ブログトップ

王様の耳はロバの耳

モップですか?? (^^;)

旬くん、ごめん!! (>_<)

久しぶりに動く旬くんを見れて、
すご〜く嬉しかったけど、

大きいお姉さんには、
今日のスタイルのコンセプトがわかりません(T_T)

f0153101_23122281.jpg


MTV VMAのプレゼンターとして登場した旬くん。

せっかくのレッドカーペットなのに、
セロがマジックなんかやってるから、
お立ち台インタビューなかったじゃないかあ〜(>_<)

それとも、そのタイミングねらって歩いたの!?

で、
その前髪はなんですか。

せっかく、鬼太郎ストパーも見慣れて素敵になってたのに、
なんでわざわざ、モップみたいなウェーブ??

そして、茶色いラメラメな襟のジャケットなのに、
青いチェックのシャツに、その蝶ネクタイ??

ポップな感じを出したかったのかなあ・・。
もっと普通に、スタイリッシュにすれば良かったのに・・(T_T)

f0153101_2317639.jpg


で、ジャケットは、リバーシブルなの?
それに、どうみてもピチピチ。
加圧トレーニングする前に衣装合わせしちゃったのでしょうか??

最初のプレゼンターとしてのスピーチで、

「僕はちょっと場違いですが、
 皆さんと一緒に楽しみたいと思います。」

なんて、その謙虚さは旬くんらしかったですが・・

f0153101_23194581.jpg


上はピチピチなのに、下はダボダボ。

もしかして、
太股がムキムキになりすぎて、
用意してた衣装が着れなかったとか??

せめて、スリムフィットするパンツならまだ良かったのに、
なんだかいつもより背が低く見えましたよね?

そして、上はキラキラなのに、下はジミジミ。
なぜか靴はイエロー。

おばさんには、このスタイル、全然わかりませ〜〜ん(>_<)

f0153101_23223092.jpg


まあ、こういう所だけ見れば
やっぱり素敵なんですが(*^_^*)

すっかりネガティブな記事になっちゃって、ごめんなさい(>_<)

でも、お願いです!
どなたか、
「今日のファッションは、○○スタイルっていうんだよ〜」って、
教えてくださいませ!! <(_ _)>
[PR]
by harupyonri | 2008-05-31 23:32 | 小栗旬 | Comments(6)

7年を経て

いや〜、個人的に、今日はテンションあがりました〜!!
Book offで、こんなもの見つけたんです(^_^)v

f0153101_1953732.jpg


扶桑社刊、「GTO」フォトブック。

リアルタイムで見ていたとはいえ、
もちろんその時は、スカッと爽やか男前の鬼塚先生目当てでしたから、
いじめられっ子「のぼる」くんは、特に印象残らず・・。

でも、完全に旬くんにはまった今となっては、
このふっくらホッペ、
まだくるんくるんになってない(?)髪の毛、
どれもかわいくて、かわいくて(*^_^*)

高2の役だけど、実際はまだ高1になったばかりだった旬くん。
反町さんともこんなに身長差あるし ↑
この座ってるのなんて、ほとんど中学生みたい(^o^) ↓

f0153101_19124392.jpg


そして、こんないたいけな旬くんをイジメた女子たち、
許せな〜〜〜い(>_<)

f0153101_1914430.jpg


ああもう、ママが抱きしめて「いい子いい子」してあげたいっ!!

・・かなり、危ないですか、私!? (^^;)

そしてこれなんかも ↓
ふつーに、中学校の卒業アルバムっていう感じ?(^o^)

f0153101_1916103.jpg


この頃の雑誌などは、全く入手できていないので、
このフォトブックは、私にとってはお宝です(^_^)v

そして・・

f0153101_19171857.jpg


こんなだった子が ↑

7年の歳月を経て、
モヒカン経由でくるくる天パーになり、(^_^;)
それをストレートに伸ばして
こんな長身の青年になって再び現れたとき、 ↓

菜々子さんも、びっくりしたんじゃないでしょうか〜??

f0153101_19202951.jpg


この店では、
ずっと探していた「救命病棟24時 第3シリーズ」のDVDもゲットできて、
思わぬ散財でしたが、今日はすっごく嬉しいで〜〜す(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-05-30 19:30 | 小栗旬 | Comments(11)

スネークはいずこへ?

うっそ〜〜ん(>_<)
ほとんど書き終えた記事が、バカMacの不具合で、全部消えた・・(T_T)

いきなりテンション下がりまくりですが、
気を取り直してもう一度・・。

そもそも、昨日の朝の「ムサシ」発表から、
ずっとハイテンションだったんですが(皆さんもそうですよね?)、

ANNで、小出くんのまったりとしたローテンションぶりに、
開始45分で不覚にも陥落してしまった私(>_<)

後半は、少しはノリノリのお話、あったんでしょうか〜〜??

f0153101_17514089.jpg


そもそも、小出くんを知ったのは「スネーク」が初めてだったので、
なんとなくあのノリのイメージがあったんですが、
あれは、素とは対極のキャラだったんですね(^o^)

ラジオに来たのに、全く緊張もしないでマイペースって、ある意味すごいですが、
旬くんも、そんな恵ちゃんと一緒だと淡々と語る感じで、
久しぶりに落ち着いたムードのANNでしたね。

GW明け以来、ハイテンションの放送が3回続いてたから、
あれはあれで良かったかも(*^_^*)

さて、そんなわけで取り出したのは、これ。

f0153101_1756326.jpg


「シネマスクエア vol. 11」2007年春号です。

旬くんと恵ちゃんの「キサラギ」トーク。

昨日も、お互いの第一印象の話が出ていましたが、
ここでは恵ちゃんは旬くんのことを、こんな風に語ってます。

「もっとストイックな人かな、と思ってましたが、
 物事に対しての興味の持ち方とか、柔軟性とか、
 ほかの同世代の役者とはちょっと違う気がして、
 バランス感覚のいい人だな、って思いました。」

f0153101_1821097.jpg


そして、よく旬くんが話すエピソード。

疲れた旬くんのまぶたを見て、恵ちゃんが、
「ごめん、ちょっとムリ。小栗くん、二重になってる。」
ってカメラを止めた話。

それを、芝居しながらマジメな顔のまま言うからびっくりした、って・・。

確かに、恵ちゃんのテンションが昨日みたいな感じだと知ると、
かなり、その場面はおかしそう〜(^o^)
もう一度、メイキングを見直さなくちゃね!!

f0153101_1872116.jpg


そして、この一枚が、一番のお気に入り↑

旬くんは、わざとピンぼけになってるんですが、
メインで撮られている恵ちゃんを
優しく見つめるお兄ちゃんみたいじゃありませんか?

昨日も、「身体のどこかをサイボーグにするなら」っていう話題で

「でも心がサイボーグになったら、恵ちゃん、お芝居下手になるかも」
っていう旬くんの言い方が優しくて、素敵でした(*^_^*)

そして、何をしていても、どんな話でも、
すぐにお芝居のことに結びつけて考えてしまうところが、
やっぱり旬くんらしいなあ、って・・(^o^)

恵ちゃんの映画の宣伝番組まで見ていた旬くん。
ゲストに呼ぶからだとしても、
純粋に映画撮影の状況を知りたかったんだとしても、
あいかわらず勉強熱心ですね!

そして、旬くんのそんな様子や話を聞くにつれ、
今はもう、芝居に対する意欲がこんこんと湧き上がってるのが伝わってきて・・

本当に、これからのお仕事見るのが楽しみです!!
今みたいなペースで、
自分を充電するためのインプットもしながら、

また、素晴らしい作品をアウトプットしてくれる旬くんを、
みんなで応援しましょうね〜(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-05-29 17:56 | 小栗旬 | Comments(3)

「小栗に演らせたい」

キターーーーーーーーーッ!!

今朝、TVの前で、皆さん叫びましたね??

私は昨日、仕事がすごくきつかった上に、
暑気あたり & 食あたり(←語呂合わせじゃありません(^_^;))で
死んでたんですが、

朝の芸能ニュースで、いきなり旬くんの名前を聞いて、
とたんに「全快!!」しました〜(^o^)

f0153101_17213858.jpg


まだ、この記事以上の詳細は出ていないようですが、
公式発表はいつになるのでしょうか?

31日のMTV授賞式の前に、お芝居の話題がほしいなあ・・と思っていたので、
このタイミングでの発表はとても嬉しいし、
しかもそれが、待ちに待っていた、「舞台」!!

それにしても、蜷川 & 井上、藤原 & 小栗、
鋼太郎さんに、白石さんに、杏ちゃん・・
ほんとーに、ちょっと不安になります。

蜷川さん、何だか、ご自身の仕事の集大成をされているようで・・。

しかも、その蜷川さんが、
「小次郎は小栗に演らせたい」と言って下さったのだとか。

武蔵は藤原くんと決まっていた上で、
小次郎には他にも候補がたくさんいた中で、
旬くんを推してくれたのでしょうか?

それとも、
舞台への情熱がまだ戻りきっていなかった旬くんを、
絶対に「やる気」にさせてくれるラインナップだからこそ、
「この作品なら小栗もまた燃えるだろう」って思ってくれたのでしょうか?

本当に、蜷川さんは、旬くんがかわいくて仕方ないんですね(*^_^*)

そして、旬くんはいつも、
「尊敬する役者は、香川さんと二宮と藤原竜也」って言ってますよね。

その藤原くんと、がっぷり四つに組んでの芝居。
想像しただけで、ゾクゾクします(>_<)

f0153101_1736326.jpg


さああ〜、
これから2年、働いて、節約して、貯金するぞ〜〜(^^)/

・・え? 何で2年か、って??

もちろん、「海外公演遠征」、
目ざしてますよー!!(^o^)(^o^)

・・って、遠大な夢ですが、
でも、そんな夢のためなら、なんだって頑張れそうな私です(^_^)v
[PR]
by harupyonri | 2008-05-28 17:49 | 小栗旬 | Comments(8)

「お水」な旬くん

今日は用事があって、旬くんの街(?)、三軒茶屋へ(^_^)v
なんかね〜、意味もなくドキドキしちゃいました。

(あれが、旬くんや松潤が住んでるとこかな〜??)
っていう、要塞のような高級マンションも遠望し(全然違うかもしれないけど)、

用が終わって時間があったので、例の「TSUTAYA」へ。

旬くんが年末に「ベンハー」とかのDVDを買ったときに、
隣でもめてたフルチンさんと出会った店ですね(^o^)

いや〜、もっと大きいのかと思ったら中規模の「TSUTAYA」で、
販売のレジは2〜3カ所しかないような店だったので、
そこで、かたやフルチンさんがごね続け、
かたや小栗旬が4万円も買い物した日には、
さぞかしレジ係もテンパッったことでしょう・・(^_^;)

店の向かいには、フルチンさんを待つために旬くんが行った本屋もあり、
で、戻ってきてまだレジでごねてるのを見て、
「おっそいっすよ!」
と旬くんがキレてる様子が目に浮かびました(^o^)

・・って、たかがその店をのぞいただけで、
ここまで楽しめる私って、かなりイタイですね!?

さて、真夏のような暑さが続くここ数日、
真夏の青春ストーリーより・・。

f0153101_2324371.jpg


「JUNON」2006年4月号です。

映画自体は、
「ホスト」=「お水」=「ウォーターズ」
っていうネーミングはどうよ??・・っていう感じですが(^_^;)

でもこの記事の中の、監督さんの言葉がとても嬉しかったので、紹介します。
旬くんを起用した理由について・・

「以前から、ドラマなどで小栗くんを見ていて、
 すごく器用な役者さんだな、と思っていたんです。

 今回の役は求めるものがすごく多くて、
 たとえばパフォーマンスの演技だったり、
 ダメなヤツがどんどん輝いてカッコよくなっていくプロセスだとか、
 その微妙なニュアンスを表現できる人でなければならなかった。

 しかも、若手で魅力的な人。

 その上で、最終的に小栗君を選んだポイントは、
 ホストということにかかわらず、
 女性の母性本能を刺激する魅力があるということですね。」

う〜ん、
ものすごく旬くんのことを良くわかってくれている監督さんなんですね(^_^)v

そうです!
特に、この映画のリョウヘイは、
まさに母性本能をくすぐるタイプ(*^_^*)

正直言って、
主役とはいえ、リョウヘイはわりと控えめなキャラで、しかも爽やかすぎるので、
(というか、他のみんなが濃すぎるキャラ!?)
あまりインパクトがなかったんですが・・。

監督の次の言葉で納得しました。

「彼の場合、
 自分が決してワーッと前に出るわけではなく、
 まわりの役者さんたちを生かしながら、その中で自分も輝ける、
 独特の持ち味と器用さを持っているんです。」

これって、「キサラギ」でも、「花男」でも、「りの君」でも思いました(^_^)v
押しの強くない役でも、サブキャラクターでも、存在感があるんですよね!!

旬くん自身も、
実際に仲間と仲良くなってこそ、それが画面から伝わってくるとわかっていて、
自分から積極的に他のメンバーに声をかけていたとか。

まあ、ひらたく言えば、「飲みに誘った」ってことですが(^o^)

あとは、シーンについてみんなで話し合ったときに、
旬くんが代表として監督に意見を言ってきたりとか、
共演者たちの意見や個性を尊重し、
みんなで作品を作っていこうとするいい雰囲気を生み出していたそうです。

そんな話を聞くと、やっぱり、
旬くんは役者としてだけではなく、
いずれ演出や監督の道に進んでも、
きっと成功するんでしょうね(^_^)v

f0153101_2345536.jpg

個々のシーンについてのエピソードもあるのですが、
それはまた本編をリピしてから、書かせてくださいね。

あの、夏の海辺のシーン。
また、ゆっくり見てみたいです。

皆さんから見た、「お水」な旬くんの感想も、
是非、聞かせてくださいね〜〜(^^)/

・・最後に、オマケ。
やっと出会えた「柔道」パンダですが、
書いてなければ柔道着とはわからないかも? (>_<)

パンダは地肌も白いもんね(^o^)

f0153101_23481585.jpg

[PR]
by harupyonri | 2008-05-26 23:54 | 小栗旬 | Comments(8)

写真展へ

アクチュールを撮ってくれた、夏野苺さん。
ブログで、旬くんのこと、素敵に語ってくれてますね(*^_^*)

「・・深さを増していくことはあっても、
 あの透明さは変わらないはず。」

そう、
たとえ巷でなんだかんだ言われても、
あなたのその瞳を信じていればいいんですよね?

以前から旬くんを見てきた人、
しかも、ファインダーを通して覗いてきた人だからこそ、

きっと本当の旬くんを、わかっているはず。

「静止画は苦手」
という旬くん。

それって、演技ができないからなのかな?
本当の自分を覗かれてしまうからなのかな?

子供の頃から照れくさくて、変顔ばかりしてた・・って(^o^)

でも、今はこんないい顔も見せてくれますね(^_^)v

f0153101_231349.jpg


というわけで、行ってきました、写真展。
これがね〜、すごくわかりにくかった(>_<)

会場は4カ所というか、もっとかな?
しかも結構、離れてるし。

私は最初に、一番ハズレの「丸の内オアゾ」に行ってしまい、
ここには31点の写真があるとのことだったけど、全部は見つからず。
たぶん、旬くんの写真はなし?

次に「新丸ビル」へ。
これがまた、日曜は一階からは入れなくて、地下から入って三階へ。
8点あるらしいけど、見つからず。
ホールで生演奏と、写真のフラッシュ映像が流れていて。

しばらく見ていたけれど、
旬くんのはフラッシュでは見つからなくて、断念。

そして新丸ビルと丸ビルの間の、行幸通りの地下通路。
ここでようやく、旬くんの写真発見!!

f0153101_2354262.jpg


ガラス越しですが、係員もいないので、
柱の陰に隠れて写真も撮れました。 (^_^;)

ここは、670点の写真が年代別に飾られていて、
ああ、この年はこんな人が選ばれたんだな〜って、ゆっくり見たかったけど・・。

時間がなかったのと、
地下通路で冷房もないので、蒸し暑くて・・(>_<)
全部は見れませんでした。

ちなみに、旬くんの写真は最新の2008年コーナーなので、
東京駅側から行くと右側の一番手前にありますよ(^^)/

最後に行った「丸ビル」が、メイン会場だったんですね。
でも、「三階回廊」と書いてあったので三階に行ったら、
こんな感じで、あまり飾ってなくて・・。

f0153101_2393795.jpg


で、一階ロビーをのぞいたら、
大きく飾られてライトアップされた、旬くんの写真!!

f0153101_23102551.jpg


ところが、二階に下りたら「撮影禁止」と書かれていて、
さらに一階には係員がうじゃうじゃいて、
とてもじゃないけど、ゆっくり見ることはできず・・(>_<)

「Love Call」の本も置いてありましたが、
混んでいて見れませんでした。

・・でも、八百点を超す写真の中で、
このメイン会場に飾られてるのは数十枚だし、
その中でも、旬くんたちの写真は特大で、
やっぱり「今年の顔」なんだなあ〜、ってしみじみ思いました(^_^)v

もし、これから行かれる方は、
私とは逆回りで、
東京駅を出たら丸ビルから時計回りで見ることをオススメしま〜す(^o^)
[PR]
by harupyonri | 2008-05-25 23:22 | 小栗旬 | Comments(2)

ムキムキですか?

う〜ん、
中央にいるせいなのかもしれませんが、
・・ムキムキですよね!?

f0153101_19465811.jpg


「月刊TV navi」の「花男」特集。
類の面影はいずこへ〜(^_^;)

やはり、クローズのための「加圧トレーニング」の成果??

肩幅も以前よりがっしり目立つし、
右腕の上腕がすごい!!
利き腕じゃないのに、こちらの方がムキムキですよね。

スリムなのに強い源治がスキ・・っていう声も多かったんだけど、
リンダマンに勝つためには仕方ないんでしょうか。

「クローズ」続編ってどうかなあ・・って
最初は不安だったんだけど、

でもあの
「負けっぱなしじゃ、終わんねえ!」
っていうコピーを目にしただけで、

アドレナリン出まくりだったので、許しちゃいます(^o^)

f0153101_19531315.jpg


で、こちらは、
これまで以上に、爽やか好青年な旬くん(*^_^*)

類のロケがたった5日だけだったって淋しいけど、
登場シーンは少なくても、印象に残るのが類だから、大丈夫かな?

でも、今回の「ファイナル」は、
つくしのためでも司のためでもなく、
「松潤」のための映画のような気がしてきました・・。

さて。
今夜は、やべさんのラジオですね。
やべさんもしゃべれなかったほどの旬くんのトーク、
楽しみにしていま〜す(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-05-24 19:56 | 小栗旬 | Comments(4)

古本シリーズ * 銀角

「文句を言えるほど、元気になった」
そうで、良かったですね(^o^)

本日発売のアクチュール、「小栗旬報」
4月中旬のインタビュー。
悩んだんですが、今日は置いてきました。

このところ、いつも同じ髪型ですよね(>_<)
あれはあれで、カッコ良くていいんですが、
旬くんは、毎回違う髪型で遊んでくれるところも好きだったんです・・。

「俺はインタビューで文句や不満ばっかり言ってるって思われてるけど」

え?・・多少は自覚があったんですね(^o^)

でも、そればかりとは思ってません。
時にはその発言が重たくて引きずられてしまうこともあったけれど、
最近は、だいぶん慣れました(^_^)v

そして、そんなネガティブな姿も見せてくれるからこそ好きだし、
「去年は文句も言えないほど疲れていた」という旬くんを想うと、

甘えられる人には、少しでも不満を吐き出して、
浮上してくれればいいんだから・・って思ってしまいます。

「最近、この人と仕事がしたい、って言いにくくなった。
 目に見えない制約を感じる。」
っていう言葉がちょっと気になるけど・・。

それは相手役のこと?
それとも、どのTV局かを含めた、スタッフさんのこと?
それとも、舞台のこと???

「休暇に入って、まず舞台を見て、また舞台がやりたくなった。
 前回がカリギュラだったので、今度は現代劇で。」

是非是非是非、やってくださ〜〜い(^^)/

さて、そんなわけで(?)、古本シリーズです。
アクチュールの前身、「男優倶楽部」、2004年夏号。

f0153101_185879.jpg


小栗旬報、第4回。
「あずみ2」撮影中の旬くんです。

インタビューは、皆さんお持ちの「First Stage」に収録されていますが、
一部だけカットされてます。

エンケンさんたちとずっと飲んでた話に続いて、
「・・基本的にずっとビールを飲んでたんですよ。
 やっぱり、アサヒ・スーパードライ。
 ってさんざん言ってたら、CMのお話が来ないかな〜(笑)」

f0153101_1922843.jpg


なんだか、とっても楽しそうなオフショット(^o^)

今となっては、「アサヒ」からのCMは難しいでしょうが、
「キリン」一番搾りあたり、どうでしょうか??

それとも、「スーパードライが好き」なんて言ってたから、
生茶にされちゃったのかな(^_^;)

f0153101_1984983.jpg


いじられてる感じの旬くん。
かわいい銀角です(*^_^*)

f0153101_1995518.jpg


映画の中では、銀角のこういう笑顔、あんまりなかったですよね。
やっぱり、こういう笑顔は、「なち」かなあ・・。

そして、最後は、
煙草が似合う銀角!!
細くて長い指が、きれいです(*^_^*)

f0153101_19121313.jpg


サイドの白メッシュ見たら、
もしかして「ごくせん」白石ちゃんの白メッシュは、
ここからヒントを得たの?? (^o^)

旬くんが30歳くらいになったら、
TVでも、こんなふうに渋く煙草をふかすような役、やってほしいです。
ちょっと、高橋克典風??(←この人もわりと好きなんです(*^_^*))

・・で、
この時の読者プレゼント、「小栗旬・直筆色紙」には、
なぜか「生活」ってデカデカと書いてある!! 

う〜〜ん、
その不思議な発想力も(?)
旬くんの魅力なのかもね〜(^o^)
[PR]
by harupyonri | 2008-05-23 19:30 | 小栗旬 | Comments(4)

卒業ですか

昨日のANN、大泉さん登場から爆笑でしたね(^o^)

なんかもう、どSな旬くん(& メールを選ぶスタッフさん?)炸裂で、
大笑いでした。

でも、やりすぎないようにと、時折まじめな声になる
旬くんのバランス感覚は、やはりさすがです(^_^)v

「救命病棟」時代は、共にまだ売り出し中。
そして今、共にブレイクして、感慨もひとしおでしょうね。

控え室の鍵をポケットに入れたまま本番に入ってしまった旬くんを、
カメラの陰から呼ぶに呼べない大泉さんの姿が眼に浮かんで、
なんだか微笑ましかったです(*^_^*)

f0153101_18182037.jpg


そして来週はこの人と。↑
これまた、楽しみです!
「キサラギ」ネタ、聞けるかな〜?? (^o^)

さて、個人的にショックだったのは、
ミートさんが卒業ということ・・(T_T)

旬くんの一番つらい時に、一番近くで見ていて、
カリギュラの楽日には号泣していたというミートさん。

ANNではいじりまくられて、それでも
「小栗さん、今朝より今のほうが桜が咲いてきてます。」
なんて素敵なことを話してくれたミートさん。

彼女のような癒し系(?)のマネさんが近くにいてくれて、
本当に旬くんは救われたのではないでしょうか?

ただ、若い女性なのに、深夜までのハードな仕事に付き添って、
大変だなあ・・とは思っていたので、
彼女のためには良いことなのかもしれませんが。

ミートさん、本当に今までお疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!!
・・って、ここで言っても聞こえないだろうけど、
気持ちだけは伝わるかな〜?

f0153101_1825444.jpg


そして嬉しかったのは、
ミートさんが卒業できるくらい、
旬くんも復活してきたんだなあ〜っていうこと。

ラジオの冒頭トークでも、あゆネタに関して華麗に記者さん達を牽制した旬くん。
そういうジャブ、どんどん打っていいですよ〜(^o^)

ムキになって怒るより、余裕でかわす方が、ずっと大人です。
でも、黙ってスルーできなくて、
どうしようかなっと迷いながら、ひとこと言ってしまうところが、
旬くんらしくて好きです(*^_^*)

さて、休暇が完全に終わった、ということは、
巷で噂されているドラマロケ開始説が本当なのかな?
・・という期待もふくらみますね(^^)/

そして、仕事をやる気も満々になってきたようで、
あ〜、あとは舞台に戻ってほしいだけ!!(←ぜいたくすぎ!?)

とにかく、またいろいろな発表を待つのが楽しみになりました(^o^)

ホントに、
旬くんの元気が、私の元気の源です!
私はずっと、ファンを卒業しませんので、どうぞよろしく〜(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-05-22 18:39 | 小栗旬 | Comments(2)

柔道や〜い!!

これまた、なかなか出会えません。

f0153101_22263672.jpg


まだ、グッズなしの生茶しかないコンビニが多くて、
一軒だけ置いてあるのを発見!!

ちょうど一箱分(?)くらいが並んでいて、
どうも、24種類のグッズが一つずつという感じ。

目線の低い息子まで動員して、奥の方を見てもらったんですが、
この3種類しかありませんでした(>_<)

生意気盛りの小4なので、
「なんで、いい年した大人が、こんなもんにはまってんだよ〜」
などと言われつつ・・(^_^;)
「びっくりおメメのパンダだけ探してっ!」

でも、旬くんがらみとはバレなくてホッ(^o^)

これまでのグッズより、立体的だし、かわいいですよ〜。
野球・射撃・ハンドボールをゲットしたので、
あとは柔道です!!

最後はオマケ↓
皆様お持ちの「+act」より。

最近出てる「花男」関係の雑誌は、つくつかばかりなので、
類つく派の私としては不満です〜〜(>_<)

f0153101_22325046.jpg


果たして、これからも類がどれくらい出てくれるのか不安だけど・・
でも、やっぱり雑誌チェックしちゃうんでしょうね(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-05-21 22:44 | 小栗旬 | Comments(2)