ブログトップ

王様の耳はロバの耳

反則ワザです! * 千秋楽

ついに終わってしまいました。

もう、あの生き生きとしたケンとロスコがいないことが信じられなくて、
頭の中では、あの曲と二人の言葉がずっと響いています。

そして、昨日の楽公演、
田中ロスコの反則ワザにやられました (>ω<)

f0153101_9575693.jpg


最後にケンを送り出すロスコ、

「同世代の仲間を見つけて、
中心に向かって行け・・・」

そう言いながら初めてケンの肩に手をかける、
この場面。

一昨日の前楽まではずっと、
ケンの右肩に左手をかけるだけで、

もちろん、初日よりも後半の方が
肩を握りしめる手に情愛がこもっていましたが、

最後の最後、楽公演だけ、
ロスコはその手をケンの背中から左肩まで回し、

抱き寄せるようにしたのです! 

もう、見ているこちらもグッと来ました (T_T)

それはそのまま、この長い公演をともに走り切った
田中さんから旬くんへのエールのようで、

旬くんも素で涙が溢れて、

いつもは目に涙がにじむという演技だったのに、
この日は鼻をすすっていて、

その二人の想いに、深い感動で涙が溢れました・・

f0153101_1085163.png


そして、その泣いた赤い目のまま、
カテコに登場した旬くん (*^^*)

いつもどおり一回目、二回目と
立ち位置を変えて挨拶したところで、

田中さんが手で皆の拍手を制して、
「小川さん、いませんか?」
と、脚本の小川さんを探して客席に呼びかけました。

あの辺かな?・・と後ろを指差すのに小川さんではなく、
旬くんもあわてて舞台後ろまで探しに行ったのですが

見つからなくて、
(上にいるのかも?)みたいな仕草で苦笑。

二人とも困った感じで一旦はけて、
ようやく三回目に小川さんを連れて登場!

小川さんを真ん中に三人で手をつないで、
満面の笑顔!

私たちも、この素晴らしい舞台を生み出してくれた
小川さんに、本当に心からの感謝の拍手!!

小川さんはまずロスコとハグ、
ロスコは手の絵の具でも気にしてか、ハグのまねだけ。

次に旬くんとハグ、
旬くんは優しく小川さんの背中に手を回し、

そして三人で消えていきました。

もちろん拍手は鳴り止まず、
4回目の登場をした二人。

田中さんは、前楽の3回目のカテコの時もそうだったのですが、
もうシャツを脱ごうとしてボタンを外していて、

下着が見える姿で、
あわててボタンを止めながらの登場 (^o^)

いつも二人は、片手を上げて
上手、下手のバルコニーに目線を向けて挨拶し、
それからセンターにお辞儀をするのですが、

この4回目、
旬くんは最前列にも目線を合わせてお辞儀してくれて、
どなたか知り合いでもいたのでしょうか? (*^^*)

そして、普通なら
これで楽日のカテコも充分満足な雰囲気になるのですが、

昨日はもう、完璧だった舞台への感動が冷めやらず、
すっかり舞台の明かりが消えても、
もう二人は出てこない、という空気になっても、

スタオベの客席からの拍手が鳴り止まなかったんです!

私自身、もう、二人が出てこなくてもいい、
ただ、感謝を込めて拍手を送り続けたい・・
そんな気持ちでした。

たぶん、スタッフもその準備はなくて、
かなり長い間が空いて、それでも拍手は止まず、

やがて後ろでガタガタと音がして、舞台の明かりがつき・・

5回目に現れた田中さん、
すでにシャツも肌着も脱いで裸の上半身に、
慌ててジャージを羽織りながらの登場で、みんな爆笑 (^o^)

旬くんも一緒に笑いながら、満面の笑顔でお辞儀。

田中さんは、客席の誰かに向かって、
おいおい、笑うなよ! みたいな感じで指差しながら、
笑顔で去って行きました。

f0153101_10373887.jpg


本当に、この小さな劇場で、
手を伸ばせば触れられそうな距離で、

二人の素晴らしい俳優の生の舞台を見られたこと、

現実にそこに生きているかのような、
ケンとロスコを見られたこと、

芝居がかった、舞台用の演技ではなく、
本当に自然な表情に釘付けになったこと、

幸せな、幸せな1ヶ月半でした! (*^^*)

私にとっては、
カリギュラの衝撃を超える作品はまだありませんが、

このREDは、
カリギュラに次いで大好きな舞台になりました。

小川さん、ありがとう。
田中さん、ありがとう。

そして旬くん、事務所と戦いながら、
小劇場で演ずるという夢を実現してくれて、

小川さんが集めてくれた本の中から、
この脚本を選んでくれて、

本当に、本当にありがとう!!

人懐っこくてかわいいケン、
存在を否定され、怒りに震えるケン、

それでもロスコを想うケン、
最後に決然と一歩を踏み出していくケン、

その姿の一つ一つが、
その言葉の一つ一つが、
たぶんずっと心から消えないと想います。

やっぱり、板の上の旬くんは、最高です!! \(^o^)/
[PR]
Commented by 匿名 at 2015-10-05 15:38 x
カミママさん、初めまして、初コメントです。
たまにこちらのブログ拝見してました。最近小栗くんのファンになった私はここで過去の活躍や様子等を知れて大変有難く見ていました。今回の舞台も一度しか行けなかったので、こんなに詳細に書いてくれてまるでその場にいるようで、カミママさんの愛の深さにも涙が出てきました。本当に有難うございます。ただただお礼が言いたくてどうしようもなくなってしまいました。返信は不要です。これからも応援し続けます。
Commented by 春の小川 at 2015-10-05 19:13 x
千秋楽の様子を詳しく教えて下さり、ありがとうございました!私は1回だけの観劇だったのですが、私には難解な舞台でした。それでも最後の、ケンが出ていくシーンは心に残りました。そこが、千秋楽にさらに感動的になっていたとは。観劇できたかたがうらやましいです。
by harupyonri | 2015-10-05 10:52 | 小栗旬 | Comments(2)