ブログトップ

王様の耳はロバの耳

怖くて

あれから2週間、
徐々に静かな日々が戻ってきて、

adidas・uno・味の素の新しいCMに癒されて、 (*^_^*)

もしかしたら、あれは夢だったのかも・・??
なんて自分を誤魔化してきましたが、 (^_^;)

ついに旬くんが帰国しましたね。

明日の試写会がその話題でつぶされてしまうのは、
旬くんだって本意ではないだろうと思いますが、

きっと避けられないことなので、
抽選にハズレて、半分良かったような・・ (^o^)

帰国時の空港での映像も、
見れなくてホッとしたような。

・・だってね、やっぱり怖いんです。 (>_<)

いつかはXデーが来ることは覚悟していたので、
結婚自体はあまりショックは無かったのですが、

旬くんの口からノロケられたら、
どんな風に胸が痛むんだろう、って。

だってすでに、ブログの
「俺が彼女に惚れたのは・・」っていう一言だけで、

結構、つらかったですから。 (^_^;)

大人なファンの皆様なら、
もうとっくに気持ちを切り替えていらっしゃることでしょうが、

まだまだダメですね〜。
恋心が残ってるんですよね。 (*^_^*)

いっそ、旬くんがファンの気持ちなんか全然配慮せずに、
バカバカしいほどノロケまくってくれたら、

(この幸せもんがぁ〜!) (^o^) (^o^)
って大笑いして、せつなさも吹き飛ぶかもしれません。

というわけで、
テンション低めの時には、コレ。

f0153101_16581960.jpg


「月刊TVガイド」によると、
鳥飼くん、管理官に出世でしょうか?

捜査本部長として指揮を執る、と書かれているので、
どんな冷徹な采配をふるうのか、楽しみです! (^_^)v

踊る2や3の管理官は、
いたずらにわめき立てて、所轄を怒鳴り散らすだけの
「典型的な官僚」に描かれていて可哀相だったので、

鳥飼くんくらいは、
「キャリア組だって、ただのバカな権力者じゃない。
 所轄の雑魚にはわからない、王者の苦悩を抱えているのだ」

っていう設定にしていただきたいんですが、 (^o^)
・・それだとカリギュラになっちゃいますか??

旬 「前回は織田さんと柳葉さんの空気を
   ダイレクトに受けてしまったんで、
  (今回は)それを全てかわしていこうと思っています。」

確かに、「踊るの空気感」になじまないのこそ、
鳥飼のキャラクターだと思うので、

どちらかと言うと、鳥飼主人公で
シリアスなスピンオフを作っていただきたかったんですが、 (^_^;)

でも、SPドラマとファイナルに出演できただけでも、
ありがたいことですよね!

あとはただ、
表情を読まれないためのブラウンのサングラスをはずして、

実は怪我の後遺症もなく、しっかりと物が見える美しい眼で、
冷酷に周りを睥睨(へいげい)する・・

そんなシーンを入れていただけたら、
もー、それだけでご飯何杯でもいけます〜! (^o^)

f0153101_17132249.jpg


そして、「JUNON」に載っていた
美しき兄弟も、楽しみですね。 (^_^)v

もっとも、映画の「兄」の見てくれは美しくはなさそうですが(!?)、 
この二人が素顔で、兄弟とか先輩後輩役のドラマがあったらいいのに!

宇宙兄弟の練習で、兄弟としての気持ちを知るために、

「岡田くんが好きな小栗旬が、俳優の仕事がなくなって
 マクドでバイトしていると知って、どういう電話をするか」

というお題の即興芝居をやらされたそうですが、

岡 「俺、そんな旬さん見たくないっす!」
って心から言ってくれたとか。 (*^_^*)

それなら、実は血のつながっていない兄弟の二人、
旬くん演ずる兄に恋人ができて、密かに嫉妬する弟が、

気づかれないように二人の仲を裂こうとして・・
な〜んて、それじゃ韓流ドラマかな!? (^_^;)

でも、なにげに旬くんはボーイズ○ブな雰囲気を出すのがうまいので(?)、
東京DOGSでも、ドリトルでも、

男同士の熱い友情にときめきましたよね〜。 (*^_^*)

そう、これで年貢も納めたことだし、
これからは、大人の恋愛ドラマにも、是非挑戦して欲しいです!!

・・さあ、明日の試写会、もしも参加される方がいらしたら、
旬くんの様子を教えていただけたら嬉しいです。 

その時は、私が当分立ち直れないほど打ちのめされないように、
多少オブラートに包んだ書き方をしていただけたら(!?)、
とてもとてもありがたいです。 (^o^)

いい年をして、いまだに失恋が怖い私を、
どうか、笑ってお許しくださいね〜 (^^)/
[PR]
Commented by 春の小川 at 2012-03-29 16:34 x
昨日のジャパンプレミア、行って来ました。小栗さんのファンサイトからの当選でした。WSをご覧になったと思いますが、結婚のことは素直に「ありがとうございます」ってだけで、あとは「映画のことをちゃんと伝えていただけたら」ということで終わりでした。
舞台以外で小栗さんを見たのは初めてなんですが、他の出演者たちも一緒でオーラが数倍増、すぐそこにいても遠い遠い人なんだなーと感じました。結婚でどうのとかいう親しみなんかなくて、ほんとに別世界の人。まだ舞台の上の彼のほうが近い気がしました。舞台挨拶では相変わらずふらふらしていて、これもまた変わらない小栗さんでした。
映画は面白かったです。公開されたらまた何回か行くつもりです。
結婚については、私が感じるところでは自分の気持ちを素直に出さずに、平気な振りして「おめでとう」と言ったひとがその後の後遺症に苦しんでいるようです。嫌なら嫌だし、複雑なら複雑なままそう言えばよかったのに、と思いますね。大好きならば大好きなだけそこにはたとえ擬似でも恋愛感情はあるので、まずその自分の感情を認めることがこれから応援していく上でも大切ではないかと思います。
by harupyonri | 2012-03-27 17:40 | 小栗旬 | Comments(1)