ブログトップ

王様の耳はロバの耳

懐かしい? * パート8

あっという間に、今年も半分過ぎてしまいました。

アレックスに始まり、「甘栗旬」まで(!?)、
もう、八面六臂の旬くんの活躍についていくだけで必死です。 (>_<)

まあ、できることなら、
「アイドルの」じゃなくて「俳優の」甘栗旬が良かったなぁ〜、というのは

つまらない、ファンのこだわりかもしれませんが、
国民的番組で声が聞けるだけでも、嬉しいですね! (^o^)

夏ドラマはリメイクも多くて、「りの君」再放送は嬉しいですが、
私にとって旬くんの「佐野泉」は特別なので、たぶん新作は見ないと思います。

もう一つのこちらは、どうしようかな〜? ↓

ま、いろいろアレだったから、
第二作の方は、DVD持っててもリピしてないんですよね・・。 (^_^;)

これは、先日掘り出した「gyao 2008年1月号」ですが、
まずは第一作から見たら、懐かしく楽しめるかもしれません。

f0153101_12461393.jpg



こうして懐かしく見返してみると、
どんなポーズを取っていても、

長い指がキレイですよね。 (*^_^*)


f0153101_12533812.jpg



そして、あの壮絶な2007年、
「りの君」と「お気に」を終えて、残暑の9月の撮影、

マネさんのスケジュール帳が真っ黒になっていて、
情熱大陸曰く「小栗旬が壊れたあの日」、その目前の旬くんは、

こんなにあごのラインもシャープにこけてしまって、
何だか、命と心を削るようにして働き続けていたんですよね。 (T_T)


f0153101_12483151.jpg



そんな中で、唯一楽しそうな表情なのが、
制作スタッフとの意見交換の時とか、

こうしてカメラを担いでいるとき! (^_^)v

この時にはまだ、監督デビューは具体化されていなかっただろうに、
やっぱり「撮ること」が、本当に好きなんでしょうね。

最近も、カッパの着ぐるみ上半身脱いだまま、
カメラ担いでるショットがありましたよね。 

そういう姿を見ていると、きっとまた、監督二作目も実現する気がしますが、
まずは舞台が終わったら、普通のドラマにも戻ってきてほしいな〜。

あ、もちろん、かぶり物なしの、素顔でね! (^o^)


f0153101_1335342.jpg



そして、なかなか別れがたい三歩くんです。

皆様のコメントで、見落としていたツボを教えていただくと、
もう一度、見に行きたくてたまらないんです・・。 (T_T)


f0153101_13143564.jpg


今日のツボは、なんと言っても、可愛いエプロン姿! (^o^)

頭巾して、お盆を抱えて、
エプロンには、クマさんのアップリケ。 (*^_^*)

大きな身体でくるくる働く姿が、最高です!

そして、「スーツありがとって、座間さんに言っといてね!」と、
あわてて着替えて飛び出していく三歩くん。

サイズが合わなくてつんつるてんなうえ、
珍しい三歩の姿に登山客がビックリするのが、ご愛敬。 (*^_^*)

副隊長の座間さんじゃなくて、
せめて長身の鈴之介くんに借りれば良かったのに、と思ったけど、

それでもスーツを着ると、
三歩にしては、カッコ良すぎるんですよね〜。 (^_^;)

町の橋の上で、また迷うシーンはともかく、
校庭を長いストライドで走り抜けるシーン、

そして、風向きの変化を感じて、立ち止まるシーン・・。

急に激しく回り出す風車の演出は見事で、
その不穏な空気に、三歩の顔色が変わるところは、

いきなり、推理ドラマのようで(?)
何度見ても「工藤新一」に見えちゃうんです〜。 (^o^)

f0153101_1330532.jpg



そして、吹雪の中をアイスクライミングする三歩。
(校庭からいきなりココ!?)というツッコミは置いといて・・ (^_^;)

ゴーグルとかのフル装備で顔は映らないから、
「俺じゃなくても同じなのに・・」とぼやきながらも、

スタント無しで登り切った旬くんに、感動です! (^_^)v

だって、この脚の長さのスタントマンさん、います!?
スタント使ったら、バレバレですよ〜。 


f0153101_1335136.jpg



そして山頂で、登山者名簿を確認する三歩。
野田隊長への無線で、

三歩 「登頂からの時間経過と、年齢的な歩幅を考えると、
    会社員三人はアイスキャップあたりだね。」

と言うときの、まだのんびりとした、
ちょっとなまった語尾もツボでした。 (*^_^*)

そして牧さんへの無線で、

三歩 「牧さんなら、雲の切れ間見て飛べるかなって。
   ・・風の魂胆読めるの、牧さんだけだから。」

この時も、切羽詰まっている声ではなく、
(無理しなくていいんだけど、牧さんに任せる)という、

おおらかな信頼関係のある言い方が、好きでした。

ただ、シナリオを読むまでは、
「年齢的な歩幅」と「魂胆」が聞き取れなくて、悩みましたが。 (^_^;)

そして、やっぱり吹雪の中を飛んでくれたヘリの中で、
「動けない人間が元気に手を振るか!?」と言う、

牧さんの厳しさにも、惚れ惚れしました〜。 (*^_^*)

f0153101_1352587.jpg


そして、吹雪の岩陰で、

三歩 「三人組の一人を見つけた。意識混濁してるけど運べるね。」
という時の、語尾も好きです。 (*^_^*)

牧さんが飛んでくれたことを聞いて、

三歩 「さっすが牧さん!」
野田 「おまえの情報のおかげだ。」
三歩 「みんなのでしょ。」

という三歩も、大好きです。 (*^_^*)

f0153101_13591873.jpg


頼りになる山の仲間たち、
自分だけの努力ではなく、助け合ってこそ成功する救助活動。

それはまた、
旬くんを応援し続ける、私たちにも当てはまるような・・?

たくさんの励ましや、情報のコメントをくださる皆様、
こんな場末のブログに遊びに来て下さる皆様、

そんな皆様に助けられてこそ、
旬くんの露出不足で遭難しそうな(?)時も、ファン活動が続けられています!

いつもいつも本当に、ありがとうございます。 <(_ _)>

以前から、いただくコメントに個々にお礼ができないことをお詫びしていましたが、
昨年は愚息の受験もあり、まとめてのお礼もせず、本当に失礼致しました。

また、昨年の「HDD全消去事件」、今年の「PCが壊れて初期化事件」でも、
たくさんの旬友さんのご厚意で救っていただき、本当に有り難うございました!!

昨年助けていただいた皆様のメルアドも、PCの初期化で消えてしまったので、
その後の経過報告もできずに申し訳ありませんでしたが、
お陰様で少しずつ、データを整理しております。

いただいた貴重な録画は、また徐々に、「小栗日照り」の時期にでも(?)
ブログでもご紹介させていただければ、と思っています。

仕切り直して、2011年になってからコメントをくださった、

 furuさん、ライアンままさん、みぃママさん、光さん、yumeimamaさん、kikiさん、
 fujimamaさん、S.A.さん、マリさん、らりるれろんさん、春の小川さん、はせさん、
 ざつ。さん、konkonさん、komomoさん、elirinさん、ウマさん、みかんさん、
 スモモさん、非公開コメントの皆さん、

どうもありがとうございました! <(_ _)>

お返事ができなくても、いつも有り難く読ませていただいていますので、
それでもお許し下さる方は、どうぞたくさん、

旬くんへの思いの丈を、語り尽くしていただければ嬉しいです! (^o^)

非公開でいただくコメントにも、皆様と一緒に読ませていただきたい情報や、
貴重な視点での内容がたくさんありますので、

はじめましての方でも、お久しぶりの方でも、通りすがりの方でも、
どうぞ遠慮なさらずに、公開コメントでいただければ嬉しいです。

個人情報などが含まれるときや、
ちょっと本音すぎて(?)・・という時は、もちろん非公開でどうぞ。 (*^_^*)

・・さあ、今年も後半に入り、
節電での暑い暑い夏になりそうですが、

夏バテしないように、細々とではありますが、
我らが旬くんを見つめ続けたいと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いしま〜す! (^^)/
[PR]
Commented by konkon at 2011-07-07 14:18 x
お忙しい中、いつも充実した内容で楽しませていただいています。今年に入って、ビックリするほどのあれやこれやで旬くん事に追いつけない日々でしたが・・・
今は露出も無く、少しまったりさせてもらってます。

工藤新一の画像・・・なんか、懐かしいですね。
溝端くんも、頑張ってもらいたいです。
それにしても、旬くんはどれだけアニメ関係の仕事すれば、気が済むのでしょうね~^^
蜷川さんも、苦笑いの事と思います。
いっそ、ジブリからオファーが来てくれないかと・・・(笑)

今年も暑い夏のようですね。
どうぞ、お体に気を付けて・・・最高の夏のためにネッ(oゝД・)b
Commented at 2011-07-07 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ウマ at 2011-07-09 10:21 x
懐かしい写真・・・・・。新一君素敵です。
旬君は、本当に頑張ってきましたね。

三歩君は我が屋のサイドボード上で笑っています。
あの笑顔は私の元気の源です。

舞台の練習中でもいろんなお仕事をしいるのですね。
ドラエモンのアイドル~~~には驚きましたが、
大好きなドラエモンに出演できてよかったです。

そして、スペースシャトルに旬君と岡田君の写真が搭乗していると聞き、驚きました。
凄いことですね。益々宇宙旅行も楽しみです。
猛暑が続きますが、ご自愛くださいね。

by harupyonri | 2011-07-04 14:41 | 小栗旬 | Comments(3)