ブログトップ

王様の耳はロバの耳

赤いソックス

あまりに情報が溢れすぎて、アップアップしていますが、
なんとか9日の舞台挨拶に行ってこれました〜 (^^)v

すでに皆様、ニュースや記事でご覧になられたでしょうが、
すっかり若々しい、高校生仕様の(!?)旬くんでした!

印象的だったのが、ブルー系でまとめた中で
ひときわ目立った赤いソックス。

明るいブルーのシューズ、濃紺(黒?)のスリムパンツに映えて、
とっても素敵なファッションでしたよ。 (*^_^*)

不二子ちゃんが、いまさらのように
「脚が長いなぁ〜」って言うのも、納得。

前髪はおろしていてくれたほうが嬉しかったのですが、
でも、つるっつるのお肌まで若返ったようで、

すでに、マックの面影はカケラもありませんでした・・。

f0153101_21232998.jpg


舞台挨拶というと、いつもは
ゆら〜ゆら〜と揺れて、

天井を見たり、手いたずら、足いたずらしたり・・が、
今までの旬くんだったのですが、

今回は二人きりの挨拶で、
他の人の話を聞きながら待つ時間がなかったせいか、

それとも、さすがにもう大人の余裕なのか(!?)、
ほとんどずっと、きちんとしていました。 (^o^)

1回、膝を上げて運動みたいなことしていたけど・・。

不二子ちゃんと2人のプロモが、
もっとあると思ったのに「ぴったんこ」だけだった話とか、
無茶ぶりされて全米オープンの話とか・・。

司会の女性アナがいきなりテニスの話を始めて、
(なんで映画の話をしてくれないの!?)って思ったけど、

さすがに毎回映画の話だと、記事に取り上げてもらえないからなんですね。

もっと時間があったら、2人のお気に入りのシーンとか聞きたかったのに、
プレゼント抽選にも時間がかかったので、
あまり映画の話は聞けずじまいで、残念でした。 (>_<)

f0153101_21301671.jpg


でも、テニスの話にもそつなく優等生の答えをして、
旬 「あ、でも今夜はこれからサッカーもあるしね!」

そして、プレゼント抽選になって、
司会 「当選した方は壇上に出てきてください」との話に、どよめきが。

家族に内緒でコッソリ参加していて、しかも大きいお姉さんの私などは、
(万一当たっても、とても出られない(>_<))、っていらぬ心配をしたのですが、

旬 「舞台に出るのはイヤっていう方もいるかもしれないけど・・
 どうかお付き合いくださいね」

と、すかさずフォロー。
この気配りが、旬くんならではなんだな〜と関心しました!  (*^_^*)

心配するまでもなく、当選したのはお子さんと若いお嬢さん方で、
最初にプレスパンフが当たった小中学生くらいの女の子に、

旬 「どこが面白かった?」
女の子 「(緊張して答えられず)・・・」
旬 「全部、だよね〜(^o^)」

と、優しいフォロー。

最初に当たった人は、最後まで舞台上にいなくてはいけなかったのにも、
旬 「ここに残ってなきゃいけないのも、大変だよね」みたいな優しい一言。

すかさず司会の方も、
「せっかく近くにいるんだから、たっぷり(旬くんを)見てくださいね!」 

若いお嬢さん方には、どこが面白いかの質問はせず、
Tシャツが当たった幼稚園ぐらいの男の子にまた、

旬 「どこが面白かった?」
男の子 「・・・ぜんぶ。」

よく出来ました! (^o^)

f0153101_21373912.jpg


この写真は、赤坂の夏のイベントで展示されていた赤ジャケですが、
最後にプレゼントされたのも、これでしょうか?

旬 「実際に着ていたものなので、汗とかいっぱい染み込んでると思います。」
司会 「いろいろ染みているんですね?」

旬 「染みていたり・・洗濯されたりしてるかもしれないけど?」(笑)

実際には赤ジャケも何枚もあって、
アクションシーンで着たのは、もっと軽くて(?)大きめのジャケットだったとか。

プレゼントされたものは厚手なので、
タイで着ていると暑くてしかたなかったそうです。

それで、プレゼントタイムが終わって、司会の女子アナが
「それではフォトセッションの準備を・・、あ?え?、
あ、締めの言葉をいただくんでしたね?」とミスったら、

旬 「司会の◯◯さんは、結構(失敗を)やらかすんですよね〜」
と笑わせて。 (^o^)

あせった司会が、「では小栗さんから・・」とまた間違えたら、

不二子 「あ、私から! 台本通り、先に私から言いますね!」(笑)
と、男前な不二子ちゃん、さすがでした〜。

観客席での写真撮影の時には、
近くの人達を振り返って、ちょっと話したり握手したりしていて、
「きゃー」という黄色い悲鳴が・・。 (*^_^*)

花男の頃は、
「アイドルじゃないんだから、現場で触られたりするのがイヤ」
なんて言っていたのに、

(大人になったな〜)と、感慨ひとしお!?

とにかく、終始、余裕で、ゴキゲンで、
本当に、数々の現場で座長を経験してきて、

今年は特に、良い成果をたくさん出してきて、
充実しているんだな〜、というのがすごくよくわかりました!

映画の方も、最初は吹き替え版を見て、
今回、オリジナル版で旬くんの英語も聞けたので、大満足! (^^)v

内容についての細かい感想は、また後日書かせていただきたいですが、
予想よりはるかに良かった、というのが本音です。

何しろ、脚本担当を聞いた時、
(TAJOMARUの悲劇、再び・・)と恐れたのは、
私だけじゃなかったはず?? (←社長さん、ゴメンナサイ (^_^;))

ファンの欲目で見れば、

いかにもマンガな舞台設定で二転三転する物語、
「花男F」に匹敵するくらいの出来にはなっていたんじゃないでしょうか(^o^)

というわけで、
ようやくマックを振りきっても、
なかなか信長まで辿りつけない私ですが、

とにかく、これからも楽しみいっぱいな秋で、嬉しいで〜す (^o^)/
[PR]
Commented by マリ at 2014-09-12 06:26 x
カミママさん、おはようございます。舞台挨拶の様子を教えてくださりありがとうございました。ネット上では感じ取れない小栗くんの気配りや優しさを知ることができて、とても嬉しかったです!
そして、マックからのサブローへの変身ぶりは見事ですね。細身でも安吾とは全く違って可愛らしさがあって、、、今年は直吉、安吾、ルパン、サブローと信長(光秀)、、、と様々な姿を観ることができ嬉しいです。天然の今風のサブロー信長と病弱な信長光秀(ややこしいです、笑)の二役が本当に楽しみです!
Commented by K at 2014-09-14 15:10 x
舞台挨拶の様子、細かくありがとうございます。光景が目に浮かびます。遠くてなかなか行けないファンにとっては、とてもありがたいです‼︎ゆら〜ゆら〜の旬君もかわいくて好きですが、今回はピシッとしてたんですね^ ^見たかったな〜。
by harupyonri | 2014-09-11 22:10 | 小栗旬 | Comments(2)