ブログトップ

王様の耳はロバの耳

その大きな手に抱かれて

世界一幸せな赤ん坊の誕生です。

嬉しいお知らせを、首を長くして待っていました!!
旬くん、おめでとう〜 \(^o^)/

f0153101_17441249.jpg


この時は、本当に若い若いお父さんでしたが、
時は満ち、今は素敵なパパになれる年齢になりましたね。

もし、男の子が生まれたら、
いつかはこんな風に子役として共演する日もあるかと、

ちょっと楽しみにしていたのですが・・ (*^_^*)

f0153101_17492185.jpg


記事のように女の子なのだとしたら、
旬くんは溺愛して、鍵かけて箱にしまっておきそう!?  (^o^)

女の子は父親に似るともいうので、
ますますもって、楽しみです。

小さい頃から、モデルとかにはしないでほしいな〜 (^_^;)

f0153101_17532193.jpg


この映画の頃は、抱き上げ方もぎこちなかったですが、
姪っ子ちゃんたちで鍛えられた(?)から、

今は、手慣れた様子で
赤ちゃんを抱き上げているのでしょうか??

そして、「奇跡」と呼びたくなるその存在が、

これからの旬くんの演技に、
ますます深みと温もりを与えてくれそうで、

もちろん、生き方にも、発言にも、考え方にも、
全ての面で進化をもたらすでしょうから、

本当に、これからの彼を見つめていくのが楽しみです!

f0153101_17595718.jpg


この映画、「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」は、
クローズの三池監督の悪趣味なバイオレンス・アクション映画で、

主役級の役者をこれでもか、とそろえながらも
ほぼすべての人がグロテスクなだけのキャラで、

私の中では、
1回見ただけでお蔵入りの醜悪作品だったんですが、 (^_^;)

血まみれの荒野に散る、一輪の純白の花のような存在が、
旬くん演ずるアキラでした。

そして、その俗悪集団の中にあっても「決して穢れない」、
正義感に貫かれた清廉さが、とっても印象的でした・・

f0153101_1835528.jpg


映画では、ムラを牛耳る悪党に正面から挑んで、
あっけなく無残に撃ち殺されてしまうアキラでしたが、 (T_T)

旬くんも、子供を守らなくてはいけない立場になったとはいえ、
自分の中の正義は曲げないような気がします。

これから彼も、日常では「パパ」の顔を見せるかもしれない。

でも、彼の根幹に通っている魂は、
良くも悪くも、きっと変わらない。

彼の生き方でも、演技でも、
これからまた、いろいろな揺らぎをみせたとしても、

最後にはきっと、
今までどおりの「小栗旬」でいてくれる。

そんな期待をしています。 (^^)v

そうそう、久しぶりにこの映画を見てみたら、
この時も、全編英語でしゃべってたんですね!

意外にも(失礼!)、ルパンの時よりも流暢な英語かも!?

さあ、そして、早くも数々の番宣が始まって、
来週にはいよいよ、サブロー信長の登場です!

ルパンの感想も書いていないのに、
BORDER完全版と高倉奏にうつつを抜かして、
全然記事が書けませんが、 (^_^;)

これからもずっと、
彼の存在の全てを、応援していきたいと思っていま〜す (^o^)/
[PR]
Commented by マリ at 2014-10-04 06:45 x
おはようございます。
カミママさんのお祝いコメント、とても嬉しく拝見しました。
「スキヤキ~」の映像を載せてくださるとは、、、さすがカミママさんです!性別はどちらなんでしょう?私は男の子のお父さんというイメージがあったのですが女の子だったら絶対に溺愛ですね(笑)。彼のこれからが更に更に楽しみになってきました!
by harupyonri | 2014-10-03 18:37 | 小栗旬 | Comments(1)