ブログトップ

王様の耳はロバの耳

軽々と * 第一景

クジ運が悪いのか、年齢制限があったのか(!?)(^o^)
当然のことながらLIVE放送しか見れませんでしたが、

だいぶお疲れモードでしたね〜 ^^;

翌日のブログを見れば、
やはり捨之介から休み無しの石川安吾で、

体力的にもメンタル的にもだいぶキツイのだろうなぁ・・
と心配になりましたが、

でも、あのけだるいムードが普段の銀さんそのものなのかも? (^o^)

もしかしたら、生死のBORDERをさまよっている石川が、
どうしても体から抜け切らないのかもしれませんが。

撮影が終わったら、少しでもお休みが取れますように!

・・というわけで、稲見LOVEもまだまだ続いているのですが、
忘れないうちに捨之介の記憶も書いておきたいと思います。

f0153101_11593328.png

ワカの時には以前からの本しかありませんでしたが、
今回はちゃんと「花」だけの脚本が出版されて、嬉しいですね!

でも、それだと捨の武器はワカと同じ鉄ギセルと書かれていたのですが、
実際には鉄扇に変わっていましたね。

鉄扇というと、どうしても天の敦盛の印象が強いので、
なぜ捨も扇にしたのかな〜と思っていましたが、

もしかして、激しく動き回って汗だくになる捨が、
あおげるようにかな?? (^o^)


f0153101_12040664.png

最初の立ち回りから、
美しい御御足を存分に見せていただけて、

眼福でしたね〜 (*^^*)

f0153101_12060983.png

そして、今回、特に良かったのが、
捨と沙霧の出会い。

ワカの時には、沙霧が捨に惹かれていくきっかけが弱かったのですが、
今回はすごく納得できる演出になっていました。

ケガしたまま去ろうとする沙霧の手を引き寄せて、
グッと抱きしめ、頬の傷をなでるところで、

沙霧がもう、ドキリとしてドギマギしているのがわかります。(*^^*)


f0153101_12093719.png

ここがまた、公演の回を重ねるごとに色っぽいシーンになっていって、

最初の頃はちょっと引き寄せていただけだったのに、
終盤の頃には、肩まで抱いてスッポリと抱き寄せているので、

見上げる沙霧と、見下ろす捨の身長差に
萌えました〜 (*^^*)

そして、撫でるような声で
「汚れちゃいるが、磨けば光る上玉だ」
という声がまた、色っぽい!

爽やかだったワカの捨から、少し遊び慣れた頃合いの
今の年齢の捨だからこそ似合う声音で、とても良かったです。

このセリフ、脚本にはなかったけれど追加されていて、
グッジョブ!でした。

そしてなんど見ても感動してしまう、
オープニングのタイトルバック!!

やはり、広大な舞台の真ん中に独り立って、
このシーンを背負える圧倒的な華があるのは、

旬くんならでは \(^o^)/

f0153101_12163870.png

ただ今回は、本当の雨を降らせて、
それをスクリーンにしてタイトルバックを映し出していたのですが、

残念ながら、前方サイド席だと、雨が揺れて文字が全然見えない (>_<)

後方ならばくっきり見えて感動だったんですが、
あれは少し改良して欲しかったです。


f0153101_12213487.png

そして、そこから無界の里へと向かうくだりが、
このステアラならではの演出で、大好きでした。

幕が閉じて映し出される映像の前を下手へと走っていく皆、
ゆっくりと大股で歩いて追いかけていく捨。

逃げ戻ってきた沙霧を、
ここからヒョイと肩に担ぎ上げて、走り出します!

いくら沙霧が小柄とはいえ、
軽々と担いで、しかもお尻ペンペンしたりしながら、

余裕で駆けていく旬くんの逞しさに惚れ惚れしました〜 (*^^*)

そして、トンっと沙霧を床に降ろすと、
その手をしっかり引っ張って無界へと駆け出す捨。

「卒業」のラストシーンじゃないけれど、(←年齢がわかりますね^^;)
全世界の女子憧れのシチュエーションですよね〜 (^o^)

自分を救って、別の世界へと連れて行ってくれる、
格好良くてたくましい男。

これで惚れなければ、女じゃねぇよ!? 

というわけで、第一幕からすっかり捨に心奪われて、
大・大・大満足のオープニングでした!! (^o^)/ 





[PR]
Commented by yasuko5050です at 2017-07-05 00:09 x
ものすごく楽しみに拝見させてもらってます。
小栗旬くんファン歴が長いのが羨ましい。わたしもアメブロでかいてますが、まだまだ新人です。これからも楽しみに訪問させてくださいね。
by harupyonri | 2017-07-03 12:29 | 小栗旬 | Comments(1)