ブログトップ

王様の耳はロバの耳

中毒

しばらくブログにも向かえないほど、
重い病にかかってしまいました・・

それも、かなり重症です。 (T_T)

頭がぐるんぐるんして、
仕事も家事も、手につきません。

常にぼ〜っとして、判断力に欠けています。
熱に浮かされたように、フラフラと出かけたくなります。

・・え? 年のせいだって?? (^_^;)

f0153101_17432663.jpg


同病の方も多いことかと思いますが・・
重い重い、「鳥飼中毒」です。 (>_<)

日曜日に、満席の映画館で初めて見てきました。

予想以上に鳥飼くんの出番が多くて、しかもカッコ良くて、
旬くんファンとしては、大満足でした!! (^_^)v

でも、ライトな「踊るファン」としては、
ちょっとすっきりしない、もやもやしたストーリーでした。

「踊る」らしい、ワクワク、ノリノリな感じが少なくて、
どう見ても「踊る4に続く」っていう終わり方だったので。

(もちろん、4ができるのは大歓迎なんですが。)

・・それなのに、
鳥飼くんの瞳が、脳裏を離れないんです。

他のブログの皆様も書いておられましたが、
鳥飼くんが、頭の中をぐるんぐるんしてるんです。

ただ、その美しい立ち姿を見たいだけじゃない。
傷ついてもがく姿を見たいだけじゃない。

f0153101_1802639.jpg


なんだかわからないけれど、会いに行かずにはいられない。

薬が切れたジャンキーみたいに、
あの瞳に引き寄せられて、いてもたってもいられなくなるんです。 

まあ、いわゆる、「恋に堕ちた」ってことですか!? (^_^;)

いえ本気で、
(何かこの映画にはサブリミナル効果みたいな仕掛けがあって、
 どうしても見ずにはいられないような精神状態にさせられてるのでは??)
と疑ってしまうほど。

鳥飼の、あの包帯をした瞳には、
人を魅了して、洗脳して、操る能力があるのかもしれません・・。 (*^_^*)

でも、その話の前に、先日の「シルシルミシル」より、
昼間放送された、本編ではカットされていた映像をお届けします。

f0153101_1845192.jpg


オープニングで、並んで座って拍手する旬くんたち。
司会の上田さんたちから、

「これはいけませんね〜。
 この二人にマツコさんが並ぶって・・
 自分でも違和感あるでしょ?」

と、マツコさんにツッコミ。 (^o^)

f0153101_1864885.jpg



「そりゃあ・・あるっちゃあるわよ。」
と言うマツコさんに、


f0153101_1885486.jpg



「(顔の小さい小西さんが、マツコさんという)おにぎりの具みたい。」
と、さらにつっこむ司会陣。 (^o^)

それから、「視聴者が日頃気になること」を調べるコーナーで、
旬くんに「何か気になることは?」と振られて、何も思いつかず・・

困った旬くんは、司会陣に「どんなことが気になりますか?」と、
いつもの質問返し。 (>_<)

「たとえば、どうして50円玉には穴が開いてるのか、とか・・」と言われて、
(ああなるほど、そういう疑問でいいのか!)という顔をした旬くん。

f0153101_1814215.jpg



おもむろに、
自分のはいているショートブーツのジッパーを指して、


f0153101_18152577.jpg



「これって、何でこういう形なんでしょう・・?」

と、いかにも無理矢理ひねり出した質問。 (>_<)


f0153101_18164082.jpg



「それがどーしたわけ!?」みたいにつっこまれて、
笑いくずれる姿が、かわいかったです〜。 (*^_^*)


f0153101_1818510.jpg



本編では、この困り果てている旬くんの姿は流れませんでしたが、 ↓

マクドナルドをほおばりすぎて、美味しいと言えずに
「○×÷・・!!」となってる旬くん、

二回目に小西さんが同じようにしゃべれないときに、
ちゃんと口を空にしておいて、「美味しいです!」とコメントして、

上田さんに「学習したね〜」と褒められる旬くん、
かわいかったですね〜。 (^o^)


f0153101_1820422.jpg


というわけで、連日のバラエティ攻撃、
1週間前の予告編も取りこぼさずについていくのは大変で、

ましてや雑誌類は、
もう、お手上げ状態です〜。 (T_T)

とりあえず、「Book offに出そうもない雑誌は買っておく」
という方針にしましたが、 (^o^)

また、おいおいご紹介させていただきたいと思います。

そして、今日、仕事が休みだったので、
たまった家事も放っぽりだして、

2回目の鳥飼くんに会いに行ってしまいました・・。 (*^_^*)

今回は、「踊る・完全読本」も読んで、
いろいろな小ネタも仕入れてから見たので、

だいぶいろいろなことがわかって、スッキリしました!

まあ、昔からのファンや、公式本で予習した人にしかわからない映画って、
一般人から見てどうなのよ!?・・っていう気もしますが、

やはりこの映画は、一回見ただけではダメみたいですね〜。

ネタバレの感想を書くのはもう少し後にしますが、
少なくとも言えることは、

二回見て、さらに「鳥飼中毒」は重症化したっていうことです・・。(>_<)

あの瞳に吸い寄せられるように、
休みのたびにスクリーンに向かってしまいそうな私を、

どなたか、止めてくださ〜い! (^^)/
[PR]
Commented by komomo at 2010-07-08 20:15 x
まさに同じく・・・です。踊るシリーズはまったく観たことがなく必死で過去の作品をあさりましたがすべては観れてなかったので小ネタとかがよくわからなかったのですが鳥飼さんにはノックアウトです。私もすでに二回行きました。出番が少なかったらDVDは買うつもりはなかったのですが今ではすぐにでも欲しいです。何回通ってしまうことやら。
Commented by konkon at 2010-07-08 21:54 x
今日、踊ってまいりましたが・・・
私も鳥飼ウィルスに感染してしまったようです。
あの声あの瞳にとり憑かれ、頭から離れない状態です。
○○○様よりも、強烈に洗脳されてしまったのでしょうか?
今すぐにでも、逢いに行きたいです~。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで・・・(笑)
シルシルのカットされた映像が、放映されてたのですか? 見たかったです~
Commented by ウマ at 2010-07-09 08:26 x
 はい。
鳥飼中毒を発症しています。
も~たまりません。
吸い込まれそうな瞳・・・・・
美しいお姿・・・・・
重症化傾向です。
ポスターを見るだけで、胸がキュンとします。
Commented by kiki at 2010-07-11 00:23 x
カミママさんご無沙汰しています。私も本日みてまいりましたが、
映画館をでる頃から鳥飼中毒を発症をしております。
夏休みも近いので、どうやって重症化しに行くか悩み中です(^_^;)
Commented by furu at 2010-07-11 23:29 x
ご無沙汰しております。中毒患者続出ですね。
私もすでに、次の妄想が膨らんでとまらなくなってきました。
今回は現場に戻るため無理をしていたが、実は右目の負傷は結構深手で、顔面に傷が残ってしまう鳥飼氏。
刀傷ではないので無理でしょうが、理想では伊達政宗や山本勘兵衛のような隻眼に近い傷・・・。
片目で演技したり、片目に痛々しい傷を残したままで演技したりすると、ますますクールビューティーなのでは~なんて妄想に歯止めがかかりません・・・。
by harupyonri | 2010-07-08 18:36 | 小栗旬 | Comments(5)