ブログトップ

王様の耳はロバの耳

葉っぱ

先日の中国でのインタビュー、
皆様に教えていただきましたが、動画にアップされて良かったですね!

赤いセーターでインタビューを受けているものが、
すごくしなやかな感じの旬くんで、大好きでした。 (*^_^*)

「楊貴妃」での役はまだ決まっていない、との発表でしたが、
すでに制作発表もされている作品で脚本も登場人物も未定・・ってあるのかな?

それとも、「あずみ1」の時、すぐに死ぬ「なち」役になったのは
クランクインが遅れて、次の仕事と重なってあまり出られなかったから・・

という話と同じように、
スケジュールに合わせて、出られる役にするということなんでしょうか??

いずれにせよ、早く撮影に入れるといいですね!

さて先週の「5LDK」は、案の定「番組タイトル詐欺」に近かったですが、 (^_^;)

「さんまのまんま」では、面白い話題が出ましたね。


f0153101_8532499.jpg



2004年の舞台、
さんまさんは「小栗がまだ18歳くらいで、初舞台」とか言ってましたが、

実際は21歳で、
すでに「ハムレット」とかに出た後ですが。 (^o^)

でも、こんなにかわいい、紅顔の美青年ですから、
10代だったと勘違いされても仕方ないかも!


f0153101_85849100.jpg



大きな身体を折り曲げて、
物置みたいなスペースに入り込んでる旬くんが、かわいい。 (*^_^*) ↓

そしてもちろん、忘れちゃいけない、左手の指の美しさ!

旬 「(ハムレットと)稽古場の雰囲気は全然違います。

   深夜の稽古も初めてだし、
   4時間半稽古して、4時間半お話する稽古場も新鮮で、
   すっかり溶け込んでます。・・」


f0153101_1031734.jpg



長身で長い脚に、いつもながら白い衣装が映えて、
このショートヘアーも、すっごくいいですよね! (^_^)v


f0153101_965079.jpg



あらすじは、ご覧になった方の感想で読んだだけなんですが、

コント番組を収録中の小田切(さんま)を取材することになった、
若い記者(三橋)が旬くん。

乗り気でなく、いやいや取材している三橋の名を聞いて、小田切が
「君のお祖父さんと俺のお祖父さんは、同じ部隊にいたんだ」と言い出す。

そこで旬くんの衣装が早変わりで軍服になり、
三橋の祖父(やはり三橋)になる。

とある南の島に、落下傘で降りてきた三橋。
島にいる部隊は、慰問劇団のふりをして、闘わずに逃げようとしている。

そこに来た三橋のことを、調査に来た憲兵でないかと疑って・・


f0153101_938524.jpg



そこで、三橋が風呂に入っている間に、
小田切たちが服を隠してしまう。

泣きながら、手桶で股間を隠して出てくる旬くんが、
かわいかったとか・・ (*^_^*)

そしてサービスシーン、旬くんが手桶を取ると・・・きゃー! (^o^)
という場面で、葉っぱの形の前貼り一枚で舞台に立つ旬くん。

それはさながら、アダムのよう??

以前にも、さんまさんは
「小栗はあの時、葉っぱ一枚でほぼ全裸にされて」って話してたけど、

いや〜、生「隣人13号」状態だったんでしょうか。 (^_^;)
その当時、舞台を見ていた方がいらしたら、うらやましいです〜!!


f0153101_945098.jpg



で、その時のエピソードが「さんまのまんま」で語られて。

その「葉っぱ」を作る小道具さん(?)が、オカマの人で、
日に日に葉っぱを小さくしていくんだそうです! (^o^)

「ちょ〜っと、本物の葉っぱに見えないのよね〜」とか言いながら、
毎日やってきて、旬くんの股間に合わせて作り直すんだとか。

旬くんも、頭を抱えて
「あ〜、また来た!
 もう、昨日のでいいよって、さんまさん言ってください (T_T)」

で、さんまさんが
「作り物に見えてもええで」って言ってもオカマさんは納得せず、

さんま 「ありゃ、小栗に毎日からみたかっただけやろな〜。
     あいつ(小栗)も、かわいそうやったな〜。」

みたいな話をしてました。 (^o^)


f0153101_9515643.jpg



でもそこから、生瀬さんと温水さんが、

「でも、今じゃ主演俳優になって・・。すごいよね。
 僕らの舞台やって、その後主演張ってる役者は多いのに、

 俺らはまだ一度も主演がない・・。華がないんだな〜 (^o^)」

なんて、いじけてみせて笑いを取っていましたが。

この舞台は、3時間ずっとさんまさんのアドリブやギャグが満載で、
生瀬さんを始め、いかに笑いを取るか・・というお芝居だったみたいですが、

旬 「ぼく、役柄上、笑いの場面に参加できないんですよ。
   参加したいと思うけど、これはこれで面白いポジションじゃないかと。」

と言っているように、
結局、三橋(祖父)はやはり憲兵で、最後には殺されてしまう。

「本当はもっとみんなと楽しく過ごしたかった・・」
と言い遺し、息絶える三橋。

あぁ、こういうせつない兵士役、
旬くんに似合いますよね!!

たぶん、根がマジメな旬くんには、
さんまさんのギャグのノリにはとてもついていけないと思うので(!?)、

そういう、シリアスパートの役で良かったと思います。 (*^_^*)


f0153101_9595383.jpg



・・・と、戦時中の話でしんみりしたところで、
取材中の現代のスタジオに戻り、

三橋「・・え? でも、僕の祖父がそこで殺されたなら、
    僕は誰から生まれたんですか??」

結局、全て小田切の「口からでまかせ」、というオチ!?
いや〜、最後にそこできょとんとする旬くん三橋を見たかった! (^o^)

いえいえ、
ホントは、「葉っぱ姿」が一番見たかったんですが・・ (^_^;)

仕事では、裸体をさらすことをいとわない旬くん。
カリギュラでも、髑髏でも、その美しさを堪能させてくれましたが、

二十代最後の一年、
この時にしかない、はかない美しさを、

どうか映像に、舞台に、残してほしいです・・。

正直、貴重な時間を、クランクイン待ちで過ごすのならもったいない (>_<)

社長さんも旬くんも、男臭いロマンが好きみたいだけど、
ファンが望んでいる小栗旬の美しさ、わかってくれているのかな?

ロミオでも、ハムレットでも、アダムでも(!?)いいから、
せつない悲劇の主人公、待ってま〜す (^^)/
[PR]
Commented by konkon at 2011-11-14 14:55 x
こんにちわ~
今回は貴重なお話をありがとうございました。
自分の知らない時代の旬くんの事、とても嬉しいです。
いつもいつも、もっと早く旬くんの事気が付けばよかったのにと思う日々です。写真はJOKERのパンフレットですよね?
過去作のパンフや雑誌はなかなか手に入り辛くなってきて・・・(^_^;)
ちゃめっ気たっぷりの表情がまたたまらないですね~
今は撮影に向けての準備期間なのでしょうね。海外の作品に携わるのですから、言葉や文化や歴史の勉強もいっぱいあると思いますよ。
ただのお飾り出演じゃ無いことを祈ります。(笑)
Commented by ゆま at 2011-11-14 16:21 x
こちらでジョーカーのパンフレットを見せていただけるなんて、本当に感謝です!ごくせんで一緒だった生瀬さんが、旬くんを舞台に誘ってくださったんですよね。昔から共演者の方々と親しくなる天才だったんだなぁと思いました。
先日ある女性歌手のコンサートに行く機会があり、舞台の上のスポットライトを浴びて歌うその方を目の前にしたら、着流し姿の捨之介がフラッシュバックのように思い出されて、泣けてきてしまったんです。自分でもびっくりしました。重症ですよね。初めて観たムサシの時に感じた清々しさは何度観ても変わらない・・・板の上の旬くんはやっぱり特別です。悲しいことに、髑髏城の記憶はどんどん薄れていきますが、アップしてくださる懐かしい旬くんが見事にツボをついていて、たくさん癒されています。ありがとうございます。
相変わらず事務所のガードは固いですよね。楊貴妃の発表がクランクインしてからだったらどうしよう?と危惧を抱きつつ、いい作品になりますようにと今は祈っています。
Commented by マリ at 2011-11-16 06:27 x
カミママさん、おはようございます。
葉っぱというタイトルは、そういう意味だったんですね(笑)。その舞台は観てます。服が舞台手前に置かれているんです。そこまで手桶で前と後ろを隠しながら歩いてくるのですが服を拾いたくても手桶で両手は塞がっているので手をつかえず、泣きそうな顔で足の先で必死に洋服を持ち上げようとするのですが、手桶が落ちて、、、でもその瞬間にライトが消され真っ暗闇!後方だった私には葉っぱは見えずでした(笑)。でもその葉っぱには、そういうエピソードがあったのですね(笑)。この作品もそうですが小栗さんの舞台はDVD化されてないものが多いですね。「宇宙で~」も「偶然の音楽」も、とっても良い舞台だったのに残念です。両作品とも蜷川さんも観にいらしてて、余談ですが高橋洋さんもご一緒だったのですが、高橋さんはもう舞台からはすっかり離れてしまったのでしょうか。素晴らしい役者さんなのでいつかまた、小栗さんとの共演でお姿を拝見したいな~と思います。
Commented by ウマ at 2011-11-28 18:41 x
カミママさん。
ありがとうございます。
ジョーカーパンフレットの写真はお宝です。
ありがとうございました。
雑誌の片隅にある小さな写真しか見たことがなかったので、嬉しいです。感謝しています。
感想までも掲載してもらい、妄想したいです。
でも、ジョーカーの妄想は難しいです(><)
by harupyonri | 2011-11-14 10:20 | 小栗旬 | Comments(4)