ブログトップ

王様の耳はロバの耳

諸行無常

ええそうです、
第四話のタッチャンには、すっかり魂抜かれました〜(*^_^*)

でもね、でもどうか泣き言を聞いてください。

なんと、第三話放送直前の金曜日の夕方、
その日の朝まで何も異常のなかったDVDが、
電源入れても立ち上がらない。

表示板にはエラーメッセージ。
慌ててメーカーに確認したら・・

「それはHDが壊れた時に出るメッセージですから、
修理するなら新しいHDと取り替えるしかありません。」

・・本当に、何の前触れもなく、
ここ数年の大好きだった番組が、消えました (T_T) (T_T) (T_T)

我が家はケーブルTVを経由して録画しなくてはいけないうえに、
古いDVDレコーダーなのでダビングは1回しかできず、
高画質で見たい大事な録画はDVDに落とさずにHDに残してたんです。

信長も、ウロボロス1〜2話も、
ここ半年位の番宣バラエティも、WSの電波ジャックも、
まだHDの中でした (^_^;)

まあ、ドラマは数ヶ月待てばBOXが発売されるからいいのですが、
貴重だった震災後の「上を向いて歩こう」とか、
サントリーの湖畔でウイスキーをロックでとか、
全て消えてしまって・・ (T_T)

壊れた直後は半狂乱(!?)
それから茫然自失、
虚脱状態がしばらく続いて・・

舞台の発表と、
第四話の壁ドンW (^o^)と、白衣アクションのおかげで
ようやく少しずつ浮上してきましたが・・

今はただ、諸行無常の想いでたそがれております (>_<)

今までも何回もPCが壊れたり、
自分のミスで録画を全消去してしまったり(その節はありがとうございました!)
何度もデータが消えて痛い目を見てきたのに、
同じ過ちを繰り返す自分に、愛想が尽きました。

いえ、たとえDVDに落としていても、ディスクが壊れることもあるわけで、
やはりもう、可能な限りの旬くんの記録を残そうと思うのが、
間違いなのかもしれません。

しかも、神様はどこまで私に試練を与えたもうのか(!?)、
翌日速攻で買ったBRが、なんとうちの古いTVにはつながらない! (>_<)

仕方なく、寝室の小さいTVにつないだのですが、
夜中に再生もままならず、なかなかリピできないんです。

あ〜、やっぱり私はアナログ人間なんだと痛感し、
走るところは本屋さんしかありませんよね〜 (^_^;)

f0153101_17574664.jpg


週刊朝◯2/13号の対談、良かったですね!
一部はネットでも読めたと思いますが、5頁分もありました。

ポケットに手を入れたこの立ち姿がきれいだったので、
是非本誌を読んでみてください。

インテリヤクザ役は、
旬 「すげえカッコつけてやってます(笑)」

子供が将来芸能界に入りたい、と言ったら
旬 「やりたい、と言ったらやらせます。」

でも、奥さんはスーパーモデルにさせたいらしく、 (>_<)
旬くんのお母様はバレエを習わせると張り切っているそうです。

旬くん自身は小学生の時に
バレエのタイツ姿をからかわれてやめてしまったのは有名ですが、

「ちゃんとした稽古場だったら(友達に見られないような)、
いまもまだ続けてたかもしれないです。

ちゃんとやっとけば、森山未◯と戦えたのに、って(笑)。」

・・旬くんがバレエの道に進んでいたら、
それはそれで、とても美しかったろうと思います!!

たとえば、ぬめろとうきょう のこの写真のように? ↓

f0153101_18163725.jpg


この顎のライン、
この鎖骨、
はらりと落ちた前髪、
そして、この透き通った瞳。

・・・これはもう、犯罪ですよね!?

でも、バレエの世界にいたら、
映像でこんなに見ることはできなかっただろうから、
タイツのもっ◯りをからかってくれた悪ガキに(?)感謝です〜 (^o^)

そして、ネットでも取り上げていましたが、

「(ウロボロスが)終わったら、一度ドラマから離れようかなと思ってます。
舞台や、大作じゃない映画をやりたいですね。」

そして、その言葉を受けての、
小劇場での舞台の発表です!! (^^)v

初めて舞台に立った時は緊張しましたか、と聞かれて

旬 「しました。宇宙でいちばん速い時計という芝居で。
   手を伸ばせば触れるぐらいのところにお客さんが座っていたので、
   ドキドキしました。」

今回の舞台も、かなり客席に近いと思うので、
チケットさえ取れれば、息遣いも飛び散る汗も感じられそうですね (*^_^*)

そして、「大作じゃない」映画。

ルパン続編とか、TVドラマ映画とか、
漫画原作エンタメじゃないってことですよね?

「キツツキと雨」みたいな佳作に、また出てほしいです。
そして、できれば賞にからむような、繊細な演技を見せてほしいです・・。

さらに望みを言わせてもらえるならば、
来年こそ、来年こそは蜷川舞台に出てほしい!
主役じゃなくたっていいじゃないですか?

先日の特集での、車椅子で酸素吸入のお姿に、やはり不安がつのります。
まだまだ正統派舞台で、旬くんを鍛えてほしい。

「エンタメとかサブカルばっかりやってんなよ!」
って、叱ってほしい。

それが叶うなら、この春から当分ドラマで姿が見られなくても、
いい子で我慢します。

蜷川さん、旬くん、どうかどうかお願いしま〜す (^o^)/
[PR]
Commented at 2015-02-13 11:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harupyonri | 2015-02-10 18:37 | 小栗旬 | Comments(1)