ブログトップ

王様の耳はロバの耳

大楽2幕アドリブ & カテコ挨拶(追記)

*本日2本目の記事ですので、よろしかったら最初の記事からお読みください。

続いて、大楽2幕のアドリブレポです。
盲人役のムロさんが、実は歌は吹き替えだと告白。

それまでは、ムロさんに似せた声で歌っていた高原くんが、
見事な美声で歌いだします。

いつもならここで、ムロさんはロック歌手よろしく
舞台上で派手に動き回るんですが、

今日は様子がオカシイ。

高原くんがいる上手の袖をチラチラ見ながら、動揺して、
「え? 誰が歌ってるんだよ?」

何度も見てそのうち、
「おい! 主役! 一緒に歌うな!」

と言うので、初めて、
旬くんも歌っていることが判明\(^o^)/

(え?え? あの素晴らしい歌声の高原くんの歌唱を潰さない?)
と心配したのですが (^^;

最後の「ありがと〜〜う!」
のところは、見事にハモっていて、びっくりしました!

そして次は、モンスターさんから逃げようとして、
「どうしたら扉を開けてくれるんだよ!?」のところ。

「じゃあ、モノマネして! 藤原竜也の!」で、
東京ではいくつかのパターンを日替わりでやっていたのですが、

床に寝転がってから起き上がって
「ハハハ・・、そうだよ、僕がキラだよ」

というのが一番似ていてウケたので、
後半はずっとそれをやっていたんです。

大楽では、それもロングバージョンで、

「そして、新世界の神だ!」
というところまでモノマネしてくれたのに、

すかさずアイゴールが、
「もう1個! もう1個モノマネして!別バージョンの!」

旬くん、本来は壁があってアイゴールは見えない、という設定だけど
カクくんの目の前に立ってにらみながら(?)、

「覚えてろよ」と言い放ち(^o^)

「え〜、それでは、キラが廊下で妹にバッタリ会うところをやります。」
と、東京でもやったことのある別バージョンを熱演。

お互いに仲がいいからこそできるイジメあい(?)に、
笑ってしまいました〜(*^^*)

そして、絞首刑にされる博士を、
アイゴールがかばおうとするシーン。

「それでは、代わりにアイゴールを縛り首に」という警部に、
「待〜て!待〜て!」とアイゴールが言いながら、

毎回、変な踊りをしたり、グルグル回ったり、
はては相撲をとるマネをしたり・・

と、カクくんがアドリブを変えてくるんですが、
ムロさんもすかさずそれに対応するのが見事。

ところが、大楽では、カクくんがさらにいろいろやろうとして、
自分のお尻をなでてから、

「今、お尻触ったの、だれっ!」
と叫んだら、引っ込みがつかなくなり、

ムロさんたちに「それでどうするんだよ?」
みたいに突っ込まれて、しどろもどろに。\(^o^)/

インガちゃんは完全に吹き出してましたし、
一人、神妙な面持ちで立っていなければならない博士も、

観客から顔をそむけて、
たぶん笑いをこらえていたと思います。(*^^*)

f0153101_12104316.png

大阪では本当に観客のノリが良くて、
東京では拍手がわかないところや曲でも手拍子が起こるし、

大楽では、メインキャストが初登場するたびに拍手が湧いて、びっくり!
ムロさんも、思わず「拍手が湧いて動揺しました」と言ってたほど。

本来、演劇やミュージカルを見るならば、役として生きている人を見るので、
中の人目当ての拍手はおかしいという意見もありましたが、

この作品は中の人ネタも多かったし、
もうお祭りイベントなんだなぁ、という感じで楽しんだ者勝ちでした!

とにかく本当に、
見終わった後に最高に幸せな気持ちになれる作品で、

旬くんも、とても生き生きと歌い、踊り、
飲みの席では愚痴っても、舞台上ではとっても楽しそうで、(^^)

もの凄い努力をして、この作品に出てくれた彼に、
本当に感謝したいです!!

(追記)

カテコ全員挨拶。

まずはアンサンブルからということで、旬くんたちは後列へ。
するといつもの、大人しく立っていられない旬くんが・・

皆さんの話を一応は聞いて、
拍手したり、賀來くんとうなづきあったりしてるんですが、

いつものユラユラ、足首グルグルにとどまらず、
ついには本格的なストレッチを始めたので、びっくり。

スクワットみたいに両足開いてしゃがみ込んだり、
片足ずつ後ろ手に持ち上げて伸ばしたり、

大楽の挨拶中にそれやるか? という状態。(^o^)
ツイによると、ゴルフの素振りまでしていたらしい!?

そして今度はメインキャストが前列へ。
祖父役のベテラン俳優さんが、

「主演俳優の小栗旬くんの人柄なのでしょうが、
 本当に素敵なカンパニーでした。」

と言ってくれて、とても嬉しかったです!

若い人の心だけではなく、ベテランの方の懐にも、
またすっと入っちゃったんですね〜(*^^*)

そして、先ほどの記事に書いたムロさんの挨拶を受けて、
インガちゃんの挨拶が終わってから、
最後に福田さんが旬くんを紹介すると、

会場中から、大きな拍手と、
ヒュ~ヒュ〜! という大歓声!!

「え〜、褒められるのが大好きな小栗旬です。
 本日は、どうもありがとうございました!

 さっき、(アンサンブルの若い女の子から)
 練習に来たくない日が一日もなかった、って話がありましたが、

 僕は練習が始まって3週間位、
 毎日本当に来たくなかったです。(^o^)

 みんなもだんだん、(これ、マジでヤバイんじゃない?)
 ってムードになってたし、

 練習が1時から9時までだったんですけど、
 そのうち普通の稽古は6時までになって、
 7時から9時までは、僕だけ居残り練習になって。

 久々に、居残りやりました。 (^^;

 でも、素晴らしいチームのキャストとスタッフに支えられて、
 ここまで来ることができました。
 本当にありがとうございました!」

東京千秋楽とは違い、今回は
「ミュージカル俳優目指します」というジョーク(?)はなく、
真面目に終わったんですが、

福田さんが結局、
「東宝目指すんだよね?
 2年後にはジャン・バルジャン演るんだよね?」
と煽って、

旬くんも、頑張ります!と拳を挙げていました(^o^)

今、やれることはやりきったという達成感と、
でも、まだまだだ、という神妙さとがないまぜの(?)

とてもいい表情でした〜 (*^^*)

全員挨拶の後に一旦はけてから、
いつも通りにオケに合わせてノリノリでの3回目の登場と
三方向へ手を上げてのお辞儀があり、

バック転をするぞ〜! という仕草もいつも通りにやって、
笑顔で手を振って退場。

ここでオケの演奏が終わって放送が入りましたが、
拍手が鳴り止まないのは前楽と同じで、

また4回目の登場を全員でしてくれて、
旬くんが「ありがとうございました!」と言って、
それでとうとうお開きになりました。

本当に、夢のように幸せな余韻が消えない、
素敵な、素敵な舞台でした。

「何、これ? ミュージカルって、楽しいね!!」
・・それが全てだと思います\(^o^)/

今日、ぼーだーの公式写真を見たら、
ここから石川安吾への落差は大きすぎて、

気持ちがついていけないかも? (>_<)

石川くんにご登場いただくのはもう少し待っていただいて、
まだまだ、愛しいフレディの思い出を反芻しながら過ごしていたいで〜す(*^^*)






[PR]
Commented by まろりん at 2017-09-12 00:45 x
カミママさん、お久しぶりです。前回コメントしたのはいつぶりか忘れましたが、いつも更新楽しみに拝見しております。
舞台の度、感想が詳細で文章が情緒豊かでその場に居る様な気分にさせてくれて、こちらのブログが大好きです。東京と大阪の比較も楽しく読ませていただきました。
ヤングフランケンも初ミュージカルにして大盛況のまま幕を閉じれて良かったですが、やはり寂しくなりますね。
大阪は旬くんもだいぶ遊んで好きにやれて発散できた様子が微笑ましいですね。途中舞台袖から消えたのですね笑。たっちゃんの物真似も2回やらされて覚えてろよと呟いたのは聞きましたが、その場でじゃなく扉の内側のはずの本人に向かって言いに行ったというとこが面白いですね笑。そして高橋さんのパートをハモるとは(笑)こっそりサプライズ練習してたのかな。本人挨拶でも毎日居残り特訓をしてた談義はありましたが、それを語らずともこの舞台に物凄い努力と奮闘したのは舞台を観れば一目瞭然で、何度目か分からない惚れ直しをさせられました。そして多分小栗くんのファンならあの屈託ない笑顔全開のステッキダンスを見て心臓を平然と保ってられる者はいないでしょうという位うっとりロマンスの世界に落とされました。曲が人気者というタイトルでしたが、あの瞬間のスターの輝きたるや単純に背丈やスタイルが良いだけでは出せない、フレディの純真さ、もとい、小栗旬という人の内面から輝くオーラに包まれていましたよね。
この舞台は中の人ネタも多いけど、ちゃんと皆さん本筋の役に違和感なく戻れるしその切り替えも含めて面白かったですね。歌も特訓すれば大丈夫な事が判明したので、また機会があればミュージカル出て欲しいですね。
by harupyonri | 2017-09-11 12:19 | Comments(1)