ブログトップ

王様の耳はロバの耳

好きすぎて * パート 18

ついに終わってしまいました・・

溢れる満足感とともに、
ものすごい脱力感・・ (T_T)

日向徹に会えないこれからを思うと、
「何にもやりたいことがないんだ・・」

全てをかけてきた物を奪われて、一日中机にへちょ〜っとしていた徹の気持ち、
この夏を捧げたリチプアを奪われた今なら、実感できます。 (>_<)

まさに、
「好きすぎてつらいんです・・」

これからノベライズもじっくり読んで、
配信された台本も細かくチェックして、

また第一話から何度も何度もリピしたいですが、
まずはその前に、プリンでも買いに行かなくちゃあ? (^o^)

f0153101_12173081.jpg


まさに、「悪くない」最終回でした!! (^_^)v

想定の範囲内の展開でしたが、
そのおかげで、心から安心して楽しむことができました。

奇をてらって、最後にトンデモ展開を試みるドラマも多い中で、
すがすがしいまでのベタっぷり!

これでこそ月9、
これでこそ恋愛ドラマ、
これでこそ王道でした〜。 (^o^)

延長がなかったので、ビジネスも恋愛もうまく収まるのか不安でしたが、
ギリギリのところで不満の出ない形にまとめてくれた編集の力量で、

いろいろな余白や途中経過をまだまだ見たい、
という気持ちにさせてくれましたね。 (^_^)v

徹が、会社を守ってくれていた山上さんに感謝する場面とか見たかったので、
カットした部分はDVDに入れていただいて、

真琴が1ヶ月の研修から帰国して、本格的にブラジルに行くまでの期間を
是非、SPでじっくりお願いします!! 

・・だって、
空港ではあらたまったkissにさえ照れてしまうような徹が、 ↓

f0153101_12332910.jpg


1年9ヶ月後には、夫婦のように
「あー。もううるさい! めんどくさいっ!」ってぞんざいにPCを切れて、

真琴がタメ口で
「ちょっと、勝手に切らないでよ!」って言える仲。

しかも、社員の目もはばからず
ぎゅ〜っと抱きあうアツアツぶりに、

(あんたら、研修終了後に絶対ラブラブだったでしょ?? )
・・とツッコんだのは、私だけではないはず。 (^o^)

というわけで、
まだウブだった頃の徹くんを、おさらいしておきましょう。

f0153101_13174711.jpg


「あいつは仕事をしたいらしい。
 だから、応援してやるつもりなんだ。」

なんて大人なことを言っていたくせに、
いざ、ブラジルに行くと聞かされれば思わず暴言を吐いてしまって、

でも、今回は素直に謝ることができた徹くん。
成長しましたね〜 (^_^)v

なんとか真琴と会う約束を取り付けて、
めちゃくちゃ嬉しそうな様子がカワイイ! (*^_^*)

f0153101_13213414.jpg


「好きすぎてつらいんです。もう会いません・・」

真琴のその言葉、
さとみちゃんの迫真の演技に引き込まれて、もらい泣き。 (T_T)

何も言わなくても、これからも普通につながっているつもりの徹と、
気持ちが盛り上がりすぎて、もう耐えられない真琴。

人生長く生きてくると、
(まぁまぁお嬢さん、自分で悲劇のヒロインになっちゃ負けよ?)
と図太く気持ちをコントロールできるものですが、 (^_^;)

いいですね〜、若い頃のこういう純粋さ!! (*^_^*)

f0153101_13285672.jpg


徹くんだって、耀子さんに自分からkissした時の様子を見れば
「積極的な女」と女性経験の一つや二つはあるはずですが、

「僕は君の名前も顔も覚えないけど、それでもいいなら。」とか言ってそうで、
翌朝には「君、誰だっけ?」だったでしょうから、 (^_^;)

自分で自分の気持ちを持てあますような恋愛は、
したことなかったんでしょうね。

ううん、去っていったお母さんへのトラウマがあるからこそ、
恋愛なんて決してできなかったのかもしれません。

それがどうです? このうろたえぶり! (^o^)

拘置所訪ねて朝比奈に救いを求めちゃうって、
しかも、その必死さがあまりにかわいくて、

朝比奈じゃなくても笑っちゃいますよね〜。 (*^_^*)

しかも、ちゃんと朝比奈が正解を教えてくれてるのに、
いや違う、って否定しちゃって・・。

f0153101_13383867.jpg


みんなの後押しでようやくたどり着けた空港でも、
会社のこととか、社員の名前言えたこととか、

あさっての話からしか始まらないで、
で、唐突に

「好きすぎてつらい、って何だ?」って、
直球ですかい!? (^o^)

このときの台詞の間合いと表情が、めちゃくちゃツボでしたが!

f0153101_1343620.jpg


「僕はそういうの、よくわからないんだ。
 好きなら僕のそばにいればいいじゃないか!」

ふつーの男が、キョトンとしたお目々でこの台詞を言ったら、
女心もまるでわからないニブイ幼稚男・・ってなりますが、 (^_^;)

ワンコロ徹くんを見てきた身には、
許せちゃうんですね〜。 (^o^)

f0153101_13465055.jpg


「ばかっ!」て真琴に怒られて、
びっくりお目々の徹くん、

去っていく真琴の後ろ姿に、
ようやく朝比奈のアドバイスを思い出して、

(そうか! 好きって言えばいいのか!)

で、「じゃあ、こう言えばいいか。お前のことが好きだ。
  ・・どうだ、納得したか!」

おいおい・・ (>_<)

でも、ここで「じゃあってなんですか、じゃあって!」
と怒れるのが真琴のタフなところ、

先週からウジウジして別人みたいだったのが、
ようやく本来の真琴に戻ったようで、

そしてここから、
私がドラマ最初からずっと期待していた定番のシーン、

「あれこれしゃべりまくる真琴の口を、 徹が唇でふさいで黙らせる」
やってくれて、嬉しかったです〜! (^o^)

f0153101_13572158.jpg


ちょっと残念だったのは、突然のキスのはずなのに、
真琴もしっかり顔を上げて、目を閉じて迎えているところで、

もしかしたら、
二回目のキスの映像を使ったのかな〜?? (>_<)

でも、すっごくきれいな二人だから、許します。 (^_^)v

このキスのところも、最後のハグのところも、
前後の映像にはエキストラさんや周りの社員がいますが、

肝心なところは二人だけで撮っているのかな、と思います。
さすがに、多数のエキストラさんの前で何度もキスの演技はつらいでしょうし?

もし、エキストラに参加した方がいらしたら、
今ですから、ネタバレよろしくお願いします〜。  (^o^)

f0153101_145594.jpg


さて、いきなりキスしておいて、
怒ったような、偉そうな、ツンデレ徹くんの真骨頂!

でも、ここで「IT企業」というビジネス面と、恋愛面がみごとにつながって、
なるほど〜、とうならせられました。

f0153101_14755100.jpg


ようやく想いを告げられれば、
あとはもうちゃんとリードできる、大人の徹くん。

「だから、お前は行け。」
と見つめる瞳は優しいし、

f0153101_1410278.jpg


ちょっと目が泳ぎながらも、 (^o^)

「だから今、キスしとく。」宣言の時には、
堂々と、まっすぐに真琴を見つめます。

f0153101_1411424.jpg


でも、あらたまって宣言しちゃうと
照れくさいもので、

顔を近づけたままふんぎりがつかない徹と、
(ん? どしたの?) と目を開ける真琴。

照れて頭をかいて笑いあう、
そんな二人がすごく自然で、良かったですね〜。 (*^_^*)

この、一度ためらうシーンは台本にはなかったのですが、
アドリブなのか、

それとも、実際に旬くんたちが照れていたので(?)
監督がそんなシーンを思いついたのか??

そこらへん、メイキングに入るといいですね!

f0153101_14115237.jpg


そして、仕切り直しのキスは、
とっても甘い瞳で見つめる徹くんから・・。

f0153101_14171962.jpg


「りの君」のときも、
空港で瑞稀に突然キスした佐野が、

唇を離した後に、
ものすごく優しい瞳で見つめるのですが、

旬くんの、この優しい瞳の演技は必殺技だと思います!! (^o^)

これやられたら、
演技だとわかっていても、みんなイチコロですよね〜。 (>_<)

f0153101_14212979.jpg


そして、目を開けたまましっかりと真琴の唇をとらえてから、
ゆっくり目を閉じる、

徹くんが大人っぽくリードする素敵なキスで、
大・大・大満足でしたぁ〜!! (^_^)v

・・で、今回ちょっと嬉しかったのは、
1回目の突然のキスの角度。

カメラで映す関係で、キスシーンはこの2回目みたいに
男性が顔を左に傾けて、女性が手前に来ることが多いと思うのですが、

今回の1回目では、
徹くんが右に顔を傾けているので、

きれいな鼻筋から顎にかけてのラインが見えて、嬉しかったです〜。 (*^_^*)

そして、今までの作品では、
突然のキスで想いを告白するようなフレンチキッスが多かったですが、

今回は、お互いに心から惹かれあう二人、
待ちに待って愛を確かめ合う、心のこもったkissだったので、

本当に本当に、幸せなシーンでした!!

f0153101_1433424.jpg


そんな二人だから、
真琴が帰国したと気づいた徹の、はじける笑顔!

f0153101_14335897.jpg


もう、本当に演技だけなのか心配になっちゃうほど(!?)、
とろけるようなこの、「おかえり。」の笑顔だけで、

見ているこちらまで、
幸せ一杯な気分にしてくれました!

f0153101_14355831.jpg


そして、久しぶりに会えた喜びを全身で表して、
徹の胸に飛び込む真琴。

徹もちょっと腕を広げて、
小さい真琴が飛び込みやすいように待ってあげて、

それからおもむろに、
逞しい腕でしっかりと抱きしめます。 (*^_^*)

ここも、台本ではただ、
ーー徹、真琴をちょっとだけ、ぎゅっとする。

と書かれていて、
本当は徹の方からハグしに行って欲しかったんですが、 (^_^;)

もう、徹を好きで好きでたまらない真琴ちゃんが、
自分の気持ちをおさえられなかった・・っていう感じが出ていましたね。

f0153101_14434165.jpg


大きな徹の胸に、
スッポリおさまる真琴ちゃん、

やっぱり小さい女の子って、いいな〜。 (*^_^*)

それから顔を上げて、
ぬくもりを確かめるように頬をあわせてすりすりして、

徹も、
心から愛しげに抱きしめて・・

f0153101_1445465.jpg


このシーン、あまりに素敵すぎて、
旬くんが結婚していなければ、

絶対に「熱愛に発展か!?」とか書かれそうだったので、
初めて、結婚していて良かった・・と思いました。 (^_^;)

・・今回、相手役がさとみちゃんで、
本当に本当に良かったと思います。

以前に彼女を見たのは、「ヴォイス」のパッとしないヒロインだったので、
(というか、ヴォイスのお話自体がうざくて途中脱落したので(^_^;))

正直、こんなにもキラキラ輝く素敵な女優さんだとは、知りませんでした。

舞台をたくさんやっているから、情感のこめ方も素晴らしいし、
アドリブとか臨機応変な掛け合いも見事だし、

シンプルな台本の恋愛パートをを見事にふくらませたのは、
旬くんとさとみちゃんだったからこそ、だと思います。 (^_^)v

二人の表情にリアルにひきこまれて、
これがお芝居だということを忘れてしまうほど、共感しました。

さらに旬くんは、怒濤のビジネス編でも、
成功・自信・傍若無人→裏切り・怒り・絶望・諦観→そして成長・復活・・と

こちらの胸が苦しくなるような、波瀾万丈の展開を見事に演じきり、
日向徹という人が、ここで生きているかのように思わせてくれました! (^_^)v

朝比奈との、
人間同士の深い愛を感じさせる男同士の絆、

耀子さんの、
ちょっと揺れながらも徹を深く理解し見守ってくれた大人の女性の愛、

山上さんの、中年だってまだまだ夢が見たいんだという気概、
ワンダー3の、それでも日向社長が好きなんだという憧憬、

どれもこれも、
現実にあるのは難しそうだけれど、でもありえるんじゃないかと思わせて、

いつも爽やかな希望とやる気を残してくれた、
そんな素晴らしいドラマでした!!

・・「See you again」の夢も、いつかかないますように、

まあ、かつて「花男1」の時には、実は続編もほぼ決まっていて、
「See you soon」ってラストで出てから、
実現するまで1年3ヶ月かかりましたが、 (^_^;)

まずは続編を望む声が途切れないことと、
DVDの売り上げが上昇することが第一歩かと思いますので、

せっせと声を届けたいと思います!

いつかまた、
素敵な素敵な徹と真琴に会えますように。 (*^_^*)

そして、徹たちのビジネスでの戦いっぷりも、
まだまだ見てみたいです。

今度は、会社の危機に、
身を挺して徹を守ってくれる朝比奈さんも見たいな〜。

いろいろなピンチを乗り越えて、
そして仕事でも成功し、真琴ともゴールインする、

「花男ファイナル」ならぬ「リチプア・ファイナル編」、
是非是非、待ってま〜す!! (^^)/
[PR]
Commented by ふくふくりん at 2012-09-20 17:39 x
はじめてのコメントかと思いますが、いつも読ませてもらってます。

最終回の感想!さすがカミママさん!と感極まって
コメントしてます。

これ読んで、最終回はもちろん、第一話から見直したくなりました~
本当に素敵な日向徹でした。
真琴ちゃんも可愛かったです。
ほんとに、この幸せ余韻が治まらなくて何度も脳内リピートしてます。

続編のために、私もせっせと感想を送りたいと思います。
Commented at 2012-09-20 20:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-20 20:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-20 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-21 03:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-21 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ami_buono at 2012-09-22 19:35
本当に素敵で幸せな気持ちになれるラストでしたね。何度も何度も見直しています。旬くんのファンでいることが誇らしく思える、素晴らしい作品でした。

私もブログ、更新しました。よかったら、遊びにいらしてくださいませ。

fudeetamor.exblog.jp
Commented by 春の小川 at 2012-09-25 21:41 x
こんにちは。おひさしぶりです。最高に素敵な最終回でした!!カミママさんの感想すべてに同感です!ベタで十分、むしろ余計なことしないで~って感じでした(笑)
でも今回は私ごとですが、最終話を迎えた時点でも娘の就職内定が出ず、ドラマの内容と勝手にシンクロしてしまって見ていて辛くて、ラスト2話だけを残して消去してしまったのです・・結局その後ようやく内定が出たのですが・・まあ、2話だけ繰り返して見れば満足ですから。
Commented by なかしままなみ at 2012-09-26 13:19 x
はじめまして。
私は普段、テレビをあまり観ないし、連続ドラを観るなんて、よっぽどないです。
それが、たまたま家に帰った時についていたテレビでやっていたリチプア、自分でもよく分からないくらい、そのドラマに引き込まれ、何だか、とても幸せな気持ちになり。確か、5話でした。
何に惹かれたのか今でもよく分からないのですが、とにかく、これは観たいと。
小栗旬さんは、芸能人としては昔から知っていたけれど、意識的に観たのは初めてです。ああ、こんなにステキなヒトだったのかと知りました。
そしてたまたま、このブログに出会い、
こんなに愛してやまないヒトが居る、そのひたむきな、一途な想いに胸打たれて、勢いでコメントしました。
好きって言う気持ち、誰かを大切に想う気持ちは、こんなに豊かなコトバになり、見も知らぬ私にもその想いが伝わり、何だか、私まで嬉しくなり、感動しました。
旬さんは幸せですね。こんなにステキなファンに恵まれて。

これからも、ブログ読ませていただきます。
いただいた感動に感謝。そして私も、続編を心待ちにします!
まだまだ観たいですね!
Commented by らりるれろん at 2012-09-29 11:27 x
最近読み逃げしておりました。リチプア依存症からちょっとづつ復帰しつつある今日この頃です。
すいません。パート18が見つけられないのですけど・・・。
by harupyonri | 2012-09-20 15:33 | 小栗旬 | Comments(10)