ブログトップ

王様の耳はロバの耳

沈殿

カエル男のせいでヒロくんが別人になってしまったので、
正直言うと、ちょっとガッカリしていました (T_T)

役柄が入ってしまっているのか、
最近の旬くんの宣材写真などを見ると、

まるで何かオリのようなものが沈殿しているかのように、
くぐもって、光を失った瞳をしていて、寂しかったのです。

特にヒロくんは、あの逆境にも関わらず、
爽やかさを失わずに頑張っている若いパパだったのに、

いくら育児と仕事の両立に追いつめられているとはいえ、
10歳は老けたかのような、

あのくたびれたビジュアルはないと思います (>_<)

前髪をモンチッチにしてしまったのはまだしも、
営業マンが勝負のプレゼンに行くのにあの無精髭、

上司が許しているのがおかしいですよね?

ビジュが変わることがわかっているのなら、
6話と同時期に最後まで撮影しておいてほしかったし、

それぞれの作品をなおざりにしないはずの旬くんなのに、
こういう掛け持ちは本意ではなかったのではないかと、残念です。

f0153101_18203314.png
f0153101_18205634.png


・・・と、ちょっとへこんでいたら、
カバさんのおかげですっかりハッピーな気分に! \(^o^)/

カエル男と出会う前の旬くん、
好青年だったケンの雰囲気もまだ残っていて、

なんて素敵な旭川の旅だったでしょう!

気持ちに満足感とゆとりがあるのか、
気心知れた鶴瓶さんと一緒のおかげか、

とても穏やかで、柔らかくて、

お嬢さんの話をたくさんしても、ちっともヤケなくて(!?)
ほのぼのと見つめていられました (*^^*)

スタジオでの控えめな感じも優等生な雰囲気で、
これはこれで、旬くんの持つ素敵な真の一面であり、

そしてきっと、仲良しの仲間と弾けているであろう
新年のVSでは全然違うんだろうな〜、と楽しみです (^^)

カバさんに夢中になって、子供のように柵に寄りかかっているところ、
目をキラキラさせて、天井を泳ぐカバさんを見つめているところ、

まるで旬くん自身が子供みたいで、かわいかったです〜!

そして、この成り行きがあったから、
帰京してすぐにお子さんを連れて上野動物園に行ったんですね。

しかも、上野では念願のホッキョクグマも見れて、
「ホッキョクグマ、かわいいね」と話していたらしいですから、
良かったですね (*^^*)

f0153101_18473652.png


さて、実際のカエルくんの中の人(?)とは、
コンサートに行ったり、宅飲みしたりと楽しんでいるようですから、

どうか、今の役で積もっているであろうやりきれない思いは
クランクアップとともに払拭していただいて、

新年からは、サブローとして、
底抜けに明るい笑顔で登場してほしいです!

(何しろその後はまた、あの博士ですからね・・)

f0153101_1994562.png


あ、いつのまにかハトヤ隊員は記憶から消え去っていますが (^_^;)
また機会があれば、感想を書かせてください。

どうか、無事に今の作品が終わりますように。

そして、日向徹とか、段野竜哉みたいに、
彼の持つしなやかな美しさがほとばしるような、

そんな役柄にまた出会えますよう、祈っています (^o^)/
[PR]
by harupyonri | 2015-12-15 19:10 | 小栗旬 | Comments(0)