ブログトップ

王様の耳はロバの耳

収録日!

行って来ました、収録日マチネ!

ムサシの時も、今回も、
なぜか行ける日がちょうど収録日に当たるんですが・・ (^_^;)

ムサシの時は、収録日の舞台はちょっと硬かった感じで、
他の日の方が、みんな伸び伸びと演じていた気がしたので、

今日はどうかな〜??、と
期待半分、不安半分だったんですが・・

すごくすごく、良かったです!!!

というわけで、興奮冷めやらずの思いっきりネタバレ・レポですので、
まだ登城していない方は、後日のぞいてみてくださいね〜 (^^)/


f0153101_20151768.jpg



お話への細かい感想は、
また順々に書かせていただきたいんですが、

とりあえずは「本日の捨様」レポート・・
今日の公演がゲキシネになるのなら、一安心です。 (^_^)v

1幕の出だしは、やはり皆さん自重気味(?)で、
セリフが妙にゆっくり聞き取りやすかったり、

時々、ノリノリすぎて遊びすぎる(?)兵庫も、
今日は適度なノリで万全の始まり。

客席の方も、いつもはサブキャラそれぞれの見せ場で拍手が起こるのに、
今日はそれも少なくて、笑いも控えめ・・ (^_^;)。

そういうところは、カメラが入るとちょっと残念ですよね。

でも、ネットで「捨が鼻声?」とか書かれていましたが、
そんなこと全然無かったと思います。

たぶん、沙霧に優しくするとき、
いつもは妙に優しい、どちらかというと猫なで声(?)なのが、

今日は普通に低い、男らしい声だったからかと思うのですが、
その方が私はずっと好きでした。 (*^_^*)

蘭の舞うような殺陣も、
天の扇での殺陣も、ともに今日も美しく、素晴らしかったです。

そして、何よりの見せ場の百人斬り!

今日の捨のキレとスピード、
私が今まで見た中で、最高でしたよ〜!!!

心配していた「刀投げ」も、無事に落とさずキャッチしてました。 (^_^)v

舞台を見るまで、「刀を落とした」との批判を読んで、
(どうしてそんなこと??)ってわからなかったのですが、

あれは、落としても仕方ない場面ですよね・・。 (^_^;)

特に一回目の、兵庫と二人で投げ合う場面では、
互いの位置と投げる呼吸がぴったり合わないと、

刀が手元まで届かなくて、取れなくて落としてしまう。
私が見た時も、そういうことがありました。

かといって、呼吸を合わせるためにあまりに待つと、
周りの敵も止まらなくてはならなくて、間が空くし・・

だから、兵庫が投げるタイミングと、捨が受け取って切るタイミングが、
ドンぴしゃ!って合った時は、本当に喝采ものです!

今日の「互い投げ」(?)では、
兵庫の投げた刀の柄が上に、刃が下向きになって飛んでしまい、

うまく取れないかとハラハラしましたが、
そこは無事に落とさずキャッチ。

2回目の、兵庫だけが投げて捨が受け取る時は、
ドンぴしゃのタイミングで成功してましたよ〜! (^o^)

そして、蘭の最期を看取って、
刀の鞘をバーンと投げ捨てるところ。

本当に泣いているかと思うほど、今日はいつも以上に情感がこもってて、
そこから天へのたぎる怒りで走り出すところ、ゾクゾクしました!!!

そして、もう一つの心配は、
天にトドメを刺すとき、小刀がうまくカブトに刺さるか・・

あのカブト、よくすべるらしく(?)
今まで私が見た時は、一発で刺さる確率が50% (>_<)

突き立てた小刀がカブトの横に滑って、
刺し直すことがよくあったので、今日は決めて欲しかったんです。

で、それも見事に一発で決まったぁ〜!! (^_^)v
天の「血吹き」も華々しく決まりました。

・・ただ、なんとその後に、
天が最期のセリフを間違えた??

「貴様なんぞに、やられるなんて・・」というところで、
「この程度の小細工で」というセリフをまた言いかけて、 (^_^;)

「この程度の・・貴様なんぞに、やられるなんて。」

でも、自然にリカバリーしてたので、
初見なら何も違和感なかったかも。

それまでの二人の立ち回りがすごく良かったので、
できればそのままゲキシネに使ってほしいんですが、

ソワレも収録があるから、
はたしてどちらが使われるのか、楽しみです。 (^o^)

そして、大きく変わったのがラストシーン。

先週までは、「この名前を捨てる」〜「柄じゃねえよ!」までが、
花道上で演じられていたので、

見にくい席もあったでしょうし、
何だか端っこで芝居が終わってしまって残念だったんですが、

今日は、その最後のシーン、
舞台中央に捨と沙霧が立って演じたので、すごく良かったです!!

いつから、こういう演出に変わったんでしょう??

今日は、最前列と、M列の中央にもカメラがたくさん陣取っていたので、
真っ正面からの映像で終われるように変更したのかな・・。

そしてカテコ。
2回目の時は、捨と天がお互い満足げに目を見交わしていて、
いつもはする袖でのお辞儀無し。最初から4回を想定してた? (^o^)

3回目は、袖でお辞儀しながら
反対袖の天の方へ拍手を・・と手をあげ。

放送後の4回目では、はけるときにも下手に歩きながら1回、
袖でもう1回、深々とお辞儀する旬くんの笑顔が見れました! (*^_^*)

ちょっと気がかりだったのは、
家康に捕まったあと、金貨をわけている皆を見ている時、

ちょっと捨が足を引きずっているように見えたこと??

足を痛めたのかと心配になりましたが、
カテコの時には元気に走って舞台に登場したので、きっと大丈夫ですよね!

ソワレの捨様のできばえは、いかがだったでしょうか??

マチソワ合わせて、
最高の芝居をゲキシネに残して欲しいですね〜!

「ソワレの旬くん」コメントも、是非是非、お待ちしていま〜す (^^)/
[PR]
Commented by みかん at 2011-09-29 23:23 x
カミママさん、こんばんは。
今日は捨さまの事が気掛かりで、仕事をしていても何か落ち着かない1日でした。でも、カミママさんのレポを読んで、ほっとしました。とっても素敵な捨さまが永久保存版に納まりそうですね。良かった!
レポありがとうございました。安心して寝ま~す。
Commented by 春の小川 at 2011-09-29 23:54 x
こんばんは。ラストシーン、27日は花道でしたので収録用に中央立ちでしょうか?画的に見やすければいいですが。小刀のシーン、27日ソワレは失敗でした。生身のお芝居ですからそういうこともあるでしょうね・・でも見ていて「決めてほしかった!」というのはありました。前回見たときはきっちり決まっていたので「あれ?」となるのは仕方ないです(笑) DVD、とても楽しみです!何度見ても楽しめる舞台です。
Commented by haru at 2011-10-01 10:15 x
こんにちは
ラストシーンですが、28日は中央立ちでした。
それも捨様の立ち位置と、照明のスポットがずれていまして…
長丁場の舞台、あと少し、頑張ってほしいです。
Commented by スモモ at 2011-10-02 12:18 x
こんにちは(^-^*)/もう10月ですね~髑髏のCDを聞けば聞くほどに捨之介様への想いが増してきます!新幹線の劇団員の方でさえ長い公演だとブログに書いていらっしゃるのですから、旬君も大変なんだと思います(:_;)サギリさんもいそへいさんもエアー入りの履物ですよね。足への負担もかなりあるんだと思います。28日も足を引きずるところと花道の後ろで旬君の咳が聞こえて心配してます(-.-;)大千秋楽まで無事に走りきれますように毎日祈ってます(^O^)/
Commented at 2011-10-04 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harupyonri | 2011-09-29 20:59 | 小栗旬 | Comments(5)