ブログトップ

王様の耳はロバの耳

お見事!! (^^)/

やりました〜、
「キツツキと雨」審査員特別賞受賞!! (^_^)v

実は、観客賞がもらえたら充分、なんていう
失礼な予想をしていたんですが・・

というのも、「キツツキ」には、
人種問題とか、宗教とか、戦争とか、ハンディキャップとか、

そういう、海外の審査員や観客にもアピールするような、
インパクトのある設定が、何もなかったから。

本当に普通の、日本の田舎の日常の中で、
誰にも起こりうるような、普通の出来事(?)が描かれていて、

見ていて自分にも経験があるような可笑しさ、ほろ苦さ、
そんな感情を、ただただほっこりと描いた佳作だったので、

まさか、実質2位を取るなんて、
しかも接戦だったなんて、おみそれしました〜。 <(_ _)>

f0153101_16525141.jpg


授賞式に役所さんも旬くんもいなくて、映像がなかったせいか、
製作にTV局や大手映画会社がからんでいないせいか、

WSの扱いが悪かったのが残念ですが、 (^_^;)
この受賞で、上映館数が増えてくれることを祈ります!

そして何より、
こうして公に評価されるような素敵な作品に、

旬くんが参加できたこと、
本当に、本当に嬉しいです!!!

あ〜、早くもう一度見たいから、
「受賞記念・先行上映」とかやってくれないでしょうか?

せめてもの慰めに、
「日本映画専門チャンネル」で流れているグリーンカーペットの様子、
お届けしますね。

f0153101_16585790.jpg



沿道のファンと握手しながら歩いてきた旬くん。
握手できた方、う、うらやましい・・


f0153101_1702723.jpg



ーー日本映画専門チャンネルです。

と言われ、立ち止まる2人。
旬くんが口元にあてる手が、あいかわらず美しいこと! (*^_^*)


f0153101_1715837.jpg



ーー小栗さんからご覧になって、役所先輩、どんな俳優さんでしょう?

という質問を、真剣に聞く、つぶらな瞳。 (^o^)


f0153101_173787.jpg



旬 「や、もう、ホントにチャーミングで・・」

というのを聞いて、
(ほら、もっと持ち上げて持ち上げて)っていうかのように(?)、

両手をあげて笑う役所さんと、
それをチラ見する旬くん。 (^o^)


f0153101_1751847.jpg



でも真面目に、

旬 「素敵な、素晴らしい人です。
   あの、現場でもいろいろ支えてもらって・・。

   自分も、こういう大人の俳優になれたらいいな、と思います。」


f0153101_1765565.jpg



と、最大級の賛辞を送る旬くんを、抱くようにして

役所 「また、そんなに持ち上げて・・」(?)みたいなことを言って、
旬  「ハハハハ・・」って、あの素敵な声で笑って、

2人でシンクロして横を向いて笑う姿は、
まるで親子みたいに息がピッタリ!! (^o^)


f0153101_17101682.jpg



もう、この2人の様子を見ていただけで、
どれだけ旬くんが役所さんになついちゃったか、

役所さんもどれだけ旬くんをかわいがってくれたか、
すっごく、わかりました〜! (*^_^*)

ーーじゃあ、チャーミングな先輩から、小栗さんに一言お願いします。

役所 「ええ、もう、これからもう、
    日本映画をしょっていく俳優さんだと思いますので、

    えー、本当に頑張って欲しいと思います。」

大先輩から、そんなお褒めの言葉をいただいて、嬉しいですね! (^_^)v

ーー楽しみにしております。

というインタビュアーに、2人ともとびっきりの笑顔で会釈して、
去っていきました〜。


f0153101_17152248.jpg



このやりとりを見ただけで、
キツツキの現場がどんなになごやかで楽しかったか、

それはきっと、
あのシャイな沖田監督のお人柄もあるのでしょうが、

旬くんにとって、
とっても幸せな作品になったのではないでしょうか。

そして、竜也くんやまつじゅんの舞台を見に行ったりして、
存分に休暇を楽しんでいるらしい旬くん、

久々にリフレッシュ&充電して、
本当に爽やかで、晴れ晴れとした顔をしていますよね!

きっと睡眠も充分取れているのか、
お目々もこんなにパッチリで、

かわいくって仕方ありません〜。 (*^_^*)


f0153101_17201429.jpg



あぁでもこれで、
次はいつ動く旬くんを見れるのか・・ (T_T)

次の映画は、
果たして、クランクイン前に製作発表があるんでしょうか??

せつない秋の日々の過ごし方を、
どうか皆様、教えてくださいね〜 (^^)/
[PR]
Commented by 春の小川 at 2011-11-02 14:59 x
たくさんの笑顔の写真をありがとうございます。こんなに満面の笑みでむかえられたことだけでもうれしいのに、さらに実質2位の賞まで!これで上映館がふえるのは間違いないでしょうし、いつもと違った観客層の取り込みも期待できるし!ファンとしてこれ以上うれしいことはありません。やっぱり公に認められるというのは大事ですね。1,2年まえですか、外国の某有名賞をとった映画は、内容云々よりまずその受賞の話題先行で、ものすごいお客さんが殺到してびっくりしたことがあります。正直あの受賞がなかったらヒットしなかったと思われる作品でしたので、こうした話題はホントに重要だと実感します。興行成績がすべてではないけれど、広くたくさんの人に受け入れてもらえるのはエンターテイメントとしての基本だと思っています。それがたとえ受賞がらみであっても人を呼び込むきっかけになれば、それは次ぎにつながる大事なポイントだと思うのです。「岳」以上のヒットを期待してやみません!
by harupyonri | 2011-11-01 17:28 | 小栗旬 | Comments(1)