ブログトップ

王様の耳はロバの耳

逃げる姿は見せない

ついに9月になってしまいました。

受験生の親としては、いよいよ最後の胸突き八丁という感じですが、
内心、動き出した「ドリトル」が楽しみだったりする悪母です。 (^_^;)

4月からずっと、コメントくださった皆様へのお礼もしていなかったので、
恒例の(?)お詫び&感謝の気持ちを書かせてください。 m(_ _)m

 ウマさん、春の小川さん、misaさん、山りんさん、光さん、elirinさん
 らりるれろんさん、ゆまさん、ふぁん仲間さん、ざつ。さん、komomoさん
 スモモさん、maron mamaさん、ユリィさん、もこもこさん、
 fujimamaさん、みかんさん、konkonさん、りゆさん、すなふきんさん
 kikiさん、ままちゃんさん、あさみ♪さん、山さん、通りすがりさん
 furuさん、ロムロムさん、みきすけさん、大阪loverさん、榛名さん
 奈央さん、sakuraさん、MAKIさん、非公開コメントさん、

皆様、たくさんの暖かいコメント・情報・ご意見をいただき、
本当にありがとうございました!! 

存在感があればこそ、
何をしても、何を言っても批判されることのある旬くんですから、

あちこちの悪意ある記事や声を聞いて、へこんでしまうこともある私ですが、
いつも、皆様からの叱咤激励で立ち直ってこれました。 (^_^)v

まあ、叩かれるのにもだいぶ慣れ、
「下げ記事が出たら、新しい仕事が動き出す前触れ」とわかりましたが (^o^)

何を言われても、旬くんさえ元気で楽しんでいてくれるなら大丈夫!

これからも、皆様と一緒に、ずっと応援していきたいと思います。

そして、これまでも個々のコメントへのお返事ができず、
初めて来られた方は気を悪くされたこととと思いますが、

たまに記事を書くのが精一杯な状況なので、
どうかどうかお許しくださいませ。 m(_ _)m

皆様がコメント欄で語ってくださる言葉に、
励まされたり、旬くんの新しい魅力を発見したり、
本当に感謝しています。

これからも、どうぞよろしくお願いします!

f0153101_15193760.jpg


というわけで、
シナリオ大好きな私は迷わず買った、「踊る3」シナリオ本です。

既刊のノベライズ本と、監督日記は
鳥飼くんがらみのところを立ち読みしただけですが、

どれか一冊買うなら、これがお勧めかも。

f0153101_15212878.jpg


残念ながら、載っている写真はどこかで見た物がほとんどですが、
インタビューは充実です。

和久くんや夏美さんより1頁多い4頁分なのも、
ちょっぴり嬉しかったりして。 (^o^)

インタビューは完成披露試写の直前で、
まだ旬くんが作品を見ていない時のもの。

鳥飼の裏設定を聞かされてから、
「悪人は全員処刑」というキャラになった理由が解って演じやすかったと。

ただ、脚本の段階で、
「踊るを初めて見る人には、どうなんだろう?」とは思ったと。

でも、「踊るはそういうことを心配しなくていい作品、
   過去の作品を見てから来てね、って言えるくらいなのかも(笑)。」

f0153101_15331874.jpg


それから、室井さんのインタビューでは、鳥飼について

室井「腹立ったねぇ(笑)。
  小栗くんは前にもお仕事させてもらって、よく知ってるんだけど、
  この作品に関してはとにかく憎たらしかったですね。

  (新しいタイプのキャラで)大変だったんじゃないかな。
  気持ちの揺れというか、切り替えみたいなものが。

  僕が彼の立場だったら、この仕事受けてないと思う。
  俺、あの鳥飼という男、理解できないもん。

  そして、(脚本で)クリアにしてないもんね。
  まだ敵なのか味方なのかわからない状態で終わってる。

  そこがまた憎たらしいというか、
  憎たらしいのと羨ましいのとあって、いいんだよね(笑)。」

f0153101_15432855.jpg


鳥飼がなぜあんな冷徹な人間になったか、その裏設定は明かされていないし、
青島との対決姿勢を見せたまま終わってしまった「踊る3」。

いかにも続編が待たれる(?)終わり方でしたが、
脚本の君塚さんは、そういうつもりは全くなかったんだとか。 (T_T)

君塚「僕はシリーズ物としてではなく、独立した作品として見て欲しい。
  全てのキャラが完結しないと、続きがあると思われることには困惑する。

  鳥飼の裏設定と、そこから先にある何かを描かなければ
  いけないということはないと思う。あの終わり方はあれでいい。
  
  僕の中では、鳥飼というキャラは完結している。」

・・これだけ聞くと、絶対に鳥飼の続編は無さそうですが(!?)、
そんなぁ〜 (>_<) (>_<)

ただ、亀Pはあくまで「新シリーズの第一話を作る」つもりで作ったというし、

君塚さんも、「公開した翌日から次のことを考えたい」と声をかけて、
完成披露の翌日に監督も含めて3人で集まったそうです。

そこでは、次があるなら
「こんな事件があったら面白いね」
「鳥飼はどこへ向かうんだろう?」
「王さんはどうなるんだろう?」なんていう話題が出たそうです。そして、

旬 「亀山さんも、本広さんも、続編があったら
  顔半分、スカーフェイス(傷跡のある顔)になって出てくるからね、
  って言ってました。」

という話だし、いつか「踊る4」が作られるとき、
もしかしたらまた鳥飼が出てくることを、祈りましょう!!

でも、最初のシナリオで君塚さんが書いていた、
「ケロイド(傷跡)が残り、義眼になって開署式に登場するホラーな鳥飼」は、
やめてくれて良かったです〜。 (>_<)

f0153101_15584760.jpg


さて、既刊の「監督日記」を読むと、
本広さんは、かなり鳥飼を買ってくれてるんですよね。 (^_^)v

室井さんと対峙する大会議室のシーンも、
「小栗くんがとてもいい表情をしてくれた。」みたいに書いてあって。

クールなダースベイダー・鳥飼というキャラにも、
その信条&心情を見事に表現する小栗旬という役者にも、惚れ込んでる感じ!?

だからこそ、
君塚脚本を変えて演出してくれたところが多々あるようです。

前述の、「義眼までするのは後味が悪いから包帯で」というのもそうだし、
ダウンを着て「暖かい格好をして、フラッといる感じがいいな。」というのも。

前半は眼鏡で(亀Pのアイディア)、後半は包帯で、
全体通して、旬くんの素の顔を見せないように演出した、というのは、

「鳥飼」でなく「小栗旬がいる」と見られてしまうことを
避けたかったということでしょうか?

f0153101_16133559.jpg


そして「鳥飼が眼鏡なので」、キャラがかぶる小池くんは、
レーシック手術をした設定で、眼鏡なしに。 (^o^)

小泉さんと旬くんは話し合って、鳥飼と小池は、
「お互い若くして現場を仕切る者同士、本店の中で信頼しあえる相手」としたとか。

今度は、本店を舞台に
頭の硬い上司たちと対抗するこの二人の物語なんかも、見てみたいです。 

きっと、ガッツリとバディを組むのではなく、
それぞれ自分流でやりながら、さりげなくフォローしあうような。 (*^_^*)

f0153101_16201255.jpg


そして、最後の旧湾岸署爆発のシーン。

君塚脚本でも、ノベライズ本でも、
鳥飼は署の中に追いかけていって、

「青島さん、逃げてください! 時間がない!」って声をかけてるんです。

でも、本編では、ガラス窓の外から声をかけているのが、
なんだか緊迫感がなくて違和感があったんですが・・

本広「もし鳥飼が署に入ってきちゃうと、出れないだろうと。

  青島が日向を追いかけて階段を昇って行ってしまった後で、
  鳥飼が表に戻って行く姿はカッコ悪いな、と(笑)。」

  「死にたい奴は死ねばいい」と本音で思っているから、
  距離を置いて呼びかけた方が鳥飼らしいんじゃないか・・。」

なるほど〜!

あくまで鳥飼はカッコよく、
悪のヒーロー・ダースベイダーなわけですから(?)、

青島を説得できず、すごすごと外に逃げる姿は見せられませんよね!

やっぱり、本広さん、
鳥飼くんのこと、相当好きかも・・。 (*^_^*)

そして、「死にたい奴は」のセリフ、
青島に向けて言ったとばかり思っていたのですが、
これは日向に対しても、そう思っているんだそうです。

f0153101_1636117.jpg


まだ、細かいシナリオは読み切れていませんが、
脚注や、監督の演出秘話コラムだけでも、読む価値大です!!

そろそろ上映終了のところもあるようなので、
このシナリオを精読してから、最後の1回、

大きいスクリーンの鳥飼くんに会いに行きたいと思いま〜す (^^)/
[PR]
Commented by at 2010-09-01 22:00 x
おじゃまします。
「踊る~」の詳しいお話をありがとうございました。読んでなかったのでいろいろと知ることができて嬉しかったです。続編にも参加してほしいですね!それからコメントへの返事の件は気にされないで大丈夫です。かみままさんの切り口は興味深くて楽しみにしてます。
Commented by ままちゃん at 2010-09-02 01:45 x
ぁ 

私の名前があるよっ~♪♪♪

うれしぃ~♪♪♪
Commented by スモモ at 2010-09-02 19:01 x
カミママさん。いつも楽しみに見させて頂いてます~(^O^)/お子様のご心配は身に染みますf^_^;私は遠くに居る息子の心配を始めるとどうにかなっちゃいますので(:_;)そんな時に大好きな旬君が癒してくれるんですよ!旬君ありがとございまーす(#^.^#)ちょっとダメですか?へへ
Commented by ざつ。 at 2010-09-02 20:17 x
ご無沙汰しています。私は一昨年、昨年と息子の受験続きだったのですが、一段落した今の方がなんだかバタバタしてしまい、「踊る」シナリオ本は未チェックでした(^_^;)いつも詳細な情報と番組チェック、感謝しています。これから本番まで、健康第一で頑張ってくださいね!!また、遊びにきます!!
Commented by ウマ at 2010-09-03 23:31 x
9月になりました。
我が家も1日から娘は実力テストと、受験モードになりました。しかし母はドリトルモードです(内緒です)。

先日、息子を友達と共に映画館へ連れて行き、
その間にお買い物をする予定でしたが・・・・・・。
鳥飼さんのポスターを目にしたとたん、
映画館へ再び吸い込まれた私です。
シナリオ本を熟読して観ると鳥飼さんの映画?
なんて思ってしまいました。

お邪魔して勝手に投稿しているのに、
お気づかいをありがとうございます。
カミママさんの視点が大好きです。

Commented by 春の小川 at 2010-09-05 10:10 x
こんにちは~シナリオ本、詳しくありがとうございました。3では出番が少なかったのでできれば次は準主役でお願いしたいものです(笑) 
お子さんの受験も最後の追い込みですね。親が胃が痛くなったり「こんなことさせなければ良かった」と自分を責めたりすることもあるかもですが、目標をぶれさせること無くがんばってください。応援しています!
Commented by elirin at 2010-09-06 08:12 x
9月になりましたが、まだまだ暑いです。シナリオ本は立ち読みでスルーしてましたが、見所があちこちにありそうですね。お子さんの受験は心残りないように、付き添ってあげて下さいね、うちは中1になりすかっり母からは飛び立った感じです、さびしい(笑)ドリトルと舞台に旬君に楽しませてもらいましょう。
by harupyonri | 2010-09-01 16:40 | 小栗旬 | Comments(7)