ブログトップ

王様の耳はロバの耳

銀メダル

海賊が強かったのでランキングは3位かと思っていましたが、
さすが銀魂、見事「銀メダル」でしたね! \(^o^)/

正直言うと、初日舞台挨拶の時に映画を見て大笑いしながらも、
(一般には受けなさそう・・)と危惧していたので、

少なくとも今のところ動員が失速していなくて、嬉しい誤算です。
原作・監督・キャストファン以外も、見てくれたのでしょうか?

私は原作は敢えて未見でしたから、
原作と違う部分に不満を感じることはなく、
どちらかというと一般の観客目線で見てきたのですが、

もともとギャグやお笑いがあまり好きではない上に、
ゆるいテンポの監督のテイストがそれほど好きではないので、
人を選ぶ作品だなぁ、と思いました。

舞台挨拶は残念ながらマスコミの入る初回しか行けなかったので、
ノーカット動画で見られる通りの様子でしたが、

黒のスーツが似合うスリムな旬くんで、
惚れ惚れしました〜 (*^^*)


f0153101_00284637.png


終始、ゴキゲンな笑顔で、
皆の話を聞いたり突っ込んだりしていましたよね。

フォトセッションの用意のために舞台を一旦降りる時も、また上がる時も、
いつも山田くんエリーの手(?)に触れていくところが、
優しくて好きでした (^o^)

神楽ちゃんと見つめて笑い合うときには、
あの身長差がとても素敵でしたが、

やはり年齢差を考えると、お兄さん的な笑顔なのかな?

お妙さんとは戦友っていう感じだし、
なかなか、直球の恋愛モードを出してくれる作品がないから、

そこがちょっぴり寂しかったです。^^;

そしてこれは全く私の好みの問題ですが、マンガ実写化でも、
やはり、信コンのように、一般の大人まで魅了する作品が好きです。

今回の作品は、いろいろ笑って楽しかったけど、
感動とか、演技力に引き込まれるとか、そういうものは全くないから。

信コンの時には、
「満足してもらえるエンタメ作品ができました!」と
胸を張って言っていた旬くんが、

「最高のB級映画です」
「(そのギャグ)なげ〜よ、って思った」
と言っていたあたりから、まあ、予想できた感じでした。

私にとって、作品としても銀メダルかな? ^^;
でも、不思議とまた見たくなるので、リピはする予定です。

そして、そんな私でも気に入ったところ、イマイチだったところ、
下の写真のあとはネタバレありの感想なので、

それでも構わない方は、のぞいてみてくださいね。

原作を知っている方からすると、とても的外れだと思うので、
どうかお許し下さい。 m(_ _)m


f0153101_01005942.png


まだ1回しか見ていないので、それで印象に残ったシーンだけですが・・

*銀ちゃん
低い歌声にいきなり度肝を抜かれました! (^o^)
あれ、完全に「ぽいずん」をマネて歌ってますよね?
音程がはずれないかハラハラするのもご愛嬌。
旬くん、頑張りましたね〜!

ツッコミの間合いもうまいし、シリアスに決めるシーンはちゃんと
すごく格好良く監督が撮ってくれているので、ホッとしました。

いえ、旬くんは格好良いんですが、あの監督がそれを出さないんじゃないかと
思ってたから ^^;

ただ、鼻ホジのシーンがしつこすぎます。
1〜2カットで充分だと思うのに・・。

好きだったのは、ムロさんのところでの掛け合い。
特に、ゴムゴムの実を渡されて麦わら帽子を被せられた時、

ワクワクした少年みたいな顔をしている銀ちゃんが最高! \(^o^)/

アクションは、CRISISを見た後だと物足りなくなります。
「相手がアクションのプロでなく、俳優さんだと、怪我をさせないようにと
気を使った」と言っていましたよね。
特に、高杉相手の時には手加減している感じがしました。

動きは凄いのに、撮り方がこなれていないようなところも多くて、
まあそれも「銀魂クオリティ」なんでしょうが。

CGレベルを敢えて落としてマンガっぽくしたように、
アクションだけ急にハイレベルの映像では浮いてしまいますよね。

*桂がキレイ。
ババ嵐や、舞台挨拶でいじられまくる中の人なのに、
物凄く格好良かったです!

*沖田がキレイ。でも棒読み。
また子も棒読み感がひどかったけど、アニメファンは褒めていたので、
もともと沖田もまた子も棒読み的な喋り方をするキャラなんでしょうか。

*土方カッコいい。
でも縛られてたのにどうやって助かったの?

*近藤さん、最高!!
近藤さんの場面は全て、爆笑でした。\(^o^)/
私は、佐藤さんがやるようなダラダラしたギャグは嫌いで、
テンポよく出落ちで笑わせるようなネタが好きなので、
近藤さんのシーンの笑いが好きでした。
でも誰か、彼を海から拾ってあげてください・・

*神楽と新八
二人が銀ちゃんを慕ってるのがとても良く出ていて、
「銀ちゃんは?」「すぐ来るよ」というところはジーンと来ました。
二人とも、ギャグもシリアスも素晴らしかったです。

*お妙さん、綺麗。
「ロボコン」「岳」が私にとって金メダル作品の一つなので、二人の共演は嬉しいです。
お妙さんは銀ちゃんを憎からず思っているの?

*似蔵、声も素敵。

*エリー、可愛かった!
*定春、グロかった。

*高杉
ビジュアルは綾野くんをイメージしていたのですが、剛くん、妖艶でしたね。
倒れてからの内股は、違う演出にしてほしかったなぁ・・。

・・きっと、原作やアニメを見てからリピすれば、
また全然違う感想になるのかもしれません。

原作の◯巻を読んだら見方が変わるよ!
というアドバイスがありましたら、是非教えていただければ嬉しいです。

そしてやはり、監督が面白いと思う間延びしたテンポは、私とは合わなそうです。
ヤンフラ、覚悟して見に行きます。^^;





[PR]
by harupyonri | 2017-07-19 01:43 | 小栗旬 | Comments(0)