ブログトップ

王様の耳はロバの耳

抱きしめてしまうから * パート 12

いつも皆様からいただくコメントで、
細かい萌えポイントを教えていただき、ありがとうございます!

そうそう、私もそこが好き・・というシーンも、
気づかなかった〜というシーンもあって、

そこを確認するためにまたまたリピが止まらず、
なかなか記事が書けません。 (^_^;)

相変わらず、個々にお礼のお返事ができなくて申し訳ありませんが、
どうぞこれからもお立ち寄りいただけたら幸いです。 m(_ _)m

・・というわけで、
せつない第七話でしたね〜 (T_T)

旬くんも真琴ちゃんも無言の演技がうますぎて、
二人の気持ちが痛いほど伝わって来たので、

もう今さら書くこともはばかられるのですが、
でもやっぱり、書いちゃいます。 (^o^)

f0153101_23383056.jpg


耀子さんの前では決して見せないだろう、この姿。
どうして、真琴の前だと何も構えずにいられるんでしょう? 

「嘘つき女」と言ってスネながら、
両足をブラブラ開いたり閉じたりしてたのが、カワイイ。 (*^_^*)

f0153101_2341887.jpg


自分も 「立て込んでて」 電話に出られなかったせいか、
後ろめたい顔を見られたくないのか、背を向けて・・

この、子供みたいに右腕を抱え込んだ姿を見て、
母性本能くすぐられない女性がいますか?? (^o^)

そして、思わず徹が口にした、
「お前を安心させるためだけに、そんな無責任なことを言えるか。」

お前を安心させたい・・、
って思ってるってことですよね〜! (*^_^*)

f0153101_2344969.jpg


で、前から思ってたけど、
意外に図太いのが真琴さん。 (^_^;)

「ほんっとに社長って嫌われてるんだな〜って、・・」

(こんなときに、そこまで言うか?)
半分、あきれ顔の徹くん。 (^o^)

f0153101_2346025.jpg


でも、真琴の心からの言葉に、
スイッチが入って、(言ってやるよ!)というこの顔に戻ります。

ホント、子供なままの徹くんですから、
褒められれば木も登る! (^o^)

でも、やっぱり子供ですから、
自分の真琴への気持ちには自覚なし。 (>_<)

f0153101_23503798.jpg


朝比奈 「俺はふられたけどね。」

徹 (え? くどいたのか?)

f0153101_23571456.jpg


朝比奈 「(電話)かけた?」
真琴 「いいえ」

徹 (隠すんだ・・。)

そりゃあ、真琴は耀子が徹を好きと知っているから、隠しますよね。 (^_^;)

f0153101_002510.jpg


真琴 「冗談とはわかってても、あんなこと言われたら気になります。」

徹 (あんなこと、って??)

徹はすでに朝比奈から「夏井さんを好きだよ」と聞いてるわけですが、
どう見ても朝比奈が本気とは思えないから、

ただただ、真琴の反応だけが気になって仕方ないわけですよね。
朝比奈にくどかれて、本当はどんな気持ちがしたのか、って・・。

朝比奈が本気だとは思えないからこそ、
TVで謝罪会見をしたあとも、あっさり、

「あいつに言われたから、敵を作らないようにしたんだ」なんて、
朝比奈の火に油を注ぐようなことを言ってしまうわけで。 (>_<)

朝比奈にしてみれば、8年来のパートナーの自分が
いくら説得しても変わらなかった徹が、

こんな小娘の発言一つでどんどん変わってしまうのは、
さぞかし悔しいと思うんです。

本当に、ずっと一緒にやってきたのに、
朝比奈の気持ちを一つも思いやれないところも、

徹くん、子供過ぎます・・ (T_T)。

f0153101_08514.jpg


耀子 「いいとこに就職決まったらしいしね!」

徹 (そうなのか?・・俺は聞いてないぞ。)

とにかく、この店での一連のシーン、
徹くんは瞳をキョロキョロさせているだけなのですが、 (^o^)

彼の心の中が手に取るように見えて、
嘘がつけない人だなあ・・って、微笑んでしまいますね!

f0153101_0114446.jpg


徹 「努力した人間が報われる、そういう話はみんな好きだから、
   堂々と行け。」

こういう時の徹は、本当に頼もしいです。 (^_^)v

でも、徹にあっさり「良かったな」と言われて、
ガッカリしている真琴。

しかし、ここでくじけないのが真琴さん!
よくまあ、あの日向相手に言えるな〜、っていう感じですが、 (^_^;)

f0153101_015714.jpg


真琴 「たいした努力もせずに、才能と運だけで・・」

徹 (どうせ俺はそう思われてるんだな。)

f0153101_016490.jpg


真琴 「でも目立つ分、たぶん傷ついてる」

徹 (・・・)

f0153101_0192685.jpg


真琴 「私は、あなたのもとで働きたいんです!」

このセリフ、私だけではなく徹くんにも、
「私はあなたが好きなんです!」・・って聞こえていたはず。 (*^_^*)

もうね、二人とも、
口に出してる言葉と、心の言葉が違いすぎるのが切なくて・・。

f0153101_0211613.jpg


その告白を聞いて、
振り返らないまま、心から嬉しそうな笑みをこぼす徹が、素敵でした!

誰からも敵対視されているような状況の中で、
自分についてきてくれるっていうだけで、

どんなにか、救われたはず。

f0153101_0235261.jpg


徹 (おっと、こいつなんかに励まされてて、どうするんだ?
   僕こそ、こいつをちゃんと歩かせてやらなくちゃあ・・)

f0153101_0255274.jpg


徹 「成長がないなあ!・・今は、自分のことだけ考えろ。」

この時の徹くん、
本当に真琴を見守る大人の男、っていう感じで、

男前度1000%でした〜!!

f0153101_0281356.jpg


真琴 「そうですよね・・、また間違えるところでした。」

無理矢理泣き笑いの、けなげな真琴を見て、
身につまされるような徹。

今まで、他人の気持ちなんてひとつも考えずに、
その毒舌で傷つけても平気だったのに、

真琴の気持ちだけは放っておけないんですよね。 (T_T)

f0153101_0315860.jpg


真琴 「私、研究所に行きます。」
徹 「ああ・・。まあ、頑張れ・・。」

涙がこぼれそうになるのをこらえるように、
キリッとした表情をして見せているのに・・

真琴 「日向社長と仕事ができて、幸せでした!」

あんなに涙を流しながら、必死で笑顔を作りながら、
こんなことを言われたら、

f0153101_034146.jpg


徹 (ああ、もうダメだ・・。
   このままだと、こいつを抱きしめてしまう・・)

あ〜〜っ、もうっ!!
徹! そこでギューっと抱きしめれば良かったのにっ!!! (>_<)

もう、脚本家さん、
これだけじらすなら、

最終回で盛大に、渾身の力で抱きしめて、
熱〜いキスをしてくれないと、許しませんよ!? (^o^)

今さらホッペにチュッとか、ありえませんからね〜!

f0153101_0384230.jpg


徹 (とにかく離れるんだ、こいつから。)

本当に大事だからこそ、
責任を持てないのに抱きしめたりしない、

自分の気持ちを抑えるかのように身を離して、
タクシーを呼ぶ徹。

この、東京タワー前のロケは、
ツイッターに目撃情報がリアルタイムでたくさんつぶやかれていて、

みんな口々に、
「小栗旬、超絶カッコいい! 石原さとみ、めちゃくちゃカワイイ!」

って書いていたので期待していたのですが、
予想以上でした! (^_^)v

f0153101_0412517.jpg


そしてまた、このときの立ち姿が、
長い脚、スリムなワイシャツ姿、

惚れ惚れしました〜。 (*^_^*)

ただ黙って真琴の腕をとって、
タクシーに先に乗せる徹。

真琴の想いは、
徹にだって、痛いほどわかっているからこそ、

だからこそ、自分のもとには置いておけない。

徹 「おやすみ」
・・口ではそういいながら、

(これでお別れだ・・)
と告げているようで。 (T_T)

f0153101_045624.jpg


そして、窓越しに立ち去る徹の背中が、
ものすごく雄弁でした・・。

あまりに堂々とした背中でもダメで、
でも、落胆した丸まった背中でもダメで、

真琴が愛しいけれど、そばにいてくれたら嬉しいけれど、
けれど彼女のためを思って離れていくだけの強さは残している、

そんな男の気持ちを、
こんなにも見事に語れる背中・・。

いつのまに旬くんがこんなに大人になったんだろう、って驚くほど、
心底、格好いい後ろ姿でした。 (*^_^*)

f0153101_049980.jpg


徹 (これで良かったんだ・・)

真琴の気持ちはもうずっと前から、
ただひたすら真っ直ぐに、痛いほどけなげに徹に向いていて、

徹だって、真琴といると
弱いところもひどいところも見せられる、ありのままの自分でいられて、

どうしようもなく真琴を必要としているのに。

いつになったら、素直に真琴に言えるんでしょう、
「僕のそばにいてくれ。」って・・ (>_<)

f0153101_0572946.jpg


・・そしてこの人もまた、
実は真琴よりももっと激しく、徹を愛していたのでは!?

最初は、徹という天才に惚れ込んで見守ってきた朝比奈が、
どうしてこんなにも徹底的に徹を追い落としていくのか、

ただ、ナンバー2に甘んじるのがイヤになったというだけでは、
企業を大きくするには、徹のやり方では通用しないというだけでは、

理解できないほどの豹変ぶりで、
演出ミスかと思っていたんですが、 (^_^;)

もう、今の朝比奈さんを見ていると、
自分から心が離れた恋人への、嫉妬に狂っているようにしか見えません。

単純に地位と名誉と財産が欲しいだけならば、
冷静で頭の良い朝比奈ですから、もっとスマートなやり方ができたはず。

それが、なりふりかまわずダーティーな道に走って、
傷ついて困った徹を見て嬌声を上げている・・

BLという意味ではないですが、
朝比奈は、日向にとっての一番でいたかったんだと思うんです。

それがどうにもかなわなくなった今、
嵐のように暴れて、徹を傷つけて、

自分でも無意識のまま、(俺を見てくれ!)と叫んでいるようで。

・・朝比奈からのデスメールを受け取っても、
まだ半信半疑で、呆然と朝比奈の居所を聞いていた日向。

遠野と朝比奈のつながりを知らされても、それでもまだ、
(これは会社のための朝比奈の作戦じゃないか?)と思っていたはず。

会見場ですれ違うときも、近づいてくる朝比奈に、

(朝比奈・・、何か言ってくれ。 僕に言うことがあるだろう?)
そういう瞳をしていた徹。

それが、「残念だよ」と切り捨てる一言をかけられて、
扉の向こうに消えながら残した朝比奈の嗤い顔を見て、

初めて、これが全て本当のことだと知って、愕然とする徹・・。

俯いて唇を噛みしめ、
そして意を決して顔を上げたときの、その表情。

このシーンも、一つのセリフも無いのに、
徹の心の中が身につまされて、苦しいほどでした・・。 (T_T)

・・けれどきっと、
徹は朝比奈を恨まないような気がします。

徹だって、
知らず知らずのうちに朝比奈をたくさん傷つけてきたから。

無邪気な暴言や傍若無人な行動で、という直接的な意味でも、
どうにもかなわない天才である、というそのことだけでも、

ずっとそばにいた朝比奈こそ
最後に受けた傷はものすごく深かったと思うんです。

徹と真琴には結ばれて欲しいけれど、
朝比奈も救われて欲しい。

朝比奈を一番だと言ってくれる人に、巡り会って欲しい。

いまや、そんな気持ちさえしてきて、
ラストがどうなるのか、気になって仕方ありません〜。

どうか、朝比奈を単なる当て馬で終わらせないで、
「究極の男の友情」も描ききってくださいね!

そして、5話あたりまでの
怒鳴ってPC投げ飛ばすばかりの「ツンギレ」徹くんから、

黙って、うるんだ瞳で言葉を語る「切ない」徹くんになった今、
どこまで心を持って行かれるのか、はかりしれません。 (*^_^*)

鳥飼くんに会うのがためらわれるほど(?)徹くん一筋の私に、
どうぞまた、たくさんの「萌えポイント」教えて下さいね〜 (^^)/
[PR]
Commented by マリ at 2012-08-26 06:18 x
おはようございます。カミママさんの感想を待ってました!
ちょっと待ちくたびれましたが、、、ごめんささい、徹風味で正直に言ってみました(笑)。
徹の心の中がヒシヒシと伝わってきて見返すたびに心の痛みが大きくなって、でも見返したくなって、また辛くなっての繰り返しです。朝比奈さんは徹とは別の大きな心の傷を抱えていくわけですが、どうするんでしょう?企業を大きくするためだけの駒なんだと、切り捨てるのでは悲しいですよね。
徹の子供のような無垢な心が朝比奈の心を癒していくような展開になっていくと嬉しいのですが。
そしてこの時期に「踊る~」の鳥飼くん。早く会いたいのですが私もためらいそうです、、、。
Commented by 春の小川 at 2012-08-26 20:32 x
7話、良かったですね~今回のドラマで初めてキュンとしました(笑) レストランできょときょとしながら様子を見ているシーンが好きです。あと数回でどこまでラブが進むかはかなり微妙な感じですが、期待以上のドラマになり、充実した夏になっています~
Commented by Komomo at 2012-08-26 21:53 x
ワタシもまちくたびれました(笑)床ゴロゴロもハマりましたが今回は本当に表情だけで魅せてくれましたね~。
ちまたでは鳥飼クンもかなり評判がいいみたいで初日に行くか迷っています。何しろ徹クンに夢中なんでここに鳥飼クンまで現れたらどうしようって感じです。嬉しい悲鳴ですね。すべて終わった時がこわいです☆
Commented by らりるれろん at 2012-08-27 08:52 x
感想まってました!私もコメント欄ではお伝えできないほど、たくさんたくさん語りたい!!(笑)カミママさんの感想にすべて同感!!その他でいうと、もう日向&朝比奈の2ショットは拝めないのでは?と思っていた7話のバーにふたりがいた「え?」の2ショット!!かっこよすぎです。あのバー下高井戸倶楽部には状況したときにぜひいきたい!!と思ってしまいました。
いよいよ8話ですね!あーどうなるんだろう!!
Commented at 2012-08-27 14:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by スモモ at 2012-08-28 06:58 x
ごめんなさい<(_ _)>8話を見てました~!(^^)!あまりにもスカーット幸せなこの気持ち~暑い夏が清々しく、ウキウキ気分~さとみちゃんの笑顔と徹ちゃんの嬉しさを隠したしかめ顔が(*^_^*)オバサンのハートをギュウギュウしてくれました!(^^)!
by harupyonri | 2012-08-26 01:40 | 小栗旬 | Comments(6)