ブログトップ

王様の耳はロバの耳

捨てられた黒猫 第5話 * パート1

昨日も号泣でしたね〜。 (T_T) (T_T)

脚本はとてもとても良かったと思うのですが、
視聴率がいまひとつだったのは、子供ウケしない内容だったからでしょうか。

ま、イルカ調教師も気にならなかった私でさえ耐え難かった、
八の字眉毛の演技のせい・・じゃないですよね!? (^_^;)

第4話のレポができなかった分、ツッコみまくりの長編の感想ですので、
お暇で、それでも良い方はおつきあいくださいませ・・。

f0153101_1359241.jpg


実験動物を殺さなければならなくて、
大雨に打たれて震えていた、学生時代のドリトル・・

その時からうすうす予感はあったんですが、
石井演出の真骨頂「夜の雨」、オープニングから炸裂でしたね〜。 (^o^)

「花男」の時から、夜の路面を雨で濡らして光らせるのが好きだった監督、
それにしても今回は、どしゃ降りが多すぎ。 (>_<)

f0153101_1433155.jpg


そんな中、いきなりこんな主人公の登場で、爆笑! (^o^)

セロリに何かディップをつけてるようでしたが、
ドリトルのことだから、ただの塩かなんかでしょうか??

それにしても、あすかの順応の早い事!

あんな毒舌ドリトルにもすっかりなじんで、
平気で部屋にも上がり込むし、

むしろ、「なんか・・ご飯作りましょうか?」って言い方は、
昔の学生下宿の、貧乏学生に呆れた家主のおばさんみたい!? (^_^;)

それでも「とっとと寝ろ。」とクールなドリトル、

だけど、大雨の深夜1:30の怪しいノックに、
あすか一人でドアを開けさせるのって、オニ・・ (>_<)

f0153101_1484935.jpg


まあ、Vネックの胸元が色っぽいから、
許しちゃいましょうか〜。 (*^_^*)

現場レポートにあった、
「鳥取ではなくあすかがドアを開けたので、驚く瞳さん」というのが、

本編ではあまりわからなかったので、
最初の「にらんで怖かった」演技の方が良かったかも。

それにしても、ドリトルの前から黙っていなくなったはずの瞳さん、
どーして動物病院の場所がわかったの!? (^_^;)

f0153101_14122332.jpg


ずぶ濡れの瞳さんを見て、驚くドリトル。
そうですよね、学生の時以来、初めての再会でしょうし・・。

そしてここから、すっかり鳥取くんに戻ってしまうドリトル。 (^o^)

「いったい・・どうしたんですか?」って、
いやー、ドリトルの「ですます口調」が聞けるとは!!

f0153101_1415193.jpg


ベルを受け取りに近づくとき、そのまま雨に濡れた瞳さんを抱きしめるんじゃないかと、
ドキドキしちゃいました〜。 (*^_^*)

「たすけて・・」という瞳さんの言葉も、
ベルのことなのか、自分のことなのか・・、切なかったですよね。 (T_T)

f0153101_14232549.jpg


一方、あすかの方も急に変わってきたというか。

前回も書いたように、「この男の嫁か?」と聞かれたときは、
嫌悪感むき出し(?)の表情だったのに、

今回は、「鳥取君の彼女?」と聞かれても、
嫌がらずに笑顔なんですよね〜。 (*^_^*)

f0153101_14253819.jpg


そして、本日最初の胸キュンは、
ネットニュースを読む、この眼!! ↑

同じ片眼でも、
林さんとは別人です。 (^_^)v

f0153101_14282868.jpg


そしてまたまた、ちゃっかりドリトルの部屋に入り込むあすか。

「何か気まずい事でもあるんですか?」って、
いきなり直球かい! (>_<)

f0153101_14303626.jpg


そして、このシーンのツボは、
あぐらをかいた裸足の足の裏ですよ〜。 (^o^)

「もしかして、昔の彼女とか??」
怖い物知らずのあすかさんは、ぐいぐい踏み込んでいきますね。

f0153101_14323877.jpg


小さい声で、「・・べつに・・」と言いかけるドリトルですが、
いわば、失恋したような相手ですよね。 (T_T)

自覚があったかないかは別として、
優しくしてくれる年上の女性にほのかに憧れていたのに、

ある日突然、黙って結婚して、いなくなってしまった・・。

なかなか人間に心を開かない鳥取くんだからこそ、
貴重な人間の女性とのふれあいだったはずなのに、

でも、そのショックを口に出すことは意地でもしないでしょうし、
愚痴って気晴らしするような友達もいなかったでしょうし・・。 (^_^;)

そんな、自分からは積極的に人と関われないドリトルだから、

あすかみたいに、ちょっと図々しいくらい入ってきてくれる相手の方が、
いいのかもしれませんね。

そして、このシーンのツボは、
「客だぞ」という渋い声ですよ〜。 (^o^)

f0153101_14393048.jpg


ああ、首締められたい・・

じゃなくて(!)、
ハトを押さえる長い指、相変わらず綺麗です。 (*^_^*)

f0153101_14411578.jpg


注射部位をあすかに消毒させるドリトル、
この二人の身長差は、意外に作業がしやすそう。

オペ台でも、二人の身長が同じだとのぞきこんだとき頭がぶつかるけど、
ドリトルとあすかなら大丈夫なんですよね!

そしてこの後、口で注射針のサックを抜く仕草も、もちろんツボ。 (*^_^*)
まあ、第4話の救命のときの、口で抜いてペッ・・には負けますが。

f0153101_1445496.jpg


ちょっとかがんで、下からのぞきこむようにハトに注射する仕草の自然さ、
白衣が美しく翻る歩き方の優雅さ、

流れるような動作が、すっかり板についてます。 (^_^)v

それにしても加藤治子さん、
かつては「昭和日本のお母さん」というイメージの女優さんでしたが、

ご高齢になられてさらに年輪を重ねられた演技が見事で、
もう、見ているだけで切なくて、胸が痛くなりました・・。 (T_T)

学さんにしても加藤さんにしても、「演技が棒」と批判する若者がいましたが、
お二人とも、ものすごく見事なんだと思います。

認知症などの老人の一部が見せるかたくなさ、
自分の思い出の中だけでスローペースで生きているような間合い、

私は仕事柄、ご高齢の方とも多く接するので、
お二人の演技の見事さには感服しています。

f0153101_14501920.jpg


さて、「口をはさまないでくれ」と言われたあすかをかばうかのように(?)、
「その、親子の問題を、俺に解決してくれっていうのか?」と問うドリトル。

この二人の並んでいる姿、
どんどん違和感がなくなって、すごくしっくり来てますよね! (^o^)

もう、ドリトルの隣には、助手のあすかがいるのが当たり前っていうか・・。

f0153101_1504669.jpg


そして、いつになく心配そうにおばあさんを見つめるドリトル。

皆様お気づきでしょうが、
右手でカルテを書くふりの旬くん、エライですよね! (^_^)v

今回は、食事も右手でしているし、
ものすごく練習しているんじゃないでしょうか。

主役とはいえ、ゲストの場面が多いので意外に時間があるから練習できる、
とインタビューで言っていたので、これもその成果ですね!

f0153101_1541654.jpg


このシーン、最初は違和感があったんです。

「一応、小康状態を保っているが、予断は許さない。」という言葉を、
なんであすかに向かって言うんだろう、って。

でもきっと、
鳥取くんは瞳さんを、見ることができないんですよね。 (*^_^*)

かつて憧れた人、
黙って結婚してしまった人、
そして今、打ちのめされて傷つき果てている人・・。

どんなモンスター飼い主にも、VIP飼い主にも、
はてはかわいい子供から、年長者に対しても、

歯に衣着せず、ズバズバ物言うドリトルだったのに、
瞳さんには何も言えない。

f0153101_1591595.jpg


フェレットの時には、「お前が徹夜で世話をしろ」とか言ってたくせに、
今回は、あすかが

「飼い主がそばに付き添っていた方がいいはずですよね。」というのを、
黙認・・。

f0153101_15102470.jpg


「もちろん先生もオッケーですよ!」と勝手に話を進めるあすかを、
(何勝手に決めてんだ!?)って見てる目もツボですが、 ↑

何と言っても、キュウリの丸かじり、美味しそう! (^o^)

「ね、センセ!」と話をまとめるあすかにも無言で、
結局は、ドリトルが言いたくても言えなかったことを、

あすかが代弁してくれてるんですよね〜。

f0153101_1515285.jpg


そして、今回最大の爆笑シーンは、やっぱりコレ!

いくらなんでも、平成のこの世の中、
ここまでバッタリ行き倒れってあるかぁ〜!? (^o^) (^o^)

あれだけ派手に倒れれば、
メガネも割れて、おでこにコブもできそうですが・・。 (^_^;)

f0153101_151713100.jpg


そして、捨てられて飢えている黒猫に
エサをあげるみたいな瞳さん。 (^o^)

(よ〜しよし、お姉さんは怖くないのよ〜)って感じ!?

そして、今はいつも自信満々でえらそーなドリトルが、
学生の時は、少しうちひしがれて謙虚な感じで・・

この見事な演じ分けが、やはり旬くんのすごいところですよね!

f0153101_15204177.jpg


「俺は・・平気です」と意地を張りながらも、
ゴクンとつばを飲み、むしゃぶりつく鳥取くん。 (^o^)

色白の、優しい年上の女性に「毎日取りに来て」と言われて、
チラッと見る感じが学生らしくて・・。 (*^_^*)

f0153101_15223854.jpg


お弁当の食べっぷりもお見事ですが、
しかし、エビフライって、お腹から食べますか〜!?

私はシッポから食べる派なんですが・・。 

これは、旬くんの食べ方でもないと思うので、
やっぱりドリトルらしさを出してるんでしょうね。

それとも、黒猫だから(?)、お魚はお腹をくわえるの!? (^o^)

そして食べながら、予想外の事態の展開にとまどって、
泳ぐ目線がかわいいです。 (*^_^*)

f0153101_15263867.jpg


お弁当のワゴンの方に戻って行った瞳さんを、
目で追う鳥取くん。

これが、憧れの始まりでしょうか・・。

それにしても、このショット ↑
いきなり出されたら、旬くんだとわからないかも!? (^_^;)

f0153101_15275456.jpg


そんな鳥取くんも、
今では黒猫ならぬ黒ヒョウっていう雰囲気になって・・ ↑

ああもう、書き出したら全然止まりません。 (>_<)

とにかく、第5話のドリトル先生は、
今までとは別人のようで驚きました!

そして瞳さんへの電話の、意を決して言う「獣医はビジネスだ!」と、
「生きてさえいてくれれば・・」という優しい声に、

心底しびれました・・。 (*^_^*)

まだまだ書きたい事が山ほどあるので、
また後日、どうぞおつきあいくださいね。

それから、写真のアップはまだ間に合いませんが、
フリーペーパーのFILT、最高ですよ!

新宿近くの方は、伊勢丹会館地下か京王デパート入り口の「ぴあ」なら、
お茶とかしなくても入手できますので、

今すぐ走ってくださいね〜! (^^)/
[PR]
Commented by スモモ at 2010-11-22 21:21 x
カミママレポ待ってました(^O^)/昨夜も泣かせて頂きましたが、ドリトル先生のドアップに萌え萌えしながら魅入ってしまいました~伝書鳩の本を手に空を見上げる美しいドリトル旬先生~たまりません!でも撮影も今月末で終了するという淋しい(ノ_・。)お話し。グッバイしたくないようー花男のようにパート2を是非お願いしたいですm(__)m
Commented by ウマ at 2010-11-23 14:39 x
レポ^^楽しみにしていまいた。
目 足の裏・・・いいです。
エビの食べ方も・・・。
黒ヒョウですね。
ほんと、素晴らしい演技と萌えどころ満載です。
ドリトル先生、しびれます。
次回のレポも楽しみです。
Commented by むくりん at 2010-11-23 23:09 x
いつも楽しいレポありがとうございます。
涙涙の5話でしたが、私のお気に入りは
お弁当を差し出される時の、ベンチに座ったドリトルの「手」です。
そして毎回 待っているのは 診察時の患蓄への声かけ。
今回は ベルへの「ちょっと聞かせてな」(だったかな?)
もう何回リピったかわかりません。
是非 シリーズ化して欲しいです。
Commented by 春の小川 at 2010-11-25 16:29 x
こんにちは~5話良かったですね~内容がロマンチックでした。ただしあのトリマーの女性の演技がひどすぎました・・なんだってあんな下手な表現するかな・・
by harupyonri | 2010-11-22 15:37 | 小栗旬 | Comments(4)