ブログトップ

王様の耳はロバの耳

満足度No.1 (^_^)v

前回の記事に、たくさんのコメントありがとうございました。 <(_ _)>
皆様の深いご意見に、なるほどな〜と思うことしきりでした。

確かに、いまだに「小栗旬=花沢類」なんていうイメージを持っている人は、
もう、ほとんどいないのでしょうね。

旬くんといえば「飾らずストレートな男臭いキャラ」が浸透し、
バラエティで何をしゃべろうが、心配することはないのかもしれません。

f0153101_048827.jpg


そして私がもう一つ心配していたのは、

さんまさんに「そんなにプライベートを売りたいのか」と言われたことを
ずっと苦にしていた旬くんが、

事務所のこういう宣伝方法で納得していたのか、ということだったんですが、

皆様おっしゃるように、今の旬くんはそういうのも全てひっくるめて、
この映画の責任を自分で取ろうとしているから、毅然としているんですね。 

公開初日前後の旬くんの姿を見て、
今の彼には何の迷いもないのだろう、と安心しました。

文字通り、いらぬ「老婆」心でしたが、
結果良ければ全て良し(!?)、

大作との競合でしたから興行収入はさておき、
ぴあの「満足度ランキング」で堂々1位になったこと、嬉しかったです!!

f0153101_0582153.jpg


さて、もうそろそろ皆様ご覧になったかと思うので、
「シュアリー」の好きなシーン、書かせてくださいね。

SSSSで予想以上の面白さに感激し、
公開二日目に、小学生の息子連れで2回目を見てきてしまいました。 (^o^)

中学生くらいだと気恥ずかしいであろうエロ話も、
まだよくわかっていない(?)奥手の息子なので、 (^_^;)

単純に、物語の笑いどころを楽しんでいました。
彼のお気に入りは、なんといっても京平(勝地くん)。

巧のカッコ良さや、ミサの切なさは伝わらなかったみたいだったし、
噴水のシーンだけは「怖かった」と言っていましたが、

小学生にも、十分楽しめたことだけは確かです!

以下、ネタバレですので、
まだ見ていない方はスルーしてくださいませ。

f0153101_193994.jpg


爆弾のタイマーが解除できなくて、巧たち4人が逃げるシーン、
ストップモーションのような映像のつなぎ方で、一気に引き込まれました。

門を飛び越えて、ユウキが取り残されたことに気づいて叫ぶ巧の表情、
それを押さえる仲間たち、すごく好きでした。 (*^_^*)

話は飛んで、子供の頃、ミサを訪ねるシーン。

エンケンさんが銃を乱射するときに流れるアベ・マリア、
雨の中の巧とミサを包むような「Because」、ものすごく印象的でした。

エンディングロールでも、最後に「Because」が流れて、
心が鎮められるような、余韻のあふれる終わり方でしたよね。 (*^_^*)

路上で歌う横ちんさんの、声の素晴らしいこと、
慈愛に満ちた瞳の、深いこと。

噴水のシーンの京平の切なさ、
見ぬふりをしてあげる仲間たちの優しさ。

f0153101_1222366.jpg


切なさを、たくさんたくさん経験してきた旬くんだからこそ、
演出できた表情が、いっぱい詰まった映画だったと思います。

もちろん、岡村さんには何度も笑わされ、
銀行強盗のオチにもほっとするやら、可笑しいやら。

バーの窓を蹴破って入ってくる鋼太郎さんにはビックリしたし、
綾野くんにじっと見つめられると、本当にぽ〜っとしちゃいますよね。 (^o^)

2回目の時の映画館には、
制服姿の男子グループ、女子グループから、壮年のご夫婦までいましたが、

壮年男性の方もすごくウケてよく笑っていたので、
なんだか嬉しくなりました!

それぞれの世代で、それぞれの性別で、
共感できるところ、胸にジーンと来るところが違うのでしょうが、

素直な心でこの映画を見ることのできる人なら、
きっとどこか、忘れられないシーンのある作品だと思います。

f0153101_1314063.jpg


ツッコミの好きな息子の疑問は、
「足を撃たれた和生が、どうして銀行強盗の時、走って逃げれるの?」

でしたが、そこはご愛敬!? (^_^;)

そして、私が一番好きだったのは、
やっぱり空港でのラストシーン。

立ち去るミサを見つめて涙する巧の背後に、
ヒョイっと京平が! (^o^)

そして、無理矢理、失恋記念(?)の写メを撮る仲間たちと、
泣き笑いみたいな秀逸な表情の巧、

ただの恋愛ドラマで終わらずに、
最後まで高校生男子のノリで終わるところが、最高でした〜!! 

・・というわけで、
皆様の「一番印象的だったシーン」、大募集です!

まだまだ忘れている名シーンがあると思うので、
是非、お勧めコメント、お待ちしていま〜す。 (^^)/
[PR]
Commented by 榛名 at 2010-07-23 08:47 x
はじめまして。いつもこっそり拝見させて頂いてます。シュアリーは2回見に行ってきましたが 息もつかせぬ展開で楽しめましたし すばらしい作品になってて驚きました。興行収入とか批評家のコメントとかいろいろ気になることもいっぱいですが 本当に映画をみていろいろ言ってほしいと思いました。旬君の覚悟も十分理解できました。こんなに楽しい映画は久しぶり。お見事小栗旬と言いたいです。機会があればぜひもう一度劇場でと思ってます。フジの特番でコメントを下さった旬君と縁の深い方々(竹中さん・鋼太郎さん・横田さん・・・・)のお気持ちもうれしかったです。愛されてますよね。この夏は旬君から山ほどの楽しみをもらいました。次の帰国もまちどおしい。どこまで追いかけれるかわかりませんが 旬君の背中を見詰めて行きたいと思います。
Commented by みかん at 2010-07-24 01:34 x
こんばんわ。
今日、仕事帰りに2回目を見てきたところです。職場でちょっと嫌な事があり、すっきり爽快になりたくて、今日は2回目を見に行く予定ではなかったのですが、急遽見てきました。
何を隠そう、私も「和生、あんたそんなに走れんやろ!?」とツッコミ入れたひとりです(笑)
1回目は横ちんの歌声と包み込むような優しさにグッとし、美沙に感情移入してうるうるした私でした。
最後のライブシーンもグッときてウルっとしました。映画を見るまでは、聞いても何とも思わなかった、巧withシュアリースターズの歌も、週明けに聞くとジンときましたもの。
色々言われてる?エロトークも、男子だったら全然普通だろうし、類の呪縛を完全に吹き飛ばしたANNでの素の旬くんを知る者としては、全く違和感なかったですよね。最後の最後の京平の公衆トイレのシーンも、あれだけANNで言ってたトイレットペーパーネタで、思わずニンマリしちゃいましたよね。
また見に行こうと思います。
で、最後にどなたか教えてください。2回とも疑問に思ったのですが、宮城さんのお墓があそこだとどうしてわかったのですか??
Commented by ウマ at 2010-07-25 00:18 x
 こんばんは。
私も空港のシーンが心に残りました。
 携帯電話の留守電に京平君がメッセージを入れる最後のシーン好きです。
 シーンではないですが、亀頭さんも無くした足跡模様のスーツや、雄喜君の部屋前の旬君ザク!などあらゆる所まで細かい演出があるので、何度観ても楽しめます。

 ほんとうですね、宮城さんのお墓!
なぜわかったのでしょうか?


by harupyonri | 2010-07-23 01:48 | 小栗旬 | Comments(3)