ブログトップ

王様の耳はロバの耳

お子ちゃま * パート 15

昨日の「せつない徹編」に続いて、
やっぱり「カワイイ徹編」を書かずにはいられません。 (^o^)

ドラマ序盤の、
PCを投げたり落としたり、ツンギレ炸裂の徹くんは、
一体どこに消えてしまったのか??

・・と思うほど、「子供返り」してしまった、
愛すべき徹くん! (*^_^*)

どなたかが感想で書いていらしたのですが、

「これまでは真琴が子犬のように日向になついていたけれど、
 9話では、徹がデカいワンコに見えた」

というのを読んで、爆笑してしまいました! (^o^)

それでは、我らがデカ・ワンコを、どうぞ〜

f0153101_23171279.jpg


自分が真琴に膝枕してもらっていることに気づいて、
「うわぁぁあっ!」と飛び起きる徹くん。 (*^_^*)

男らしい厚い胸板には似合わない、
シャイなリアクションだと思って微笑ましく見ていましたが、

配信されている脚本を読むと、ここはカットされたシーンがあって、
実は徹は、「朝比奈の葬儀」という悪夢を見ていたんですね。 (>_<)

そのシーンは撮影もされていたそうなので、
旬くんはここもそういうつもりで演じていたのでしょうが、

ストーリーの展開自体を考えてふさわしくないとカットされたのであれば、
そのおかげで「真夏のバカップル」なシーンになって、良かったです。 (^o^)

f0153101_23273544.jpg


自分の現在の財産を知らされて、
びっくりお目々の徹くん。

f0153101_23284871.jpg


「・・バイクを売ったら、どうだろう?」
と聞く表情が、なぜかツボ! (^o^)

そして、旬くんもリアルでご愛用だったルンバが、
忠実なワンコよろしく、尻尾を振り振りせっせと掃除しているのもイイ。

f0153101_23304750.jpg


で、全ての家財を売っぱらっても、
忠犬ルンバはしっかり連れてくる徹くんが、またカワイイ! (*^_^*)

「お前のところに来てもいいか?」と言うのに、
真琴に目を合わせられない徹くん、

あの狭いアパートに、デカい徹がちんまりと座って、
二人が気まずく黙りこくっているような絵も見てみたかったですが、 (^o^)

とりあえずは、部屋着にメガネのすっぴんで
徹を迎えに出てしまっても動じない真琴ちゃんが、最高でした!

f0153101_23392775.jpg


で、喫茶店でストローうにょ〜は前回も書きましたが、

なぜか注文したアイスコーヒー(?)は飲まずに、
水をストローでじゅじゅーっと吸っているのも、ツボ。

子供って、こういうこと、よくやりますよね〜! (^o^)

f0153101_23414638.jpg


椅子でぐるぐる回って目が回り、
机にへたりこむ徹くん。

「頭が痛いんだ・・」のあと、
肩を思いっきり真琴に揉まれて、

「いたぁい!」
という言い方も、ツボ。 (*^_^*)

「仕事しましょう」という紙を貼って、「見えてますか?」と、
先生のように根気強く言い聞かせる真琴ちゃんも、カワイイです。

f0153101_23453212.jpg


あれこれシリアスに考えるより、
とりあえず目の前のことに夢中になるのが徹くん。

警察に真琴を迎えに行ったときも、
偽名を使ったことを怒るより、

インターフェイスを試してもらうことの方に、夢中になってましたよね!

プリンかシュークリームかで真剣に悩むデカいワンコに、
どん引きのちっちゃい男の子が、またカワイイ〜。 (^o^)

真琴も、ようやく、
「ダメだ。 あの人、お子ちゃまだ。」と気づいたようですが、

寝言では「ハイ、プリン王子・・」とつぶやいてましたから、
やっぱり真琴の中では、徹は王子様だったのでしょうか? (*^_^*)

・・かつては尊敬と憧れの対象だった日向徹が、
ダメダメになってふにゃふにゃしている間に、

どんどんたくましくなっていく真琴との、
二人の数日間をもっといろいろ見てみたかったですが、 

あれだけの張り紙をするっていうことは、
徹は水も出しっぱなし、TVもつけっぱなし、冷蔵庫も開けっ放し??

そんな姿が目に浮かびます〜。 (^o^)

寝るときは別の場所でも、
一日中同居しているようなもんですから、

主婦感覚溢れる真琴の采配が、頼もしいです。

そんな二人も、
なかなかうまく行かない仕事のせいで、すれ違い・・ (T_T)

f0153101_042428.jpg


でも、覚醒してからの徹は、
やっぱり凄い!!

真琴と二人の写真をデスクに立てて、
それを見ながら頑張るところが、いいじゃないですか。

徹は二日間、不眠不休で完成させたのかな?
その間、真琴は邪魔しないように、オフィスには行かなかったのかな。

ま、細かいことにはツッコまないことにして・・ (^_^;)

f0153101_07394.jpg


朝、「インターフェイス採用」の連絡が来たんでしょう、
伸ばしていた無精ヒゲも剃って、髪も整えて、

おしゃれな洋服に着替えて、でもボタンを留める時間も惜しくて、
おそらく、オフィスに鍵をかけるのも忘れるほど嬉しくて、

真琴を迎えに飛び出してきた、徹くん。 (^o^)

ここも、脚本では
「仕事をしていたヨレヨレの服のままで駅まで」みたいに書かれていますが、

着のみ着のままでただ急ぐというのもいいけれど、
真琴のために着替えた、っていう演出の方が、ずっと素敵ですね!

f0153101_0141551.jpg


(今日は3日目だから、あいつは来るだろうか?
 もう改札を出ちゃったかな? すれ違っちゃったかな??)

と、振り返ってピョンピョンする徹くん。 (^o^)

反対方向にいるかとキョロキョロしながらも、
襟をぱんぱんと整えて、真琴のためにいいカッコするところが、いいですね。

そして、(あ〜、どうなっただろう・・)と暗い顔で階段を下りてきた真琴が、
そんな徹を見つけた時の、心の底から安堵して嬉しそうな表情が、秀逸でした!

(あの人がやる気になってくれた!
 何だってできる日向徹に戻ってくれた・・)

f0153101_0215589.jpg


そして、降りてくる真琴を見つけたときの、
この、徹の表情!!

音もなく、セリフもなく、
ただ、旬くんとさとみちゃんの表情だけで、

こんなにも想いの伝わる素晴らしいシーンになるなんて、
本当に、この二人はすごいです!!

(ああ良かった、あいつがちゃんと戻ってきた・・。
 仕事、うまく行ったぞ!)

その気持ちが溢れ出て、
そのまま駆け寄って、改札で抱きしめたっていいのに!

・・しかし、我に返ると照れくさくなる徹くん。 (>_<)

f0153101_026784.jpg


(しまった、
 あいつが来て喜んでるように見えちゃ、まずいな。)

さりげなさを装いながら後ずさりして、柱の陰へ。

f0153101_0272168.jpg


そのくせ、
(あいつ、ちゃんと降りてくるかな?)って確かめずにはいられない徹ちゃん、

もう、小学生か〜!? (^o^) (^o^)

そんなお子ちゃまな徹を見て、
本当に愛おしげに微笑む真琴。

f0153101_0294194.jpg


で、いつのまにか立場は逆転、
ど・Sなのは真琴ちゃん。 (^_^;)

わざとぴったり後ろにくっついて、
「何してるんですか? こんなとこで。」

柱を手でとんとん叩きながら、
「散歩。」ととぼける徹くん、

でも、嬉しくって我慢できないから、
「インターフェイスが採用された。」って、すぐに言っちゃいます。 (*^_^*)

f0153101_032232.jpg


こういうファッションをさせれば、
もう、かつての溌剌とした若社長にすぐ戻って、

歩く姿も自信に溢れて・・。

f0153101_034941.jpg


それでも、
「それで一番に私に?」と喜ぶ真琴に、

意地を張らずに即座に、「ああ」と答えるあたり、
徹くん、素直になったじゃないですか〜! (^o^)

でも、自信が戻ればまたまた照れ隠しの上から目線、
「何だあの紙の無駄使いは!」

そう怒る姿にも、
(前の日向徹が戻ってきた〜!)って嬉しい真琴ちゃん、

満面の笑顔で、思わず腕に抱きつこうとして・・

f0153101_1504411.jpg


(えっ?)って手をよけてしまう徹くんですが、

カフェの前で耀子さんの手を振り払ったときとは、
全然違う優しさでした。 (*^_^*)

こうなると、また真琴が、
徹にまとわりついて大喜びの子犬みたい。

f0153101_040288.jpg


「僕の顔を見ても(電気代の)解決策はないぞ」とか、 ↑

(え? 鍵が開いてる・・。 泥棒??)とか、 ↓

f0153101_0413098.jpg


どんだけバカップルなんだ〜!! (^o^)

・・それにしても、徹の元に戻ってきた3人組、
徹と真琴のことは、どう思ってるんでしょうね?

もともと、「夏井さんは日向さんに気に入られてる」
くらいは思っていたでしょうが、

たった一人で日向についていった真琴の気持ちは、わかりきっているはず。

そんな二人が、朝、一緒にオフィスにやってきたら、
(俺たち、おじゃま虫??)くらい思いそうなもんですが、

3人はダメダメな日向徹を見ていないから、
ここでも徹がビシッと真琴を使っていた、と思ってるんでしょうか? (^_^;)

でも、徹のデスクに二人のラブラブ写真が立ててあるの見たら、
いや〜、仕事やりにくいだろうに・・。

それとも、当然この二人はデキてる、と公認の関係なのかしらん。 (^o^)

f0153101_049319.jpg


「うちの壁にも書きましょう!」と言われて、
苦い壁の記憶に、ためらう徹。

その手にパシッとマーカーを握らせて、
「怖がらないで書けばいいじゃないですか!」と、

徹の気持ちはお見通しのうえで、ハッパをかける真琴。

そんな二人の関係を見て、
3人組は、(あれあれ? いつの間に夏井さんが上に立ってる??)

f0153101_0513927.jpg


しかも、最初から真琴の分のデスクも発注していたことがばれて、
嬉しくって仕方ない真琴と、苦虫を噛み潰す徹くん、

いくら偉そうにしてみせたって、
もう、徹の立場はないですよね〜。 (^o^)

f0153101_0533761.jpg


(こいつ、調子にのりやがって!)
という、徹の横目が、またまたツボでした! (*^_^*)

f0153101_0543889.jpg


「無駄にならなくて良かったですね〜。
 この、クソ高い机と椅子!!」  

とさらに得意満面な真琴に、

社員も増えたことだし、
このまま真琴に調子づかせては大変(?)と、

「おまえ! ちょっと来い!!」

f0153101_0581611.jpg


壁の裏手に真琴を追い込んで怒ろうとするこのシーン、
「いたずらなKISS」を読んでいた世代なら、

入江くんが高校卒業式の日に
店の裏で琴子を壁に押しつけてkissしたシーンを思い出しませんか? (^o^)

このまま徹くんが壁に手をついて怒って、
言い訳する真琴の口を、唇でふさいでくれるかと期待したのですが、

我らが日向徹は、さすがに大人の男でした!

f0153101_122451.jpg


「ひとつ、言っておく。

 お前が信用できる人間かどうかなんて、どーだっていい。
 僕がお前を信じる!」

あの狭いオフィスじゃ、いくら隠れても3人組に丸聞こえでしょうから、
徹くんもストレートには言えないと思いますが、 (^_^;)

これは充分、愛の告白ですよね?? 

信じるっていうことは、
傷ついてもいいから、一緒にいたいということ。

自分の壁の中に、
真琴を受け入れた、っていうこと・・。

f0153101_1103722.jpg


「それから、もう一つ!」

(え? 一つじゃないの?)

「壊したんなら、責任取れ。」

(責任取れ、って、ずっと面倒見ろっていうこと??)

「(僕の人生に)巻き込むぞ! いいな。」

(・・・!!)

ついに、覚悟を決めてくれたんですよね? 徹くん! (*^_^*)

真琴を手放さない、
ずっと連れて歩いて行く。

・・脚本は「もう一つ。」と紙を見せるところで終わっていましたが、
そのあとのセリフは、誰が考えたのでしょう?

照れくささを怒り顔に隠して、
日向徹らしい、最高の決め台詞!

そしてまた真琴も、
嬉しさがこみ上げながらもゴクリと飲み込んで、

精一杯強がって、「ハイ。」と答える顔がカワイイ〜。 (*^_^*)

f0153101_1173743.jpg


強がってはみても、やっぱり嬉しくて照れくさくて、
思わず見つめ合って笑みがこぼれてしまう、徹。

いや、だから〜、3人組に筒抜けだってば! (^o^)

こんな状況で、いつになったら
お子ちゃまと真琴ちゃんはkissできるんでしょうか?

誰が旅立つのかわかりませんが、
空港でのロケがあるようで、

真琴を投げ飛ばさないまでも、
またまた寂しさを隠して強がって別れる徹くんとか、

「あっ!」と明後日の方向を指さして、
振り向く真琴にフレンチキッスとか、

もう、そういうのはいいかげん、卒業してね!?

最後は、大人になった日向徹が、
ちゃんと愛を言葉にして、

しっかりと胸に抱きしめて、
感謝のkissを捧げて欲しいです〜。 (*^_^*)

f0153101_1292482.jpg


ま、このままの徹くんじゃ、せいぜい

「これが怒ってるように見えるのか!?
 僕は、お前が好きだと言ってるんだ!」

くらいしか言えないかもしれないけど・・ (^o^)

来週はまた、ビジネスと男同士の葛藤がメインになるのかもしれませんが、
どうか王道の月9らしく、

爽やかに、夢を見られるラストになりますように。

こんなにみんなが先の展開を予想して、
ワクワクドキドキして見られるドラマになって、本当に本当に良かったです!

クランクアップまであと少し、
旬くんたち全員が、どうか無事に走り抜けますように!! (^^)/
[PR]
Commented at 2012-09-07 06:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-08 14:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-09 19:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ウマ at 2012-09-09 21:07 x
ドラマを観てカミママさんのブログを見て、ドラマをリピ。
そして。またリピと。そしてリピ。
毎日深夜は忙しいです。
カミママさんも豊かな文章で、一層楽しめます。
そこそこ!!!と ファンのツボをおさえて書いておられるので、も~~~ワクワク、ドキドキ、ニヤニヤと、なんだか力が入るので読んだ後は疲れます(心地よい)。
後2話と本当にさみしいですが、よろしくおねがいします^^
by harupyonri | 2012-09-07 01:57 | 小栗旬 | Comments(4)