ブログトップ

王様の耳はロバの耳

カリスマ獣医

先週は、代休やらなんやらで家族が家にいることが多く、
充分な「旬くん活動」ができなくて欲求不満! (T_T)

おかげで、月刊TV誌を3冊に、週刊TV誌を3冊、
買っちゃったじゃないですかぁ〜 (>_<)

まあ、皆様もきっとお買い求めだと思いますが、
「デジタルTVガイド」はお持ちでない方も多いかと思うので、

ワイルドな上目遣いの旬くんを、どうぞ! (*^_^*)

f0153101_15181346.jpg



ーー約一ヶ月の充電期間を経て、
  小栗旬は、さらに男らしく精悍になって現れた。

っていう記事が、嬉しいですよね! (^_^)v

旬 「(ドリトルは)難しい生き方をしている人ですよね。

  今の世の中、長いものに巻かれれば生きやすいけど、
  健一はそれをしないからしんどいだろうな、と。

  自分の信念を曲げずに生きようと思っても、
  心が折れちゃう事ってあると思うんですよ。

  でも健一は、医療訴訟を起こされても
  そんなの関係ねえ! って感じで、

  彼の、動物に対する情熱は揺るがない。

  まっすぐに突き進んでいくタイプで、
  自分もそうありたいな、と感じますね。」

こんなコメントを読むと、ついつい

医療訴訟 → 下げ下げ捏造記事
動物   → 芝居

って置き換えて読んじゃいますが・・ (^_^;)
まさに、旬くんにピッタリのキャラクターかも!?

そして、毎日録画し続けた「ひるおび」、
今度はお馬さんとの場面が来ましたね!!

f0153101_1525348.jpg


ドリトルは「クールで悪徳(?)」なんて書かれてるけど、

お馬さんを「よし、落ち着いたな。」と見つめる目は、
もう、甘々ですよね〜 (^o^)

でも、首の白さに対して顔だけ黒いメイクは・・??

旬くん自身が多少日焼けしてるにしても、
できればドリトルは色黒日焼け設定にしないで、

また、奏ちゃんのように、みるみる白くなってほしいです。 (*^_^*)

f0153101_1530739.jpg


「救命病棟」で最後に和也くんが着ていたような、
ケーシータイプの白衣の方が手術はしやすいはずですが、

「今からここで手術だ。」と歩み出す時、
長い白衣の裾がヒラリと翻るのが、カッコいい!!

こんなドクターだったら、
注射だってガマンします〜・・って、お馬さんも思ってる!? (^o^)

f0153101_15372945.jpg


ただ、一つ気になるのは、
旬くんが腕時計を左手にしていること。

手術もやるなら、無理に右利き設定にしなくてもいいと思うんですが、
どうなんでしょう??

奏ちゃんの時は、最初、右手で料理をしようとして、
包丁がうまく使えなくて、ギブアップしてましたよね! (^o^)

そして、緑の術衣を着て、お馬さんの頭をなでる旬くん。 ↓
へっぴり腰・・じゃないよね!? (^_^;)

TAJOMARUのとき、かなり馬には慣れたはずですから、
大きな競走馬でも、きっと大丈夫!


f0153101_1541960.jpg


そして、恩師の石坂さんを訪ねるシーン。

緑が眩しい牧場の中、
長身で、黒ずくめのドリトルが歩いて行くと、

本当に美しいです〜 (*^_^*)

こんな颯爽とした、カッコいい獣医さんが世に知られたら、
絶対、ドリトルこそ「カリスマ獣医」ですよね!!

成くん演じる花菱先生もとっても素敵ですが、
笑顔が優しいので、むしろ「アイドル獣医」っていう雰囲気かも。 (*^_^*)

f0153101_15453669.jpg


もう、ドリトル先生の立ち姿を見ただけで、
すでにクラクラしてきていますが・・

またまた、あまりに色気のある獣医さんになって、
私たちを悩殺してくれるんでしょうか!?

悩ましい3ヶ月が、楽しみで〜す! (^^)/

追伸: TV雑誌、いくつかそろっていますので、
   「これは買わなかったから写真アップして〜」というリクエストあれば、
   コメントにてお待ちしています。
[PR]
by harupyonri | 2010-09-29 15:57 | 小栗旬 | Comments(5)

皆様、連休はいかがお過ごしでしょうか??

愚息は模試や塾に、私は受験校や文化祭をめぐって下見に・・と、
世の中は連休だということも忘れそうでしたが、

ドリトル撮影隊は、連休の大渋滞に巻き込まれて、
牧場ロケ地からの帰京に7時間もかかったようですね。 (>_<)

本当に、ご苦労様です〜!

さて、そんな「ドリッター」情報によると、
いよいよこんなツーショットも見られるらしく・・楽しみです!


f0153101_1583684.jpg



これは、ご親切な方から見せていただきました、
「ドラマジェニック 04年夏」

「お気に召すまま」初演のときの、
ドリトル先生と花菱先生です。 (*^_^*)


f0153101_1511672.jpg



実は、今回の「HDD全消去事件」で、
救済の手を差しのべてくださった皆様から、

元気づけに(?)との優しいお心遣いをいただき、

今まで見たことのなかった雑誌や番組まで、
いくつか見せていただくことができました。 

「怪我の功名」というべきか、
「転んでもタダでは起きない」というべきか(!?)・・(^_^;)

本当に、本当に、
ありがとうございました。 m(_ _)m m(_ _)m

そして、せっかくいただいたご親切、
私だけで見させていただくのは大変申し訳ないので、

ご了解を得まして、
これから少しずつ、ご紹介させていただきたいと思います。


f0153101_15155722.jpg



旬くんの舞台体験は・・

お父様が監督していた「蝶々夫人」に子役で出演し、
くるくるの金髪ウィッグをつけてちょこんと座っている写真は、
以前TVで見ましたが、

旬 「子供の頃はホントに嫌いでね、オペラ。
  何いってるかわかんないから面白くないし。

  オペラ観に行くときは綺麗な服着て、
  長時間じっと座ってなくちゃいけないし(笑)。」

そうですよね〜! 

私もNY在住中にMetで初めていくつかのオペラを見ましたが、
あの世界に馴染みがない者にとっては、最初はなかなか入り込めず・・ (>_<)

まして、今でも「じっとしてる」のが苦手な旬くんですから、 (^o^)
きっと子供の頃は、さぞかし退屈だったでしょうね〜。

でも、「綺麗な服着て」おすまししている子供の旬くん、
見たかったな! (*^_^*)


f0153101_15261739.jpg



 舞台を面白いと思い始めたのは、竜也くんの「滝の白糸」を観た時。

旬 「わぁ、頑張ってんなぁ、と思って。
  ああいう舞台をやりたい、とはその頃漠然と思いました。 

  (ハムレットを経て、今回の舞台が決まって)

  作品は違えどやるべきことは同じだと思ってるんで、
  いい作品だったと思ってもらえる物を作らなくちゃ、と思ってます。

  でも、竜ちゃんと同じようにはオレはできないかも、
  と正直、思う。

  オレはあそこまで命賭けられない。
  すぐ逃げちゃうタイプなんで(笑)。

  蜷川さんがオレを「のほほんと生きている」っていうのは、
  こういうところだろうな、と思う。

  でも、これがオレだとも思うし、
  正直、「これで何が悪い」というのもあるから。

  蜷川さんに、こういうオレも、
  「お前、今回はちょっと良かったんじゃないの?」っていわれるように、
  努力しようと思ってます。・・」

まだまだブレイク前の旬くんですが、
「正直、これで何が悪い」という気持ち、旬くんらしいですね〜! (^o^)

ためらったり、不安になったり、揺れながらも、
結局、負けず嫌いで、自分のやり方で壁を乗り越えていってしまう。

そういう底力に惹かれるんです。 (*^_^*)


f0153101_153951100.jpg



はにかんだ笑顔と、見えそうで見えない胸元が
お気に入りのショット。 (^o^)

旬 「まずは身体を鍛えて、
  オーランドーの生まれの良さ、高貴な感じが出せるようにしようと。

  あとは、蜷川さんに導かれるままに行きます。」

そのままでも充分に、
生まれの良さと気品は出ていると思いますが、

正装のオーランドーは、やはり格別でしたよね!

DVDで初めて見たとき、
まさに胸がドキン!としました〜 (*^_^*)

f0153101_15431835.jpg



旬 「できることなら最終的には小さめの劇場で芝居をやって、
  観た人の心に役名が残るような脇役になりたい。

  小栗旬、なんて名前、誰にも覚えられなくていい。
  それより、「あの作品のあの役、良かったね」って言われるように。」

そんな願いを語り、
「いつか必要とされなくなる日が来るなら、今から違う仕事探そうか」
なんて思っていた旬くんも、

今や、いやがおうにも主役を任され続ける俳優になり・・


f0153101_15475672.jpg



またまみえるこの二人の共演、
とっても楽しみですが、

「シャクレル先生とデコ」と、
成くんは何て呼ばれるのかな〜!? (^o^)

そしてオーランドーに恋するロザリンドのように、
結局、花菱先生もドリトル先生のこと、大好きな気がしますが、

そんな、いい感じの展開の脚本、
是非お願いしま〜す (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-09-20 15:59 | 小栗旬 | Comments(3)

綺麗な狂人

噂の「アレックス巻き」を見てきたというお話を伺って、
いてもたってもいられなくなり、仕事帰りに足を伸ばしました!

いましたよ、いましたよ、
背中がゾクゾクするような、狂気のアレックス君。 (^_^;)

写真を回転させてブログに載せる方法がわからないので、
申し訳ありませんが、首を横にして見てくださ〜い。 m(_ _)m


f0153101_15295389.jpg



10本くらいの柱の裏表に、
しかもいろいろな姿のポスターがあって、

白昼の表参道駅で写真を撮りまくるのは、かなり恥ずかしく・・ (>_<)

怪しいオバサンがカメラを構えているのに気づいて、
横切るのを避けてくださった皆様、ありがとうございました!

せっかく恥をさらして撮ってきたので、
せめて皆様に見ていただかないと浮かばれません。 (T_T)


f0153101_1537850.jpg



全身写真はちょっとコミカルな感じ??

そして、アップは怖いです〜 (>_<)


f0153101_15381813.jpg



ふんどしみたいな(?)サポーターも、
映画でもつけていたようですが、何なのでしょう??


f0153101_15393779.jpg



なんだか、手の仕草ひとつとっても、
きちがいじみていて・・

旬くんならではの、この存在感!!!

きっとまた、
舞台の上でのオーラは、空恐ろしいものになるのでは!?


f0153101_15512574.jpg



そして何より驚いたのは、
こんなにイカレてるアレックス君ですが、

ものすごく、綺麗だったことです〜!! (*^_^*)


f0153101_15425196.jpg



他のパターンのポスターもあったような気がするんですが、
恥ずかしくて逃げるように帰って来てしまったので、

何か撮りそこなったかも。 (>_<)

どなたか、あといくつの姿があったか、
教えていただけたら嬉しいです! m(_ _)m

そして、お口直しは・・


f0153101_1546636.jpg



柱の奥の壁に、床から天井までの
巨大なメンノンunoポスター! (^o^)

アレックス君のあとは、
素敵な青年の旬くんをみて癒されましょうね〜 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-09-14 15:53 | 小栗旬 | Comments(10)

公園の二人

昨日のGMあとのスポット予告で、
「キターーーッ!!」とテンション上がったのもつかのま、

今朝のWSを逃してへこんでいましたが、 (T_T)
「ひるおび」で捕獲したコレと同じだったでしょうか??

f0153101_1332241.jpg



TV誌に掲載された、予告スポットの撮影風景と、
ワンちゃんたちを連れて、公園を散歩する二人でした! (^o^)


f0153101_1351857.jpg



スタイルが際立つ黒の衣装、
いいじゃないですかぁ〜 (*^_^*)

この時のドリトル先生は、
眉間にシワ寄せて、難しい顔をしてるんですが、 ↓

また、奏ちゃんのように、
最初はいつも気むずかしい顔してるの??


f0153101_1372261.jpg



そして、公園でのこの二人といえば、
何回見ても、このシーンが神なんですが・・ (^_^)v


f0153101_1382339.jpg



ドリトルでも、
こんな甘い雰囲気を漂わせる冬が、来るといいな〜 (*^_^*)


f0153101_1393559.jpg



できれば、旬くんブログの写真みたいに、
ワンちゃんと一緒の、メロメロの笑顔も見せて欲しいけど・・ 

「クール」で「悪徳」とかってうたい文句のドリトルだけど、
原作少し読んでも、全然そんなイメージないんですよね。 (>_<)

ただ、病院の維持のためにお金にはうるさいだけで、
すごくあったかい人柄だと思うんだけどな〜。

ドラマでも、そんなドリトルの暖かさ、
描いて欲しいです!!


f0153101_13132450.jpg



そして、この場を借りて、
またまた皆様へお礼とご報告させていただきます。 m(_ _)m

たくさんの方々から、DVD救済のメールをいただきまして、
本当にありがとうございました!

一度に10人以上の方々とダビングのご相談をさせていただいたので、
皆様のニックネームと本名とアドレスがごっちゃになってしまい、 (^_^;)

的確なお返事メールができていないかもしれません。
失礼がありましたら、どうぞお許しください。 m(_ _)m

しかもなぜか、「小」栗旬くんファンだからか(!?)、
本名に「小」の字がつく方がとても多くて、びっくりしました。 (^o^)

万一、お名前間違えたりしていたら、本当にごめんなさい!

そして、全部は無理そうですが、
消失した録画の半分以上は、ダビングをお願いすることができ、
本当に感激しています!!

早くも、うちに送っていただいたDVDもあり、
戻ってきた旬くんの姿に、感涙でした〜 (T_T)

本当に、本当に、ありがとうございます! m(_ _)m

そして、こんな大失敗から、
たくさんの旬友さんとメールさせていただけるようになったことが、
一番嬉しかったことです!

こんな粗忽者ですが、心から旬くんを応援していますので、
これからも、どうぞよろしくお願いします (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-09-13 13:25 | 小栗旬 | Comments(0)

まずは皆様、
私の大馬鹿な失敗に、たくさんの励まし&救済コメをいただき、
心のこもったメールもいただき、本当にありがとうございました! m(_ _)m

すっかり意気消沈していましたが、
皆様のおかげで、ようやく少し、ブログを書く元気が出てきました。(^_^)v

コメントでアドレスをお知らせくださった方には、
全てお礼&お願いのメールをさしあげたのですが、

いくつか受信拒否されたり、送信不可だったりしております。
特にhotmailのアドレスはダメみたいです。 (>_<)

もしも、これまでにお礼のメールが届いていない方は、
「迷惑メール」を探していただくか、
もう一度非公開コメントをいただけたら幸いです。 m(_ _)m

皆様に本当に図々しいダビングお願いのご相談をしておりますが、
優しく受け止めていただき、本当にありがとうございます!!

全部は無理でも、この1年の、素敵だった旬くんの映像が、
皆様のおかげで、少しでも手元に戻る可能性が出てきて、 

本当に、元気をいただきました!!
この場を借りて、再度御礼申し上げます。 m(_ _)m

・・というわけで、
ようやくドリトル先生を探しに出かけてきました。

f0153101_13385973.jpg


TVガイド、前の方の頁は小さいショットですが、
後ろの方の頁に大きく出ていますので、お見逃し無く!

f0153101_13395460.jpg


それにしても、さすが旬くん、

ビジュアルも、白衣をまとう雰囲気も、
完璧ですよね! (^_^)v

f0153101_13405593.jpg


旬 「基本的に動物は苦手なんです(笑)」

という空気が伝わって、
旬くんが撫でようとしたらワンちゃんが避ける仕草をした、
って書いてあったけど、

旬くんは、犬ならお手のものじゃないのかな〜???

でも、ポスター撮影に、
「かわいい犬・猫・モモンガ」って!!

鴨との格闘といい、楽しみですね〜 (^o^)

f0153101_13442686.jpg


そしてこの二人、
原作では、実は仲のいいライバルらしいので、楽しみです!

f0153101_13454533.jpg


成くんの「花菱先生」(左端)は、
原作とはずいぶんビジュアルも違うけどカッコいいし、

真央ちゃんも雰囲気似てるし、
ドリトル先生は、そっくりですよね!

f0153101_1347499.jpg


「ごくせん」共演直後、2002年の二人はこんな感じでしたが、 ↑

成くんはあんまり変わってないけど、
少年っぽかった旬くんは、ずいぶん老けた!?・・もとい、

ずいぶん、大人っぽくなりましたよね〜 (^_^;)

個人的には、本当は前髪アリの方が好きなんですが、
でも、愛すべきツンデレ・ドリトル先生のキャラは、

この旬くんが、完璧に演じてくれると思ってます。 (^_^)v

これから、また
雑誌の洪水に溺れることになりそうですね。

そして、HDDを失って、
「重病を宣告された青島」みたいにしょげていた私ですが、

「死ぬ気になったら、力、湧いてきた!」と
青島コートを羽織って走り出したように、

これまで以上に(?)、
旬くん情報収集に猛進しそうです! (^_^;)

皆様、本当に、ありがとうございました。
そして、またダビングのご相談をさせていただくかもしれませんが、
どうか、あきらめの悪い奴、とお許しください。 m(_ _)m

そして、心優しい旬友の皆さんと、
これからもずっと、旬くんを応援し続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いします! (^^)/

*追記*
木曜の朝日夕刊にちょっと載ってました〜!

f0153101_7413797.jpg


「TBSの看板ドラマ枠、日曜劇場にフジが挑戦状をたたきつける」
という記事でしたが・・ (>_<)

ほんっと、先日まで旬くんアゲアゲだったフジも、
この秋クールは、きっとスルーでしょうね・・ (T_T)

これから毎日、録画するなら「ひるおび」かな??

TV雑誌のドリトルは、お顔がちょっとぽってりしてましたが、 (^_^;)
正面からのこのビジュなら大丈夫そう!!

体型もスリムに戻ってきたみたいで、
真央ちゃんとのからみも、期待・大ですね! (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-09-09 14:00 | 小栗旬 | Comments(5)

皆様、たくさんの救いのコメントをいただき、
本当に、本当にありがとうございます!!! m(_ _)m m(_ _)m

昨日は、記事を書いてから、
ネットで必死で「HDD復旧方法」などを検索しまくったのですが、

ただでさえ機械オンチの私な上に、
しかもただの消去でなく、初期化(フォーマット)してしまったので、

やはりどうにもならないらしく・・ (T_T) (T_T)

ショックで早々にベッドに入ったものの、
なかなか眠りにつけなくて参っていたのですが、

今朝、本当にたくさんの皆様からの
優しくご親切なお申し出をいただいているのを読み、

心から救われた思いになりました・・
本当に、本当に、ありがとうございます!!

これから、個々にお礼&お願いのメールをさせていただきますが、
取り急ぎ、この場を借りて御礼申し上げます 

 m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

今回は、完全に自分のミスなので、
果てしない喪失感はあるものの、諦めていくしかないのですが、

ネットの体験談を読むと、
HDDやDVDの故障で全てを失うことも多いのですね。

とにかく、録画したらうだうだ編集とかしないで、
とりあえずすぐDVDに落とす習慣をつけなくては、と痛感しました。

もちろん、DVDが読み取れなくなる例もあるようなので、
早くブルーレイを買わなくてはいけないのでしょうが・・

こんな大馬鹿者ですが、
皆様のおかげで、少しずつ立ち直れそうです。

元気になったら、
また、「古本シリーズ」あたりから再開させていただきたいと思います。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします・・ m(_ _)m
[PR]
by harupyonri | 2010-09-07 07:59 | 小栗旬 | Comments(4)

助けて!!!

死にたいです

録画していた物をDVDに落とそうと、DVDを空にしたつもりが、
何を血迷ったか、HDDを全て消去してしまいました・・(T_T) (T_T) (T_T)

2007年から録りためていた500近いコンテンツ、
たったワンプッシュで、30秒で、全て消えました

あまりのことに呆然として、立ち直れません

・・・

どなたか、どうか、助けていただけないでしょうか??

2009年までのものは、ほぼDVDに落としてあったのですが、
2010年のものは全て消えました

もう、お気に入りショットでブログを書くこともできません

昨年以前に放送され、DVDダビング不可だった
旬くんの子供の頃の作品群(母業失格など)はどうにもなりませんが、

どなたかご親切な方、
どうか、今年放送された作品をダビングしていただけないでしょうか??

ずうずうしいお願いなのは百も承知です

・「帰国」とそのナビ番組
・シュアリーがらみの、7月のバラエティ番組
・「踊る3」関連のワイドショーなど

他に、春頃にどんな番組があったかも忘れてしまいましたが、
どれかひとつでも、ダビング可能な方がいらしたら、

非公開コメントにて、
連絡先メールアドレスを教えていただけないでしょうか

急ぎませんので、どうかどうか
どなたか助けてください m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

もちろん、DVD代、郵送料などの実費と、
手間賃を支払わせていただきます

私の持っている旬くん関係の古本などで、
もし、お持ちでない物があれば、オマケにつけさせていただきます

混乱しきっているので、
本当にずうずうしいお願いですが、お許しください・・
[PR]
by harupyonri | 2010-09-06 18:17 | 小栗旬 | Comments(15)

逃げる姿は見せない

ついに9月になってしまいました。

受験生の親としては、いよいよ最後の胸突き八丁という感じですが、
内心、動き出した「ドリトル」が楽しみだったりする悪母です。 (^_^;)

4月からずっと、コメントくださった皆様へのお礼もしていなかったので、
恒例の(?)お詫び&感謝の気持ちを書かせてください。 m(_ _)m

 ウマさん、春の小川さん、misaさん、山りんさん、光さん、elirinさん
 らりるれろんさん、ゆまさん、ふぁん仲間さん、ざつ。さん、komomoさん
 スモモさん、maron mamaさん、ユリィさん、もこもこさん、
 fujimamaさん、みかんさん、konkonさん、りゆさん、すなふきんさん
 kikiさん、ままちゃんさん、あさみ♪さん、山さん、通りすがりさん
 furuさん、ロムロムさん、みきすけさん、大阪loverさん、榛名さん
 奈央さん、sakuraさん、MAKIさん、非公開コメントさん、

皆様、たくさんの暖かいコメント・情報・ご意見をいただき、
本当にありがとうございました!! 

存在感があればこそ、
何をしても、何を言っても批判されることのある旬くんですから、

あちこちの悪意ある記事や声を聞いて、へこんでしまうこともある私ですが、
いつも、皆様からの叱咤激励で立ち直ってこれました。 (^_^)v

まあ、叩かれるのにもだいぶ慣れ、
「下げ記事が出たら、新しい仕事が動き出す前触れ」とわかりましたが (^o^)

何を言われても、旬くんさえ元気で楽しんでいてくれるなら大丈夫!

これからも、皆様と一緒に、ずっと応援していきたいと思います。

そして、これまでも個々のコメントへのお返事ができず、
初めて来られた方は気を悪くされたこととと思いますが、

たまに記事を書くのが精一杯な状況なので、
どうかどうかお許しくださいませ。 m(_ _)m

皆様がコメント欄で語ってくださる言葉に、
励まされたり、旬くんの新しい魅力を発見したり、
本当に感謝しています。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

f0153101_15193760.jpg


というわけで、
シナリオ大好きな私は迷わず買った、「踊る3」シナリオ本です。

既刊のノベライズ本と、監督日記は
鳥飼くんがらみのところを立ち読みしただけですが、

どれか一冊買うなら、これがお勧めかも。

f0153101_15212878.jpg


残念ながら、載っている写真はどこかで見た物がほとんどですが、
インタビューは充実です。

和久くんや夏美さんより1頁多い4頁分なのも、
ちょっぴり嬉しかったりして。 (^o^)

インタビューは完成披露試写の直前で、
まだ旬くんが作品を見ていない時のもの。

鳥飼の裏設定を聞かされてから、
「悪人は全員処刑」というキャラになった理由が解って演じやすかったと。

ただ、脚本の段階で、
「踊るを初めて見る人には、どうなんだろう?」とは思ったと。

でも、「踊るはそういうことを心配しなくていい作品、
   過去の作品を見てから来てね、って言えるくらいなのかも(笑)。」

f0153101_15331874.jpg


それから、室井さんのインタビューでは、鳥飼について

室井「腹立ったねぇ(笑)。
  小栗くんは前にもお仕事させてもらって、よく知ってるんだけど、
  この作品に関してはとにかく憎たらしかったですね。

  (新しいタイプのキャラで)大変だったんじゃないかな。
  気持ちの揺れというか、切り替えみたいなものが。

  僕が彼の立場だったら、この仕事受けてないと思う。
  俺、あの鳥飼という男、理解できないもん。

  そして、(脚本で)クリアにしてないもんね。
  まだ敵なのか味方なのかわからない状態で終わってる。

  そこがまた憎たらしいというか、
  憎たらしいのと羨ましいのとあって、いいんだよね(笑)。」

f0153101_15432855.jpg


鳥飼がなぜあんな冷徹な人間になったか、その裏設定は明かされていないし、
青島との対決姿勢を見せたまま終わってしまった「踊る3」。

いかにも続編が待たれる(?)終わり方でしたが、
脚本の君塚さんは、そういうつもりは全くなかったんだとか。 (T_T)

君塚「僕はシリーズ物としてではなく、独立した作品として見て欲しい。
  全てのキャラが完結しないと、続きがあると思われることには困惑する。

  鳥飼の裏設定と、そこから先にある何かを描かなければ
  いけないということはないと思う。あの終わり方はあれでいい。
  
  僕の中では、鳥飼というキャラは完結している。」

・・これだけ聞くと、絶対に鳥飼の続編は無さそうですが(!?)、
そんなぁ〜 (>_<) (>_<)

ただ、亀Pはあくまで「新シリーズの第一話を作る」つもりで作ったというし、

君塚さんも、「公開した翌日から次のことを考えたい」と声をかけて、
完成披露の翌日に監督も含めて3人で集まったそうです。

そこでは、次があるなら
「こんな事件があったら面白いね」
「鳥飼はどこへ向かうんだろう?」
「王さんはどうなるんだろう?」なんていう話題が出たそうです。そして、

旬 「亀山さんも、本広さんも、続編があったら
  顔半分、スカーフェイス(傷跡のある顔)になって出てくるからね、
  って言ってました。」

という話だし、いつか「踊る4」が作られるとき、
もしかしたらまた鳥飼が出てくることを、祈りましょう!!

でも、最初のシナリオで君塚さんが書いていた、
「ケロイド(傷跡)が残り、義眼になって開署式に登場するホラーな鳥飼」は、
やめてくれて良かったです〜。 (>_<)

f0153101_15584760.jpg


さて、既刊の「監督日記」を読むと、
本広さんは、かなり鳥飼を買ってくれてるんですよね。 (^_^)v

室井さんと対峙する大会議室のシーンも、
「小栗くんがとてもいい表情をしてくれた。」みたいに書いてあって。

クールなダースベイダー・鳥飼というキャラにも、
その信条&心情を見事に表現する小栗旬という役者にも、惚れ込んでる感じ!?

だからこそ、
君塚脚本を変えて演出してくれたところが多々あるようです。

前述の、「義眼までするのは後味が悪いから包帯で」というのもそうだし、
ダウンを着て「暖かい格好をして、フラッといる感じがいいな。」というのも。

前半は眼鏡で(亀Pのアイディア)、後半は包帯で、
全体通して、旬くんの素の顔を見せないように演出した、というのは、

「鳥飼」でなく「小栗旬がいる」と見られてしまうことを
避けたかったということでしょうか?

f0153101_16133559.jpg


そして「鳥飼が眼鏡なので」、キャラがかぶる小池くんは、
レーシック手術をした設定で、眼鏡なしに。 (^o^)

小泉さんと旬くんは話し合って、鳥飼と小池は、
「お互い若くして現場を仕切る者同士、本店の中で信頼しあえる相手」としたとか。

今度は、本店を舞台に
頭の硬い上司たちと対抗するこの二人の物語なんかも、見てみたいです。 

きっと、ガッツリとバディを組むのではなく、
それぞれ自分流でやりながら、さりげなくフォローしあうような。 (*^_^*)

f0153101_16201255.jpg


そして、最後の旧湾岸署爆発のシーン。

君塚脚本でも、ノベライズ本でも、
鳥飼は署の中に追いかけていって、

「青島さん、逃げてください! 時間がない!」って声をかけてるんです。

でも、本編では、ガラス窓の外から声をかけているのが、
なんだか緊迫感がなくて違和感があったんですが・・

本広「もし鳥飼が署に入ってきちゃうと、出れないだろうと。

  青島が日向を追いかけて階段を昇って行ってしまった後で、
  鳥飼が表に戻って行く姿はカッコ悪いな、と(笑)。」

  「死にたい奴は死ねばいい」と本音で思っているから、
  距離を置いて呼びかけた方が鳥飼らしいんじゃないか・・。」

なるほど〜!

あくまで鳥飼はカッコよく、
悪のヒーロー・ダースベイダーなわけですから(?)、

青島を説得できず、すごすごと外に逃げる姿は見せられませんよね!

やっぱり、本広さん、
鳥飼くんのこと、相当好きかも・・。 (*^_^*)

そして、「死にたい奴は」のセリフ、
青島に向けて言ったとばかり思っていたのですが、
これは日向に対しても、そう思っているんだそうです。

f0153101_1636117.jpg


まだ、細かいシナリオは読み切れていませんが、
脚注や、監督の演出秘話コラムだけでも、読む価値大です!!

そろそろ上映終了のところもあるようなので、
このシナリオを精読してから、最後の1回、

大きいスクリーンの鳥飼くんに会いに行きたいと思いま〜す (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-09-01 16:40 | 小栗旬 | Comments(7)