ブログトップ

王様の耳はロバの耳

苦しければ苦しいほど

被災地よりもずっと恵まれているとはいえ、
電車の削減・物資の不足・毎日必ずある地震・原発の不安など、
いまだ落ち着かない日々を過ごしています。

でも、そうでなかったらきっと今頃は、
震災のことが他人事になってしまっていたと思うので、
私みたいな人間には、これでいいんだと思います。

仕事で入荷時間に店に行けないので、電池や牛乳はなかなか買えないんですが、
たまたま残っていると、その日一日ラッキーな気分! (^_^)v

でも、夏には必発であろう大規模停電に、
今から少しずつ備えておかなくては・・。

旬くんが言ってくれたように、今は「自分の仕事をきちんとすること」が
日本を元気にすることになるんですよね!

もちろん、日々の仕事も頑張りますが、
ファンとしてのお仕事(?)もしっかりやらなくちゃあ! (^o^)

・・というわけで、
崩壊気味の記事で気分を害される方がいないことを願いつつ、
まだ雑誌類が届かない地方の方のためにも、ご紹介したいと思います。

f0153101_11495827.jpg


バスローブ姿にとろけてしまった「+act」は、
後日バックナンバーでも買えそうな気がするんですが、

この手の雑誌は売り切れてしまうかもしれないので、 ↑
迷っている方は書店に猛ダッシュですっ!!

ぴあ別冊「SODA」5月号。

金髪に、この限りなく優しい眼差しは、
もう絶対に絶対に反則です! (>_<)

魅力的だったとはいえ「悪の限りを尽くした」アレックスのあとに、
こんな穏やかな、包み込むような瞳・・

綺麗に閉じられた唇が、
今にも「大丈夫だよ・・」ってささやいてくれそうで。

このショットが震災後に選ばれたのは偶然でしょうが、
疲れた心に、静かな癒しがさざ波のように広がって、

いつまでも目が離せませんでした。 (*^_^*)

f0153101_11565027.jpg


インタビューでの語り口も、
「オレンジ」を終えた安堵と満足感が溢れていて、いつになく穏やかです。

まずは「岳」の撮影エピソードから。

ーーシュアリーの打ち上げの翌日が初トレーニングだったんだけど、
  一日目だし、そんなハードじゃないよね、
  二日酔いでも大丈夫だよね、ってたかをくくってたら、
  いきなり城ヶ崎海岸の崖を登ることになってた。

  あ、こんなレベルからのスタートなのね・・って(笑)。

城ヶ崎海岸というのは、吊り橋が有名な伊豆半島の海岸なんですが、
結構な絶壁なんですよね〜。 (^_^;)

合宿状態だった山での撮影では、

ーーみんなで5つの山小屋にわかれて寝るんですけど、
  遅くまで酒飲んでて怒られる班があったり。

って、他人のような口ぶりだけど、
飲んでたのは、きっと旬くんの班でしょ!? (^o^)

ーー次の日の行動食(おやつ)が用意されていて、
  好きなのをジップロックにいれて持って行くんですけど、
  それを山の上で食べる時がすごい楽しい。

  あっ、それ俺が狙ってたやつだ、ちょっと頂戴、とか言いながら(笑)。

「信州 live on」というサイトに紹介されている
大町での撮影エピソードからもうかがわれましたが、

厳しい自然の中にいながらも、和気あいあいとしたチームのムードが伝わって、
いつもながらに愛らしい(?)旬くんの様子が微笑ましかったです。 (*^_^*)

f0153101_1216326.jpg


そして「オレンジ」については、

ーーかなりヘヴィな舞台だったので、
  毎朝、何でやるって言っちゃったんだろう?
  と自問自答しながら現場に向かってましたね。

  たとえば、はじめはミュージカルだなんて聞いてなかったんですよ!?
  あとから詳細を聞いて、ほんとにびっくりしたんですから。
  それ、僕にやらせるの? って。

ハイ、私たちファンも初めはびっくりしました。 (^_^;)

でも、「さぼてんダンゴ」の頃から見ると格段の進歩を遂げたアレックスくん、
歌だって充分に耐えられる・・もとい、聞けるできばえでしたよ〜! (^o^)

インタビュアーの「ではなぜ演じるのか?」という問いに答えて、

ーーなにかのフレーズにするとしたら、
  「まんまと、はめられました」ですね(笑)。

  僕って、俳優としてはすごくマゾなんだと思います。

  過酷になればなるほど挑戦したいって思うし、
  苦しければ苦しいほど頑張ろうって思ってしまう。

  人生もそうだけど、やればやるほど新しい疑問も生まれてくるし、
  そもそも正解なんてないし。

  でも、
  やっぱりやめられないものなんだよね。

そんな嬉しい言葉で締めくくってくれたインタビュー、
岳の時に比べて9kg痩せたという美しい写真とあわせて、必携の一冊です!

事務所の皆さんも、「小栗は暇にさせるといけない」と気づいたという話だったので、
今年は是非とも「過酷で苦しい」お仕事をコンスタントに入れていただいて(!?)、

ますます削ぎ落とされて美しくなっていく旬くんを、
是非是非、堪能させてくださいね〜 (^^)/



 
[PR]
Commented by みかん at 2011-04-02 00:36 x
カミママさん、こんばんは。
被災地の方々の事を思うと、胸が痛い毎日ですが、変わらず平穏な毎日をおくれている事に感謝し、まずは自分の仕事を頑張ろうと思っています。今は年度末を終え、ほっと一息ついたところです。
震災直後は、普通に仕事が出来て幸せだ、なんて思ったくせに、やはり忙しいとブリブリ文句やら愚痴やら。人間が出来てませんね、全く。

は~い、あのバスローブ姿には完敗です!乾杯したいくらいの美しさでしたよね~♪♪

今週から「宇宙兄弟」読み始めました。おもしろいです!確かにあの原作マンガから、兄を小栗旬でキャスティングするって事は、普通はありえないかと。弟ならありだとしても・・・。でも今は凄く楽しみで仕方ありません!今までと全く違う別世界の旬くんが見えるはず。

さ、続きを読むとします。
Commented at 2011-04-02 23:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ウマ at 2011-04-04 20:27 x

カミママさん。ありがとうございます。
ファンの仕事をがんばります。
そして、自分の仕事をしっかりと頑張ろうと思います。
頑張れ日本。

出版物の嵐・・・・美しい旬君が見れて嬉しいです。
そして、岳から始まる映画ラッシュ。
いろんな旬君の演技が楽しみで楽しみでたまりません。
岳の予告からはあのバスローブの方が同じ人物なんて~~、びっくりします。
by harupyonri | 2011-03-31 12:34 | 小栗旬 | Comments(3)