ブログトップ

王様の耳はロバの耳

やんちゃ坊主

せっかく素晴らしい髑髏で盛り上がっていたのに、
ちょっと水を差すような(?)感想文になってしまって気分を害された皆様、
申し訳ありませんでした。 <(_ _)>

外野の声をいつまでも引きずるのは私の悪い癖、
自分が感じた良さを、信じていかなきゃダメですよね!

ただ、私は以前から「あばたもエクボ」の溺愛タイプではないので、
自分が(いまいちだな)って感じた時は、やはり書いてしまうと思います。 (^_^;)

そんな時は華麗にスルーしていただくか、
(あ〜、またカミママがネガってるね)って笑っていただいて、

叱咤激励コメントいただければ嬉しいですし、
広い心でお許しいただけたら幸いです。

・・でも、今日は大丈夫。
テンションあげあげで、行って来ました〜!! (^_^)v

f0153101_9131051.jpg


土曜のグリーンカーペットの様子は、WSでちらっと見ただけですが、
七三分け(?)のキリッとした髪型でしたね?

日曜の舞台挨拶とQ&Aの時のビジュアルは、
ネットニュースにもたくさん上がっているのでご覧になられたと思いますが、

同じ髪なのにラフな仕上げになっていて、
これまた素敵でしたよ〜。 (*^_^*)

上映前の挨拶で、監督・役所さんに続いて最後に登壇した旬くん。

サイドの刈り上げがはっきりわかるスタイルで、
センターはウェーブがかかって、綺麗な額が見えて、

黒い眼鏡がとっても似合って、
そのまま、プラズミックスのポスターにしたいくらい。 (^o^)

f0153101_9193557.jpg


左耳には、いつもの(?)リング型のピアス、
右人差し指にリングをしていました。

ブラックのシャツ・タイツ(?)・編み上げのショートブーツに、
ブルーのベストとスリムパンツがぴったりと似合って、

髪型のせいか、舞台で痩せたせいか、
いつもよりさらに小顔になっていて、確実に9頭身!! (^_^)v

本当に、キレイで、スタイル良くて、
ため息ものでした〜。

f0153101_9311586.jpg


例によってボ〜ッと見つめていたので、かなりうろ覚えですが、 (^_^;)

日本から唯一のコンペティション参加作品、ということで、
世界の人々に見てもらえることについてコメントを求められ、

すでに役所さんが震災のことには触れていたので、

旬 「・・嬉しいですね。・・・・・」

それだけ? と、一瞬会場に笑いがこぼれると、
ちゃんとその後に優等生の答えを用意しているあたり、

いつもながら、ウケねらいもうまい! (^o^)

旬 「この映画には、日本の綺麗な景色や、
   日本人らしい感性(違う言い方だったと思いますが)がたくさん出てくるので、

   そういう所から、日本の良さが世界に伝わるといいと思います。」

初共演について聞かれて、役所さんから、

「CM(キリン生茶)では、既に共演していたんですけれど、
 お芝居では、やんちゃ坊主(?)で言うことを聞かないタイプかと思ってたら、

 大人で、真面目で、一つ一つの場面を真剣に一緒に作っていこうという
 そういう姿勢の俳優さんで、とても楽しかった」

という、嬉しいコメントが!! (^_^)v

「小栗くんの方からいつも話しかけてきてくれて、
 芝居の話はもちろん、人生相談とかもしました(笑)」

年長者に上手に甘えてかわいがられる、末っ子気質の旬くんが、
どんな話を役所さんとしたのか、メイキングで見たいですね〜。 (*^_^*)

そして旬くんは、

旬 「役所さんの作品を子供の頃からたくさん見ていて、
   普通のおじさん(の役)というイメージが多くて楽しみにしていたんですが、

   会ったら、いい意味で、普通のおじさんでした。」

このあたりも、WSで食いついてもらうための(?)、
キャッチーなコメントでしょうか!? (^o^)

ところがそれを同時通訳の人が、「a kind old man」と訳したので、
役所さんから、

「old manで、小栗くんの言ったニュアンスが正確に世界に伝わるのか心配です。」
と笑いを誘っていました。

正面を向いて撮影の後、右手を向くときに係の人が動かしたパネルが倒れそうになり、
サッと支えて運んだのも、恒例行事。

私が見に行ったいくつかの舞台挨拶では、
旬くん、いつもパネル係をやっていたような・・!? (^o^)

さらに左向きになるときにも、またパネルが倒れかかり、
ついに旬くんがパネルを手に持って撮影。

緊張で膝がガクガクしている、という監督さんに、

旬 「実は監督、今日着る予定だったジャケットを
   電車の中に忘れてきたんです。」 と暴露して爆笑。

役所 「しかも、今日のために新調したものだったんですよ。」
と、なごやかなキツツキ・チームの様子が垣間見れました〜。 (*^_^*)

最後は、小さく手を振って退場。
ニコニコとご機嫌も良くて、とっても素敵でした。

そして上映後のQ&Aには、「監督が参加します」ということだったので、
終了後に帰ってしまうお客さんも結構いたのですが、

「では、監督をお呼びします。」と言われて登場したのが、
なんと田辺監督! (劇中の旬くんの役名です。)

「暇だったので、来ちゃいました〜」と、サプライズ登場でした。 (^o^)

舞台挨拶のあとは、一般の人も外から見える会見場で
再度、マスコミからの詳しい取材があったようなので、

その後、待っててくれたのでしょうか。

たぶん、あまりに緊張している監督をリラックスさせてあげようという
心遣いもあったんじゃないかと思います。 (*^_^*)

f0153101_1045176.jpg


そして、今度は椅子に座っての質疑応答。

ネタバレになる部分は今は避けますが、
「お気に入りのシーンは?」という質問に、

監督が旬くんと役所さんのシーンをそれぞれ答えたんですが、

私も、そのシーンの旬くんがすごくすごくかわいくて好きだったので、
嬉しかったです〜。 (*^_^*)

旬くんは、自分のシーンではなくて、
役所さんのシーンで大笑いしたシーンをあげてました。

また、アドリブはあったのかという質問に、

旬 「監督がなかなかカットをかけてくれないことがよくあって、
   困ってアドリブを続けたこともありました(笑)」

ある場面では、

「○○というところまで台本に書いてあったんだけれど、
カットがかからないので、その後の××というアドリブを続けました・・」

なんていう裏話もあり、
そこもとてもいいシーンに仕上がっていました。 (*^_^*)

「監督と俳優、どちらが向いていると思いますか?」という質問には、

旬 「ある意味、どちらも向いていないと思います。
   まだまだ、他の何かがないか模索しています。」

なんていう、びっくり発言も!?
あわてて司会者が、「俳優も監督も、もっともっと続けて下さい!」とフォロー。

旬くん、
まださらに、やりたい夢があるのかな〜??

映画にエキストラで参加した、岐阜の方からの質問などもあり、
旬くんは監督さんに会場のどこかを指さしながら、

「あの人が来てますよ」なんていう感じで耳打ちして、
笑顔いっぱいでした!

田辺監督の役は、80%位、実際の監督をモデルにしているという話で、

旬 「台本を読んだときには、監督役の癖が多すぎると思ったけど、
   衣装合わせで実際に監督にお会いしたら納得した。

   ほら、今も○○の癖をしているでしょう?」

旬くんが話していた他にも、予告で流れているシーンで、
車の中で旬くん演ずる田辺監督が、口を半開きで悩んでいる場面がありますが、

実際、昨日の質疑応答で答えを考えている時の沖田監督は、
まさにずっと、その顔!!

きっとそこも、沖田監督をモデルにしたんでしょうね〜。 (^o^)

f0153101_9571364.jpg


そして、和気藹々と質疑応答も終わり、
また、小さく手を振って去っていった旬くん。

今回は、いつものようにフラフラしたり天井を見たりすることもなく、 (^_^;)
監督が緊張している分、支えてあげている(?)、頼もしい旬くんでした!

そして映画は・・
本当に、素敵な作品でした!!

2時間以上なので飽きるかと思いきや、
淡々としているのに全く時間の長さを感じさせなくて、

全編通して、ずっとクスクス頬がほころんで、
時には爆笑。 (^o^)

役所さんの名演に感服したのはもちろん、
旬くんに、こういう作品に出てもらえて、本当に本当に嬉しかったです。

2月の公開、まだまだ上映館が少ないようなので、
是非とも、もっとたくさんのところで公開して欲しい佳作です。

ほっこり暖かい気持ちにしてくれる「キツツキと雨」、
こんな時代だからこそ、首を長くして公開を待っていま〜す (^^)/
[PR]
Commented by らりるれろん at 2011-10-24 17:56 x
生のレポを読ませていただけてうれしいです。
監督登場!!
いや~~憎い演出ですね!!

こちらの地域でも見れることを切に祈っています。
Commented by はせ at 2011-10-24 23:29 x
レポありがとうございました。

この日のチケットが取れなかったのはしょうがないにしても、土曜日の六本木になぜ行かなかったのか今更ながら後悔しています。

それはさておき、この映画、こういう映画の出演を待ち望んでいました。レポでそれをさらに確信。
もう期待大です!!!

ちなみに予告映像を、画面を消して声だけ聞くと、「これってOKですか?」のささやき声、、もう、たまりません。
こうして壊れながら公開日を待ちます。
Commented by はせ at 2011-10-24 23:51 x
続投失礼します。
本当にどうでもいいことなのですが前のコメント訂正します。
「これってOKですか?」→「今の・・OKですか?」
短いセリフさえ覚えられない崩壊者より
Commented by elirin at 2011-10-25 07:53 x
カミママさん、おはようございます
私もいました(笑)
役所さんがいらしたので安心したかのようにゆったりした旬君でしたね、でも足を上げてみたり、マイクを回したりはしてましたね
沖田監督は本当に緊張している様子で、あれが後輩の俳優さんならいじりまくったことでしょうね。ティーチインに出てくれて嬉しかったです。下手だったので、2度の退場に手を振ってくれて可愛いかったです。
映画はじ~んわりして、クスクスして素敵です。願わくばもう少し独り言でもいいので声が聞けたらな~と思います。26日も暇だから来てくれるといいですね。
by harupyonri | 2011-10-24 10:34 | 小栗旬 | Comments(4)