ブログトップ

王様の耳はロバの耳

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

起・承・転結

銀さんの原作は見ていないので、キャラに思い入れはないんですが、
サマスノのお兄ちゃんがライバルというのは、イメージが湧きません (>_<)

どうしても、あの、障害を持ちながらもけなげな純くんと、
そんな家族たちを守る兄貴の絵が浮かんでしまって、

あの頃の旬くんは、本当にピュアな感じで、
儚いほどに綺麗で、もろそうで、それでいて芯はあって、

耳が不自由であることを言えないままの初めてのデートで、
むげに振られて傷つく彼の痛みが、胸に突き刺さるようでした。


f0153101_17075113.png

銀さんのもとには、なんだか混沌としたキャストが集まってきましたが、
まあ、もともと混沌とした作品なのかな〜? (^o^)

ぎゃらくしぃやてらふぉの二の舞いは避けて欲しいところですが、^^;
怖いもの見たさで(!?)楽しみにしています。


f0153101_17004817.png


さて、忘れかけてきた(?)スジナシの感想の続きです。
今回、「美しい指」フェチにはたまらない作品でしたね〜 (*^^*)

Tシャツの袖をまくる時の、細かな指の動きと、
まくりおわって「ほら」と手のひらでポンポンする時の、指の長さ。
旬くん、色が白い!!

靴紐を結ぶ時も、自分のシャツの袖をまくる時も、
ひらひらとした指の動きに見とれてしまいます。

「カッコいいですよ!」とお客さんを褒める店員さん、
長い腕でカーテンをおさえ、腰に手をやったあなたの方が、
よほどカッコいいです〜 (^o^)


f0153101_17155953.png



でも、「バイトじゃなくてちゃんと働け!」という方向に話を転がそうとする
釣瓶さんの振りを見事にスルーして

あくまでフットルースに戻そうとする、旬くん ^^;

次には旬くんが「尚ちゃん、コウちゃん」の仲に持ち込もうとするのに、
むげに却下する釣瓶さん (^o^)

でも、「いいじゃないですか?」と食い下がる表情には、
(その路線で話を展開させましょうよ〜)と目で訴える必死さが。

f0153101_17251391.png



「で、ちなみに尚ちゃん、何やってんの〜?」

と、態度も口調も急に馴れ馴れしくなった店員さんに、
(あ、旬くん、展開させようとしてるな!)と思いましたが、

釣瓶さんがふざけるのをぐっと我慢して「年金暮らし」などと言ったので、
すぐさまそのキャラを引っ込めてしまいましたね ^^;


f0153101_17285387.png


そして、「この辺ではコウちゃんが一番カッコいい」と
繰り返す釣瓶さんに、

もうこのカッコいい押し、やめてくんないかなー (>_<)
とずっと思ってたという旬くん。

f0153101_17334431.png



天パの話題には、うまく「スチールウール」と笑いを取っていましたが、
結局、ヘアスタイルの話は転がらず、
手元にあったメガネをおすすめすることに。

舞台前のセット確認の時に、
このメガネの小道具は釣瓶さんの度に合わせて特注してある、
という話が出て、

散々、
「僕がかけると目が小さくなっちゃう」遊びをしていたので、

二人で息の合った「目が小さくなる」コント (^o^)

f0153101_17412422.png



でもまさか、
「自分に度が合っている」とは言われないと思っていた旬くんなのに、
釣瓶さんがそう言い出して、困ってしまい、

(このメガネを売り場に置いているのは、)
「自分の度に合う人を探していたみたいなとこ、ありますよね」

「・・シンデレラやんか。
 ちょっとした、プロポーズちゃうの?」

その展開に、思わず笑ってしまったのは、素でしょうか? (^o^)

ここで思い切ってホ○ネタに振り切っていただいても良かったんですが(!?)
そうはできないところが彼の真面目さ。

ここで釣瓶さんがグッジョブ!
「そのシャツも着たい」と無茶ぶりを。

笑ったものの全く動じず、いえ、むしろ脱ぐ気満々で(?)
その場でシャツのボタンをはずす旬くん。

f0153101_17523130.png



会場全体に、静かな歓喜のどよめきが・・? \(^o^)/

そのまま、別のシャツを羽織ることもせずに、
「僕、なんかガキ大将みたいになっちゃいましたね」

と注目させたあたり、
旬くん、お見事でした〜!


f0153101_17560409.png



スーツのときにはあまり目立たなかったのに、
「脱いだら私、すごいんです」のように、

見事に鍛えた上腕に、ご飯三杯いけちゃいます (*^^*)

そしてまた、肌が綺麗なんですよね〜。
すべすべで、吹き出物一つなく、傷一つなく、

蜷川さんがかつて旬くんの魅力の一つとして語ったように、

「皮膚のきめの細かさ。
 ガラスみたいに、触ったらひんやりしてそうな質感がある。」

ああでも、どうでしょう、
今はもう少しまろやかで、温もりを感じさせる、

陶器のような質感だったでしょうか? (*^^*)

この素肌を拝めただけでも、
舞台を見に行った甲斐がありました!

「怒り」の予告で見た
五右衛門と兼続のラブシーンが綺麗だったので、

旬くんも、
こんな美しい腕で恋人(できれば女性!)を抱きしめるような
ラブシーンのある作品に出てくれればいいのに、

もったいないです・・ (T_T)

銀さんでも、きみすいの先生でもいいので、
この綺麗な肌が映像に残ってくれたら嬉しいで〜す (^o^)/






[PR]
by harupyonri | 2016-09-22 18:16 | 小栗旬 | Comments(0)

国語力検定

やっぱりおめでたでしたね〜 \(^o^)/

ちょっと前からそういう噂は耳にしていたのですが、
実はスジナシの前に赤坂でファミリーを見かけた時、

彼女がぺったんこのスニーカーを履いていて、
表情も明るく、ふっくらとしていたので、
(やはり噂通りなのかな〜?)と思っていました。

一人目の時は、いつかその日が来ると覚悟してはいても
やはり動揺がありましたが ^^;

二人目ともなるとファンとしても嬉しいばかりで、
次は男の子(ただし父親似!)だといいな〜、とか思ってしまいます。


f0153101_19063576.png


でも、インスタ見ると、
旬くん、なんだかちょっと怒ってる??

彼の言葉の受け取り方も人によって様々でしたが、
最初に読んだ時は、あれ? って思いました。

「皆もたいしてかわらんでしょ?」というのは、
「皆もたいした人生、送ってないでしょ?」ということになるので、

たとえば仕事の先輩や仲間に言うにはちょっと失礼ですよね。
これが、「皆とたいして変わらん」ならば、全然問題ないんですが。

でも、それならば
「自分もたいした人生おくってませんが、」
と自虐から始まるのは変だし、

誰かのコメントとかで、何かイヤなこと言われたのかな??
休暇先でまで、マスコミに追いかけられたりしたのかな??
と、老婆心で心配してしまっていました。

でも皆さまの反応を見ていたら、
「旬くんはまだ発表したくなかったんじゃないか?」
というご意見があって、ちょっと納得しました。

今回は、ちょうど日本にいない時期を狙って
うまく発表したのかと思っていましたが、

もしかしたら、記事になるというので
仕方なく彼女もコメントを出したのかもしれませんね。

それならば、皆=マスコミや世間と考えて、

「(あなたたちと変わらない普通の家庭人としての生活があるんだから、
 そっとしておいてください、)だから、どうぞよろしく。」

「(父親としても、仕事でも、)頑張ります。」
なのかな〜?

・・「現代文読解」に苦しむ受験生を抱えているので、
ついつい深読みしてしまいますが (^o^)

まあ、南の島でのんびりリフレッシュして、
元気に帰ってきて欲しいですね!

そして、そんな旬くんが
「ブログを数カ月ぶりに更新してまで」絶賛してくれた、

「君の名は。」を見てきました!
予告で惹かれて見ようと思っていたら、
旬くんまで書いてくれたので、これはもう必見ということで、

素晴らしかったです \(^o^)/
私も友人たちも泣いてしまいました。

以前も、旬くんが泣いたと絶賛していた「サマーウォーズ」と
ちょっとテイストが似ているけど、さらに透明感あふれる感じで、

是非是非、まだ見ていない方は劇場で見てくださいね。
大画面で見るほうが素晴らしい作品ですから・・。

では、スジナシの感想はまた次回、
おつきあいいただけたら嬉しいで〜す(^o^)/




[PR]
by harupyonri | 2016-09-18 19:06 | 小栗旬 | Comments(1)

起・承転結

皆さま、そろそろ映像をご覧になったでしょうか?

あとから映像を見返してみると、
舞台の上の二人の、心の声がたくさん聞こえてきますね (^o^)

3日目に登場した結子さんの映像も見てみました。

彼女はグイグイと自分のペースに持っていって見事でしたが、
釣瓶さんの方が巻き込まれながらも、最後は予想外のオチに持っていきました。

旬くんは釣瓶さんの出方を探り探りという感じで、
振り返りでも言っていましたが、

振ってみて釣瓶さんが乗らなければすぐに引っ込める、
という気遣いが強かったような気がします (*^^*)

それでも最後は感動のオチに持っていく力量、
2回目があったら、最初からもっと自由に大胆にやれるのかな?

でも、釣瓶さんは女優さんには優しくても(?)、
男優さんがガンガン仕掛けていくと拒絶するような天邪鬼さんらしいので、
難しいかもしれませんね (^o^)

というわけで、舞台を振り返りながらの感想です。

f0153101_23434964.png
最初にアロハを持って登場した時、
釣瓶さんが「そんなに(服を押し付けて)来られても・・」と拒絶して、

旬くんも硬い表情で
「でも、アロハが好きなんですよね?」と睨むような目線だったので、

どうなるのかとハラハラしましたが、
あとから二人の話を聞いたら、

釣瓶さんは自分が店員のつもりで始めたのに、
旬くんはそれを勘違いして、自分が店員役になったんですね。

だからビックリした釣瓶さんが、
ちょっと考える間を作るために拒絶していたんだと思いました。

釣瓶さんの衣装はスタッフが事前に決めたものらしいですが、

旬くんが自分で選んだ、中井さんも驚きのこのダサい(?)衣装が、
「フットルースファンの客」という設定なら納得です。

まあ、Tシャツをインしていても、
赤いベルトと赤いスニーカーを組み合わせればオシャレになってしまうのが、
旬くんならではですが (^^)v

しかし、「ケビン・ベーコン」を釣瓶さんが知らなかったのが運の尽きで ^^;

「人かどうかもわからなくて、食べ物かと思った」なんて後で言ってましたが、
旬くんもまさか釣瓶さんが知らないとは思っていなくて、ますます探り合いに。

f0153101_00052359.png


「貴方みたいな格好がしたい」というお客さんに、
「あ、まさにコレを着ます?」

と、脱ぐ気満々な(?)店員さん (^o^)

「(試着室の奥は)そんなに広いんですか?」と聞かれて
「意外と広いんです。それに倉庫にもつながってるんで」

というセリフには、お芝居が始まる前の設定の時に理由がありました。

最初にセットを見学した時に、中井さんが
「客席に降りてもいいんですよ」と言ったら、

「でもこんなに広い古着屋なんてないですよね?」と旬くんが言って、
「倉庫っていうことにしてもいいし」という話になったんです。

結子さんが客席から登場したことを考えたら、
旬くんにも客席を通って欲しかったな〜 (*^^*)

そして、更衣室の奥に着替えに行った旬くんですが、
途中で「とりあえず、コレ」と靴だけ持ってきます。

これは、一人で舞台に残された釣瓶さんが間が持たないから、の配慮で、
振り返りで釣瓶さんが「こういうの(間合いが)うまいなあ」と褒めてました。

f0153101_00190394.png

そして、着替えて出てきた時の服と言ったら!! \(^o^)/

客席は笑ってはいけない、という規則も忘れて
そこここで笑いが起きた、この服装!

時間がなくてパニックで、とりあえず手近なシャツと、
ベルトなしで履けるジャージにしたのでしょうが、

ありえない組み合わせに、観客は目が真ん丸に。
休日のテキ屋っていう感じ?? ^^;

f0153101_00252137.png


お客さんが更衣室に消えたら、
「あ〜、めんどくせー」と独り言。

これは店員としてなのか、旬くんの本音もチラリなのか? (^o^)

そして、アロハのボタンを丁寧にかけながら、
「ズン、パッパッパ」と口ずさみながらステップをしたのですが、

残念ながら肝心の足がソファーで隠れているので、
まるで腰だけ振っているようで、びみょーな感じに ^^;

旬くんは、ここから強引にフットルースみたいに踊り出したかったらしいのですが、
すぐにカーテンを開けた釣瓶さんに遮られ、

もう一度、果敢にステップを始めようとしたのにまた遮られて、
あえなくギブアップ (>_<)

f0153101_00342269.png

そして、「絶対押すなよ〜」のコントと同じで、
「開けんといて!」と叫ぶ釣瓶さん、

最初は「あけんといて?」と戸惑っていたのに、
状況がわかったら、嬉しそうにサッとカーテンを開ける、ど・Sな素顔が (^o^)

しかし、釣瓶さんの「変なうめき声」で2回めにカーテンを開け、
上半身裸で転がっている姿を見たときには、思わず笑ってましたね。

それでも、そこからコントになるのは避けて、
「Tシャツは脱がなくても良かったんじゃないですかね。」

と、またすっとクールな店員さんに戻る旬くん。

釣瓶さんもあとで言っていましたが、
「(やっている間)あくまで舞台の役の店員なんや。それが凄いな。
 小栗旬(の素)が出て来ないんや。」

これは評価が難しいところで、結子さんの時のように、
途中に「竹内結子ネタ」(歌)「釣瓶ネタ」(アフロ)を挟むほうが
笑いが取れて面白いのかもしれませんが、

旬くんは最後まで「小栗旬ネタ」は一切出さないし、出させませんでしたね。
バラエティーではなく、これは舞台なんだという真面目さを感じました。

唯一、素が出ていたとしたら、
若い頃に洋服屋さんでバイトしていた旬くんだから、

服の畳み方や片付け方、店の中の動きや接客の仕方が、
とても自然だったということでしょうか?

ちなみにこの衣装のジーンズは34インチで、
旬くんは32インチなので、ベルトでぎゅ〜っと絞って履いていたそうです。

そして、釣瓶さんの「きついジーンズも寝れば履ける」というのは、
以前、スタイリストさんが間違えて森山直太朗さんのサイズのズボンを持ってきて、

その細いズボンが寝たら履けた、という実体験なんだそうです。(^o^)

しかし、旬くんがあまりに完璧に店員さんになってしまい、
釣瓶さんも、ちょっと面倒なお客を熱演したお陰で、

逆に話がそれ以上進展しない、という蟻地獄へ・・
起承転結が見えないまま、感想は次回に続きま〜す (^o^)/



[PR]
by harupyonri | 2016-09-16 01:16 | 小栗旬 | Comments(0)

リア充

お久しぶりです m(_ _)m

TVにはほとんど出ないのに、次から次へと情報が溢れてくるので、
追いかけているだけでいっぱいいっぱいでした ^^;

赤坂の社長が声を震わせるほどの意気込みで、
「全社を挙げて」というプロジェクトのこけら落としを任されて、

口では「やめておけばよかった」と言いながらも、
堂々と真ん中に立っている余裕の表情に、

あの、折れそうに細くて、白くて、儚げだった類が、
どこまで大きく、強くなっていくのかと、

感無量でした (*^^*)

f0153101_17254737.png


そして、この二人の念願の舞台に、
行ってきました!

放送がなくて見れない地方の方々もいるので、
皆さまが何らかの方法で番組を見る頃まで内容にはなるべく触れずに、

自分が忘れないための記録を書いておきたいと思います。

今日はまず、演技が始まる前のところまで。
TVでカットされたところを中心に思い出してみます。

記憶が抜けていたり、忘れていることもあるので、
気がついた方はコメントいただけたら嬉しいです (^^)

f0153101_17302915.jpg


TVでは割りとすぐに旬くんが登場しましたが、
実際はもっと引っ張っていました ^^;

中井さんが、「でもよく会っているんでしょう?」と鶴瓶さんに聞いて、

「いや、よく電話はくるんや。
 今、下北で飲んでるから来ませんか? とか。
 でも、用があって行けなくて、翌日電話したら今度は小栗の方が忙しくて、
 そんな感じで、本当に最近会ってないんや。」

それから、俺のファンは男ばっかりなのに、今日は客席が女性ばかり、と言って

「あの顔で、しかも背がめっちゃ高いんやで?
 どんだけカッコええんや。」

みたいに褒めちぎるので、いざ登場の時に
皆の期待がますますあがりました。

そして上手から登場したら、
その期待をさらに上回るカッコよさ!! \(^o^)/

短髪黒髪なので小顔が引き立ち、
シンプルなスーツ姿が大人な感じで、落ち着いていました。

ピッチリしたスリムスーツではなく、
少しダボッとしたパンツだったのは、リラックスするためでしょうか?

しかも、頬がすごくシュッとして、
銀さんのクランクアップでもそうでしたが、

少しやつれてしまったのじゃないかと心配になるくらい顎が痩せていて、
横から見ると本当に綺麗なラインでした (*^^*)

そして登場して、「めっちゃ忙しいのに来てくれて」という話から、

「だってアレやろ? この後すぐ、海外行くんやろ? 今夜出るんか?」
「・・いえ、今夜は行きませんよ。」

鶴瓶さんがオファーした時、事務所から、
「海外に行くから難しいかも」という返事だったらしく、
旬くんの口ぶりでも、近々出発するような様子でした。

鶴瓶さんは「海外出張があるのに来てくれて」と言ってましたが、
仕事なのか、休日なのかはわかりませんよね。

今朝発表された映画では、海外ロケの設定はなさそうだし・・
地方でロケが目撃されていましたが、まさか本当だとは思っていませんでした。

銀さんを終えてすぐなのにフットワークめちゃくちゃ軽いし、
ハムレットの心の穴を埋める仕事がたくさんあるのは、嬉しい限りですが。

それから、観客がとても近い舞台なので
「この近さで舞台したことある?」
「あ、でも去年のREDがこんなでしたよ。」

という話から、鶴瓶さんも、中井さんも、
「あの舞台見ました! すごく良かったですよね!」
と言ってくれたのが嬉しかったです。

f0153101_17522947.jpg


最初のトークでは余裕しゃくしゃくで、
「落ち着いてんな」などと感心されていて、

「だって緊張してもしかたないでしょ?」
みたいに言っていたのですが、

「古着屋」という設定が発表されて初めて、
「古着屋、ほとんど行ったことない。え〜?」とうろたえて。 ^^;

それから、観客から立ち位置を募集することに。

TVに映ったのは実は3番目(?)の人で、

最初の人が 「旬くんが板付きで・・」と言ったら、鶴瓶さんが
「旬くん言うな! 子供もおんねやで。 前に付き合っとったんか!?」
と一喝。

しかしその人もめげずに旬くん、と呼びつづけ、
2番めの人も3番めの人も旬くん呼びなので、

鶴瓶さんも笑って根負けした、という経緯でした。

二人から提案された、「最初から二人とも板付き(舞台に出ている)」
という設定に決まったのですが、

それだとどちらが客でどちらが店員とか、そうでないとか
始めにくいので、セットを見ながら悩む旬くんに、

鶴瓶さんがからかうように(?)、
「なんや、(二人とも板付きだと難しいから、袖から)出てきたいんか?」

と聞いたら、ムキになって
「いえ、板付きでいいですよ? 鶴瓶さん、出てきたいですか?」

と切り返すところが、
負けん気の旬くんらしくて可愛かったです (*^^*)

この即興舞台、役者にとってはいわば口頭試問みたいなものですから、
実力を試されるわけで、

プライドをかけても、
それなりの作品に仕上げたいという意気込みが感じられました (^^)v

f0153101_1805525.jpg


それからセットや小物を確かめに行くとき、
舞台下手にゆっくりと大股で歩く姿が、また姿勢がとても良くて、

普通に歩くときでも、こんなにスッと背筋が伸びて素敵なのかな?
板の上だからでしょうか??

TVでカットされた場面では、
小物の中の札束に興味津々で、

札束の表と裏の1枚ずつだけが本物の一万円札で、
中は偽物だというのに、三人で盛り上がっていました。

各種効果音をいろいろ聞いてみた時には、
「物がひっくり返る音」というのがものすごい大きな音で、

「これ、乱闘の効果音だよね? 乱闘する?」
みたいに大笑いしていました (^o^)

そしていよいよ着替えに行くとき、
「こっちからですか?」 と上手に行きかけて、

「いえ、こちら(下手)から」 と中井さんに言われて、
スタスタと戻ってくるのも可愛かったです。

たぶんその頃、旬くんの頭の中は、
(どの衣装を着て、どんな役で出よう???)ってグルグルしてて、 

半分、上の空みたいな歩き方でした (^o^)

中井さんが、
「着替えも途中まで映りますよ〜。 あ、小栗さんは映しませんが。」

と言ったのに、旬くんは知ってか知らずか、
更衣室のカーテンの中に入る前に、靴を脱いだところでもう脱ぎだして、

ベルトを緩めてチャックを下ろすところまでカメラに映ってしまい、
カメラさんが慌てて別の場所を映していました ^^;

衣装を選ぶ時間も本当に短くて、
中井さんが旬くんのプロフィールを紹介している数分で、もうスタンバイ。

本当に大変な即興舞台の、始まりでした〜 (^o^)

f0153101_182137100.png


それでは、本編と、その後のコメンタリーの備忘録は
また後日。

もう一つ、この日の私の出来事ですが、
赤坂駅を出て劇場に向かう途中ですぐ横に、ファミリーがいました!

お母様はTVや舞台の客席でお見かけしていてすぐわかったので、
あれ? と横を見たら、嫁と、もう一人若い女性と、

見覚えのある、巻き毛のカワイイ女の子 (*^^*)
劇場に向かう階段を、ちょこちょこと登っていました。

お母様と嫁は観劇していましたから、
その間、娘ちゃんはもう一人の女性が面倒を見ていたのでしょうか?

でも、とてもハッピーなムードの普通の家族連れだったので、
あれこれ書き立てられても、旬くんは幸せに過ごしてるのがわかって、

仕事にも、プラベにも、
まさにリア充の毎日で頑張っている旬くん、

ハムレットの喪失感を忘れさせてくれるような、
そんな意味でも、嬉しい始まりでした〜 (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2016-09-13 18:34 | 小栗旬 | Comments(1)