ブログトップ

王様の耳はロバの耳

番外編

本当は、セゾニア弁護士と獣医カリギュラのからみも書きたいんですが、
週末で、バタバタしております。 (>_<)

前回の記事のコメントにて、konkonさんが
「ロケ地を検索できるサイト」を教えてくださいました。

非公開で情報をくださった方もいて、
皆様、どうもありがとうございました〜! m(_ _)m

サイトには「山梨の木」の場所も書いてあるし、
他のロケ地もいろいろわかって、嬉しかったです。

今日はまず、「ドラマチックTVライフ」より、
反則技のこのショットですよ〜! (^o^)

f0153101_0393846.jpg

f0153101_0394919.jpg


きっと皆様、
この瞳で見つめられたら置いて来れなかったと思いますが、

あまりにTV誌が多すぎて迷っているあなた、
やっぱりこの一冊は、買いだと思います! (^o^)

現場ショットも充実で・・

ついつい、妄想・番外編、
暴走してしまいますので、どうかお許しくださいませ。 m(_ _)m

f0153101_0431885.jpg


オペを終えたドリトルの、
汗に濡れた術衣姿になぜかどぎまぎしながらも、

必死でアスカミライの手術を頼むあすか。

ドリトル 「フン、じゃあ表の小屋と、俺の寝室をそうじしとけ。
     そこが、アスカミライとお前の当分のねぐらだ。」

あすか  「え? ええ??
     私は、先生と一緒ですか!?」

ドリトル 「アホ、俺は診察室のソファで寝るんだ。
     俺の部屋にしかベッドはないからな、宿代は高いぞ。」

事情が飲み込めてホッとしつつ、
さりげないドリトルの気遣いに、ちょっと嬉しくなるあすか。

アスカミライの世話をしながら、毎日の診療を見ているうちに、
だんだんと、ドリトルに惹かれていきます・・。 (*^_^*)

やがて、少し回復したアスカミライは、
富沢教授の牧場でリハビリすることに。

そうしたらもう、
あすかが鳥取動物病院にいる理由はなくなります。

f0153101_0525070.jpg


あすか  「先生、あの、お話が・・」
ドリトル 「なんだ?」

あすか  「あの、私・・、もう少しここで、先生と一緒に・・、
      あ、いえ、就職先もないんで、ここに置いてもらえませんか?」

f0153101_055810.jpg


ドリトル 「そんなこと言われても、人手は足りてるしな。

      いくら色気のないお前でも、ずっと同居ってなると、
      妬く女もいるし・・。」

あすか  「・・・!」(先生、恋人がいるの〜!? (T_T))

ドリトル 「ま、タダ働きでいいなら、好きにしろ。」

そう言い捨てて、すたすたと馬小屋に行ってしまうドリトル。

f0153101_05836100.jpg


ところが実は・・

ドリトル 「アスカミライ、恩に着るぞ。 (^_^)v
      お前のおかげで、俺も一生、助手に困らなそうだ。」

アスカミライ (一生〜!?
       ボクの、ボクの大事なあすかちゃんを〜。 (T_T))

そんなドリトルの本心を知らないあすかは、
せっせと助手として働き、徐々に仕事にも慣れていきます。

f0153101_150100.jpg


ドリトル 「なんか今日は、患畜も来なくて暇だね〜。」

あすか  「先生この頃、なんか性格が丸くなったっていうか・・
      雰囲気、変わりましたよね。 (*^_^*)」

ドリトル 「ちょっとドライブがてら、
      アスカミライの様子でも見に行こうか?」

f0153101_173322.jpg


ドリトル 「富沢先生〜!」

富沢   「おー、ドリトル!
      お前のそんな笑顔を見るのは、学生の時以来だな。
      あの娘のおかげかい?」

ドリトル 「何おっしゃるんですか!
      あいつはただの助手ですよ、助手!」

富沢   「ほ〜らムキになって・・。
      お前もそろそろ真剣に、人とも向き合ったほうがいいぞ。」

f0153101_1102798.jpg


ドリトル 「・・・。 僕だってわかってきましたよ。
      人間にも助けて守ってやりたい相手がいるんだ、ってこと・・。」

あすかは遠くで、
嬉しそうにアスカミライとたわむれています。

f0153101_1132540.jpg


そして、牧場からの帰り道。

学生の頃から、つらいことがあるたびに訪ねてきた、
思い出の大樹のもとへあすかを連れて来て・・。

その、ひんやりとした木肌に触れ、
じっと生命の音に耳を澄ますと、

自分にとって何が一番大切か、
はっきりと心に見えてきます。

f0153101_1172239.jpg


ゆっくりと、あすかのもとに歩み寄りながら・・

ドリトル 「あすか・・」
あすか  (え? 何? いま、名前で呼んだ??)

ドリトル 「・・大切な話があるんだ・・」

f0153101_1192563.jpg


そんな二人を、真っ青な空の上から、
ドリトルに助けられた動物たちが見守って、

そして、静かにハッピーエンドとなる・・

・・そんな最終回はどうでしょう!? (^o^) (^o^)

f0153101_1305030.jpg


ま、実際には、
どうあがいても、ドリトルはキス一つしないタイプなんですが、 (^_^;)

せめて脳内劇場では、
そんな甘いドリトルも、見てみたいで〜す。 (^^)/
[PR]
Commented by らりるれろん at 2010-10-24 22:44 x
ドラマティックTVライフ近所の書店になくて
見てないんですが、やっぱり買い!ですね。
さっそくオーダーしちゃいますよ~
そして第2話・・・泣きました・・・。
初回は、ツボ&萌シーンが多すぎで、純粋にストーリーに入ることが出来なかったんですけど、
かなりリピしたおかげか、だいぶ免疫ができて、
ストーリーを楽しむ余裕がありました。
なので、泣きました・・・花菱先生の過去・・・もっと
引っ張るかと思いましたが、2話で暴露でしたね。
自らの手で・・・愛犬を・・・そして、カリスマ獣医の地を守ることでできることがあり、内科医のエキスパートを!!と・・・泣きます。これで泣かずば・・・。
今回の妄想劇場もすごくよかったです。
そしてそして、掃除道具でてきましたね!!
やっぱり掃除してたんだ~って。
週明けのブログ更新も楽しみにしてますよ~
きっとまだ第1話書き足りないはず!!!
by harupyonri | 2010-10-24 01:32 | 小栗旬 | Comments(1)