ブログトップ

王様の耳はロバの耳

いやいやいやいや、
「変化球ばかり?」なんて言って、すみませんでした!! <(_ _)>

ついに発表になった噂のドラマ、しかもビジュアルも設定も、
ど・ど・どストライクじゃないですかぁ〜 (^o^)

ルパンの短髪から、いつのまにこんなに髪が伸びたのか??(←そこ?)

ずら疑惑(?)まで出ていた直吉さんのあのボサ頭も、
地毛だったとすれば納得の、前髪サラリヘアー (*^_^*)

というわけで、全国放送されなかったかもしれないので、
お昼のWSからのコメント、お届けします。

久々の崩壊ブログ、
あきれられてもかまいませんので、おつきあいくださいませ〜。

f0153101_16134613.jpg


「ワイド・スクランブルをご覧のみなさん、こんにちは。」
という声が渋くて、もう撃沈 (>_<)

ダークスーツを着せたら日本一(!?)の、このスタイル。
しかも、私の大好きな前髪アリのお髭ナシ (^_^)v

奏ちゃんを少しふっくらさせて、
鳥飼くんからメガネをとったような・・

というより、ズバリ、
工藤新一が大人になったらコレでしょ!? (^o^)

f0153101_16263367.jpg


写真がうまく撮れなかったんですが、
ポケットに手を突っ込んで、足をちょっと曲げた立ち姿は、

新一そのものですよね〜。

f0153101_16272583.jpg


この作品は、昨年末に原作の金城さんが企画を発表したとき、

「これは、ある俳優を念頭に、
 いわゆる当て書きして作ったキャラクターです。」

と書かれていて、
しかもその言葉の端々から、

金城さんの、その俳優への惚れ込み具合が感じられて、
ネットでも(いったい、誰?)と噂になっていましたよね。

旬くんだったら嬉しいな・・と、
皆様もずっと期待をこめて待っていたことと思います。 (^_^)v

f0153101_16315076.jpg


旬くんのコメントは、いろいろな記事でも、
番組のHPでも詳しく読めますが、

WSではこんなふうに話していましたよ〜。 ↑↓

f0153101_16334984.jpg


死者の声が聞ける、という特殊能力にもじって、
ちょっとテレながら、こんなことも言っていました。 (^o^)

f0153101_16353637.jpg


ツンデレ役ならハズレなし、のキャリアに加えて、
壮絶な過去のある刑事役にも、はまりまくってきた旬くん。

目の前で父を射殺された奏ちゃん、
姪を殺され、自らも傷ついた鳥飼くん、

そして今度は銃弾を受け、死の淵から戻ってきて、
しかも生と死・正義と法・情と非情の境界で苦悩する・・

こういうシリアスで硬派な役なら、刑事はもちろん、
天地人の三成しかり、ドリトルしかり、

きっと、ど・ストライク!! (^_^)v

f0153101_16574953.jpg


もちろん、仇やライバルを
ストレートに憎んできたそういう役と違い、

はざまで迷い、揺れるような、
ヒューマンな展開も期待できそうなので、本当に楽しみです!!

しかも、えんけんさんやあらたさんを初めとした共演者が、
とても楽しみな面々で、

若い人たちでワイワイと作り上げたリチプアとは、
またひと味違った、芝居で戦う現場になりそう!?

でも、そういう大人のチームの中で、旬くんが
きっと清涼感のある若さも見せてくれるだろうと思うのは、

公式予告の一場面で、
「人は、死んだらどこに行くんだろう・・」

という語りのあとで、目を伏せる時の、
繊細な横顔と、きれいな長いまつげが素敵だったから。(*^_^*)

しかも、一人称が徹くんと同じ「僕」ですから、
もう、最強じゃありませんか!?

とにかく、早くも安吾くんにベタ惚れです!! (^o^)

f0153101_17133799.jpg


というわけで、
久々にテンション・マックスになりましたぁ〜! (^_^)v

それから、前回の記事も
ネガティブな気持ちで書いたつもりは全くなかったのですが、
気に障った方がいらしたようですので、
文を書くのは難しいな〜、と反省しています。 (^^;)

私としては、旬くんが本当の挑戦をしていない、などと
書いたつもりは毛頭なかったんですが・・。

色黒の直吉さんについては、
プロデューサーさんのツイで、

「高知の生まれなので色黒という設定なんですか?」という質問に、
「そういうことではなく、日焼けしています。」とか答えていたので、

てっきりタイでの日焼けかと思い込んでしまいました。
確かに、早とちりだったかもしれません。 (^^;)

ただ、私が批評家とか記者なら、問題になるかもしれませんが、
一個人が、少数のファンだけが目にする場末のブログで、

「自分はこんな役が見たいな〜」とか、
「もうこの役は当分見れないのかな〜」とか、
つぶやいているだけなので、

たまに浮かれてすぎいても、愚痴っぽくても、(?)
(あ〜、またカミママがしょーもないこと書いてるよ)と、
大目に見ていただければ幸いです。 <(_ _)>

待望の連ドラ新作が発表になったからには、
蜷川さんの舞台もいつかきっとあると信じているので、

良い子で待とうと思いま〜す。 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2014-02-04 17:51 | 小栗旬 | Comments(5)