ブログトップ

王様の耳はロバの耳

<   2008年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

蛍光灯になりたい・・

f0153101_22203765.jpg

エルポポのこうたくんです。
「電気」を心底愛している、電気屋の青年です(^o^)
蛍光灯に語りかけて泣けるのって、すごいよね。

「好きなんです・・」
って、あんな純情な瞳で言われたら、
京香さんじゃなくても、自分のことかと思ってドキッとしちゃいますよね。
「・・電気が。」
って、どーいうオチなんじゃあ!

ボンビー第3話で大笑いして、+actのインタビューで泣いて、録音で聞いたANNでバカ受けして・・だったので、
私のステータス、「混乱」です。

旬くんがはまってるゲーム、やってみたいな〜。
任天堂のキャラが全員出てくるってヤツ。
でもうち、まだWiiを買ってないし。
(子供がはまりまくるのが目に見えてるので(>_<))

今日はそんなわけで、自分の気持ちをどこに持っていけばいいのか、
わからないんです。
ボンビーの感想はまたのちほど・・。

そんな時、1分間で癒してくれるのが「エルポポ」ですよね!
私は中古DVDで見たんですが・・。
あの不思議な世界!
f0153101_22304018.jpg


ところで、今思ったんですが、謎の覆面レスラー「エルポポラッチ」をやってたのって、もしかして古田新太さん?
輪郭が似てるような・・
でも、そうだとしたら、ANNでその共演話が出ても良さそうなのに。
どなたか教えてください<(_ _)>

f0153101_2239341.jpg


エルポポの舞台、中野はうちの近くだし、仕事でも行くのですが、なかなかこの
電気屋さんを見つけられません。
ハンバーガー屋さんは見つけたけどね!

でも、やっぱり一番好きなのは「ペットショップ」の旬くんかなあ?

f0153101_22401467.jpg

メイキング映像で、この子犬を抱いてあやしてる手が、すごく優しくて素敵でした〜(*^_^*)
[PR]
by harupyonri | 2008-01-31 22:46 | 小栗旬 | Comments(8)

泣きました。

インタビュー記事で泣いたのは初めてかもしれません・・。

f0153101_1521619.jpg

待ちに待った、木俣冬さんの長編インタビューの載った「+act」14号。

公私混同の(?)他誌インタビュアーと違い、長年小栗旬を見つめ、あえて苦言を呈することもいとわない木俣さんの記事だからこそ、重たかったです。

もともと映画雑誌であるこの本が、舞台を取り上げるという新企画も、小栗旬ならではで始まったのでしょうか。

大阪大楽前日の公演前のインタビュー。
カリギュラとして、そして「今まさに旬な人」小栗旬として、いい意味においても、つらい立場という意味においても、その頂点に登りつめていた旬くん。

しぼりだすかのような回答が、苦しかった。

そしてまた、初めて「カリギュラ」を見た後のような、
「情熱大陸・前編」を見た後のような、
胃が縮むような痛みに押しつぶされそうです・・。

・・そう、忘れてはいけないのは、ここに書かれているのは、大楽前日というある一瞬の小栗旬でしかないということ。
その前日には、倒れて病院に運ばれてたという旬くん。
それは今、一美くんを朗々と演じている旬くんとは、違うんだっていうこと。

それどころか、
「カリギュラで好きなセリフなんかない」
と言い放った旬くんは、たぶんその一瞬だけだったろうということもわかってます。

だってその直前のカリギュラ・メンバーANNでは、好きなセリフとして、ケレアとの語らいや、セゾニアとの最期の会話を、次から次へと語っていた旬くんだものね。

それにもかかわらず、この記事の旬くんも、一つの真実なんですよね。
痛いです。

彼がこんなにも、肉体的にも精神的にも、あのとき苦しんでいたんだなんて。
病院に運ばれてたなんて知らなかった。
全員でのスタオベを苦々しく思うこともあったなんて知らなかった。

f0153101_15375391.jpg

今夜はこの眼が脳裏を離れそうにありません。

でも、大丈夫。
短いながらも小栗旬を心から見つめてきて、わかったことがあるから。

旬くんの発言の、ひとつひとつに振り回されて、沈んではだめだってこと。
それもひとつの旬くんの姿だけど、
彼はいつも、また違う姿で現れてくれるから。

旬「俺はさ、この世の中にひとつでもナイフ刺して死んでやるって思っているよ」

大丈夫。信じていれば、大丈夫。
彼のこの言葉に、今は涙が止まらなくても、
大丈夫、今日の深夜には大笑いしているはずだから。

・・感情的な記事になってすみません。
でも、小栗旬ファン、必携の一冊です。
舞台の裏話もたくさん書かれています。
うちの近くの本屋では最後の一冊でしたから、まだの方、今すぐ「全てを捨てて」本屋に走ってくださいね!!
[PR]
by harupyonri | 2008-01-30 15:53 | 小栗旬 | Comments(9)

解熱剤飲ませて無理矢理学校へ送り出した子供が心配で、仕事を早退してきました。
・・というのはタテマエで、何としても子供の風邪を治さなきゃ、今夜一美くんに会えませんからね〜(^^;)←鬼母??

んで、皆様、やっぱり買っちゃいましたよね?
他に読みたい記事なんてなかったのに・・(>_<)
f0153101_1865230.jpg

この「週刊朝日」といい、先日の「アエラ」といい、
完全に読者層を主婦に広げようという(?)、あざとい戦略ですよね〜。

だけど、「朝日新聞関係」な旬くんの表情って、知的ですごく好きなので、どうしても欲しかったんです。

で、「週刊朝日」っていうタイトルが、旬くんの頭にかかってて、とってもジャマだったんですけど!?

この時はいつものペンダントしてないんですね。
あ、首の左側にホクロがひとつ・・。
なんだか、そういうのってドキッとしちゃいます(*^_^*)

グラビアの写真は、手足を長〜く投げ出した感じがとても良かったんですが、
皆様それは本屋で確かめてくださいね〜(^^)/
f0153101_18213632.jpg

でも、「あばらが出てきた」ほど痩せちゃったって、
このインタビューはいつのなんでしょうか?

「撮影中、Tシャツをめくってぽつり」とそう言う、旬くんを見れた記者さんが、
うらやましい〜!!
アエラとは違う記者さんなのに、やっぱり旬くんファンのようでしたね(^o^)

・・雑誌に載るのって、数ヶ月前のインタビューだし、
今現在の旬くんとは違うだろう、ってわかっていても、
そんなに痩せたって聞くと心配になります。

そして、最近ヤフーに出た「日刊○代」のしょーもない記事も、いつの話をつなぎあわせたんだ!!・・って怒ってしまう内容でした。

私たちは、今の旬くんを信じましょう。
第3話の一美くんは、少なくとも年が明けてからの旬くんなんだし、
ANNの旬くんは、まさにリアルタイムな旬くんなんだから!!

今夜も、元気いっぱいで、ちょっとせつない一美くんに会えますように・・。
[PR]
by harupyonri | 2008-01-29 18:26 | 小栗旬 | Comments(6)

また会えますか?

今月は皆勤賞をめざしていたのに、昨日は夫にPCを占領されて、更新できませんでした(T_T)

しかも今日は、また子供が熱を出していて、明日は仕事を休めないのに頭が痛いです・・(>_<)

そんなわけで、簡単に「古本シリーズ」(?)。
2005年12月のJUNONです。
f0153101_21333974.jpg

「花男」の第一シリーズ。

思えば、この第一話ラストで道明寺をなぐったつくしを、食堂の2階から見ていて
「ふっ」と微笑む類に・・陥ちたんでした・・(*^_^*)

そして、原作を知らなかった私は、てっきり「つくしと類の物語」だと思って見始めたんですが・・(^^;)

その後は徹夜の連続で、Book offで大人買いした原作を読み通し、司にも魅力はあるけど、やっぱり私は絶対、類!!・・というお決まりの(?)パターン。

でもその頃はファンブログとか知らなかったんで、ひたすら番組HPのBBSに書き込んでいたんですね。懐かしいです・・。

この時の類の写真、見直してみると、
こんなにもみあげ出てたんだっけ??・・って思いました(^o^)

そして記事にはプロデューサーの説明として、類と非常階段の説明が。
「類はひとけのないところを探してると思うんですね。
 つくしがいても場所を変えないのは、居心地がいいんじゃないですか。
 人の気配があるといなくなるネコが、特定の人にだけはなついたっていう・・。」

類はネコだったんですか〜〜(>_<)

f0153101_21441246.jpg

でも確かに、いつのまにかそばにいて、いつのまにかフイッといなくなるあの感じ、やっぱりネコ系かも・・。
[PR]
by harupyonri | 2008-01-28 21:45 | 小栗旬 | Comments(8)

ポケモンカード!?

息子がポケモンやムシキングのカードの袋をたくさん欲しがるたびに、しかってたんです。
「欲しいモンスターカードが入ってないからって、いくつも買っちゃダメ!」
って・・。
しかし、今初めて、息子の気持ちがわかりました・・・(^^;)

皆さんお買い求めの「IMAGE」、
付録のポストカードには何種類かあるらしいですね。
私のはこれでしたが・・。
f0153101_1934011.jpg

すっごくカッコいい!!
・・でも、目次ページに載ってる、ストライプシャツの、ちょっとやんちゃな表情のもほしい〜(>_<)

皆さんは、どんなカードが当たりましたか??
そして、クジ運の超弱い私は、あと何冊「IMAGE」を買うことになるんでしょうか・・・(T_T)

インタビューは昨年からネットで公開されてましたが、あらためて読むと充実の内容ですよね!

そして写真もすごく良いですね(*^_^*)
私のイチバンは、やっぱりこれ?
f0153101_197256.jpg


もちろん、この目線にも、息が止まりましたよ・・!!

f0153101_1983347.jpg

[PR]
by harupyonri | 2008-01-26 19:10 | 小栗旬 | Comments(6)

もしかしてお気に入り?

今日は忙しくて、録画してたの忘れてました。
「シオドメディア」、もう皆さんご覧になったでしょうが・・。
f0153101_23372461.jpg

前髪をピンで留めて、ちゃんちゃんこに、花柄のもんぺ(?)みたいなズボン。
ここまで来ると、一美くん、so cute(^o^)

それにしても、インタビュアーの女子アナ(?)さんを、完全にからかってましたね。

「一美くんとの共通点は?」
旬くん「雑なトコ。」

「王子キャラかと思ってたんですが・・」
旬くん「普段は王子キャラ。
    プライベートはボンビーメンに近いけど、
    外では『常に』王子ですね〜(笑)」
・・って、完全にウケねらいの返答。

「値上がりしてほしくないものは?」と聞かれて、腕組みして貧乏揺すりしながら
「エ〜??なんだろう〜〜」
って言うときの声がツボでした(^o^)

そして女子アナさんに、「あなたが値上がりしてほしくないものは?」とヒントをねだり、「野菜です」と言われて・・

身を乗り出して
「料理とかするんですか?得意料理は??」
・・って、かなりこの女子アナさんがお気に入りな様子・・(^^;)
f0153101_23451336.jpg

でまあ、その話は「置いといて」いつものモヤシ話へ。

「モヤシのニクイ感じが好き」
「もやしラーメンがいいのに、野菜ラーメンにされると・・。
 キャベツとか、他の子たちはいらないんですよ(笑)」

・・靴下も「おまえ」だったけど、
  野菜も「他の子」って言い方、カワイイ(*^_^*)

ラーメン屋さんのマネも、うまかったですよね!

そして、番宣時間をゲットするためのコイン立てゲーム。

10円玉をポケットに入れてしまおうとする旬くん、一美になりきってますね〜(^^;)
「(生活が)苦しいのはわかりますが・・」なんてつっこまれてたし(>_<)

立てながら
「ボンビーメン第3話は・・」
とさりげなく番宣しようとしたのに女子アナさんに阻止されて、
しかもコインは1枚しか立たず、番宣は4秒で打ち切り(>_<)

そのときの、(え〜〜〜っ)ていう、スネた顔が、良かったです(^^)/
f0153101_235043.jpg

[PR]
by harupyonri | 2008-01-25 23:56 | 小栗旬 | Comments(6)

今日はせっかく朝の占いで「運勢最高!」で、しかも仕事も半ドンだったのに、
む〜〜っちゃくちゃ頭に来る客(本当は相手を客と呼んではいけない仕事なんですが)のおかげで、1時間も残業に(T_T)

気持ちがおさまらないので、帰りの電車に乗る前に一冊、と思い、月刊TV雑誌を物色。

またまた、公式HPに載っていない「月刊TVナビ」が良かったです(^o^)
昨日も、公式に載ってる「ポポロ」より、載ってない「JUNON」の方が記事も写真も多かったし・・。
しっかりしてよね、公式さん!!
f0153101_1617489.jpg

この見開き、最高です(^o^)

例の「左から強風」な髪型なんだけど、
こういうカジュアルな服だと、全然違和感なし。
左側の写真の脚の長さといい、
きりっとしながらも穏やかな目線といい、
もう目が離せませんよ〜〜(*^_^*)

その上、ボンビーメンの現場レポもさらに4ページ。
f0153101_1620157.jpg

旬くんも、一美みたいに請求書を見ないで寝てしまうので、1ヶ月も気づかなくて電気止められたことがあったとか!?
オイオイ、それで一人暮らし、大丈夫ですか〜(^^;)

昨日はちょっとネガティブな記事書いて、すみませんでした(>_<)
のちほどコメ返ししますが、皆様からの暖かいコメントのおかげで、だいぶ復活しました!!
どうもありがとうございました<(_ _)>

気持ちが引きずられて、なかなか切りかえできない私は、とりあえず「ハチクロ」と「ボンビー」を続けてみるのをやめようかと思ってま〜す(^^)

そうそう、こんな写真もあるから、見落とさないでね(^^)/
f0153101_1623309.jpg

[PR]
by harupyonri | 2008-01-24 16:28 | 小栗旬 | Comments(8)

今期のドラマ*Part 2

視聴率13.2%、まあ予想通りというところでしょうか。

第一話はご祝儀相場ということで、ほとんどのドラマが第二話は軒並み視聴率下げてますからね。
ああいう脚本・演出で、ここで踏みとどまったのは、旬くんたちが頑張っているおかげだと思います。
f0153101_18521671.jpg

ボンビーメンの話はちょっと後にして、今期のドラマの感想Part 2を書かせてください。

慎吾ちゃんの「薔薇のない花屋」
脚本が、謎の多い展開で引き込まれます。
そして、竹内さんは子持ちとは信じられぬ美しさだし・・(?)

なんと言っても、松田翔太くんがイイ!!
すごくチャラチャラした感じをノリノリで演じていて、ぎこちなかった「花男 Part 1」からみると、すご〜く成長したんだな、って思います(^o^)
まあ、この役も、旬くんにも演じてみて欲しかったけど!?

ただ、慎吾ちゃんは、はじけたキャラだと気にならないんですが、今回は無理に抑えたキャラにしなければならず、表情はともかくセリフがどうにも・・。
だんだん自然になっていってくれるといいんですが。
第二話では20%切っちゃいましたね。


それから、私にとってのツボは、吾郎ちゃんの「佐々木夫妻の仁義なき戦い」
家事ができない妻と、その妻を改心させるためにわざと散らかしまくる夫・・
という設定が我が家そのままだったので・・(^^;)

二人とも、長ゼリフも見事にこなしてるし、
これまた小出恵介くんが、お調子者の男の子を生き生きと好演していて、おもしろい!

ただ、ゴミ戦争の結末がどうなるのか期待してたんですが、結局
「得意な僕がやればいいだろ」と吾郎ちゃんが折れたところが、我が家と全く違い、参考になりませんでしたが・・(T_T)
でも、これは次回も楽しみです。

f0153101_1953146.jpg

さて、ボンビーメン第二話。

ファンブログやBBSでは、第二話の方が良かった、という声が多いようですね。
一美くんがもう借金しなくなったので、ホッとした方も多かったのでは?

でも、私はどうもダメかもしれません・・。

というのが、直前に見ている「ハチクロ」の、切ない展開にかなり感情移入してしまうからなんでしょうね。
なんであれで視聴率10%切ってしまうのかわかりませんが、あまりにオーソドックスな大学生もので、目新しさがないということなんでしょうか?

でも、その静かでせつない雰囲気のまま、超ハイテンション・オーバーアクションな「ボンビーメン」に突入すると、正直、乗り切れないんです(>_<)

もちろん、真剣な一美くんの素敵なところはたくさんあるんだけど・・。

それから、個人的に、小さい頃から「借金だけは絶対してはいけない」ときつく教えられたので、ローンはおろか、クレジットカードのリボ払いもしたことないんです。
だから、借金する人に全く感情移入できないんですね。

きっと逆に、完璧主婦の皆さんなら、「佐々木夫婦」の展開には感情移入できないでしょうし・・。

次回からは、「ハチクロ」と「ボンビーメン」を続けて見ないで、録画して違う日に見ようかと真剣に考えています(>_<)

「ボンビーメン」絶賛派の方がいたら、是非、「ここがイイよ!!」というコメをくださいませ<(_ _)>
そういう眼でまたリピしてみたいです。

そしてどうか、この先視聴率がどんどん下がったりしませんように・・。
こういう脚本では、この先急上昇は期待できないと思いますが、せめて横ばいでいてください。
視聴率が全てではないけれど・・。

旬くんも、TV雑誌で
「渥美清さんの映画をたくさん見た。・・でも、最近、俺が渥美さんのマネしてもダメだってわかってきて、またキャラを作り直してるところです。」
なんて話してたから、一美くんのキャラも、だんだん変わってくのかな?

成長する一美くん&旬くんを、応援してま〜す(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-01-23 19:21 | 小栗旬 | Comments(13)

今夜にそなえて

今夜リアルタイムで見るために、これからダッシュで家事育児を片付けないといけないので、今夜は簡単に・・。
それなら、やめればいいんだけど、何だか記事をアップするのが宿題or仕事みたいになっていて、やらないと落ち着かないんです(>_<)

というわけで、初回放送前のPR番組から、お気に入りのショットを復習(?)
しま〜す(^o^)
f0153101_1983114.jpg

八嶋さんが、旬くんと優ちゃんさして、
「この二人つきあってるみたいですよ〜」
とふざけた(?)時の、この「シーッ」

いかにも、わざと「バレちゃまずい」という演技をしている、いたずらっ子な眼がツボでした(*^_^*)
・・まさか、まだマジ話じゃないですよね、八嶋さん!?

f0153101_191146100.jpg

お次は、これ。
なんだかうるんだ瞳で、どうしたの・・??って思わせておいて、
カメラに「ハァーッ」
「曇った??」と聞くところがかわいかった(^o^)

f0153101_1914442.jpg

・・大学の階段教室の机に、こんな風に座ってたら、
マジ惚れです・・(*^_^*)
あ、私が大学生だったの、○十年前だった・・(T_T)

でも、こういうナチュラルな雰囲気、好きだなあ〜。


そして、最後はやっぱりコレ!
f0153101_19164494.jpg

ハグでもいいから、抱いてくださ〜〜い(^o^)

それでは皆様、夜10時に、TVの前に正座して(?)会いましょうね〜(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-01-22 19:27 | 小栗旬 | Comments(2)

お気に召すまま

表紙に名前がなかったので、見落としていました。
演劇ブック 2007年10月号。
f0153101_1926940.jpg

ちょうど新潮文庫で原作を読み終わったときに、Book offで見つけたので、
写真だけなのについ買ってしまいました(>_<)

ああ、見たかったなあ、舞台・・(T_T)
このチケットが売り出された頃は、まだここまで夢中ではなかったので、
知らなかったんです(>_<)

この雑誌の中でインタビューされている、シーリア役の月川さんが、
「この作品は、一番美しかった時で封印したいから、再々演はしたくない」
と答えているので、もう二度と見れないんでしょうか??

f0153101_19305776.jpg

がっしりとした肩幅が、素敵ですよね(*^_^*)

オーランドーのセリフで惹かれるものはたくさんあったけれど、

ロザリンド「さあ、私を口説いて。
      もし私が本当にあなたのロザリンドだとしたら、
      どんな事を言って下さるおつもり?」
オーランドー「ものを言う前に接吻している」
・・っていうところが好きでした(^^)

DVDでは、やはり物足りないんですよね・・(T_T)

話は変わりますが、
旬くん、エランドール賞新人賞、おめでとうございます!!

今頃「新人賞」??・・なんて思ってたけど、
候補にあがった男性24人て、すごいメンバーだったんですね。
みんな、主役級ですでに何年も活躍しているような人ばかり。

その中で、たった二人選ばれたことって、本当に嬉しいです(^o^)

来年は、映画は「花男」しか予定がないのかなあ・・。
そうだとすると、ちょっと残念ですね(>_<)

だって、つくしと類をめぐる三角関係は、もう「リターンズ」で決着がついたので、今さら蒸し返さないと思うんですよね。
そうすると、二人はあくまでも、いい友人。

「ボンビーメン」とまるまるかぶっている時期に撮影が可能なのも、
類の出番が少ないからなのかな??・・って心配してるんですが。
そもそも、旬くんは海外ロケに行けるの??

また、その次に、いい映画のお話が決まるといいですね。
楽しみに待っています(^^)/
[PR]
by harupyonri | 2008-01-21 19:43 | 小栗旬 | Comments(9)