ブログトップ

王様の耳はロバの耳

ピーターパン!?

昨夕は、張っていたフジでは、
「uno」の歌詞ありバージョンしか捕獲できず、泣きました。 (T_T)

シュッ、の代わりに「さよならワックス」と歌声が入ってるバージョンだけど、
まさか、歌ってるのは別人ですよね?

そして、「リアルタイム」で流れたという「サブライズ舞台挨拶」を
見損なってへこんでたんですが、

なんとか今朝の「めざましどようび」で捕獲できました〜 (^_^)v

f0153101_17592497.jpg


オープニング上映の時の旬くん、
羽根のついた帽子といい、ヒラヒラした衣装といい、

夢を追いかける少年、ピーターパンみたいでしたね! (^_^)

こうして、座席に座って、
観客の皆さんと一緒に見たんですね。

生の反応を感じられて、ドキドキだったのではないでしょうか?

f0153101_182955.jpg


旬くんは緊張した面持ちながらも、

キャスト皆が、しっかりとしたコメントをしていた
初日舞台挨拶だったようですが、

ツッコミ要員がいなかったことが反省点!?

f0153101_183473.jpg


「キサラギ」だったら、ユースケさん、
「クローズゼロ」だったら、やべさん、みたいに、

うまくボケたりツッコんだりして、
挨拶を盛り上げてくれる役がいるといいですよね。

「シュアリー」だったら、やっぱり、ムロさんかな?? (^o^)

・・でも、だからといって、
羽田でさんざん待たされて、

4時間遅れで、疲れ切って夕張に着いたメンバーを、
朝の5時まで寝かさない反省会って・・ (>_<)

熱すぎる「小栗監督」、

「もう、オマエの映画には出たくない」って言われないように、
お手柔らかにね〜。 (^_^;)

f0153101_1810778.jpg


でも、翌日の7人の仲良し加減を見て、安心!

サプライズ登場前に、真央ちゃんのスケートを見ていた様子を、
小西さん、綾野くん、旬くんの3人がシンクロして再現。 (^o^)

小西「みんな黙って、食い入るように見てて・・」
と、3人で身を乗り出し・・ ↑

勝地「滑り終わって、ちょっと泣きそうに・・」
と泣きマネ。 (*^_^*)  ↓

f0153101_1813210.jpg


旬「そして、一呼吸おいて、拍手〜」 ↓

f0153101_18134715.jpg


銀メダルが確定したことを、この座談会の席で聞いて、
みんなホッとしていましたね!

f0153101_18143879.jpg


・・そして、この夕張での旬くん、
ファッションもカラフルで素敵だったし、

少年のような笑顔や仕草の全てに、
はじけるような嬉しさが溢れていて、

すごくかわいかったです〜! (*^_^*)

千歳に到着したときの、
マリンブルーのダウンも、

f0153101_18185673.jpg


ピンクのフードのパーカーで、
手を振ってくれたバスの中も、

f0153101_18193533.jpg


こういう衣装なのにハッピが似合う、
お餅つきの姿も、

f0153101_18204024.jpg


もちろん、「めざまし」の密着と、
DVDのメイキングに入れてくれると思いますが・・

ファッション雑誌でも、特集してほしいくらい!? (^o^)

f0153101_18294537.jpg


そして、反省点を早速改善してみる、小栗監督。

この日のファッションも、
アーデンの森から出てきたかのような、

素敵なナチュラル系でしたが、

場を盛り上げる意味も含めて、
自らハンディカメラで舞台挨拶を撮影!

f0153101_1832562.jpg


こういう、フットワークの軽さ、いいですよね〜。

f0153101_18352241.jpg


勝地くんには、

「(カメラが)近いよっ!」って怒られて、 
あわてて一歩下がる、オチャメな一幕も。 ↓

f0153101_18374930.jpg


あ、ツッコミ&ボケ要員は、
勝地くんもいいですね〜! (^o^)

そして、7月の公開が近づいたら、
また、試写会や舞台挨拶で全国を飛び回りたいって前に言ってましたが、

その時には、
主演の小出くんたちのコメントも、もっとTVで流して欲しいですね。

でも、とにかく、
とても楽しそうな「チーム小栗」だったので、

きっと、映画の中身も、
そんな暖かさが残る作品だと期待しています!!

f0153101_18423227.jpg


「めざまし」のアナウンサーさんたちも、

「向上心溢れる若者たち、いいですね〜。」
「小栗監督も、向上心一杯で、
 次のために、挨拶の様子を撮っていてえらいですね〜。」

みたいなことを言ってくれていましたが、

この、常に「もう一歩先へ!」という目線を持っていることが、
旬くんの、素晴らしいところだと思います。

久々に、私も頑張らなくちゃ、って思えるような、
素敵なパワーをくれたピーターパン旬くん、

これからも、ますます輝いて欲しいで〜す! (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-27 18:52 | 小栗旬 | Comments(4)

憧れの

夕張へ行く飛行機が飛ばなくて大変だったみたいですが、
セレモニーには間に合ったでしょうか?

旬くんが、精魂込めた初監督作品、
こんなことで水を差されずに、是非とも大成功して欲しいものですね!

さてさて、
数年ぶりに38℃を越える熱を出してへばっていたんですが、
ようやく復活してきて、録画を堪能しています。 (^_^)v

まずは、
憧れのツーショット、キターーーーッ! (^o^)

f0153101_1659403.jpg


この制作発表、
旬くんがずいぶん神妙な緊張した面持ちだったので、

青島さんや室井さんたち、踊るの歴代キャストの中に入って、
「転校生」気分でテンパってるのかと思ってたら・・

隣に「憧れのアイドル」がいたから、
ニヤニヤしたりしちゃわないように(?)緊張してたんですね! (^o^)

ANNで内田さんのことを語り倒す様子は、
完璧に「アイドルファンの少年」そのもので、

旬くんの嬉しさがこちらにまで伝わってきて、
微笑ましくなってしまいました。 (*^_^*)

f0153101_1753390.jpg


偶然、旬くんに寄り添ってくれてるような姿を見ると、
このまま恋人役でも全然オーケー!!

実生活でも、こんなツーショットならいいのに・・(←小声 (^_^;))

でも、やっぱり、内田さんから見たら、
旬くんは弟役でしょうか?

緊張した受け答えをしている旬くんを、
いじってくれたユースケさんもGJですが、

お姉さんみたいな優しい笑顔で見守ってくれた
内田さんも、素敵でした〜。 ↓

f0153101_1793481.jpg


それにしても、本広監督も、小学生男子みたいですよね!

わざと内田さんに、
「小栗くんに頑張って、って声かけてあげて」とか、
「これ、小栗くんに持ってってあげて」とか・・ (^o^)

そんなことしたら、よけい緊張してセリフとちりそうなのに(!?)、
あ〜、メイキングでそういう場面も映して欲しい!

でもね、ホント、すごいことですよね。

小学生の時、大ファンだった憧れの人と、
今、成長して大人になった自分が、一緒に仕事をしている。

別に相手が異性でなくても、
仕事とかスポーツの道の大先輩だとしても、

そういう憧れの夢がかなうって、
滅多にないことだと思います。

ユースケさんじゃないけど、
まさに、「こんなに立派になって・・」っていう感じ。 (^_^)v ↓

f0153101_171895.jpg


そして、「鳥飼のキャラがいまだにわからない」という
青島さんのコメントを、ちょっとうなずきながら聞く

笑顔も素敵でした〜。 (*^_^*)

f0153101_17201185.jpg


「踊る3」出演の話が来たとき、
「嘘だ、無理無理無理・・って思って」って、

なんだか、またすっかり、
先輩に甘えてかわいがられる、末っ子気質の旬くん全開!?

f0153101_17433516.jpg


年末までは、月9主役として現場を引っ張り、
今日はまた、映画監督としてオープニングを引っ張る、

「舞台の中心に立つ」小栗旬でありながら、

「踊る」の現場では、
伸び伸びとサブキャラを楽しんでるんでしょうね〜。 

最近、座長としての自負に溢れた、強い男の表情が多かったので、
こういう、かわいい一面が見れて、すごく嬉しかったです。 (*^_^*)

f0153101_17301775.jpg


現場では、青島さんと休憩時間に談笑したりもしてたらしいですが、
役柄的には、やはり「本店」と「支店」の間の壁があるのかな?

だって、予告最後の鳥飼くんの表情は、
やっぱり、「敵か味方かわからない」って感じ!

f0153101_1734537.jpg


まさかのラスボスってことはないでしょうが、

案外、占拠されて内部に閉じこめられるのが旬くんたちで、
「(本店の)奴らを解放せよ!」って叫んでるのが、青島さんだったりして!?

鳥飼くんは、「奴ら」って言わずに「彼ら」って言いそうだし、
「奴ら」が獄中にいる犯人の仲間とかだったら、普通すぎるし。

f0153101_17422868.jpg


でも、とにかく
ちょっとはにかんだ、素敵な旬くんの笑顔がたくさん見れて、

最高にハッピーな制作発表でした!!

さて問題は・・
発表に合わせてバージョンアップされた「踊る」HPが、

うちのボロMacで見れなくなってしまったこと。 (T_T)

何かダウンロードしなきゃいけないの??
主人にも聞けないし・・

どなたか教えて頂けたら嬉しいで〜す。 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-25 17:53 | 小栗旬 | Comments(3)

駄々っ子 (^o^)

皆様のお手元にも、もう届いたことと思いますが、
「TAJOMARU」DVD、特典充実でしたね!

まだ飛び飛びでしか見てないんですが、
本編よりも、特典の方が良かったかも!? (^o^)

以下、ネタバレですので、
これから見るのを楽しみにしている方は、後日のぞいてくださいませ。 <(_ _)>

f0153101_19495789.jpg


さて、懸案だった「鬼火の沼」のシーン、
どう思われましたか?

あちこちの感想を読ませていただくと、
カットされたのもうなづける一面がある気がします。

少なくとも、あのまま全ては使えませんよね。

あまりに現代医学にのっとりすぎた、
心臓マッサージと人工呼吸! (^_^;)

マッサージの時の両手の組み方、
人工呼吸の時の、気道確保の仕方、
・・当時は、知られていなかったはずですよね?

「戻ってこい! 阿古!」って、
それじゃあ「救命病棟」だっちゅーの! (>_<)

ただ、一部は使ってほしかったな〜。

後日、プールで撮影したという、
阿古を助けて水中から浮かび上がってくるシーン。

f0153101_19545530.jpg


沈んだ仏像を背景に、
幻想的なシーンでした。

だから、
阿古が沼に入っていって忽然と沈む場面、

直光が助けあげる、このシーン、 ↑

それから、ちょっと胸を押して
阿古が水を吐いて息を吹き返し、

最後に、このシーンなら・・
本編に入れても、良かったんじゃあないでしょうか? ↓

f0153101_19581691.jpg


鼻水が出ていたけれど、
そのままでも、キレイだと思います。

かつて、ぺ・ヨンジュンの「四月の雪」という映画を見たときも、
声を殺して、男泣きに泣くときに垂れた鼻水が、

少しも汚く見えなくて、
美しかったので驚いたことがあるのですが、

この、旬くんの鼻水も、
それを気にもとめずに演技を続け、口づけを受ける阿古姫も、

すごくきれいでしたから・・。 (*^_^*)

f0153101_2024998.jpg


むしろ、気になったのは演技ではなく、
セリフでした。 

「・・俺といることで、お前が自分を責め続けるなら、
 俺はもう、お前を追わない・・」

「一人にしないで・・
 ずっと、あなたのそばにいさせて!」

このセリフが、
その直前の二人の言動と、まるで矛盾するので、
すごくブレてしまうんですよね。 (>_<)

一見、優しいように見える直光の言葉も、
(ここまで来て、今さら阿古を置いていかないでよ?)っていう感じ。

いくら阿古が死なせてと頼んでも、
命がけで救いあげたのだから、最後まで、

「たとえお前がいやがっても、俺はお前を放さない!」
っていうのが、直光ではないでしょうか?

そして、「死なせて」と言っていた阿古が、
すぐに「一人にしないで」っていうのも、違和感が。

このあたり、脚本のブレなんでしょうが、
このセリフなら、本編に入れなくて正解だったと思います。

ただ、セリフ抜きでも、
さっき書いたように、ただ無言で口づけるだけで充分だったのですが、

何でもセリフで語らせないと気が済まないのが、
この作品(おそらくは、山本Pのセンス?)でしたからね。 (^_^;)

f0153101_2019589.jpg


ただ、この特典DVD、

そういった脚本への役者のとまどいも、
きちんとインタビューで収録していて、えらいですよね。

監督と役者とが思っている表現と、
山本Pの望む表現が食い違う。

山本Pが脚本家なのだから・・、と
最後はみんながそれに従う。

山本P自身は、いろいろな解釈・表現で撮ってみればいいじゃないか、
っていうスタンスのようで、

たとえば、あるセリフを
泣きながら言うバージョンと、茶化して言うバージョンと撮っておくっていう感じ?

クランクアップのときに、旬くんが冗談めかして言っていた、

「本当にいろいろな(バージョンの)カットを撮ったから、
 あとは、それをどうつなぎ合わせて面白くできるかは、
 監督の責任」みたいな気持ちも、わかる気がします。

ただ、そういう演出って、実験的ではあるけれど、
役者さんとしては感情移入しにくいだろうし、

本編を見た時も、
直光が猛々しくなったり、ヘタレになったり、

キャラが定まらないことに、違和感がありました。 (T_T)

f0153101_2027999.jpg


でもまあ、
いろいろそういう裏事情がわかって、少しは納得できましたね。

まだまだ、詳しく特典を見てから、
また、感想を書かせていただきたいのですが、

今日のところの、私のツボは、

「道兼一派のトーク」で、
綾野くんが話してくれた、「駄々っ子旬くん」! (^o^)

f0153101_20335081.jpg


夜中の3時に飲み会をお開きにしたのに、
綾野くんの部屋に電話してきて、

「剛、起きてる?」
「旬、今日はもう、終わりだって言ったでしょ?」

「え〜、え〜」って、そっからの駄々のこね方が結構長いって、
爆笑でした!!

綾野くんがやる旬くんのモノマネもうまくって、
「明日のことは明日のことだよっ!」ってゴネ方とか、最高! (^o^)

そして、駄々こねながら先に寝ちゃうって、どんだけ・・。

そんな、寂しがり屋で、甘えん坊の旬くんが、
やっぱりとっても大好きで〜す。 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-22 20:03 | 小栗旬 | Comments(6)

一度でいいから

メガネ男子、キターーーーーーッ!!! 

f0153101_19523342.jpg


出演の噂が出てから、叩かれ続けて苦節3ヶ月、

最近では、「踊る」ファンの間では、徐々に受け入れムードになりつつも、
「例のあの人」って、まるでヴォルデモートみたいな呼び方されてて、 (^_^;)

待ちに待った出演発表の日がやっと来て、
昨日は興奮して寝付けなかったのは、私だけ??

しかも、予想外のド・ストライクなメガネ姿、
テンション・マックスです〜〜!! (^o^)

そしてもう、こうなったら次の願いは決まってます。

メガネ男子が、
ふっとメガネをはずす時が、好きなんです。 (*^_^*)

緊張を解き、上着を脱ぎ捨て、ネクタイを緩めるように、

メガネをはずして、
素顔を見せてくれるときが、好きなんです。 (←できれば、寝顔で!? (^_^;))

ああ、本編の中で、
一度でいいから、誠一くんにメガネをはずして欲しい。

ベタな展開としては、
最初は心を開かなかった誠一くんが、

最後には青島or和久くんと心が通じ合って、
そんなシーンでメガネをはずすのでもいいですが、

小栗ファンとしては、内田さんとのカラミで、
ドギマギして、はずしてほしいっ!! (妄想炸裂中。 <(_ _)>)

f0153101_2012838.jpg


だって、このシーンですでに、 ↑
あこがれの内田さんとの共演も、キターーーッ! (^o^)

でも、旬くんはまだ、
踊るの旧メンバーに馴染むので、いっぱいいっぱいな感じでしたから、

とても内田さんと言葉を交わす余裕なんて無かったかも!?

これから、少しでもカラミがあったら、嬉しいんですが。 (*^_^*)

f0153101_20694.jpg


しかも、出番も少ないかも・・なんて思ってたけど、
青島さんとも、こんなにガッツリ組んでるなんて、

もう、嬉しくて涙が出ます! (T_T)

スーツで捜査・・っていうと、どうしても奏くんを思い出すし、
童顔の旬くんは、そのままでは上司には見えないから、

衣装選びの時に、旬くんの提案でメガネをかけたっていうのは
大正解でしたね!

そして、今日の夕方のこちらのツーショットは、
放送されなかった地方もあったかもしれないので・・。

f0153101_2095581.jpg


室井さんとのショットも、感涙ものです〜。 (T_T)

やはり、以前、スタッフのつぶやきで、
「室井さんと新キャラの並んだ絵もカッコイイ」っていうのは、

旬くんのことでしたね〜。 (^o^)

そのつぶやきを読んだときから、
(もしかして・・)って、かすかに期待してたんですが、嬉しいです!

でも、「本店側なら、キレキレの高圧的なキャラ」だと思ってたのに・・

f0153101_2012517.jpg


家元くんだったんですね〜。 (^o^)

まあ、警視総監の息子ですから、
イジメられ続けても、資料室勤務から管理補佐官にまで出世したわけで(!?)、

・・じゃないけど、
「ソフトで穏やかな語り口の新しい官僚」っていうのも、意外でした。

青島さんとの車の中での語り口も、
ちょっと類を思わせるような雰囲気で、

クールに頭がキレるっていうより、
他人にあまり興味がないっていうか、力抜いて生きてるっていうか・・

でも、「実は自分の考える正義に、ある強いこだわりを持っている男」。

ハイ、そこんとこの事情は、
スピンオフで詳しくお願いしま〜す!? (^o^)

f0153101_20194974.jpg


そして、一番嬉しかったのは、
亀山プロデューサーの言葉!

「立ち姿の美しさには、
 思わず、つい傷つけたくなるような感じを抱きました(笑)。」

これって、完全にファン目線のLOVEですよね〜! (^o^)

人気があるから、知名度があるから・・のキャスティングではなく、

旬くんの、どこか危うくナイーブなセクシーさを、
ちゃんとわかってくれてるってこと。

脚本家さん、是非とも、傷つけてみてください!

あ、殉職ってことじゃなく・・ (^_^;)
美しい男が、心から血を流し、苦しむ様を見せてください。

そして、今日発売の「CUT」、
写真は既出の1枚だけですが、

監督の言葉が嬉しかったですね。

f0153101_2072948.jpg


うろ覚えですが、

「小栗くんの役は難しいのに、とてもよくやっている。
 青島くんのことも、室井さんのことも、突き放しているから。

 あまり考えていないかのようなのに、
 本番になると、ぶわーっとオーラが出る。

 踊るファンが見たら、嬉しいシーンが撮れていると思う。」

みたいなことを言ってくれていました。

つまり、
青島さんとも、室井さんとも、簡単には共感しあわない、
あくまで自分のポリシーで行動するキャラ、っていうことでしょうか。

もしも出番が少なくても、ジーンと心に残る、
インパクトの強いシーンがあるといいですね。 (^o^)

たとえば、誘拐された副警視総監が、
同期の和久さんとすれ違うときに、お互いうなずき合うシーンみたいに・・。

そして、犯人役ではなく補佐官役になって一番嬉しかったのは、
これから「腐るほど」出るであろう関連本に、

きっと、たくさん記事が出るだろうっていうことです! (^_^)v

今日は、すっかり興奮・妄想止まらずに、
とりとめのない記事になってしまい、ごめんなさい。 <(_ _)>

それでは、来るべき雑誌の洪水に、
溺れないように、頑張りましょうね〜。 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-19 20:49 | 小栗旬 | Comments(5)

いや〜、東○ポだけじゃなく、週刊誌も、
妄想だけで見出しや中吊り書けちゃう世の中なんですね。 (^_^;)

不愉快な物は読まない良識派の方々もいらっしゃると思うので、
ちょっとだけ書きますが、

「激撮!」って、男友達と飲み屋から出てきたところだけだし、
その先の妄想は馬鹿馬鹿しすぎて笑っちゃうほどで、

でも、記事まで読まない一般の人は、
見出しだけ見て、信じちゃうこともあるんですよね。 (T_T)

そもそも、男女数人で飲んじゃいけませんか?
たとえ、既婚者だってそういう飲み会はたくさんあるでしょう。

まして、美女を口説こうと思ってるなら、
わざわざ自分からハワイ旅行の時の話を持ち出しますか??
(その話をしてた、というのが本当だとして。)

まあ、むしろ、
今週に入ってこういう落とし込み記事がいろいろ出てきたのは、

「踊る」出演発表の足をすくいたい輩がいる、
っていうことでしょうね〜。
どこの事務所かは知りませんが。

<追記>

さて、そんな鬱憤は10万歯力で吹き飛ばし(?)、
アトムくんのツボショット、いってみましょ〜!

f0153101_0145672.jpg


やはり、ベストショットは、
この眼鏡姿!

革ジャンも、似合ってますよね〜。 (*^_^*)

f0153101_0161293.jpg


鼻に手を当て、「赤影だいっ!」 
(↑これ、わかる世代、いないかも!? (^_^;))

f0153101_0174542.jpg


上目使いで「シャキ〜ン!」が、
ツボにはまりました〜。 (^o^)

f0153101_01832100.jpg


気になるのは、
パツンパツンになった、二の腕。

もう、かなりムキムキなの!?

f0153101_0191278.jpg


太腿も、
かなりパツパツでしたよね・・。 (^_^;)

この衣装のテイスト、
お兄ちゃんのブランドの雰囲気ですが、どうなんでしょう??

f0153101_0214370.jpg


発表会の時は、妙に若くて少年な旬くんでしたが、

メイキングの旬くんの方が、
27歳という年齢の素敵な雰囲気が出ていて、好きでした。 (*^_^*)

こういうアフレコの表情なら、
セリフはこんな感じがいいな〜・・

f0153101_021121.jpg


奏 「由岐。
   おまえが、神野のことを忘れきれないことはわかってる・・。」

f0153101_0243040.jpg


奏 「でも、俺はもうこれ以上、あいつに
   愛する者を譲れないんだ。」

f0153101_0255253.jpg


奏 「俺のそばにいてくれ・・。」

f0153101_0265682.jpg


な〜んて、

週刊誌も、どうせ妄想するなら、
こういう路線で行って、ってゆーの!

でも、バレンタインネタにもキレずに、この余裕の笑顔ですから、
きっと、今夜もぶち切れないでいてくれることを、祈ってます。 (^o^)

さあさあ、ANNを聞いてから、
「めざまし」のために起きれるか!?

また、当分露出ないかもですから、
頑張りましょうね〜! (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-17 23:58 | 小栗旬 | Comments(2)

いつやるの?

小栗ファンには、静かな日々が続いています。

今週あたりには、「会いたいYOU」をやるかと期待してるんですが、
恒例の水曜日には海外ミュージシャンの特集があるみたいなので、他の曜日??

毎晩、「踊る」スタッフのつぶやきチェックで、
めざまし放送予定が発表されるのを待つしかありませんね〜。 (>_<)

とりあえず、制作発表は23日らしいですが、
旬くんは、果たして参加するのでしょうか??

最近の斗真くんの映画宣伝番組でも、
「はなまる」で「J以外のお友達は?」って聞かれて、
旬くんの名前と顔写真が出ただけでしたね。 (T_T)

f0153101_12471767.jpg


そして、昨日のバレンタインデー。
事務所に大量のササミが届いたんでしょうか!? (^o^)

甘い物がNGで、ササミだけっていうのは、
筋肉をつける時の常道ですから、

やはり「踊る」の次の仕事は、例のムキムキ系!?

あんまりムキムキしすぎるのは好きじゃないけど、
クロゼロ2の時も、そんなにキン肉マンにはならなかったし、

すぐにスリムな旬くんに戻ったから、
きっと大丈夫ですよね!

さて、旬くんも
「You Tubeで、あなたへのオススメって出るから、ずっと見ちゃう」
って言ってましたが、

小栗日照りだと、ついつい、余計な物を買い込んでしまいます。 (^_^;)

TAJOのDVDをアマゾンでポチるときに、
あなたへのオススメで出てきていたコレも、

2007年の発売当時には、まあいいや・・って買わなかったのに、
買ってしまいました〜。 (^o^)

f0153101_125213100.jpg


旬くんが出演した「夏恋想」PVのDVD付き、
「key got crew」の「ボクノチカラ」

この曲、結構好きだったんですが、
あまりヒットしないまま、グループ名も変わってしまったようですね。

そして、久々にこの映像を見て、
先日の斗真くんの「情熱大陸」で感じた違和感の理由が、わかりました。

あの時、ANNのブースの壁に注意書きがたくさん貼ってあったんですが、
このDVDでは、きれいな壁なんですよね! (^o^)

旬くんの「情熱大陸」の時も、
このDVDとは違いますが、スッキリした壁だったし・・。

f0153101_12575840.jpg


さて、このPV、
旬くんがANNで曲をかけながら、物想いにふける・・っていう内容ですが、

手フェチには、たまらない映像でしたよね〜。 (*^_^*)

♪ ・・知らぬ間にすれ違ってた、
  別々の未来を描いてた ♪

っていう歌を聴きながら、
唇に手をあてる旬くん。

f0153101_1301265.jpg


♪ 夏の終わりは 恋の終わり・・

  君しかいないと わかっていたのに ♪

・・いろいろなバラエティ番組でも、
旬くんの手が、顎や頬や唇に触れるたび、

その動きに眼を奪われてしまうことって多いですが、
こうして、頬杖ついたりする姿も、大好きです。 (*^_^*)

f0153101_1352832.jpg


そして、間奏の時のトークでは、

「や〜、なんつーか、
 夏ってなんか切ないっすよね。

 ま、ボクにもそんな思い出ありますけども・・
 いや、いい思い出ですよ。」

もちろん、セリフなんでしょうが、
あとから考えるとちょうどこの頃は、

忙しすぎて元カノと別れたあたりだったと思うので、
より、リアルな演技!? (^_^;)

f0153101_136532.jpg


♪ 二人過ごした日々は きっと無駄じゃない
  いつかキミに また会えたら
  笑って話せるかな・・ ♪

そして、指フェチには垂涎の、
手のアップは貴重です!

f0153101_1374916.jpg


そして、ラストの

♪ 過ぎゆく季節と 想い出に今
  さよなら告げるよ さあ歩きだそう ♪

という歌詞を聴きながら、
瞳をキラキラさせる旬くん。

f0153101_1392610.jpg


・・という、
とってもベタな展開のPVだったんですが、 (^_^;)

まだ、ANNを始めて半年くらいで、
ちょっとどこか照れたようにトークしている、旬カーベル。 (^o^)

当時、この映像を見た時にはこんな感じが普通でしたが、

すっかり「エロ」全開になってる最近を知ってしまうと、
とっても初々しくって、新鮮でした〜!

思えば、2007年には、まだ、
「事務所的に下ネタ禁」だったような!?

あー、イメージが「王子様」だった頃が懐かしい・・。 

というわけで、
さあ、いつになったら、新しい旬くんの映像が拝めるのでしょうか?

これ以上、私が散財してしまわないうちに、
早く会わせて欲しいものですが、

皆様からも、「こんなもの買っちゃいました」なオススメありましたら、
コメントお待ちしていま〜す。 (^^)/

* 追記 *

「踊る」スタッフより、「今週木曜日に新情報発表」とのことです!
きっと、旬くんも出ますよね?

そして、アトムの声のCM発表会が本日あり、
明日もWS一日録画ですよ〜!!
[PR]
by harupyonri | 2010-02-15 13:22 | 小栗旬 | Comments(4)

いや〜、予想通り、
来週まで引っ張られましたね。 (>_<)

この、長身で長い脚の後ろ姿、
「会いたいYOU」でもお世話になった・・のは、

絶対、旬くんですよね!?

f0153101_23382947.jpg


来週、旬くん一人だけ特集してくれるほど
出番が多い役とも思えないので、

内田さん、伊藤くんと3人まとめて発表した方が、
豪華感が強いような気がしましたが、

来週は、旬くんと、室井さん&真下さんあたりで登場??

この階段会議室は、「新湾岸署」のセットだそうなので、
少なくとも旬くんは、そこの会議にスーツで出席している役。

でも、「旧湾岸署」チームではない。

純粋な「本店」でもない、という噂もあるので、
特報キーワードの、「室井が作ったポスト」あたりが、
気になりますね〜。 

室井さんの代わりに青島と対立するような、
憎まれ役になるんでしょうか?? (T_T)

それにしても、「めざまし」の大塚さんのトボケっぷりは、
お見事です!

「え?まだ他にも新キャラがいるの?
 (会いたいYOUの)リスト持ってきて!」って・・

当然、知ってるくせに、芸が細かい! (^o^)

トボケてるといえば・・この時も。

f0153101_23582222.jpg


2008年10月16日の記事も読んでいただけるとわかるんですが、
この、カルーソ監督との対談のとき、

急に旬くんの扱いが良くなったフジテレビに、???だったんですよね。

この直後に控えていた海外がらみの仕事は、
結局カナダの「シルク・ド・ソレイユ」紹介だったんですが、

ロケ現場の許可とか撮影費用のことを詳しく聞く旬くんに、

大塚さん「将来、演出とかにも興味あるんでしょうかね〜?」
軽部さん「私は、近い将来、小栗監督があるんじゃないかと思います!」

な〜んて、話してたんですよね。

f0153101_011169.jpg


この時旬くんは、こんな ↑ 発言までしていたのに、
私は監督なんて夢にも思わないから、全くスルー。 (^_^;)

昨年初夏に初監督の速報が出たとき、

(あ〜、あの時、めざましで言ってたのは、
 このことだったのかー!)って、初めて納得。 (^o^)

その頃、「フジが小栗を囲いこんでいる」とかいう記事も出て、

きっと、この2008年秋くらいには、
初監督作品(フジ後援)→TAJOMARU(フジ後援)→月9→踊る・・
っていうラインナップが、決まってたんでしょうね〜。

f0153101_0191093.jpg


そして、「予算はたった80億足らず」というカルーソ監督に、
「そんな世界に立ってみたい・・」と語っていた旬くん。

超・低予算だった「東京DOGS」の現場でも、
マルオくんに「ミスブレ」の現場のことを聞いて、

「木村さんにはなれないけど、そういう規模の仕事をしてみたい」
という想いを語っていた旬くん。

今回、私が願っているのは、旬くんが「踊る」の現場を、
監督・演出・スタッフの動きを学ぶ場としても、

楽しんでくれてるといいな〜、っていうことです!

きっと、旬くんがこれまでかかわったどの映画よりも、
規模も大きく、スタッフも仕事にこだわり抜いた現場でしょうから、

役者としての出番が少なくても、
そんな裏方の世界から得られるものが、すごく大きいと思うんですよね。

そしていつか、また旬くんが作品を創るときに、
こういう経験を活かせますように・・。

f0153101_012187.jpg


自社制作のキワモノ映画ばかりではなく、(←ごめんなさい (>_<))

ちゃんとした監督の、小さな文芸作品とかで、
きちんとした賞を取ってほしい、というのも夢ですが、

こういう大規模な大衆娯楽映画でも、
いつか真ん中に立ってほしい。

でも、「弱小事務所だからありえない」といわれていた月9主演も、
「踊る」のような人気作への出演も、

旬くんが、一歩一歩、実現してきたものですよね!

同じように弱小事務所ゆえに、叩き記事をたくさん書かれるけれど、
いつまでも魅力的で活躍し続ける織田さんから、

たくさんのことを吸収して欲しいな〜、と願っています。

そして、皆様も期待しているでしょうが・・
「あこがれの」内田さんとの共演シーンはあるのか!?

できれば、
テンパッて照れてしまう旬くんのメイキングとか、

快盗愛子さん、よろしくお願いします〜 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-11 00:35 | 小栗旬 | Comments(6)

穏やかな役? 

いや〜、「めざまし」の旬くん、
穏やかな柔らかい感じで、良かったですね〜! (*^_^*)

f0153101_23564233.jpg


この、ざっくりした黒いセーターは、私服??

まさかこれが「踊る」の衣装だと、
どんな役なのか、ますます悩んじゃいますが・・。 (>_<)

ホームドラマの、良い息子役みたいな雰囲気ですよね!

f0153101_23592591.jpg


前髪も伸びてきて、
いまのヘアスタイル、かなりストライク!! (^_^)v

正直言って、「東京DOGS」の時は
ちょっぴりオヤジが入っていた奏くんでしたが、 (^_^;)

今日の雰囲気だと、2〜3歳くらい若返って、
黒髪だし、ちょうどこの時みたいな感じ!?

f0153101_034249.jpg


ところで、
トータスさんと旬くんがかつて共演したことは、
私も忘れていたくらいですし、

「情熱大陸」以来、
旬くんがトータスさんの音楽が好きとは知ってましたが、

今日のコメント出演、唐突でしたよね!?

今、ドラマの主題歌を歌ってもらっているサトリューさんは納得ですが、
なぜここで小栗旬がコメントを??・・って思った人も多かったのでは。

ファンでない人は、
「最近、小栗旬、見ないね〜。 何の仕事してるんだろ?」
っていう感じでしょうから、

「踊る」発表に向けて、忘れられないための、
フジテレビの作戦とかでしょうか?? (^o^)

f0153101_082940.jpg


で、私は、この白眼が好きなんです〜。 (*^_^*)

というわけで、
今週も水曜日に「快盗愛子」があるようですが、

いいかげんに発表してよ〜!!! (>_<)

・・新キャラ発表はまだ来週、という噂もありますが、
そろそろ雑誌取材も解禁になってきているでしょうし、

土曜日に「まだ内緒のキャラのスチール撮影」があって、
その日は旬くんも現場にいたようですから、

は・や・く・発表してっ! 

でも、今日の柔らかいビジュアルを見て、
とても余裕のある雰囲気の旬くんを見て、

きっと、満足できる毎日なんだろうな・・って、嬉しかったです!

やっぱり、正式発表されるまで、
「ここで、いい子にしてなくちゃあ。」ダメですよね。 (^o^)

私は、今日のビジュで演じてもらいたい役、
「ちょっとお坊ちゃんの大学生」とかかな〜?

皆様想像のオススメの役柄も、
是非、教えてくださいね〜。 (^^)/

 P.S. コメントいただいた皆様全員にお返事できなくて申し訳ないのですが、
    Elirinさん、お子さんの受験無事終了おめでとうございます!!
    我が家も1年後、あとに続けるといいのですが・・
    親がこんなことしていちゃあ、いけないでしょうか・・。 (T_T)
[PR]
by harupyonri | 2010-02-09 00:24 | 小栗旬 | Comments(4)

小栗日照りがあまりに長いので、
どうにも我慢できなくなって、引っ張り出しました。

「H」 2005年12月号。

ずっと探し求めていたこの本に出会ったとき、
Book offで鼻血出そうになって、最後まで見れませんでした〜。 (>_<)

f0153101_102287.jpg


「Hなツーショット」というタイトルが示すとおり、
3組のツーショットが載ってるのですが、

男x女、女x女、そして男x男が、
旬くん & 塚本くん。 (*^_^*)

で、これ、はっきり言ってPG12指定にしたいくらいの、
かなりセクシーなショットです!

妄想炸裂しちゃうので、
よい子の皆さんは、もう寝んねしてくださいね〜。 (^o^)

塚本くんは、この設定、苦手そうな表情ですが、
どSな旬くんは、ノリノリ!

f0153101_1111049.jpg


背中から迫って
タイをほどき・・

f0153101_1121452.jpg


いやがる(?)塚本くんの
服に手をかけ・・

f0153101_113394.jpg


誘いかけるように
頬を寄せて、

f0153101_1143054.jpg


この、恍惚とした表情は、
完全にいっちゃってる目線・・ (^_^;)

f0153101_1172145.jpg


そして、コトがすんだあと、
ベッドでしどけなくタバコの煙をくゆらす姿。 (*^_^*)

・・男相手に、
ここまでエロい演技ができるなら、

女性相手に演じてくれたら、
もう、正視できません!! (>_<)

f0153101_1195022.jpg


まあ、逆に、気心知れた男友達相手だからこそ、
大胆な演技ができたようですが、

キスしそうなショットとか、
タバコを吸うショットもあって、

これはもう、
ヤフオクで競り落としてでも(?)必携の一冊ではないでしょうか!?

そして、このセクシーショットにもかかわらず、
インタビューでは、相変わらず熱く芝居のことを語る、
男臭い二人。

「偶然の音楽」の舞台稽古中で、
いろいろお芝居に悩んでいるという旬くんの、

その悩ましいお色気に、
どうぞ皆様、悩殺されてくださいね〜 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-07 01:31 | 小栗旬 | Comments(4)

昨日、ANNの前に「電車男」の再放送を見ていたら、
東京DOGSの由岐ちゃんのバイト先の店長さんが、
ネット仲間のオタク役で出ていることに気づきました。 (^o^)

きっと、オタク役は個々の撮影だから、
旬くんと出会ってはいなかったのかもしれませんが、

意外な共演発見で、嬉しかったです。 (^_^)v
あの店長さん、コメディタッチの間合いが上手でしたよね!

そして、ANNで旬くんが話していた、
「次の仕事のためのトレーニング」、意味深ですね〜。

次の仕事は、春から撮影という噂の時代劇映画かと思ってたのですが、
殺陣とかだったら、「トレーニング」じゃなくて、
「稽古」って言うような気がして・・。

もう一つの映画の噂は、すごく嘘くさいと思ってたんですが、
「トレーニング」が必要そうな役ではあるので、ホントなのかも!?

いずれにせよ、今年は当分、
TVドラマでは旬くんに会えない、っていうことでしょうか・・。 (T_T)

そして今回は、「今週も撮影してました」って言わなかったけど、
まさかもう「踊る」の出番は終わっちゃったの!?

やはり、刑事役としては高倉奏が大・大・大好きなので、 (*^_^*)
すぐまた「スーツの刑事役」っていうのはちょっと・・
って思っちゃいますよね。

もしも、「踊る」の出番があまりないんだとしたら、
案外、スーツは着てても刑事じゃなくて、

「報道記者」とか、「被害者の家族」とかだったら、新鮮かも!?

で、「交渉人・真下」とか「弁護士・灰島」みたいに、
「報道記者・○○」っていうスピンオフも、いかがでしょう〜? (^o^)

・・というわけで、性懲りもなく、
海を越えて、大好きな刑事さんに会いに行ってみようと思います。

f0153101_18451562.jpg


記念すべき、第一話の登場シーン!

この、なかなか正面から映さない演出も、
「主役登場!」っぽくって好きでした。

そして、なで肩の男性がイマイチな私は、
旬くんの肩幅と、首からのラインが、大好きなんです。 

この、後ろ姿と襟足だけでも、
惚れ惚れしちゃいます〜。 (*^_^*)

そして、第一話のシナリオを読むと、
このセリフの次のセリフ、TVの訳とは違って、

奏  「もう、指示があるまで持ち場を離れるなよ。」
マルオ「わかりました。二度としません。」ってなってますね。

つまり、マルオは最初っから奏の命令に背いて、
独自の行動を取ろうとしてたんでしょうか? (^o^)

だから怒られて、「あの日本人、ムカつかね?」につながるわけですね。

f0153101_19202021.jpg


そして、まだまだ出し惜しみ。 (>_<)

奏が捜査部隊に指揮しているシーンですが、
やっぱり横顔と後ろ姿しか映りません。

どれほどキレ者なのかと、ますます期待が高まりますが・・

実際に奏くんが話していたことは、

「秋といえば食欲の秋、
 そうなってくると、栗というのがありまして・・。」 (^o^)

マジな顔して、よくもまあ、 ↓

「皆さん、お花見しましたか?
 そうですね!・・って返してくれると、ありがたいんですけども。」

なんて、よく言えますよね! (^o^)

きっと、外人エキストラはキョトンとしてだたろうし、
スタッフさんは笑いをこらえてたのでは!?

これも是非、メイキングに入れてほしいですね〜!

f0153101_1927506.jpg


「ごめん、(英語のセリフ)言えないわ。」

と苦笑いする旬くん。 ↓

f0153101_19302759.jpg


でも、後ろ姿を見れば、
並み居る外人さんにもひけを取らない、脚の長さ!! (^_^)v

f0153101_19313196.jpg


外国にいても、
ちゃんとうまく現場をリラックスさせて、

立派な座長ぶりですね!

f0153101_1932448.jpg


そして、本編では映らなかったけど、
隊列の前に出ようとしてた堀川くん、

デカイ外人部隊に、思いっきり肘鉄されてたんですね。 (>_<)

f0153101_19335747.jpg


そんな撮影を経て、
ついに主役登場!

シナリオでは、深追いしたマルオが、
神野の部下にマシンガンで撃たれそうになってるところで、

その手を見事に撃ち抜いて、
「車のライトの逆光の中から、一人の男が現れる」。

でも、本編の、
廃屋の鉄階段を下りてきて、徐々にピントが合っていくシーンの方が、

いかにも「アメリカ〜ン」で素敵でした!

たとえ3日間でも、
現地ロケならではの雰囲気が出てましたよね。 (^^)

f0153101_19404376.jpg


<追記>

さてさて、最初の頃は「コマ送り」してなかったので、 (^_^;)
こんなシーンも見逃してました。

f0153101_2144332.jpg


なんてきれいなヒップラインと、
真っ直ぐな、長い脚!! (^o^)

そして、
男の腕に傷がないことに気づいて悔しげな表情に、

のちにボスに「ほら、ムキになる」って言われた一面が、
ちゃんと出てたんですね。

f0153101_21463589.jpg


そして、最初の感想文で書いたように、

ポケットから取り出したトランシーバーを
ポンと投げあげてキャッチする仕草が好きだったんですが、

話している途中で人影を見つけ、
そのトランシーバーをマルオに投げて渡すときの、この目線。 ↓

マルオには目もくれずに、
でも当然のようにトランシーバーを投げて預ける、

その尊大な(?)ところが、
奏らしくって好きなんです〜。 (*^_^*)

これは、由岐の墓参り中にママ電が来て、
傘を堀川に預けるときも、

三上に由岐が連れて行かれたホテルで、
奏を止めようとする外人刑事の手をを押しのけるときも、

いつも奏くんは相手に一瞥もくれず、
でも的確に標的をとらえていて、カッコよくて、

さすが軍隊仕込みというか、
部下を家来扱いの「俺様」というか!? (^o^)

f0153101_21482685.jpg


ああ、こうしてまたリピしていると、
どうしたって妄想しちゃいますよね〜。 (^_^;)

というわけで、
前回の「奏→マルオLove」バージョンは忘れていただいて、

奏&由岐ちゃんの物語にしてみましょう・・。

 * * * 

帰国前夜、荷造りを手伝うのに疲れて眠ってしまった由岐に、
そっと口づけしたことを告げないまま、

照れくささから空港で由岐を投げ飛ばし、
そのままNYへと帰ってきてしまった奏。

マルオからは早速、
「せんせー、元気かよ?」というメールが届きましたが、

「任務中だ。よけいなことをしてないで、お前も仕事しろ。」
と、そっけない返事を返しただけ。

だって、「由岐は元気か?」なんて、
死んでも聞けない奏ですからね。

あんな別れかたをしたせいか、由岐からは何の音沙汰もなく、
そのことを気にしまいとしながら、新たな捜査に打ち込む奏。

f0153101_2284331.jpg


今日も「日本人旅行者が、事件に巻き込まれている」という通報で、
ハーレムの路地裏に駆けつけると・・

そこにいたのは、なんと、マルオ!

f0153101_22111433.jpg


奏  「マルオ! 何でお前がここにいるんだ?!
    ここが、どんなに危険な所か知っているのかっ!」

マルオ「ハイハイ、そう怒鳴らないで・・。
    だってセンセー、いくらメールしても全然返事くれないし、
    無事でいるのか、心配だってい言うから・・。」

f0153101_22141923.jpg


奏  「だからって、いきなり現場に来ないで、
    電話でもすればいいじゃないか。」

マルオ「でもセンセーの携帯、海外じゃ通じないじゃん。」

奏  (あ、そういえば、母さんからの電話がかかってこないように、
    そうしてたんだったな。)

マルオ「神野の組織もまだ、完全にはつぶしてないし、
    ついでにこっちで、何か手柄でもあげてこうと思ってさ。
    あ、センセーには、おみやげ持ってきてやったよ。」

奏  「おみやげ? 何だそれは。 白滝なら嬉しいが。」

マルオ「ほら、あれ・・。」

f0153101_22191490.jpg


マルオの指さす方に、奏が目を向けると・・。

奏  「え? ・・・!!」

f0153101_22194644.jpg


由岐 「奏・・。
    あたし、奏のことが心配で・・。
    どうしても、どうしても会いたくなっちゃったの。」

奏  「由岐、おまえ・・。」

由岐 「でも、このNYに来たら、いろんなこと、いっぺんに思い出して、
    なんだか、つらく・・。」

奏  「あっ! 由岐っ!」

f0153101_22261651.jpg


元気な奏に会えてホッとしたのと、
押し寄せる過去の思い出の苦しさとに、

一瞬、意識を失って倒れ込む由岐。

奏  「由岐っ! しっかりしろ!
    ・・俺だって、おまえのこと、ずっと考えてたんだ。」

マルオ「センセー! 由岐ちゃん大変だよ、このままじゃ!
    早く、人工呼吸して! マウスツーマウス!!」

奏  「え? マウスツーマウス? 
    そうか、軍隊で習った救命法もそうだったな!」

f0153101_22414141.jpg


そうして、
奏は、強い口づけを由岐に・・。

お姫様を目覚めさせるのは、
いつだって、王子様の口づけですからね。 (*^_^*)

マルオ「やった〜!
    センセー、日本じゃ、嫁入り前の娘にそういうことしたら、
    ちゃんと責任取らなきゃいけないんだぜ!」

奏  「え? ええ??
    いや、しかし、これは人工呼吸であって・・」

マルオ「四の五の言わねーの!
    証拠写真もバッチリ撮ったから、
    ママさんに送っちゃうよ〜。」
    
奏  「!!
    いや、それはまずい。 まずいだろう!」

ママ 「あ〜ら奏ちゃん、
    ママ、この目で見ちゃったわ。」

f0153101_22542680.jpg


奏  「お・・、お母さん! どうしてここに!?」

ママ 「だって〜、奏ちゃんったら全然電話にも出てくれないし、
    お母さん一人じゃ来れないけど、
    マルオくんと由岐ちゃんも一緒だって言うから、来ちゃったの!」

奏  「・・(ぼー然)・・。」

f0153101_22584990.jpg


というわけで、
奏と由岐ちゃんは、無事に再会を果たしましたとさ。

でも、二人がゴールインするまでには、
まだまだ紆余曲折があるかも!?

早く、
こんなラブラブな二人が見たいですね〜。 (^o^)

ではまた、
露出不足のつらい毎日を、

リピと妄想で(?)乗り越えましょうね〜。 (^^)/
[PR]
by harupyonri | 2010-02-04 18:49 | 小栗旬 | Comments(3)