがとう」を!!

そしてこれからも、
皆さまと一緒に応援していけたら嬉しいで〜す(^o^)/





[PR]
by harupyonri | 2016-12-26 18:26 | 小栗旬 | Comments(3)

まるで最初から存在しなかったかのように、
消し去ることができるんですね、TVの世界って。

我が家は毎朝、テレ朝派なので、
滑舌良く明快な解説をしてくれる彼と、
新人ながらハキハキと頑張っている彼女のファンでした。

ルールを破った二人が一緒に番組に出るわけにはいかないでしょうが、
降板のお詫びも何もなく、まるで最初からいなかったかのように、
すべてが進んでいくことが怖いです。

そしてそれは、ロザリンドも同じ・・

何が本当なのか、もうわからなくて、
所詮、私たちがTVの画面に見ていた姿はアイドル(虚像)でしょうが、
このまま彼も、存在しないことになっていくのでしょうか。

そうしてみると、
大ブレイクして人気絶頂の時でさえもアイドルになることは拒み、

普通に恋愛したり、失敗したりしながら、
普通の年齢で結婚して、父親になって、良い年の取り方をして、

そういう着実な人生を選んでくれた旬くんに、
心から感謝します。

おそらくそれは、きちんとした御両親に、
しっかりと育てられたからこそなのでしょうね。

・・そして、両親とちゃんと暮らせなかった
達也と圭輔という二人が、この先どうなっていくのか・・

あの最後の圭輔の嗤い(わらい)顔と、フィルムの途切れ方、
みゅうじあむのラストを彷彿とさせて、

まだグルグルと、「その先の」意味を考えています・・

f0153101_16402650.png



でも今回は遅まきながら、みゅうじあむで
「心を鷲掴みにされたシーン、No.1」の感想です (^o^)

言わずと知れた、
あの究極の「絶望感」のシーンです!

原作を読んでいなかったし、
カエルくんの調理中には目をそむけていたので ^^;

初見のときには、まさに沢村と一心同体になったかのように、
映画館で声を出さずに(うあぁぁぁぁ〜!!)って叫びました (>_<)

そもそも、ハンバーガーに手を伸ばした時からイヤな予感がして、
(食べちゃうの?え、それ、食べちゃうの・・??)
っていう感じでしたよね。

そして、調理台のボウルには、こびりついた髪の毛。
人肉なのはほぼ確実としても、誰の・・?

まさか違うよね? 殺されてないよね??
食べさせられてないよね???

・・からの、

f0153101_16222197.png


旬くんは結末も知っているのに、
よくぞこんな迫真の演技ができるものですよね〜 (^^)v

欲を言えば、
その後すぐのシーンで妻子が生きていることをネタばらしせずに、

沢村が身代わりのカエルを撃たずに妻だと気づくところまで、
観客も騙しておいて欲しかったな〜。

その方がサスペンスとしてはドキドキしたと思うのですが、
監督があくまで原作通りにしたのは残念でした。

でも、旬くんの
こんな極限状態の表情は初めて見れたし、

映画だとか演技だとかいうことはすっかり忘れて、
固唾を呑んで見入ってしまう素晴らしい場面で、

その後の、すべてに絶望した虚ろな表情も、
吐くものもないのに嘔吐するところも、

本当に凄かったです!

ただグロいだけの作品ではなく、
キャストすべての演技に見応えがあって、

満足できる作品に仕上がっていて、
予想外に素晴らしかったです・・

でも、みゅうじあむから代償へと、
「絶望感から悲壮感へ」と続いていった年の瀬なので ^^;

また何か、ほっこりとする笑顔が見たいです!

f0153101_16323090.jpg

去年はみゅうじあむでやつれていたお蕎麦屋さんも、
今年は少しふっくらとしていたので楽しみですが、

色っぽい捨之介に会えるまでの3ヶ月間、
バラエティでも何でもいいから、

どうか、希望と幸福を感じさせてくれる姿での登場を、
待ってま〜す (^o^)/






[PR]
by harupyonri | 2016-12-20 20:12 | 小栗旬 | Comments(0)

誰ぇぇぇえ〜!? (*_*;

もう、心臓の弱い大きなお姉さんを
あんまり驚かせないでくださいな。

今朝、飛び込んできたビジュアルは、
先週の「みゅうじかる」の衝撃を超えてませんでしたか? 

あまりに人間離れした綺麗なお顔に、
思わず(誰〜??)と目が点に。

何しろ、最近のイメージはは沢村刑事なので、
傷だらけで、やつれて目の下にクマができて、ボロボロでしたから・・。

敢えて原作は見ていないので、
今回の再現度についてはわかりませんが、

「それ、ほとんどCGでしょ?」とツッコんでもらうところまでが
○んたま流のお約束なんでしょうか。(^O^)

でも、もともと花沢類の頃の彼は、
抜けるように白くて、すべらやかな肌をしていたので、
あながちありえなくはない美しさなんですが、

シリアスでカッコイイ場面ばかりを期待しすぎて、
あの顔で鼻○そほじられてガッカリするのは嫌なので、
期待と不安半々・・という私です。^^;

そう言えば、みゅうじあむを見に劇場に行った時に、
「来夏、すごい○んたまがやってくる!」みたいな
文字だけの予告が流れていたんですが、

半年以上前の今から予告を流すなんて、
気合の入り方が違いますね。 (^^)v


f0153101_23170360.png


でも、あまり予告も流れなかったみゅうじあむが、
興行で予想以上の健闘を見せていて、嬉しいです!

正直言うと、花沢類で旬くんに落ちた人には
沢村のドロドロの姿は受け入れられないだろうと思っていたのに、

劇場には制服姿の高校生がたくさんいて、
ツイの感想を見ても「カッコイイ!!」が多くてびっくり!

・・あ、今の高校生は
旬くんが花沢類だったこと、知らないのかな?? (^o^)

でもとにかく、死に物狂いでもがく男の姿が、
若者にもちゃんと魅力的に届いていたなんて、予想外でした。

・・というわけで、遅くなりましたが、
みゅうじあむで心を鷲掴みにされたシーン、第二位(ネタバレあり)です。

f0153101_23250077.png


言わずと知れた、ラストのクライマックスシーン!

息子を救いたかったら妻を撃て、と言われて
極限状態に追い込まれた沢村です。

頬もすっかりコケて、おのさんも感心したほどのやつれようで、
もうそれは演技とは思えないほどの迫真さでグイグイと引き込まれて、
圧巻でした!!

そしてここは、三人ともに物凄い熱のある演技で、
おのさんも素晴らしかったです。

「私を、私を殺して、でないとしょうたが・・!」と叫ぶ姿は、
慟哭でセリフも聞き取れないほどなのがまたリアルで、

そう言えば以前、旬くんは、
「観客が聞き取りやすいように台詞を言うのは違うと思うようになってきた。
 現実ならば、二人の言葉がかぶったり聞き取れなかったりするものだから。」

というようなことを話していましたが、
まさにこの場面がその通りで、

もう三者三様に泣いてわめいて、
それを「うるさい演技」と批判する人が多いのもわかりますが、
そういう演技を求めたのは監督なので、教えてあげたかったです。

旬くんは、BORDERのように抑えた演技で、
極限状態の中で静かに狂っていく男も演じられるのだ、と。

ぶっきーも、ヒィヒィと恍惚の雄叫びをあげ続けて、
まさにこれぞ快楽の極みという怪演でしたが、

「しょうた、目をつぶって!」と急にしっかりと命じて、
嫌がる息子を一喝する母の強さを演じたおのさんに、

同じく子供を持つ母として、うたれました。

そして、そんな妻を見て呆然としていた沢村が、
それでもカエル男の様子にスキを見て狙いをつけていた姿に、

ああ本当にこの人は、
夫としては妻の本当の姿も何もわかっていなかったけれど、

骨の髄まで刑事として、そして家族を守るためにこそ、
必死で働いてきたんだと、理解ができました。

・・このクライマックスの三人の名演技のあと、
一つだけ残念だったことと言えば、

西野刑事の実家を訪ねた時、
お焼香をする姿勢が良すぎたこと、でしょうか? (^o^)

原作では、沢村はメンタルをやられて鬱っぽい状態になっていて、
背を丸めて俯いて生きている(心は死んでいる?)イメージだったので、

無駄にピンとして美しい旬くんの背筋が、
ちょっと仇になったな・・と。

独白で、(本当にこの事件は終わったのだろうか・・?)
と暗い台詞が流れますが、

事件後3ヶ月にしては身体も心も健康になりすぎていて、
そこだけはリアリティが感じられませんでした。

ここは、せめて3年後くらいにして、家族三人、
事件のことをようやく遠い記憶の底にしまい込めたか・・という時に、

あの、運動会のラストシーンなら完璧だった、と思います。

・・それでは、第一位はもうおわかりでしょうが、 ^^;
また後日、感想におつきあいいただけたら嬉しいです。

そして、本日の私にとってのもう一つの驚きは、
このブログのデザインが突然変わってしまったことです (>_<)

終了の警告を見逃していたので、
お気に入りだったトップのロバの絵が消えてしまいました。 (T_T)
しばらくは新しいデザインで試行錯誤してみようと思います。

最後に、全く別の話題ですが・・
私は、彼はそんなことをする人ではない、と信じたいです。

誰かに、もしくは何らかの勢力に、嵌められたのだと信じたい。
もしそうならば、彼を知る人達が救ってあげて欲しい。

我らがロザリンドが、再びオーランドーと幸せになれますように!
心から祈っています・・





[PR]
by harupyonri | 2016-12-07 00:35 | 小栗旬 | Comments(0)