ブログトップ

王様の耳はロバの耳

ありがとう

Happy Birthday、旬くん。

私が恋に落ちた時、あなたはまだ24歳の瑞々しい若者で、
抜けるように白い肌、折れそうに細い体躯、

その瞳はどこまでも透明に深く、
けれど、眼光は強く輝いて、

演じることへの渇望と、
誤解されることへの反抗で、

裏表なく自分をさらけ出して、
それで人一倍傷ついて、

声を枯らして語る言の葉を、
いつもきっと現実のものとして、

そうやってこの10年、
ずっと真っ直ぐに走り続けてきてくれて、

ありがとう。

あなたという存在にどれほど救われたか、
どれほどはげまされたか、

とてもではないけれど、語り尽くせません。

かなうならば、次の10年も同じように
駆け上っていくあなたを見つめていられますように・・

f0153101_16574880.png




そして今や、大人の色気がダダ漏れの
こんな役も似合うような年齢になったのだから、

たまには本格的なラブ・ストーリーも
演じてみてもらいたいものです (*^^*)

「代償」は、最初に1話を見て、
言葉は汚いですがあまりに「胸糞悪い」展開だったので、

そんな状態で1週間を待つのは辛すぎて、
全話配信されてから一気に見ました。

悲壮感漂う圭輔に胸を痛めながら見ていたけれど、
最終話の「圭ちゃんも僕と同じなんだよ」という台詞と、

あのラストの歪んだ嗤い顔が脳裏にこびりついて、
まだずっとモヤモヤしています。

原作未読なので、お正月休みにでも読んでから、
もう一度見直したいと思っています。

だから今回は、ストーリーには関係なく、
お気に入りのシーンだけ。

f0153101_17153545.png

白を着せたら世界一似合う男、小栗旬!

ラフな髪型も、穏やかな笑顔も、
これからの地獄の日々への前奏曲。

そして、私の大好きな
ワイシャツの腕まくり (^o^)

圭輔は、左利きなのか右利きなのか固定されてなくて、
両利き(?)のような描写でしたが、

注射の時に右腕を出すということは、
基本は左利きでしょうか。
f0153101_17434532.png


強く見える男が傷ついた姿をさらすのは、
いつだって美味しいもの (*^^*)

そして今どきなら、
「小栗旬は3本指だった!」と記事になりそうですね (^o^)

そして、いい男は、
上着を脱ぐだけでも絵になります。

ほんとうにこんなスタイリッシュな若手弁護士がいたら、
TVの解説者に引っ張りだこでしょうが、

TVに映ってしまったがために、
達也の目に止まってしまったのでしょうか?

ずっと圭輔を見つめていたという彼が、
なぜ、このタイミングで触手を伸ばしてきたのか、
その理由が知りたいです・・

f0153101_17515389.png

ただ、残念なのは、
圭輔くんはワイシャツの下に半袖シャツを着るんですよね〜 (>_<)

ここは高倉奏のように、
素肌に直接ワイシャツを着てほしかったです。

せめて、
袖のラインが出ないようにランニングなら良かったのに!

でも、眉間にちょっと皺をよせながらネクタイを緩める時、
長いまつ毛が憂いを帯びて美しかったので、許しましょうか(^o^)

f0153101_17565216.png


最初からずっと、
(なんで圭輔は本当のことを話さずに抱え込んで、
 どんどん窮地に追い込まれていくんだろう??)

っていうのが見ていて辛かったのですが、

生い立ちを考えれば、
彼は誰のことも信用できなかったのでしょうね。

自宅に泊まっていくような婚約者のことさえも、
「真琴さん」とさん付けで、決して心を開いてはいない。

心の底でいつも、
何かに怯えていたのかもしれません。

でも、その恐れを封じ込めようとするかのように
強い眼差しで見つめ、

そしてこぼれるような口づけ・・


f0153101_18062102.png

旬くん、できるんじゃない、
こんなKISS! \(^o^)/

でもなぜか、肉感的な熱さが感じられなくて、

これからの物語の行末を暗示するかのような、
ひんやりとしたエンディングに、心を掴まれました。

・・来年も、
楽しみなお仕事がたくさん決まっていますが、

できればこんなリアルな役のドラマも、
1本やってほしいです。

そして、このドラマを見た後では、
みゅうじあむは全然怖くなかった気がします^^;

だってあれは、カエル男にしろ、死体にしろ、
ありえないでしょ?っていうマンガならではの造形でしたから。

けれどここに出てくる悪人たちは、
おそらくは現実にもきっといる人達で、

圭輔のように苦しんでいる人も確実にこの世にいるはずで、

だからこそ、ずっとずっと
ゾワゾワとした恐怖が突き刺さってきました・・

  *  *  *

それでは、今年は穏やかでハッピーな誕生日を迎えられた彼に、
心からの「おめでとう!」と「ありがとう」を!!

そしてこれからも、
皆さまと一緒に応援していけたら嬉しいで〜す(^o^)/





[PR]
Commented at 2016-12-30 04:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マリ at 2016-12-31 07:08 x
カミママさん、おはようございます。
今年もお世話になりました。カミママさん独自の切り口!いつも楽しませて頂いてます。
来年は楽しみがこれでもかって勢いで押し寄せてきますね!
「王様の耳はロバの耳」もきっと凄い勢いで小栗愛を語ってくださる事と期待してます(笑)
では良いお年をお迎えください。
Commented by Konkon at 2016-12-31 18:12 x
こんばんは。コメントありがとうございました。
暮れも押し迫っての返事ですみません。
代償もミュージアムも見てなくてカミママさんのブログ読めてません。
ごめんなさい。
4月期のドラマ楽しみですね。でも、フジテレビなんですね~
数字は期待出来ないかも?
来年もたくさん活躍してくれそうですね。
カミママさん、良いお年をお迎えくださいね。
by harupyonri | 2016-12-26 18:26 | 小栗旬 | Comments(3)