ブログトップ

王様の耳はロバの耳

ありがとう\(^o^)/

なんだかあまりに嬉しくて、
ただもう、ありがとうを言いたくて、書いています。

ドラマが脚本もキャラ設定もあんなにブレブレだったので、
正直、最初は期待していなかったんです (^_^;)

まわりでもあまり話題になっていなかったし、
もう忘れられているような感じだったので、

これはヤバイ(?)んじゃないか・・、って。
劇場がガラガラだったらどうしよう、って。

でも、安心してください、
はいて・・いえ、入ってますよ! (^o^)v

そして、心からのありがとうを言いたいのは、
あのドラマから、こんなに素敵な作品に着地してくれた、

旬くん、孝之くん、コウさん、
そして全てのスタッフとキャストの皆さんに・・

f0153101_22295765.jpg


これは、金沢の地方誌「クラビズム」より。
表紙の写真が素敵だったので、即効でポチってしまいました (*^^*)

中の記事は見開き2頁ですが、落ち着いたファッションもいいし、
何より、真っ直ぐで澄んだ瞳に射抜かれました。

年末の映画撮影中は、ちょっとどんよりした瞳が多かったけど、
この時は、すごくスッキリした穏やかな表情!

これは何よりも、
信コンの出来に満足していたからじゃないかと思うんです。

旬くんは、完成した映画に納得できない部分がある時は、
わりとそれが顔にも言葉にも出てしまう人なので (^_^;)

今回は、いろいろな番宣やインタで、

「長時間意見を出し合って作れたし、
楽しめる戦国エンタメになっています!」って

胸を張って語っていたので、信じていましたが、
本当に、よくぞここまでやってくれました!

f0153101_22433982.jpg


悪天候でまだ見れていない人もいると思うので、
内容は書けませんが、

私にとってこの映画は、時代劇とか歴史物ではなくて、
恋愛映画であり、人間ドラマであり、

旬くんの二役それぞれの演技の素晴らしさと、
コウさんの気丈な愛らしさと、
孝之くんの、口元だけでさえ魅せる存在感に、

大満足の1本になりました!

史実の年代がどうだとか、出来事の矛盾がどうだとか、
そんなことは忘れて(??)

ただもう、このファンタジーを楽しんで、泣いて、
そして、見終わった後は・・。

きっと、ありがとうって言いたくなると思います! (^^)

f0153101_22571024.jpg


さらに言えば、
旬くん、番宣すごく頑張ってくれてありがとう!

久々の林さん仕様の金髪にしてくれてありがとう!
(これは、事務所映画のおかげかも??)

ハワイでちょっとふっくらしていたのに、
シュッとして帰国してくれてありがとう! (^o^)

本能寺の変ダンスで、ほっこりさせてくれてありがとう!
ANNみたいなパンツ談義(実演入り(^_^;))をしてくれてありがとう!?

そして、「男おばさん」で笠井アナに、
「いつも僕の舞台見に来てくれるんですよね。また来てください!」
と言ってくれてありがとう!

舞台の予定が一つも決まってなかったら、
そんなこと言いませんよね? 期待してます!!

・・というわけで、
すぐにもまたリピしたい作品になりました。

メイキングやインタを見て、また確かめたいシーンもたくさんあるし、
なんといっても、サブローの、そして光秀の表情は、
何度も何度も見返したいです。

本当に、旬くんの素晴らしい表情を撮ってくれた監督さん、カメラさんも、
ありがとう!

早く皆さまと、ネタバレありの感想を語り合いたいで〜す(^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2016-01-24 23:17 | 小栗旬 | Comments(0)