ブログトップ

王様の耳はロバの耳

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

狼! * パート 1

すっかりキツツキの虜になってしまい、
気づくと、「フィルム」を心の中で口ずさんでいます。 (^_^)

旬くんの音痴(?)を治してくれた名曲、
私の音痴も治るかしらん?? (^_^;)

そうそう、komomoさんに教えていただいたのですが、
(ありがとうございます!)、

ドラえもんのアフレコの旬くんの服装は、
甘栗旬のアニメ画に合わせた服だったんですね!

変な配色、なんて言って
旬くんゴメンなさい、でした。 <(_ _)>

さて、紐がかかっていて見られなかった雑誌が、
ようやくBook offに出てきたので、少しご紹介します。

まずは「SPRING」3月号。
リンコを演じる「麻生珠恵」こと、うすだあさみさんとの対談です。

東京DOGSの時にもご一緒しているから、
「あーちゃん」と呼ぶ仲の良さがうらやましい!! (^o^)

f0153101_17303516.jpg


うすださんは人見知りな上に、
今回の現場で知っている人は旬くんだけだったので、

あ 「現場に小栗さんがいるっていう安心感がすごくあって。
   (中略) 本当に優しくしてもらっているし、
   すごく頼りにしてましたね。」

旬 「こっちからすると、男ばかりの現場に、
   一輪の花が現れた、っていう状態なんですよ。

   だからあーちゃんが来ると、俳優陣が
   「今日の夜はうすださんとご飯に行けるのかどうか?」っていう
   テンションになってただけですけどね(笑)。」

f0153101_173639100.jpg


お互いを動物にたとえると・・の質問に、

旬 「森の中にいるんだけど、いるのかいないのか
   わかんない子リス、って感じですね。」

なんていう答えを見ると、
旬くんにとってあーちゃんは、かわいい妹のようですが、 (*^_^*)

うすださんの答えが興味深かったです。

あ 「(小栗さんは)狼ですね。
   すごく賢くて、観察能力がある。
   それでいて、本能的でもある、っていう。

   警戒心も持ってるんだけど、人にも懐けるし、
   人を愛せるところもある。

   つねに周りを見ながらも、
   いろんなものを見極める能力が高い狼がぴったりです。」

幸一くんのキャラから、狼は全然連想できないので、

このイメージは、素の旬くんのものか、
それとも、奏ちゃんの時のものなのでしょうか?

「警戒心」とか、「人を愛せるところもある」って聞くと、
やはり、この人かな〜。 (*^_^*) ↓

f0153101_1748623.jpg


そして、本編を見た時には
(新人監督にあれこれ言うわがまま女優?)って誤解してたんですが、

裏設定は違ったんですね〜。 (^_^;)

あ 「アイドルから女優に転身して、劇中のゾンビ映画が一発目の仕事で。
  そんなに大作でもないけど、気合いだけは入りまくってる、っていう(笑)。」

旬 「僕が演じた気弱な映画監督からしたら、
   最低の女優ですよね(笑)。
   だって、セリフ変えちゃうんですから。」

あ 「『ゾンビめ、私がぶっ殺してやる』って。」

旬 「最悪のセリフだよね。」

あ 「話も変わっちゃいますからね。」

そう聞いてシナリオを読み返してみると、
確かに麻生さんは、ものすごく熱心なんですよね。

撮影当初の、やる気のないゴマ(平田)さんやスタッフたちに比べ、
「リンコ」の心情を一生懸命に監督に質問しているわけで。

あんなB級ゾンビ映画なのに、すっごく真剣で、
まさに「熱演」! (^o^)

その勢いに押し切られて、「取り直し」が言えない幸一くんの、
オロオロぶりがかわいくて・・。 (*^_^*)

・・というわけで、
そろそろ「キツツキ」の感想を書かせていただきたいと思います。

思いっきりネタバレですので、
上映がまだの地方の方は、どうぞスルーしてくださいませ。

この映画は、事前情報を入れずに見る方が絶対にお勧めなので、
決して覗かないでくださいね。<(_ _)>

それから、このショットの旬くん、 ↓
とってもまっすぐな強い瞳だけれど、

克彦さんと同じ体育座りなとこ、
かわいいです〜。 (*^_^*)

f0153101_18103889.jpg


本当に、素晴らしい脚本というのは、
セリフでの説明が少なくても、全てが観客に伝わるんですね!

冒頭の克彦さんと鳥居ADの会話だけで、
克彦さんの人となりが手に取るようにわかります。

「・・はい?」の繰り返しが4回、
でも、全てニュアンスが違う。

「一瞬?」「どっち?」「止めてるけど、今。」

その言い方で、真面目で愚直だけれど、
きっぱりと意見を持つ無骨さもわかる。

ここで脚本には、
(克彦、面倒そうに作業を止める)と書かれていますが、

役所さんはそう演じず、
大人しく膝を抱えて体育座りをします。

あぐらをかいたり、ふてくされたりせず、
まるで、先生に命じられた小学生のように、ちょこんと座る。

この仕草だけで、
無愛想だけれど愛すべきキャラクター、克彦さんに、
誰もが心を奪われたと思います。 (*^_^*)

それから、真っ青な空を見上げて、雨の気配を読める克彦。

仲間の勧める甘い物を断りながらも、
実は欲しそうにちらっと見る克彦。

雨に濡れた洗濯物に気づきもしない息子に、
無言で服を投げつけ、頭をはたく克彦・・。

その息子は、克彦を組み伏せてしまっても
殴ることはできない。

克彦は息子の目のあたりをなぐってしまい、
あわてて「大丈夫か?」と心配する。

そんなワンシーンだけで、
不満はあってもお互いを思い合っている、親子の姿が浮かび上がります。

f0153101_18323743.jpg


そして、幸一くん登場です。

「気弱な監督」というキャッチコピーですが、
「素は気弱ではないけれど、混乱しているだけ」という設定で
旬くんは演じたそうですね。

考えてみれば、本当に気弱だったら、
監督なんていう大役、引き受けませんよね。

むしろ、世間知らずの現代っ子で、
軽い気持ちで引き受けて現場に来てみたら、

右も左もわからなくて、憮然としている・・
そんなキャラでしょうか?

だから、スタッフに「・・で、いいですよね?」と念を押されると、
「あ・・、ハイ。」と神妙ですが、

最初に克彦が連れて行った川が小川だったり、
次の川の対岸にホテルがそびえてたりするとき、

幸一くんは、ムッとした感じで、
(こんな所じゃないんだよなー)みたいな雰囲気で、

克彦さんを振り回していることについては、
全然申し訳ながっていないんですよね。

で、車の中で初めて
「ほら、動けよ! なんかあんだろ!」と一喝されて、驚く幸一くん。

仕方なく出て行って、鳥居さんの資料を持とうとしても、
驚いて後ずさりされて、役に立たず。

(どうしたらいいの??)っていう表情で、
車内の克彦さんを振り返るときの、

困り切った顔が大好きです〜! (*^_^*)

でも、その後、落ちていたボールペンを見つけて、
「得意そうに」手渡す幸一くん。

ほんっと、今時の若いモンです! (^o^)

そんな幸一くんを見直したのが、
歩いて山を越える時。

「歩きかよー」と息を切らせる鳥居さんを、
無言で、ぐんぐんと追い抜いて登っていく幸一。

お? 
覇気のないダメな若者かと思ってたのに、
実は、根性はあるんじゃない!

幸一くんだって、好きな映画撮影の仕事で、
初めての監督で、きっとやる気満満だったんですよね。

それが、現場に来て何も分からなくて、
スタッフにも監督扱いしてもらえなくて、

何をしたらいいかわからないから半分くさってて・・。

でも、やることさえわかれば、
きっと頑張れる子なんです! (^o^)

克彦さんのキャラは、まっすぐで本当にチャーミングですが、
現代っ子で、しかも会社組織とかで揉まれていない幸一くんは、

なかなか一筋縄では理解できないキャラのようです。

これから少しずつ、幸一くんの素顔を追っていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いしま〜す! (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2012-02-24 18:59 | 小栗旬 | Comments(2)

栗拾い!

今日は何とか、季節外れの栗拾いに
ギリギリ成功しました〜 (^_^)v

皆様、公式インタビュー動画をご覧になられたかと思いますが、
一応、「やじうま」の7:14頃の画像もあげておきますね。

f0153101_1745457.jpg


いや〜、何が嬉しいって、
この、ど・ストライクのビジュアル!! (^o^)

バレンタインデーに鳥飼くんの撮影だったそうですが、
このスリムなフェイスラインと爽やかな黒髪なら、カ・ン・ペ・キ!!

ただ、どらえもんのアフレコの時の、
ブルーのシャツに赤いパンツに茶色い靴っていう配色は、

ちょっと、どーなのよ??・・っていう感じでしたが。 (^_^;)

f0153101_17495385.jpg


真剣に画像を見ながら声を入れる旬くん。

大きな右手で持った台本に目を落とすときの、
長いマツゲが素敵です。 (*^_^*)

f0153101_17511595.jpg


スネ夫の家で挨拶しているセリフ以外に、
「ただいま! 父さん、母さん」というセリフもあったので、

もしかして、甘栗旬の実家も登場するの!? (^o^)

・・さすがに、この映画は劇場には見に行かないので、
レンタルしなくちゃあ。

でも、もしかしたら映画公開時に
宣伝で登場するかもしれませんね!

f0153101_17552072.jpg


なんだか、このアフレコの日の旬くんは、
いつも以上にパッチリとつぶらな、濡れたような瞳で、

すごく若々しくって、大好きです。 (*^_^*)

f0153101_17571176.jpg


それにしても、「今年はほとんど映画」というのが
この作品だけではないと思うので、 (^o^)

是非今年も、
「キツツキ」のような素敵な作品に出て欲しいです・・。 (^_^)v

今は、「シナリオ 3月号」を読みながら、
「セリフで多くを語らずとも伝わる物語」の脚本・演技の素晴らしさに
感嘆しています!

どうか、キサラギのように、
DVDが発売されるまでロングランされるといいですね。

さてさて、お次の栗拾いはいつ頃でしょう??
事務所さん、なるべく早めに情報落としてくださいね〜 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2012-02-17 18:10 | 小栗旬 | Comments(1)

遭難寸前

しばらく行方不明になっておりました。(^_^;)

実は今月初め、
天気予報で「爆弾低気圧が来ます」というのを聞いて、
(へ〜、「バクダン」って、ほんとにあるんだ〜)などと思いつつ、

「岳」のロケ地となった白銀の山々が見たくて、
「最強寒波」の実感のないまま、スキー旅行にでかけたんですね。

しかし実際のそれは、映画で見たよりはるかに凄まじく、

リフト1本乗っている間に、さっきまで普通だったゲレンデが、
「岳」よりも「ホワイトアウト」よりも、
はるかにすごい烈風・視界ゼロ状態になっていて、

子供と二人きりのゲレンデで遭難しかかりまして、(>_<)
正直、(このままだと死ぬ)と本気で思いました。

どちらが麓かわからないまま烈風に流されて、
崖から落ちそうになったりしながら、

偶然出会った地元のスキーヤーに助けてもらいまして、
本当に、「奇跡の生還」(!?)ができたんです・・。

ただ、顔はほとんど全てマスクで覆っていたにもかかわらず、
マスクとゴーグルのわずかな隙間から吹き付けた烈風で、

子供が軽い凍傷になってしまいまして、
冬山の恐ろしさを思い知らされ、しばらく謹慎しておりました・・。

そんな命がけで見てきた北アルプス、
最終日に晴れた時の一枚です。 (^_^;)

f0153101_0505647.jpg


そんなこんなで、「荒川」公開、数々の雑誌・TVへの登場と、
押し寄せる「小栗バクダン」の嵐にも遭難寸前でして、 (^_^;)

まだいろいろじっくりと見れていないんですが、

ようやく子供の傷もほとんど癒えた今日、
私の心の傷も癒しに(?)、行って来ました〜。 (^o^)

f0153101_0583261.jpg


こちらは「キツツキ」グッズのクリアファイル。
この表情、とっても好きです。(*^_^*)

このファイルは見開き4頁分の写真でできているので、
絶対にお勧めですよ〜!

あとは、「ユートピア ゾンビ大戦争」の台本型のミニノート。
中の紙の隅には、克彦さんの軽トラとかヘルメットとかが印刷されてます。

私が参加したのは角川新宿の舞台挨拶でしたが、
ロビーには実際の「克彦作の監督のイス」が飾ってありました!

作品を見るのは二度目だったので、
いろいろ撮影の裏話を読んだシーンなども興味深く、

そしてまた、笑って、涙ぐんで、
ほっこりするだけでなく、胸に痛いほど沁みるセリフもあって、

最高に素晴らしい作品でした!! (^_^)v

まだご覧になっていない方がいるかもしれないので、
詳しい感想は、後日また是非書かせてくださいね。

f0153101_165482.jpg


そして何と言っても、
4ヶ月ぶりの、生・旬くん!! (^o^)

こちらに遊びに来て下さる皆様も
きっと参加されていたことと思いますが、

私は後ろの方の席だったので、お髭は見えなくて
よけいにカッコ良く見えたかも!?

たくさん配信されている写真で見るよりも、
実際はもっともっと小顔で、スリムで、素敵でした〜。 (*^_^*)

本音を言えば、
ブランチのままの洋服姿で登壇して欲しかったけれど、

洋服の上に羽織った着物と、ブーツ&ハット姿が
「大正ロマン」という雰囲気で、ハイカラさんな感じ。 (^o^)

これだけ着物姿で出ていると、
そのうち着物会社のCMに出られそうですね(!?)。

挨拶の内容はほとんど記事に出ていますが、

開口一番、マイクの飾りを笑って
「これ、大きすぎますよね〜」 

確かに、あの緑の立方体の宣伝飾りは、
せっかくのキャストの顔を隠してしまってイマイチでしたね。 (^_^;)

相変わらずゆらゆらしていましたが、
でも終始おだやかで、ごきげんで、良い子のお返事でした。

でもね〜、旬くんみたいないたずらっ子に、
あんなオモチャあげちゃダメですよね! (^o^)

キツツキ飴の香りをくんくん嗅ぎ始めたのは旬くんで、
それにつられて役所さんまで・・。

写真を撮られるときも、飴をまっすぐに持ってなくて、
ず〜っとブンブン振っているから、

旬くんの写真のキツツキ飴だけ、ピンぼけだし。 (^_^;)

そして、キツツキ飴で役所さんをツンツンしようとしていて、
そんなカワイイ姿を撮ってくれた記事もあって嬉しかったです。

「マネキン」では、「ハイムさん衣装」のせいか、
ちょっとおっさん臭く(!?)見えた旬くんですが、 (>_<)

今日の旬くんは、
やっぱりものすごく顔が小さくて、スッキリしてて、

また少年に戻ってしまったような若々しさで、
とっても良かったです〜!

このままのスリムさで鳥飼さんを演ってくれたら嬉しいですが、

「この正月を逃したら、今年はびっちり(仕事が)詰まってるので」
とTVで話していた、これからのお仕事のことも、

そろそろ何か、情報が欲しいですね。

他の会場の挨拶に参加された方がいらしたら、
是非是非、レポコメいただけたら嬉しいで〜す (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2012-02-12 01:38 | 小栗旬 | Comments(2)