ブログトップ

王様の耳はロバの耳

良いお年を!

お誕生日には記事をあげることができなくて、
一人でお祝いしていました。(*^^*)

無事に帰国したようで、監督とのツーショットでは
だいぶすっきりしたお顔をしていましたね!

もっとも、韓国でのマネさんのショットは、
見た途端に思わずドキッとしてしまいましたが・・。

今のマネさんは、女性なんでしょうか?
ファンの心をくすぐる記事と写真が多くて、ありがたいです!

ムキムキだということは、
残念ながら安吾くんとは当分会えないということでしょうが、(T_T)

銀さんでアクションが多いのか、
それとも稲見くんが帰ってくるのか???

と、夢を見ながら年を越そうと思います。

ということで、今年の私のベスト5は・・

第5位

f0153101_13444479.png

いつもの眼力をちょっと控えめにして、
「僕」を演じた北村くんのナイーブな瞳に寄せていた彼。

後ろの板書は、必死に練習した右手で書いたものなのか、
子供が一生懸命書いたような(?)可愛い字ですね。(^o^)

ワイシャツだとムキムキなのがわかってしまうから
スーツを脱がないで、と言われたのもこれならわかります。

若い二人の好演に支えられて大ヒットでしたが、
その二人を支える役に徹した旬くんに、大人の魅力を感じました!


第4位


f0153101_13590829.png

360°回転舞台の魅力もさることながら、
やはり6年前のリベンジを見事に果たした捨之介に、感涙でした!

百人斬りも、その他の殺陣もキレッキレになって、
旬くんが身体を鍛えてきたこと、練習を積んできたこと、

その全てが捨の頼もしさを増していました。

ワカドクロの時はキャストも皆若かったから、若い捨で良かったし、
今回は蘭も貫禄があったので、また似合いの二人になりました。

花鳥風月・極の最初を飾るにふさわしい、
王道の捨でしたね〜(^^)v


第3位

f0153101_14110055.png

次々と女の子をくどいたり、
「さっさと片付けちゃいましょうよ」と軽さを装いながら、

実は背負うものの重さに、どこか死に急いでいる稲見が、
事件と被害者と仲間の間で揺れながら、

さらに傷ついていくラストが秀逸でした。

敵が大きければ大きいほど、
一矢報いなければ死んでも死にきれないでしょうから、

きっといつか、彼が立ち上がる日が来ると信じています。

この作品は旬くんの思い入れも強くて、
クランクイン前の興奮を伝えるブログからもそれが伝わってきましたね。

いろいろなしがらみを超えて、
「自分たちが創りたいものを創り上げた」という意味でも、

画期的な作品だったのだと思います。
また一つ夢を叶えた旬くん、次はどんな夢を描いてくれるのでしょうか?


第2位

f0153101_14262957.png

「死んだ目」をした石川安吾が、
何よりも見事でした!!

本当に、SPドラマとしてさらっと放送してしまったのは惜しくて、
映画で見たかったクオリティでした。

若い頃には放火魔だったり爆弾魔だったり、
犯罪者役も多かった旬くんですが、(^^;)

ブレイクしてからは久しぶりの、罪を犯してしまった役で、
「演技派」の真骨頂を見せてくれましたね!

大きな罪を背負って贖罪を続けていく安吾を、
いつかまた見せてほしいですし、

たまには林さんみたいな、
どうしようもないクズやサイコパスも、演じてほしいです。


第1位 \(^o^)/

f0153101_14431104.png

やはり今年は、この人!! (^o^)

歌もダンスもきっとダメダメじゃないか・・、という、
ファンにあるまじき予想をしていた自分を殴りたいです。^^;

決して得意ではない分野をここまで魅せられるレベルに仕上げた努力、
本当に、本当に素晴らしかったです!!

作品と演出、音楽、仲間のキャストたちの全てが最高で、
今まで見たこともない旬くんを見せてくれて、

また新しい世界を開いてくれた愛しいフレディに、
もう会えないなんて・・(T_T)

どうか、またいつか、
こんなにハッピーで、楽しくて、惚れ惚れする舞台に、

立っている旬くんを見たいです!

旬くんは若く見られたくないという言動をすることが多いけれど、

無理に年齢を重ねた貫禄を出そうとしないでいいから、
年なんてイヤでもとっていくのだから、

あまりゴツくならないうちに、(?!)
そして青年の若々しい美しさを失わないうちに、

今しかできない役、今しかできない舞台をやってください。
来年も、彼がたくさんの素晴らしい役に巡り会えますように・・。


  *  *  *


そして、今年も一年、この場末のブログに遊びに来てくださった皆さま、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

kurigohanさん、榛名さん、まろりんさん、マリさん、komomoさん、
まなさん、泉さん、yasuko5050さん、yuki0452さん、
そして非公開コメのみなさん、

すぐに、そして個々にお礼ができず、申し訳ありませんでした。
あたたかいコメント、どうもありがとうございました!

2007年に始めたこのブログも、
10月で丸10年を迎え、次なるDecadeに突入しました。

自分が気持を語りたい時だけ書いている不定期ブログですが、
それでも読んでくださる皆さまがいることが、
大きな励みになってここまで来ました。

そして、ブレイクから10年を経ても飽きさせない、
それどころかますます惚れ込ませてくれる、

そんな小栗旬という人間に出会えたこと、
もう、私の人生で決して忘れられないことだと思います。

ボケて夫や息子の顔がわからなくなっても、
きっと旬くんの映像には反応しそう・・!? (^o^)

これからもずっとずっと応援していきますので、
来年も、素敵な1年になりますように!

旬くんも、皆さまも、
どうぞ良いお年をお迎えくださいね〜 (^o^)/




[PR]
Commented by yasuko5050 at 2017-12-31 20:28 x
本当にありがとうござきました。これからも毎日遊びにきます。新米ですがこれからも末永く小栗旬くんを応援していこうと思っています。よろしくおねがいします。
Commented by まな at 2017-12-31 23:13 x

2017年もブログ沢山ありがとうございました。
いつも楽しみに見てます♪

ドラマや映画の感想を読んで 私も同じ気持ち!と思ったり、こういう捉え方もあるんだ!と思ったり…舞台の感想を読むとその場面が浮かび上がってくる素晴らしい文章で、感心してます。

来年も、旬くん溺愛ブログ楽しみに待ってます。
良いお年を〜!
Commented by 榛名 at 2018-01-03 06:58 x
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。去年がお仕事満載だったので 少し心配しながら新年を迎えました。彼は年男なんですね。古典ものを鋼太郎さんの演出で拝見したいと願ってます。これ以上逞しくならないで!これがお願いなんです。一万人の第九は放送されずがっかりでした。燕尾服姿、宝塚風に言えば黒燕尾を見たかったです❕
なんやかや言いながら 今年もかれを追いるつもりです。
ブログを楽しみにさせていただきます。
Commented by マリ at 2018-01-03 21:27 x
カミママさん、あけましておめでとうございます。昨年中は本当に楽しませていただき、ありがとうございました!
小栗くんの、まさかの(笑)ご機嫌なブログ
更新に心身共に充電出来たお休みだったんだな〜と今後が楽しみです!
カミママさんが、どんどん更新したくなるような作品が生まれますように!!

今年も宜しくお願い致します!

私ごとですがガラケーからスマホに変えまして(今頃?笑)最近はスマホからお邪魔してます。初コメント無事に送信出来ますでしょうか?(笑)
by harupyonri | 2017-12-31 15:18 | 小栗旬 | Comments(4)