ブログトップ

王様の耳はロバの耳

生きていけない

そう、二人はウロボロス。

その身体を切り離されたら、生きてはいけない、
運命共同体・・・

家族よりも、兄弟よりも、恋人よりも、
もっともっと深く、強く結ばれた、

誰にも分かちがたい存在。

・・ありがとう、イクオ、戻ってきてくれて。
タツヤのそばに、最期まで寄り添ってくれて・・

f0153101_14251218.jpg


最初は、結子先生への激しい愛情で突っ走るタツヤに、
イクオは引きずられているのかと思っていました。

だから、揺れて、迷って、
人間らしい普通の感情を見せて、

イクオにはまだ、未来があるのかと思ってた。

タツヤもそう思ったからこそ、突き放したはずだったのに・・

f0153101_14315322.jpg


逃走資金も、携帯も置いて
全て終わりにする覚悟で単身乗り込んだ時、

もうすでに荒ぶる憎しみも何もなく、
ただ真実を知りたいだけの、

タツヤの美しいこと!

そして・・

f0153101_14335136.jpg


(イクオ! なんで来たんだ)

f0153101_14344239.jpg


(バカだな、おまえ・・)

f0153101_14374773.jpg


「本当にいいんだな?」

泣きそうな目でそう聞くタツヤは、
この時すでに、もう、報われていたのかもしれません。

f0153101_14395434.jpg


「親じゃなくてもいい、たった一人でもいいから、
 寄り添ってくれる誰かがいてくれることの意味を・・」

教えてくれたのは、愛する結子先生。

そして、最期のときに、
その願いを叶えてくれたのは、イクオ。

f0153101_1449109.jpg


もうね、タッチャンが撃たれてからの彼は、
いくら総監に反撃の意志がないとはいえ、

タツヤのことしか目に入っていない。

その顔をガシッと抱き寄せるタツヤも、
もう、二人のことしか考えていない。

「帰ろう、僕らの家に・・」

そう言ったとき、イクオはすでに死を決意していただろうし、
タツヤにも、それがわかっていたと思います。

そして、運命を共にした友に看取られて、
懐かしい我が家に向かいながら、

最期に愛する人の名を呼んで終われるなんて、
どんなに幸せだったことか。

私のせめてもの希望だった、
安らかな死に顔を見せてくれて、

本当にありがとう・・

f0153101_153121.jpg


私も公式ツイを見て初めて、
「メリー・バッドエンド」という言葉を知りました。

二人にとって、
親に捨てられた時点で、
もうこの哀しい運命の道は始まっていた。

「僕等は、これが正義だなんて思ってない」

けれど、この道を行くしかなかった。

正義ではなくても、
結子先生に怒られるようなことをしてきても、

最期には真実を知ることができて、
夢の中で「間違えなくて、偉かったよ」と言ってもらえて、

思いを叶えて、報われて、
寄り添って生を終わらせることができた。

傍から見たら、事件に翻弄されて
不幸な結末を選んでしまった二人なのかもしれませんが、

「清濁合わせ飲んで」生きながらえている人々のどれほどが、
これほど満足して死んで行けるでしょうか?

死を美化することに抵抗がないわけではないですが、

最期の銃声を鳴らさなかったことも、
死体を映さなかったことも、
慟哭を無音にしたことも、

演出が秀逸で、感動しました・・。

長編の原作をテンポ良くうまくまとめた脚本、
原作のエログロな部分をカットした、女性Pらしい采配、

すべてのキャストがそのキャラクターを本気で生きて、
誰一人として手を抜かなかった、

そのすべてが、
見る者を引きずり込む熱意となって押し寄せてきて、

こんなにも余韻の残る、
記録よりも記憶に残る、素晴らしい作品に仕上げてくれて、

本当に感謝しています・・

f0153101_15133943.jpg


イクオとタツヤが完全に心の中に住んでしまっていて、
二人を失った世界で生きていくことがつらいです。

美月は前へと歩き出したけれど、
まだ私は立ち尽くしています。

だからまだ、
「タツヤを演じている旬くん」、という目で感想が書けません。

見るたびに、顔が腫れるほど号泣してしまうので、
なかなかリピもできませんが、

もうしばらくは、ナマセファンを聴きながら、
二人が散ったあの海を、見つめていたいと思います・・


* 写真のいくつかは、ネット上から拝借しました。
 どうかお許し下さいませ・・
[PR]
by harupyonri | 2015-03-30 15:41 | 小栗旬 | Comments(0)

好きすぎてつらい

・・そう言ったのは真琴でしたが、
まさに、今、そういう病気です (>_<)

ストーリーの深みや、脚本の矛盾の無さで言えば、
BORDERの方がはるかに完成度が高かったと思うのですが、

いかにも少年マンガな設定でアラの目立つ展開なのに、
ハマりまくってしまったのは、このウロボロス。

なんといっても、全てのキャラをとにかく美しく、カッコよく
魅せてくれるという意味では、最高です!!! (^^)v

おかげで、オモテウラ合わせてリピが止まらず、
もう、完全に廃人状態です・・ (^_^;)

そしてもう、死亡フラグ立ちまくりのタッチャンを見ているのが、
つらすぎて、苦しすぎて、逃げ出したくて、

だから今日は、7話のお気に入り場面へ逃避することにしました。

f0153101_18352654.jpg


慣れないドスを持ちだした山城の息子を見た時の、
珍しいタッチャンの笑顔。

初めて会ったのに、なぜか心を開いたのはどうして?

父の思い出をたどって遊園地に来るような親子愛が、
微笑ましかったからでしょうか?

2話のキャバ嬢と同じで、
酷い目にあった弱い人間には、優しくなってしまうのでしょうか。

そして、7話で何が良かったかって、
眼鏡タッチャンが、眼鏡をはずしたこと!! (^o^)

f0153101_18403048.jpg


もともとメガネ男子が好きなんですが、
さらにその人が眼鏡をはずす瞬間が好きなんです〜 (*^_^*)

それは、心を開いて素顔を見せる時であったり、
今回のように、戦闘準備であったり。

そしてその瞳を、
床を引きずられていてもしっかりと見開いて相手の動きをを見定め、
蹴りあげる脚の長いこと! (^^)v

血まみれでも美しいタッチャン、
よだれを垂らしても美しいタッチャン、

痛めつけられれば痛めつけられるほど、
ゾクゾクするほど美しく魅力的になっていく、

いや〜、ご馳走さまでした! (^o^)

f0153101_18455471.jpg


そして、火事の中、美月を助ける時、
タツヤの胸に顔をうずめるかたちで尋ねる美月に、

「あぁ?」と顔を寄せる姿が優しい・・

羊さんならここで、
「チューしちゃいなよ!」って言ってくれたかも!? (^o^)

f0153101_1848072.jpg


美月の本気を信じて、「家族だよ・・」
と告白した時の、痺れるようなカッコ良さ。

f0153101_18493366.jpg


お互いに支えあって逃げるときも、
しっかりと美月の腰に手を回し、

まるで霧の欧州を舞台に
愛し合ってしまった男女スパイの、逃避行みたいじゃないですか?

f0153101_18514793.jpg


美月も、すっかりタツヤにすがっている姿は、
イクオとタツヤの絆を感じたからこそ、ですよね。

そしてまた、蝶野さんに救われてから立ち上がる二人が、
当たり前のように、お互いの腕に手を伸ばしていく自然さに、
キュンとしました!

夫婦のように、何も言わなくてもわかるような仕草で、
傷ついた二人が助けあっているみたいで。 (*^_^*)

f0153101_18535975.jpg


美月と結ばれて欲しいのはもちろんイクオなんですが、
タツヤと美月は、めちゃめちゃ美しい絵になるんですよね〜 (*^_^*)

旬くんとじゅりちゃんは、身長差といい、細いシルエットといい、
絶対に悲恋が似合う二人! 

「兄妹刑事」も見てみたいですが、

その時は、是非、実は血の繋がらない兄妹で、
禁断の(?)恋に苦しむ二人を見せてほしいで〜す (^o^)

f0153101_1921490.jpg


そしてもう、この上目遣いは許せません!!!

蝶野さんだって、イチコロですよね〜 (^^)v

6話あたりから、タッチャンの優しさがどんどん出てきて、
そして、唯一の家族であるイクオを美月に委ねるまでの、

嫉妬だったり、イラつきだったり、
そして諦観から信頼へと移っていく心のゆらめきが切なくて、

全てを背負って、
イクオを美月に託して、

一人で決着をつけて、
そしてたぶん死んでいこうとしている、

その愛こそ、タツヤにとっては正義なんですよね。

・・9話で、結子先生の遺したビデオに涙するタツヤが切なすぎた。

おそらくは、何度も何度も見返したであろう、あのビデオ。
涙したのは、結子先生の罪を知ったからではないと思います。

20年間ずっとずっと愛してきて、
けれど自分の幼い思い出の中の姿しかなかった女性が、

今、目の前の映像の中で、
生きて、動いて、語っている。

その姿を20年ぶりに目にすることができて、
ただもう、愛しくて、そして悲しくて、止まらない涙。

・・そんなにも純粋なタツヤに、
やはりもう、未来はないから。

最終回が来るのが怖いです。

日比野監察官のように、無念の中で死んでいくのでなく、
せめて満足した死に顔を見たいです・・ 
[PR]
by harupyonri | 2015-03-17 19:13 | 小栗旬 | Comments(0)