ブログトップ

王様の耳はロバの耳

青いマント (ネタバレなし)

信長が絶好調です (^o^)v

まさかここまでとは、ファンでも期待していなかった(?)のに、
やはりまずは予告の上手さ。

ぐだぐだ迷って行きつ戻りつさせられた
ドラマのサブローとは違って、

やっぱりみんな、パッと決断して
先陣きって敵に突っ込んでいく凛々しい信長を見たかったんですよね!

f0153101_0381564.jpg


そしてなんと言っても、本能寺の変。

日本人なら小学生でも知っている大イベントが、
このファンタジーな世界でどう描かれるのか、

そして、
タイムスリップしてきたサブローはどうなるのか、

とにかく結末を見たい!
という気持ちをかき立てられました。

f0153101_0392029.jpg


インタによると、あのバカPは当初、
ドラマで本能寺までやって、その後を映画にしようと思っていたとか。

そんなもん、誰が見に行くんですか!? (-_-メ)

幸い、
長政くんとの悲しき友情がドラマのクライマックスになって、
本当に良かったと思います。

長政くんの介錯をしたあと、
炎に包まれた城の廊下を歩くあの決意の表情が、
忘れられません・・。

あの時、サブローは信長になったんだと思います。

半兵衛さんさえ呆れたドラマ後半の脚本の改変で、
自分の望まぬサブロー&ミッチー像を作られて、

でも、脚本ができてくるのが撮影の前日とか当日朝だったから
制作陣と話し合うこともできずに、

ただ演ずるしかなかった旬くんは、
本当に無念だったろうと思います。

f0153101_2350318.png


そして、この映画の脚本も
最初は、全く協奏曲していないものだったんだとか。

Wはミッチーになんか恨みでもあるんかい!? (`´)

でも、今度ばかりは時間をかけて制作陣と話し合い、
納得のできる展開にしてくれた旬くんたちキャストの熱意と、

それを受け入れて素晴らしい作品にしてくれた監督さんのお陰で、

見終わった人の多くが
「良かった」「面白かった」「また見たい!」って言ってくれて、

驚きの動員を生む結果になったんですよね! \(^o^)/

旬くんがPと腹を割って話せて気持ちを分かり合えたのが
なんとこの作品の初号試写が終わってかららしいですから、

そこまで頑張って戦ってくれて、
本当にありがとう! と言いたいです。

・・・そしてもう一つの予告の上手さが、
帰蝶とのシーン (*^^*)

f0153101_06221.jpg


花沢類に落ちたことのある女子ならみんな、
あの声を聞くためだけにでも、映画館に行きたくなっちゃいますよね!

あんな優しい瞳で見つめられて、
あんな声で想いを告げられて、

それはもう、戦国時代を全く感じさせない
ラブストーリー(^^)

一方で、ボロボロになって天を仰ぐ旬くんと、
刀を振り下ろす孝之くんのカットは、

源治と芹沢の対決再び!? という感じで、
クローズに夢中になった男子に響いたはず。

とかくドラマや映画の予告は、
一人よがりで内容が伝わらないようなものも多い中で、

今作の予告はわかりやすく、惹き込まれて、
傑作だったと思います。

f0153101_012557.jpg


そして、短い予告の中の一瞬なのに、
旬くんのその表情が胸に突き刺さるんです!!

それはお芝居のうまさももちろんですが、
ビジュアルが美しかったことも大きいと思います。

だって、天パでオッサン臭かったドラマのサブローと違い、(・_・;)

f0153101_0515163.png


いつのまにかストパーをかけて(!?)
サラサラヘアーになった映画版サブローのほうが、

ずっと若返って見えませんでしたか?? (^o^)

f0153101_0204825.jpg


史実に従えばタイムスリップしてから30年以上、
年を取らないファンタジーだとしても10年以上は戦国にいる感じなのに、

肌もツルツルで頬もシュッとしていて、
ウロボロスのタッちゃん仕様が残っていたお陰ですよね! (*^^*)

長いサラサラヘアーが、
戦うたびにヒラヒラと舞って、

たぶんそれを見せるために、
いつも旬くんだけは兜が落ちる演出もありがたく、(^o^)

翻る青いマントとともに、
とても美しい信長公でした。

f0153101_0263592.jpg


その美しさをそのままま纏ったかのように、
金髪で、そしてまた銀髪で舞台挨拶に舞い降りた旬くんは、

TVで見るだけでもため息が出そうなほど、素敵でした (*^^*)

生で会えた皆さまは、
息が止まったんじゃないでしょうか。

・・そのビジュアルを作品にも残して欲しかったんんですが、
「しばらく暇」というのは本当なのでしょうか?

インタでは、
「当分、次の自分の監督作品を撮る暇はない位、
 役者としての仕事が詰まっている」 って言ってたのですが・・。

1月があまりにお祭りだったので、
急に露出が途絶えて、寂しさがつのります (T_T)

これってもしかして、何か次の作品の情報が出るまで、
「小栗ロス」で劇場に足を運び続けるようにしむける、

新手の商法なの〜?? (>_<)

というわけで、大きいスクリーンでサブローに会えるうちに、
もっともっと通いましょうね〜 (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2016-02-04 00:58 | 小栗旬 | Comments(0)