ブログトップ

王様の耳はロバの耳

うそん

相変わらず公式が仕事しないので、
あさいちを見逃してしまいました (T_T)

ネットで一部だけ見ましたが、楽しそうな話でしたね〜!

そして、スペシャルドラマのイベントでは、
空港の写真が嘘みたいな、ストレートヘアー (*^^*)

一応、石川のイメージを損なわないように、
ということなのでしょうか?

それとも、既にこれもズラ!? (^o^)


f0153101_17011091.png
でも今は、もうしばらく
栗色の巻き毛の可愛い彼に、お付き合いください。

燕尾服とシルクハットで踊る時、

フレディがハットを脱いで、
くるくると回しながら足元に持ってくる動作が好きでした。

割れたシャンデリアに驚いて
モンスターがエリザベスをさらって逃げる時、

博士は突き飛ばされて、シルクハットが吹っ飛びます。
(大楽では、モンスターのズラが吹っ飛んでびっくりでしたが!(^o^))

そのまま、「エリザベ〜〜〜ス!」と追いかけていき、
モンスターを確保して知能を転送するときには、

「モンスターがエリザベスをどうしたのか、聞き出せるかもしれない」
というようなことを言っているので、

エリザベスのこともまだ大事に思っているはずなのに、
いざ、転送開始が迫ったら

「インガ、万一のことがあったら・・
 僕の気持ちを伝えておきたいんだ」

まあ、ここでも二人の口づけは、
アイゴールがしっかり邪魔してくれますが(^^;

そして、村人たちに踏み込まれて、絞首台へと登らされると、
インガと最後の別れ、とばかり見つめ合って・・


f0153101_17133607.png


けれど、天才になったモンスターのおかげで息を吹き返し、
ひょっとこ口のキス魔になって娘達を追いかけ回したあと、

チョップ一撃で、嘘みたいなイケメンに戻るところが大笑い! \(^o^)/

そしてエリザベスも無事に戻ってきて、
「ダーリン!」と駆け寄る時、

しっかり両手を伸ばして、
エリザベスを受け入れようとニコニコ待っている博士。

ところがエリザベスがモンスターの求婚を受け入れて、
博士のあげた婚約指輪を投げ捨ててしまう時の、

「・・うそん!」
が、最高に可愛かったです〜 (*^^*)

しかし、エリザベスに振られたとたん、
すぐにインガと「荷馬車でハネムーン」とは、

なんとゆー、フラフラした男なの!?

まあ、男心なんてそんなもの、
いえ、エリザベスもかなりのものですから、

実は、下ネタまっすぐなインガこそ、
一途ないいオンナだったのかもしれませんね。


f0153101_17241937.png

そして、三度目の正直、
二人の素敵な素敵なキスシーン (*^^*)

身長差もちょうど良くて、
しかも、実際に触れているのか触れていないのか、
微妙に見えるくらいの、優しいキスで

旬くんは気を遣って(?)、彼女の上唇のあたりにそっと
触れているように見えました。

唇を離したあとに、見つめ合う二人の微笑みは、
思わずドキッとしてしまうくらい愛情がこもっていて、

旬くんは、ずるいんですよね〜!

花沢類の時も、
f0153101_18010557.png
佐野泉の時も、
f0153101_18021746.png
日向徹の時も、
f0153101_18042720.png

ここぞという時に、メガトン級の優しい瞳ができるから。


そして幸せいっぱいのラストダンス!

大好きな「初めて会えたけど」の曲のアレンジで、
見に来てくれた観客への素敵なメッセージになっていました。 \(^o^)/

この中で、フレディとインガの二人が踊りながら後列に下がって、

「いつも忙しいのに、夏も暑くて〜、
(中略)
 今日、来てくれ〜て、どうもアリガト!」

と歌うところで、額の汗をぬぐう仕草が入るのですが、
その動きが、キサラギのオタダンスの動きとそっくりで、

思わず(家元だぁ〜!!)、と心のなかで叫んでしまいました。(^o^)

f0153101_17400642.png

本当に、
楽しくて、大笑いして、みんなを幸せな気分にしてくれる、
最高のミュージカルでした!!

「初めて会えたけどまた会いましょう
 一緒に歌い、一緒に踊る、
 あなたと私、離れられない
 初めて、また会えた
 初めてずっと一緒!」

ラストのその歌詞の通り、
また可愛いフレディに会いたいです (*^^*)

そう、
あなたと私、離れられないから・・

以上で、今週書いてきた「可愛いフレディ」編、終わりですが
次は「カッコイイ博士」編、また書きたいと思います。^^;

まだまだ私の心の中では、
ヤンフラの全てのキャストの人達が、生き生きと歌っています。

しつこいのがお嫌でない方は、
またお付き合いくださいね〜 (^o^)/





[PR]
by harupyonri | 2017-09-22 17:55 | 小栗旬 | Comments(0)