ブログトップ

王様の耳はロバの耳

<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

初恋

さあ、どうしましょう?

信長の時は、愚痴ばかりになるので書けなかったんですが、
今回は、時間さえあればリピし続けていて、書く暇がありません(>_<)

物語の設定は、う〜ん・・な面もありますし、
テンポの悪い編集や、印象に残らない音楽など、

これだけのキャストを揃えたのに勿体無い・・、
とまだまだ思うんですが、

それら全てを凌駕して有り余る、
タッチャンの破壊力です!! (^o^)

f0153101_1072225.jpg


タバコは大嫌いだけど、
これほど喫煙姿が様になるキャラって、初めてかも!?

源治のタバコの吸い方も巷では人気でしたが、
まだ背伸びした感のあった彼と違って、

これほど自然で美しくタバコを吸ってくれるなら、
何度でも見たいです(*^_^*)

そして、番宣でとう◯くんお勧めだった、
「エロいベロ」

いや〜、予想外のシーンで登場しましたが、
本当に、ごちそうさまでした〜 (^o^) (^o^)

f0153101_10134622.jpg


持ち方もきれい、 ↑

くわえ方もきれい、 ↓

そして、瞳の表情がきれい。

なんと言っても、旬くんの長くしなやかな指が
ひらひらと動く仕草が色っぽくて、たまりません (*^_^*)

f0153101_10153371.jpg


紫煙にかすむ姿にも憂いがあり、 ↓
フチ無しメガネやロングマフラーも効果的に使われて、

やはり花沢類を撮った花男チームは、
どう撮れば小栗旬の魅力を最大限に引き出せるか、

よ〜くわかってらっしゃいます! (^^)v

f0153101_10225436.jpg


「死ね」三段活用のようなベッタベタに青年マンガな決め台詞も、(^_^;)
普通なら恥ずかしくなっちゃいますが、

この風貌のタッチャンが言うと、全然平気。

どうか照れることなく、
このままどんどん、突っ走ってくださ〜い (^o^)

f0153101_10282084.jpg


原作はまだ読んでいないので知らないのですが、
ドラマでは、なんだか二匹の龍の間にも微妙な温度差がありそうですね?

復讐に向かって突き進むタツヤと、
どこかためらいもあるイクオ。

「覚悟決めろ」「俺達で殺すんだ」とぐいぐい引っ張る「たっちゃん」に、
(イクオが言うと、ちょっと甘えた感じですよね?     ↑   )

ずっと洗脳されてついてきたイクオですが、

「あの人(ライター)を巻き込んじゃったってことだよね?」
「僕は日比野さんみたいないい人じゃないから」と、

根っこのところでは、小さな迷いがあるんじゃないでしょうか。

それは、2発目の銃弾を撃ったのが誰か、
いかにもイクオが撃って、それで記憶をなくしている感じですが、

撃ったとして、相手は金時計組だったのか、
間違って結子先生を撃ってしまったのか・・

もしも結子先生を撃ってしまったのがイクオだったら、
タツヤは復讐心にどうやってケリをつけるんでしょうか。

・・まあ、それはさすがに深読みしすぎかもしれませんが(^_^;)

f0153101_10385343.jpg


そして、「愛する人ができたから、もう復讐はしない」という葵に、
ちょっと寂しそうな顔をするタツヤ。

「でも俺たちは違う」

それは、決して復讐をやめない、
つまり、もう、愛する人なんてできない・・という決意。

そもそも子供の時から、
イクオにとって結子先生はお姉さん、お母さんの代わりだったけれど、

タツヤにとっては、明らかに初恋ですよね? (*^_^*)

自分でも持て余すモヤモヤした気持ちがあるからか、
気を引きたかったからか、風船を割り続けるタツヤ。

あのシーンは、「BORDER2話の犯人の子供のように、
生まれながらに暴力的なんだ」という意味ではないでしょう。

先生を「結子」と呼び捨てし、
似顔絵は、とても大人びた目で描かれている。

ホッペへのキスは、鮮烈な記憶となって
タツヤの心に残っているはず。

だからこそ、「20年前にポッカリ空いた胸の傷」なんて
言えちゃうんですよね〜 (^_^;)

それに比べてイクオは、
これから日比野さんといい感じになった時に、どうするのか?

まあ、日比野父もあからさまに金時計組の一人なので、
そこでまた葛藤・・という展開なのでしょうが。

とにかく、今は鉄壁のウロボロスの関係が、
これから揺らいでいくのだとしたら、ちょっと面白くなりそうです。

f0153101_10502638.jpg


ただね、信コンは問題外ですが、 (^_^;)
毎日夢中で見ているこの作品をもってしても、

BORDERの素晴らしさを再認識するばかりです・・。

一切の無駄のない編集、
芸術的ですらあり、緊張感が途切れることのなかった映像、

キレの良いアクションのカメラワーク、
印象的で、なおかつ煩わしくないBGM。

比べれば比べるほど、
あの時のスタッフの能力の高さと、
作品の完成度の高さに感嘆します!

そして何よりも、本当に素晴らしかったのは、
脚本と演技力という、それだけで最後まで勝負したということ。

客寄せパンダのアイドルたちを出したり、(←信コンのことです(^_^;))
とってつけたコメディパートを入れたり、
ファンサービスの裸体を出したりしなかったこと。

あ、いえ、今回の銭湯シーンはとっても美味しくいただきましたが、(^o^)

でも、最近は大河でもよくあるように、
そういうシーンで視聴率を稼ごうとか(?)、視聴者に媚びようとか、

そういう考えが全くなくて、
ただひたすらに、自分たちの創りたい作品を最後まで貫いたこと。

その潔さこそが、BORDERを、
いまだに語り継がれる良作にしたのだと思います。

・・まあ、この作品はそういう方向性ではないと思いますが、
でも、エンタメとして十分に楽しませてもらえると思うので、

当分は、久々の崩壊ブログが書けそうです!? (^_^;)

相変わらず、コメントにもお礼ができず、
リクエストにもなかなかお応えできず、申し訳ありませんが、

皆様の「タツヤ・ラブ」なシーンも聞かせていただけたら嬉しいです!
(原作のネタバレは無しでお願い致しますm(_ _)m)

それでは、次回は「笑顔のタッチャン特集」で??
どうぞよろしくお願いしま〜す (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2015-01-26 11:19 | 小栗旬 | Comments(1)

初夢

年末からネット環境の悪いところに旅していたので、
「ハピバ」も「あけおめ」も言えず、心苦しかったのですが、

そうしたらなんと!

めったに夢に出てきてくれない旬くんが、
初夢に出てきてくれました〜\(^o^)/

f0153101_23291611.jpg


しかし、なぜかそれが
「Summer Snow」の時くらいの、まだ幼さの残る旬くんで、

しかも「うるるん」の時のように、
どこか不安げで、

膝を抱えて座っていました。

何か言われたはずなのですが、
目覚めたら忘れてしまって・・ (T_T)

なぜ、今、あんな姿が夢に浮かんだのか、不思議です。

f0153101_23345891.jpg


GQで受賞したこの姿のように、
いまや、32歳の堂々たる男性になって、

押しも押されぬ若手実力派として、
数々の座長をこなし、助演もこなし、

しっかりした家庭の基盤もできて、
揺らぐことなどない立場だろうと思うけれど、

・・でもきっと、
彼の中にある芯のようなものは、

いつまでも繊細で傷つきやすく、
日照りにしおれたり、強風にこうべを垂れたりしながら、

しなやかに荒波を乗り越え、また頭をもたげて、
さらに大きく太く育っていくんですよね。

去年1年間の充実した仕事で、
さらにたくましく、強くなった彼の、

でも変わらずに核としてある何か、
私が一番好きな、彼の魅力であるもの、

「傷つくことを知っているから、それを演じられる」
ということ、

それを思い出させてくれるような、
そんな初夢でした。 (*^_^*)

f0153101_034629.jpg


花沢類も、佐野泉も、滝谷源治も、日向徹も、
どんなに完璧なように見えても、痛々しいほどに傷ついていた。

カリギュラも、林誠司も、鳥飼誠一も、石川安吾も、
自らの傷口に自らナイフを突き立てて、破滅へと向かっていった。

そんな役こそ、旬くんにしか演じきれないと思います。

そしてどうか今年も、
彼の、そんな魅力をわかって選んでくれる人と、

いいお仕事をしてほしいです。

私たちの心を奪って離さない、
そんな役に出会ってほしいです。

なかなか記事も書けない日々ですが、
心はいつもいつも、彼の姿を追っています。

こんな場末のファンブログですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2015-01-03 00:23 | 小栗旬 | Comments(2)