ブログトップ

王様の耳はロバの耳

やっぱり言わせて

今年、旬くんがBORDERをやってくれて本当に良かったと、
今こそ心底思っています。

登場人物たちへの愛が溢れ、テーマを貫いた素晴らしい脚本、
役者を一番魅力的に映し出し、色にも照明にも音楽にもこだわった美しい演出、

卓越した演技で、その物語の世界観に引きずり込む役者たち。

そういうものが揃えば、
あれだけの完成度の高い傑作を生み出す力を持っているんです! (^^)v

確かに、「大人の事情」が渦巻く中で、
そういう傑作が実現したことは、ある意味、奇跡だったのかもしれませんが・・。

だから、今は何も書かずに黙っていようと思っていました。
・・でも、さすがにもう爆発してしまいそうなので、(^_^;)

どうか、今の思いの丈を書かせてください。
吐き出したらまた、新たな気持で向き合えるかもしれないから。

今のドラマを心から楽しく見ている方は不快になると思うので、
どうか読まないでくださいませ・・ m(_ _)m

f0153101_16291420.jpg


私は原作漫画もアニメも見ていなかったので、
最初に第一話を見た時は戸惑いました。

この作品は、どこを目指しているんだろう??・・って。

JINほどのクオリティが期待できないのは覚悟していましたが、
それでも、予想外のテイストだったんです。

現代人のサブローが現代語なのは当然いいのですが、
戦国の人たちのセリフや所作が、中途半端。

時代劇言葉と現代の口語とがデタラメに混在するセリフは、
「水戸黄門」で育った世代には、すごく聞き苦しいんですよね (^_^;)

それなら、全て現代語訳で通せばいいのに。

次に、巷で話題の、原作からの激しい改変。

帰蝶はツンデレキャラを楽しめそうなので、
原作を読んでいない私には、あれはあれで面白いのですが、

ヘタレなサブローは、一体いつまでヘタレでブレブレなんでしょう!? (>_<)

それでも、第一話を見返してみて、
(そうか、これは戦国時代を舞台にした現代ドラマなんだな)と思ったら、
意外に楽しめたんですね。 (^o^)

帰蝶とサブローの威勢のいい掛け合いを楽しみ、
家臣団のテンポのいいコメディパートを楽しみ、

柳楽くんや、孝之くんの迫力ある演技を堪能し、
月9とは思えないゴージャスな戦のロケシーンを堪能し、

そして、もう一度歴史の教科書を読んでみようかな〜、
という気にさせる程度の、歴史への興味を沸かせてくれるドラマ。 (^_^;)

そして、第二話がさらに傑作でした!!

なんと言っても、さすがの西田さんの名演技。
もう、何度も号泣してしまいました・・ (T_T)

そのラストで、サブローも戦国に生きる決意をして、
いよいよ、カリスマ・信長になっていくかと思ったのに。

それなのに、第三話で脚本・演出が変わった途端、
まるでボンビーの悪夢再び・・のようなグダグダなお話に。

サブローは、
一体いつ、信長になるんでしょう??

城から逃げるにしても、
「皆が自分を守ろうとして討ち死にするのを、避けるため」
と考えて身を隠す・・とかにすればよかったのに。

桶狭間でも、知恵を出したのは村人だし、
「誰にでも優しいサブローだから、結局みんなが助けてくれる」
とでも言いたいの?

みんなが見たい信長、そして旬くんが演じたかったサブロー版信長は、
こんなキャラではなかったはず・・。 (T_T)

時代劇ファンを振り落とし、
原作ファンを振り落とし、
歴史ファンは最初から相手にしておらず、
そして、主役ファンをも振り落とす。 ←いまここ(^_^;)

残っているのは、アイドルファンだけでしょうか?

申し訳ないけれど、この作品のPには、
役者への愛も、信長への愛も、歴史への興味も、
全く感じられません。

ただただ、有名な俳優女優を集めて、
知名度のある芸能人を集めて、
「有名な歴史的人物だから」信長を題材に選んで、

その人達に無理やり合わせたお話を仕立てたので、

ストーリーとしての整合性もなく、
登場人物のキャラクターの一貫性もなく、

そのくせ声高に平和を説いてみたり、
戦の必要悪を語ってみたり、

本当に底の浅い、安いテイストになりつつあります。

家臣団のおふざけも、もはやバラエティのギャグ並でしかなく、
歴史を何も知らないようなDQNの中高生が笑って流し見しているだけの、

何も心に伝わらないドラマにしたいんでしょうか・・?

それでも第二話は、
戦国の人たちの心情はさもありなん・・という説得力もあり、
親子の葛藤と愛にも泣かされ、

十分に大人の鑑賞に耐える傑作だったと思っています。

これからまた、そういうテイストに戻って欲しいし、
サブローも、決断力と行動力のある信長らしくなっていってほしい。

そして、唯一魅力を放っている秀吉が、
ただの安っぽい悪役で終わらずに、
きちんと信長と対峙していく存在になってほしい。

・・我慢できなくて、辛口の感想を書いてしまってごめんなさい。

このドラマが最終話まで終わったときに、
ここから尻上がりに視聴率が上がり、名作と語られるような

リチプア・BORDERみたいな推移をたどりますよう、祈っています。

製作者に、本気でいいものを創ろうという考えがあれば、
必ず見る人の心に響いてきます。

役者さんたちは、もちろんそれに応えられるだけの技量を持っています。

言うことなす事ブレブレのサブローに、
唐突に「俺、天下を取るよ」とカッコよく言わせても、ダメなんです。

もちろん、旬くんファンとしては、
サブローの可愛いシーンも、カッコいいシーンも、
たくさんありますよ! (^o^)

でも、今のままでは、「このドラマいいから」と人に勧められない。 (>_<)

こんな感想を書いて、先見の明がなかったと
自分を嘲笑う日が来ることを祈りつつ、

第四話を期待して待ちたいと思います! (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2014-10-28 17:36 | 小栗旬 | Comments(4)

その大きな手に抱かれて

世界一幸せな赤ん坊の誕生です。

嬉しいお知らせを、首を長くして待っていました!!
旬くん、おめでとう〜 \(^o^)/

f0153101_17441249.jpg


この時は、本当に若い若いお父さんでしたが、
時は満ち、今は素敵なパパになれる年齢になりましたね。

もし、男の子が生まれたら、
いつかはこんな風に子役として共演する日もあるかと、

ちょっと楽しみにしていたのですが・・ (*^_^*)

f0153101_17492185.jpg


記事のように女の子なのだとしたら、
旬くんは溺愛して、鍵かけて箱にしまっておきそう!?  (^o^)

女の子は父親に似るともいうので、
ますますもって、楽しみです。

小さい頃から、モデルとかにはしないでほしいな〜 (^_^;)

f0153101_17532193.jpg


この映画の頃は、抱き上げ方もぎこちなかったですが、
姪っ子ちゃんたちで鍛えられた(?)から、

今は、手慣れた様子で
赤ちゃんを抱き上げているのでしょうか??

そして、「奇跡」と呼びたくなるその存在が、

これからの旬くんの演技に、
ますます深みと温もりを与えてくれそうで、

もちろん、生き方にも、発言にも、考え方にも、
全ての面で進化をもたらすでしょうから、

本当に、これからの彼を見つめていくのが楽しみです!

f0153101_17595718.jpg


この映画、「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」は、
クローズの三池監督の悪趣味なバイオレンス・アクション映画で、

主役級の役者をこれでもか、とそろえながらも
ほぼすべての人がグロテスクなだけのキャラで、

私の中では、
1回見ただけでお蔵入りの醜悪作品だったんですが、 (^_^;)

血まみれの荒野に散る、一輪の純白の花のような存在が、
旬くん演ずるアキラでした。

そして、その俗悪集団の中にあっても「決して穢れない」、
正義感に貫かれた清廉さが、とっても印象的でした・・

f0153101_1835528.jpg


映画では、ムラを牛耳る悪党に正面から挑んで、
あっけなく無残に撃ち殺されてしまうアキラでしたが、 (T_T)

旬くんも、子供を守らなくてはいけない立場になったとはいえ、
自分の中の正義は曲げないような気がします。

これから彼も、日常では「パパ」の顔を見せるかもしれない。

でも、彼の根幹に通っている魂は、
良くも悪くも、きっと変わらない。

彼の生き方でも、演技でも、
これからまた、いろいろな揺らぎをみせたとしても、

最後にはきっと、
今までどおりの「小栗旬」でいてくれる。

そんな期待をしています。 (^^)v

そうそう、久しぶりにこの映画を見てみたら、
この時も、全編英語でしゃべってたんですね!

意外にも(失礼!)、ルパンの時よりも流暢な英語かも!?

さあ、そして、早くも数々の番宣が始まって、
来週にはいよいよ、サブロー信長の登場です!

ルパンの感想も書いていないのに、
BORDER完全版と高倉奏にうつつを抜かして、
全然記事が書けませんが、 (^_^;)

これからもずっと、
彼の存在の全てを、応援していきたいと思っていま〜す (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2014-10-03 18:37 | 小栗旬 | Comments(1)