ブログトップ

王様の耳はロバの耳

誰ぇぇぇえ〜!? (*_*;

もう、心臓の弱い大きなお姉さんを
あんまり驚かせないでくださいな。

今朝、飛び込んできたビジュアルは、
先週の「みゅうじかる」の衝撃を超えてませんでしたか? 

あまりに人間離れした綺麗なお顔に、
思わず(誰〜??)と目が点に。

何しろ、最近のイメージはは沢村刑事なので、
傷だらけで、やつれて目の下にクマができて、ボロボロでしたから・・。

敢えて原作は見ていないので、
今回の再現度についてはわかりませんが、

「それ、ほとんどCGでしょ?」とツッコんでもらうところまでが
○んたま流のお約束なんでしょうか。(^O^)

でも、もともと花沢類の頃の彼は、
抜けるように白くて、すべらやかな肌をしていたので、
あながちありえなくはない美しさなんですが、

シリアスでカッコイイ場面ばかりを期待しすぎて、
あの顔で鼻○そほじられてガッカリするのは嫌なので、
期待と不安半々・・という私です。^^;

そう言えば、みゅうじあむを見に劇場に行った時に、
「来夏、すごい○んたまがやってくる!」みたいな
文字だけの予告が流れていたんですが、

半年以上前の今から予告を流すなんて、
気合の入り方が違いますね。 (^^)v


f0153101_23170360.png


でも、あまり予告も流れなかったみゅうじあむが、
興行で予想以上の健闘を見せていて、嬉しいです!

正直言うと、花沢類で旬くんに落ちた人には
沢村のドロドロの姿は受け入れられないだろうと思っていたのに、

劇場には制服姿の高校生がたくさんいて、
ツイの感想を見ても「カッコイイ!!」が多くてびっくり!

・・あ、今の高校生は
旬くんが花沢類だったこと、知らないのかな?? (^o^)

でもとにかく、死に物狂いでもがく男の姿が、
若者にもちゃんと魅力的に届いていたなんて、予想外でした。

・・というわけで、遅くなりましたが、
みゅうじあむで心を鷲掴みにされたシーン、第二位(ネタバレあり)です。

f0153101_23250077.png


言わずと知れた、ラストのクライマックスシーン!

息子を救いたかったら妻を撃て、と言われて
極限状態に追い込まれた沢村です。

頬もすっかりコケて、おのさんも感心したほどのやつれようで、
もうそれは演技とは思えないほどの迫真さでグイグイと引き込まれて、
圧巻でした!!

そしてここは、三人ともに物凄い熱のある演技で、
おのさんも素晴らしかったです。

「私を、私を殺して、でないとしょうたが・・!」と叫ぶ姿は、
慟哭でセリフも聞き取れないほどなのがまたリアルで、

そう言えば以前、旬くんは、
「観客が聞き取りやすいように台詞を言うのは違うと思うようになってきた。
 現実ならば、二人の言葉がかぶったり聞き取れなかったりするものだから。」

というようなことを話していましたが、
まさにこの場面がその通りで、

もう三者三様に泣いてわめいて、
それを「うるさい演技」と批判する人が多いのもわかりますが、
そういう演技を求めたのは監督なので、教えてあげたかったです。

旬くんは、BORDERのように抑えた演技で、
極限状態の中で静かに狂っていく男も演じられるのだ、と。

ぶっきーも、ヒィヒィと恍惚の雄叫びをあげ続けて、
まさにこれぞ快楽の極みという怪演でしたが、

「しょうた、目をつぶって!」と急にしっかりと命じて、
嫌がる息子を一喝する母の強さを演じたおのさんに、

同じく子供を持つ母として、うたれました。

そして、そんな妻を見て呆然としていた沢村が、
それでもカエル男の様子にスキを見て狙いをつけていた姿に、

ああ本当にこの人は、
夫としては妻の本当の姿も何もわかっていなかったけれど、

骨の髄まで刑事として、そして家族を守るためにこそ、
必死で働いてきたんだと、理解ができました。

・・このクライマックスの三人の名演技のあと、
一つだけ残念だったことと言えば、

西野刑事の実家を訪ねた時、
お焼香をする姿勢が良すぎたこと、でしょうか? (^o^)

原作では、沢村はメンタルをやられて鬱っぽい状態になっていて、
背を丸めて俯いて生きている(心は死んでいる?)イメージだったので、

無駄にピンとして美しい旬くんの背筋が、
ちょっと仇になったな・・と。

独白で、(本当にこの事件は終わったのだろうか・・?)
と暗い台詞が流れますが、

事件後3ヶ月にしては身体も心も健康になりすぎていて、
そこだけはリアリティが感じられませんでした。

ここは、せめて3年後くらいにして、家族三人、
事件のことをようやく遠い記憶の底にしまい込めたか・・という時に、

あの、運動会のラストシーンなら完璧だった、と思います。

・・それでは、第一位はもうおわかりでしょうが、 ^^;
また後日、感想におつきあいいただけたら嬉しいです。

そして、本日の私にとってのもう一つの驚きは、
このブログのデザインが突然変わってしまったことです (>_<)

終了の警告を見逃していたので、
お気に入りだったトップのロバの絵が消えてしまいました。 (T_T)
しばらくは新しいデザインで試行錯誤してみようと思います。

最後に、全く別の話題ですが・・
私は、彼はそんなことをする人ではない、と信じたいです。

誰かに、もしくは何らかの勢力に、嵌められたのだと信じたい。
もしそうならば、彼を知る人達が救ってあげて欲しい。

我らがロザリンドが、再びオーランドーと幸せになれますように!
心から祈っています・・





[PR]
by harupyonri | 2016-12-07 00:35 | 小栗旬 | Comments(0)